• 【シノビガミ】 セイギノミカタ 最終話(テキストリプレイ)

    2020-01-15 21:30
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
    本ブロマガ記事を読む前に以下の点にご注意ください。

    本ブロマガ記事はリプレイ動画「セイギノミカタ」シリーズの続きです。0~2話は動画を御覧ください。
    実際にあったテキストセッションのログを再構成したリプレイです。
    この物語はフィクションです。人物・団体・名称などは実在のものとは関係ありません。
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    前話【https://ch.nicovideo.jp/moriyuki_trpg/blomaga/ar1854998



    <クライマックスフェイズ2>

    セイギノミカタたちは糸の先へと突き進む。
    上下も分からぬ空間を仲間を頼りにして。
    やがて、君たちの目の前に現れたのは黒い猫のような生き物。
    シノビガミ。

    ジュゴン:「やあ」
    シノビガミ:「まさかね、僕のところに君たちがそうやって肩を並べて辿り着くなんて思わなかったよ」
    ヨル:「……私も、そう思う」
    シノビガミ:「これは僕の用意したシナリオにはない展開だね……」
    漆黒の魔王:「私たちと同じ舞台に降りてきたみたいですね」
    シノビガミ:「ふむ……君たちは"デウス・エクス・マキナ"という言葉を知っているかい?」
    ジュゴン:「デウス……?」
    ヨル:「神の機械……世界を動かし、生まれ変わらせる」
    シノビガミ:「そう、これは収拾のつかなくなった物語を収束させるために用いられる"機械仕掛けの神"を意味する言葉さ」
    漆黒の魔王:「……強制的に終わらせようというのか!! 我らは、素直に言うことを聞く役者ではないっ!!」
    シノビガミ:「そうだね、まさに僕は君たちの物語にとってのデウス・エクス・マキナ、といったところかな?? そういう意味で言えば、傍観者であった僕は君たちと同じ舞台に立つことになる。神としてね」
    ヨル:「違うよ。あなたは機械。ただの機械」
    シノビガミ:「……ふふ。君たちが僕に勝利する終わりなんてない。僕が君たちの物語の終幕を与えるよ」
    クワガライダー:「……神に抗う、か。最高のファイナルステージじゃねえか」
    ヨル:「……もう、ひとつめのプログラムは上手く行かなかったでしょう?」
    シノビガミ:「そうだね。一度仲間としての絆を深めた君たちが最後に為す術なく追い詰められ、自分のためだけに仲間を手にかけるというのが僕の描いたシナリオだったんだけどね」
    ヨル:「……だからこそ、あなたは、沈む」
    クワガライダー:「テメエの思い通りにはさせねえよ」
    シノビガミ:「正義の味方のつもりかい? 滑稽だね。君たちは勇気と無謀を履き違えたただの愚者だ」
    ジュゴン:「あなたにいうべきことは全部言ったよ。始めよう。僕ははやく、零司くんに肩を貸しに帰らなきゃならないんだ」
    シノビガミ:「……そうだね、この物語の幕を下ろそう」

    GM:シノビガミの姿が変わる。無数の歯車が回転する絡繰のそれはやがて動物とも人ともつかぬ異形を形どった。
    シノビガミ:「君たちが所詮は操り人形でしかない事を思い知らせてあげよう」
    GM:えっと、シノビガミのデータを公開します。しばらく時間をとりますので相談をしてください。
    ※当時のデータがどこか行きました……同じものではありませんが詳細はシナリオを御覧ください。

    クワガライダー:つーーーよーーーいーーー
    ヨル:変調で色々潰していきたいところ。
    ジュゴン:変調回復あるよ。
    ヨル:あ、ほんまやくっそ。
    クワガライダー:絶対防御使うと危険ですね……
    漆黒の魔王:この人奥義4つもあるの?
    ジュゴン:マジ斜歯ェ…………
    GM:全員生還ENDを目指してくれ。
    ジュゴン:目指すよ。
    ヨル:頑張る。
    GM:じゃあ最終戦闘を始めていこうか。プロットオープン!!

    「シノビガミ」6
    「漆黒の魔王」5
    「ヨル」4
    「クワガライダー」4
    「ジュゴン」3
    「魔女ナギ」3

    ジュゴン:良くない。
    クワガライダー:やばい。
    GM:シノビガミは奥義を使用します。

    奥義「機操神の終幕」範囲攻撃/撃ち/射程低下《絡繰術》

    クワガライダー:うげええええ!?
    GM:対象は魔王、ヨル、クワガタ
    ヨル:撃ち積んでやがる……
    GM:まずは見切り判定をしてください。

    ヨル:2D6>=7 (判定:遊芸) → 9 → 成功
    魔女ナギ:2D6>=6 (判定:暗号術) → 11 → 成功
    クワガライダー:2D6>=9 (判定:手練) → 9 → 成功
    漆黒の魔王:2D6>=7 (判定:瞳術) → 5 → 失敗 → 逆凪
    ジュゴン:2D6>=8 (判定:言霊術) → 3 → 失敗 → 逆凪

    漆黒の魔王:あああああ!!
    ジュゴン:逆凪。
    ヨル:貴公ら……
    GM:こっちに感情持ってる人に限って操っても意味ないの笑う。ねぇ、しっかりして??
    ジュゴン:魔女ナギさんが成功したのでかい。
    ヨル:とりあえずヨルは自分に絶対防御かな。

    奥義「屍の揺り籠」絶対防御/くらまし/防御低下《死霊術》

    GM:シノビガミは奥義破りします

    シノビガミ:2D6-2くらまし>=6 (判定:結界術) → 5 → 失敗

    ヨル:とりあえず防御は成功!!
    漆黒の魔王:ありがたや! 魔王も自分を守ります。

    奥義「覚醒の黒翼」絶対防御/返し/防御低下《鳥獣術》

    GM:それに対しても奥義破り判定します。

    シノビガミ:2D6-2感情修正>=6 (判定:兵糧術) → 8 → 成功

    漆黒の魔王:うわああ!!!
    GM:すまんな。魔王の奥義は破った。
    ヨル:きっっつい!
    クワガライダー:いつになく本気。
    GM:魔王とクワガタの生命力は好きに3点減らしてください。
    漆黒の魔王:この場合シノビダマの消費はあり?
    GM:ありですよ。
    ジュゴン:きっつ、使えてあと2回か。
    クワガライダー:器術と忍術と妖術減らします。
    漆黒の魔王:器術、体術、謀術を減らします。
    GM:ということで次は魔王さんなのですが、逆凪ですね。
    漆黒の魔王:うーん、出し惜しみしてられないな。
    クワガライダー:おおおおお?
    漆黒の魔王:よし、奥義ぶっぱします!!
    ヨル:いっけぇ!

    奥義「闇に飲まれよっ!」クリティカルヒット/滅び/威力低下《瞳術》

    GM:まさかかぶるとはな! こっちも奥義だ!

    奥義「偽神の逆鱗」クリティカルヒット/滅び/射程低下《結界術》

    ジュゴン:ほほほwww
    ヨル:滅び返しとは……!
    クワガライダー:ほおおお!!
    漆黒の魔王:待ってるわけにいかなかったからまあしゃあない。
    ジュゴン:攻撃に使われる前に知れてよかった。
    シノビガミ:「神の領域へ安易に踏み入れられると思ったかい?」
    漆黒の魔王:「く、我の闇を上書きするとはっ!」
    GM:魔王のクリティカルヒットを無効化します。では、この奥義に対する見切り判定をどうぞ。

    ヨル:2D6+1>=6 (判定:死霊術) → 7 → 成功
    魔女ナギ:2D6>=6 (判定:暗号術) → 9 → 成功
    クワガライダー:2D6>=8 (判定:人脈) → 7 → 失敗 → 8で成功(シノビダマブースト)
    シノビダマ210→110

    GM:じゃあ全員が奥義情報を取得しますね。次はプロット4の人です。
    ヨル:ヨル、忍法「大祓」行きます!!

    ヨル:2D6+1>=5 (判定:流言の術) → 9 → 成功
    シノビガミ:2D6>=6 (判定:傀儡の術) → 7 → 成功

    ジュゴン:あかんかー。
    ヨル:くっそう。
    GM:今日は出目がいいから明日死ぬかもしれん。
    クワガライダー:奥義使います!!

    奥義「究極挟撃」範囲攻撃/乱れ/人数限定《骨法術》

    GM:奥義破り判定します。
    ジュゴン:まだ奥義情報持ってないのでは。
    GM:もってるんだなぁ。
    ヨル:シノビガミは初期から零王に対して感情持ってる扱いや。
    ジュゴン:ああ、あったな。書いてあった。
    GM:ボスにはそういうルールがあるのよね。じゃあ改めて振ります!!

    シノビガミ:2D6>=6 (判定:拷問術) → 3 → 逆凪

    GM:さかないだ、だと……
    ヨル:2点と変調と逆凪!!
    漆黒の魔王:もりゆきさん調子出てきた。
    ジュゴン:変調決定!
    変調表(4) → 行方不明:その戦闘終了後、メインフェイズ中に行動不可。サイクルの終了時に、《経済力》で成功すると無効化される。

    ジュゴン:いらねえええええ!!
    漆黒の魔王:そんなんばっか。
    クワガライダー:はああ……
    GM:SHINOBI-GAMIの生命力は14になりました。
    ジュゴン:先は長いぞ……
    GM:では次はプロット3ですね。ジュゴンは逆凪で、ナギも間合が届かないですねぇ。
    ジュゴン:ラウンド終了かな。

    シノビガミ:2D6>=7 (判定:傀儡の術)行方不明回復 → 7 → 成功

    GM:じゃあ第2ラウンドですね。プロットオープン!!

    「魔女ナギ」6
    「シノビガミ」5
    「クワガライダー」5
    「ヨル」5
    「漆黒の魔王」5
    「ジュゴン」4

    ジュゴン:プロット入れ替えどうする?
    漆黒の魔王:ナギと入れ替わってヒット打とうか?
    ヨル:ありやな。
    魔女ナギ:血盟忍法「外連」を使う!!

    魔女ナギ:2D6>=5 (判定:召喚術) → 10 → 成功

    漆黒の魔王:あざ!!
    クワガライダー:おおお。
    ヨル:さすナギってかGMの出目よ。
    GM:高すぎる、明日死ぬ。
    GM:ではプロット6の方からどうぞ。ここは忍法「操り人形」だわ。
    シノビガミ:「怒りという感情は実に御しやすい」
    漆黒の魔王:あああっ!!

    シノビガミ:2D6>=5 (判定:傀儡の術) → 4 → 失敗

    GM:失敗でワロタ。
    ジュゴン:やっふー!
    ヨル:失敗かよ!!!
    ジュゴン:忍具つかわねえなこいつ。
    GM:では改めて魔王の行動どうぞ!!
    漆黒の魔王:今回も奥義いきます!!

    奥義「闇に飲まれよっ!」クリティカルヒット/滅び/威力低下《瞳術》

    GM:奥義破り判定します。
    漆黒の魔王:さあ破ってみたまえ。

    シノビガミ:2D6>=7 (判定:拷問術) → 7 → 成功

    GM:やぶったった!!
    ヨル:ダメージ通らんねぇ。
    ジュゴン:からのクワガライダーくん?
    GM:シノビガミは最後に動きますね。
    クワガライダー:うっし。いつもの二つでいきます!!
    ジュゴン:さて本領!

    クワガライダー:2D6>=5 (判定:骨法術) → 5 → 逆凪
    クワガライダー:2D6>=5 (判定:骨法術) → 6 → 成功
    クワガライダー:2D6>=5 (判定:人脈) → 3 → 逆凪

    GM:あらまぁ(笑)
    クワガライダー:アッラー。春雷の二つ目の判定に神通丸使おうかね。

    クワガライダー:2D6>=5 (判定:人脈) → 5 → 逆凪

    クワガライダー:あああああああああああああああああああああああああああああああああああああ死にたい。
    ヨル:つらみ。
    GM:これはつらいやつ。
    ジュゴン:こういうこともある。
    漆黒の魔王:どどどんまい
    GM:《骨法術》で回避判定するね。

    シノビガミ:2D6-2感情修正>=6 (判定:拷問術) → 4 → 失敗

    GM:くぅぅぅぅ!! ころころ……《衣装術》が封印されました。残り生命力は12です。
    ヨル・漆黒の魔王・ジュゴン・クワガライダー:よっし。
    ヨル:ヨル、接近戦攻撃します。

    ヨル:2D6>=5 (判定:潜伏術) → 10 → 成功
    シノビガミ:2D6>=7 (判定:盗聴術) → 8 → 成功

    ジュゴン:クッソこの出目
    ヨル:あぁぁぁ。
    漆黒の魔王:ほんま今日どうしたんや。
    クワガライダー:嫌いや。
    魔女ナギ:忍法「吹火」を使用するぜ!!

    魔女ナギ:2D6>=5 (判定:火術) → 9 → 成功
    シノビガミ:2D6>=6 (判定:絡繰術) → 12 → スペシャル

    ジュゴン:うっわ。
    漆黒の魔王:おい。
    ヨル:くっそ。
    クワガライダー:はあああああ?
    GM:うん。生命力1点を回復しよう。残り13です。
    漆黒の魔王:お前に期待してるのはそんなんじゃない。
    GM:ごめんてwww
    ジュゴン:魔王ちゃんwww
    GM:じゃあシノビガミは忍法「帝釈天」使います。目標はジュゴンと漆黒の魔王。そしてさらに

    奥義「悪神の戯曲」完全成功/瞬き/分野限定《傀儡の術》を使用します。

    GM:分野は器術限定。そして命中判定に使うと相手の回避に-3の修正が加わります。
    ジュゴン:きっつ。
    漆黒の魔王:ぎゃああああ。
    ヨル:戦闘特化に仕込んでやがる……
    GM:これまた見切り判定しようか。

    ヨル:2D6+1>=7 (判定:遊芸) → 10 → 成功
    漆黒の魔王:2D6>=7 (判定:瞳術) → 4 → 逆凪
    魔女ナギ:2D6>=6 (判定:暗号術) → 4 → 逆凪
    ジュゴン:2D6>=8 (判定:言霊術) → 3 → 逆凪

    クワガライダー:ああ……あああ……
    GM:逆凪の塊。
    ジュゴン:よりによってヨルさんだけ成功っていう。
    GM:では情報を知るのはヨルだけですね。「帝釈天」は《拷問術》です。-3の修正で回避をどうぞ。
    漆黒の魔王:ここで兵糧丸を使って器術分野を回復してから回避します。

    漆黒の魔王:2D6-3>=6 (判定:登術) → 0 → 逆凪

    漆黒の魔王:くっそおおおおおおおおお!!
    ヨル:あとはジュゴンの回避か。
    ジュゴン:その前に奥義使います。

    奥義「幽技・身溶き綾取り(ゆうぎ・みときあやとり)」不死身《潜伏術》

    ジュゴン:白いシルエットが揺らぎ全身の包帯がほどけると、そこには肉体は存在しなかった。白布はしばし風に漂い、再びその姿を編み上げる。不屈の意志を持って、光る瞳が敵を見据える──。
    漆黒の魔王:おおおお!!
    ジュゴン:さて出目次第……!!
    ジュゴン:1d6-1 → 4
    ジュゴン:いい出目!
    ヨル:よっし!!
    漆黒の魔王:よっしゃ!!
    クワガライダー:おお!!
    ジュゴン:生命力、変調を全回復します。
    GM:とうとう故障が……。
    漆黒の魔王:おかえり。
    クワガライダー:やっとwwww
    ヨル:完全復活感ある。
    GM:では、その上で《拷問術》での回避ですね。
    ジュゴン:零王が演出修正入れてくれたりしないですかね()
    GM:なるほど演出修正ありやな。
    ジュゴン:よし、それがあるなら全力で回避しに行こう。
    GM:幻聴が聞こえる。力強い「生きて会おう」という声だ。プラスの演出修正です。
    ジュゴン:演出もらって、ニッと笑って、回想入ります!

    ────────ジュゴンの【秘密】回想シーン────────

    小学年の夏休み、親子人で水族館へ白い人魚に会いに行った。
    僕たちがけたたましいブレーキ音に呑まれたのはその帰り道──
    理不尽が僕の体を寝床に、心を眠りに縛り付け、青春の全てを奪った。
    たった一人で思考のループを彷徨い、つながりに飢え、何度も壊れかけ……そして確信した。
    人間の心は独りで生きていくことなんてできない。
    まして"想う心"を糧に戦う僕ら"ヒーロー"が、孤独になんてなっちゃいけない。
    僕は奪われた時間を取り戻す。
    みんなと過ごした暖かい時間を糧にこの力を使う。
    どこまでも広がる"つながり"という力を。
    僕に降りかかったような理不尽から、みんなを守るために……!

    ────────────────────────────

    クワガライダー:ええ奴や……
    漆黒の魔王:つながり……
    ジュゴン:「僕は、生きる…………!」

    ジュゴン:2D6+4>=8 (判定:飛術) → 6 → 失敗

    ジュゴン:うっげえええええええええええええええええ
    漆黒の魔王:ああああああああああああ
    ヨル:うへぇ……
    クワガライダー:ああああああああああああああああ
    ジュゴン:絶妙にシノビダマ届かないライン。辛さしかない。ダイス振ってここまで辛いの久しくなかったわ……
    GM:う、うむ。では絶対防御などの奥義の宣言などがあればどうぞ。
    ジュゴン:ジュゴンは回復チャンスあたえるよりここは食らっとこう。
    ヨル:ヨルが魔王に絶対防御します。

    奥義「屍の揺り籠」絶対防御/くらまし/防御低下《死霊術》

    漆黒の魔王:ありがとうごさいます。
    GM:それを奥義破りしましょう。

    シノビガミ:2D6-2>=6 (判定:結界術) → 3[1,2]-2 → 1 → 逆凪

    GM:くうううさかないだぁぁぁあああ!!
    ヨル:よっし。
    漆黒の魔王:ありがとおおおお
    ジュゴン:ジュゴンは忍術と戦術を削ります。
    GM:ジュゴン、それに魔王も含めさらに集団戦ダメージが1点入ります。
    漆黒の魔王:おお……
    ジュゴン:変調表(3) → 重傷:次の自分の手番に行動すると、ランダムな特技分野つの【生命力】に1点ダメージ。サイクルの終了時に、《生存術》で成功すると無効化される。
    漆黒の魔王:変調表(1) → 故障:すべての忍具が使用不能。サイクルの終了時に、《絡繰術》で判定を行い、成功するとこの効果は無効化される。

    ジュゴン:うっげえええ。
    GM:地獄かな?
    ジュゴン:いや地獄だね。
    漆黒の魔王:ジュゴンきつ。故障が治ったと思ったらこれよ。
    GM:それではこのラウンドを終えましょうか。シノビガミが変調の回復します。

    シノビガミ:2D6>=8 (判定:盗聴術) → 10[5,5] → 10 → 成功

    クワガライダー:はあ……
    GM:出目が良すぎるなぁ。では第3ラウンドです。プロットオープン!!

    「漆黒の魔王」5
    「シノビガミ」5
    「魔女ナギ」5
    「ヨル」4
    「ジュゴン」4
    「クワガライダー」4

    ジュゴン:まおうちゃん!
    漆黒の魔王:今回も奥義を使います!!

    奥義「闇に飲まれよっ!」クリティカルヒット/滅び/威力低下《瞳術》

    クワガライダー:いけええええ!!
    GM:じゃあこちらも奥義だな。滅びで同士討ちしよう。希望者は奥義破り判定どうぞ!!

    ヨル:2D6+1>=6 (判定:死霊術) → 11 → 成功
    魔女ナギ:2D6>=7 (判定:召喚術) → 8 → 成功
    漆黒の魔王:2D6+3>=9 (判定:瞳術) → 10 → 成功

    漆黒の魔王:ふう、当たった!!
    ジュゴン:うっし! 3点!
    GM:では、シノビガミの奥義が無効化され、シノビガミの残り生命力は9になりました。
    ジュゴン:ナギさん!
    魔女ナギ:忍法「吹火」いくぜ!!

    魔女ナギ:2D6>=5 (判定:火術) → 8 → 成功
    シノビガミ:2D6>=6 (判定:絡繰術) → 5 → 失敗

    ジュゴン:よし!! 火達磨!!
    ヨル:どんどん貯めていこう。
    GM:ファンブル値は4になりました。あんまり奥義情報わたらなかったしもう一度完全成功「帝釈天」使用します。

    奥義「邪神の戯曲」完全成功/瞬き/分野限定《絡繰術》

    ヨル:ナギに完全成功見切りして欲しい。
    GM:了解です。
    ジュゴン:そうかそれがあった。

    奥義「焰付加」完全成功《火術》

    GM:では魔女ナギの見切り判定は成功です。ジュゴンとクワガにはナギから伝わるので、魔王さんだけ見切り判定どうそ。

    漆黒の魔王:2D6>=9 (判定:瞳術) → 3 → 逆凪

    漆黒の魔王:だから出目。
    ヨル:どんまいぃ。
    漆黒の魔王:今日はだめだあ。
    ヨル:で、ヨルは奥義破りします。

    ヨル:2D6>=6 (判定:流言の術) → 9 → 成功

    ヨル:「……あなたは、沈むの……」
    漆黒の魔王:やったああああ!!
    ジュゴン:よっし! ぐう有能。一回封じた!
    GM:ではプロット4の人たちです。
    ジュゴン:やっとうごけるぞぉおおおお!!
    GM:シノビガミは忍法「操り人形」を使用します。
    ジュゴン:くっそwww全力で妨害入れたい。演出まで入れてもらって-3?
    漆黒の魔王:修正いれますか。
    ジュゴン:感情を両方で-2、演出で-1かな。
    GM:傀儡の糸、そのなかにひとつシノビガミの思い通りにはならない糸が。マイナスの演出修正。

    シノビガミ:2D6-3>=5 (判定:傀儡の術) → 6[2,4]-3 → 3 → 失敗

    ヨル:ナイス妨害!
    GM:くううううう!!!
    ジュゴン:うごけるぅうううう!!
    GM:では、改めてプロット4の方々どうぞ。
    ジュゴン:いっていいですかね?!?!
    GM:活き活きしてる(しかし重傷
    ジュゴン:「たとえ一度折られても、みんながいる限り何度だって!」
    ジュゴン:重傷で削れたのは謀術分野。忍法「密首」からの忍法「裏真言」いきます。

    ジュゴン:2D6>=5 (判定:異形化) → 9 → 成功
    ジュゴン:2D6>=5 (判定:言霊術) → 9 → 成功

    漆黒の魔王:いいね!
    ヨル:すばら!
    GM:回避しよう。

    シノビガミ:2D6>=6 (判定:衣装術) → 7 → 成功

    ジュゴン:振りなおし

    シノビガミ:2D6>=6 (判定:衣装術) → 6 → 成功

    ジュゴン:うー決まらねえなあ。
    クワガライダー:チッ!!
    漆黒の魔王:おうふ。
    ヨル:この特技数やと「魔界工学」くっそつえぇな。
    ジュゴン:ヨルさんいく?
    ヨル:いいかげんあたれ!忍法「接近戦攻撃」!

    ヨル:2D6>=5 (判定:潜伏術) → 10 → 成功
    シノビガミ:2D6>=7 (判定:盗聴術) → 8 → 成功

    ジュゴン:マジ。
    ヨル:疲れた。
    GM:出目良すぎんだよ。
    ジュゴン:これはGMも困るよなあwww
    GM:ホント頭抱えてる。いつもの自分の出目過信して魔界工学なんてとらなければよかった。
    漆黒の魔王:わろた。
    クワガライダー:ええ加減あたれ。忍法「凶手」からの「春雷」!!

    クワガライダー:2D6>=5 (判定:骨法術) → 9 → 成功
    クワガライダー:2D6>=5 (判定:骨法術) → 10 → スペシャル
    クワガライダー:2D6>=5 (判定:人脈)→ 4[1,3] → 4 → 逆凪

    クワガライダー:スぺシャル!!!
    漆黒の魔王:きた!!
    クワガライダー:妖術分野を回復。
    GM:では《骨法術》で回避だな
    クワガライダー:よけんな!!

    シノビガミ:2D6>=6 (判定:拷問術) → 12 → スペシャル

    ジュゴン:お前……
    ヨル:もうええって。
    クワガライダー:はあああああ!?
    GM:誰も、GMすらも求めていない。スペシャル効果で「火達磨」回復しよう。ではこれでラウンド終了です。
    GM:どんどんいきましょう。第4ラウンド、プロットオープン!!

    「漆黒の魔王」6
    「魔女ナギ」6
    「シノビガミ」5
    「クワガライダー」4
    「ヨル」4
    「ジュゴン」3

    漆黒の魔王:よっし奥義いきます!

    奥義「闇に飲まれよっ!」クリティカルヒット/滅び/威力低下《瞳術》

    ヨル:魂の赴くままに!!
    GM:奥義破りをしようかっ!!

    シノビガミ:2D6>=7 (判定:拷問術) → 4 → 失敗

    漆黒の魔王:おっしゃああああ!!
    ジュゴン:よしよし。
    クワガライダー:おし。
    GM:火達磨回復しててよかた……生命力は残り6です。
    魔女ナギ:それじゃあナギは忍法「接近戦攻撃」だ!!

    魔女ナギ:2D6>=5 (判定:飛術) → 6 → 逆凪

    ヨル:ナギった……
    ジュゴン:ナギさんが……
    GM:じゃあプロット値がいきます。
    GM:シノビガミは普通に忍法「帝釈天」。目標はヨルとナギです。
    ヨル:こいやぁ!!
    GM:ナギはなぎってるので避けられないです。
    漆黒の魔王:よけて!!

    シノビガミ:2D6>=5 (判定:拷問術) → 7 → 成功
    ヨル:2D6+1>=7 (判定:骨法術) → 6 → 失敗

    クワガライダー:ああああああああああああああああああ
    漆黒の魔王:おしい。
    ジュゴン:……いや。
    ヨル:問題なし。
    GM:察しのいいジュゴン。
    クワガライダー:お??
    GM:ではそれぞれの種類のダメージを1点ずつです。
    魔女ナギ:妖術と謀術削ります。
    ヨル:体術と器術を失います。
    魔女ナギ:変調表(5) → 忘却:修得済み感情がランダムにつ使用不能。サイクルの終了時に、《記憶術》で成功すると無効化される。
    ヨル:変調表(4) → 行方不明:その戦闘終了後、メインフェイズ中に行動不可。サイクルの終了時に、《経済力》で成功すると無効化される。
    ジュゴン:いいの引いた。
    ヨル:問題なし。
    GM:ほいでは!!!プロット4勢
    クワガライダー:「凶手」からの「春雷」いきます。

    クワガライダー:2D6>=5 (判定:骨法術) → 9[3,6] → 9 → 成功
    クワガライダー:2D6>=5 (判定:骨法術) → 5 → 成功
    クワガライダー:2D6>=5 (判定:人脈) → 2 → 逆凪

    クワガライダー:あああああああああ!?
    ジュゴン:ここが決まらねえなあwww
    ヨル:おいぃw
    GM:回避します!!

    シノビガミ:2D6>=6 (判定:拷問術) → 6[2,4] → 6 → 成功

    ジュゴン:これは修正しなかったこと悔やまれるやつww
    GM:くやしいやつだwww
    漆黒の魔王:気長にいこうな()
    ヨル:「……ふふ、ふ……あはははははははは!!」
    漆黒の魔王:こわれた!?
    ジュゴン:「どうしたのヨルさん?!」
    ヨル:「……痛いよ、シノビガミ 痛いから、この痛み」
    ヨル:「返すね」
    シノビガミ:「なんだい……??」
    ヨル:兵糧丸を噛み砕いて体術を回復します。そして……自分の胸に腕を突っ込む。ずるりと、ドス黒い水とともに、黒い剣が現れる。

    奥義「黄泉濡れた天十握剣」クリティカルヒット/くらまし/発動条件《水術》

    クワガライダー:おお??!
    ヨル:辟邪の剣、天十握剣を黄泉に流れる黒い水に永い時をかけて浸し、聖なる者を屠る力を宿らせた。黒く濡れた刀身からは、ドス黒い黄泉の水が溢れ続けている。水に触れるだけで命を蝕むこの剣は避け難く、しかし死に近い者にしか振るえない。
    漆黒の魔王:おおおおお!!!
    GM:クソダサい名前(ヒーローウェポン)がこんな武器に生まれ変わって嬉しい。
    漆黒の魔王:それで攻撃をうけたのか。
    ジュゴン:取っといたねえ……! 発動条件!
    ヨル:「……キミのクレタこの力で、キミは斃れるんだ。黄泉に、沈め」
    シノビガミ:「そんなもの打ち消してくれる!!」

    奥義「偽神の逆鱗」《結界術》クリティカルヒット/滅び/射程低下

    ヨル:奥義破り判定、それに回想シーン使います
    GM:ヨルのターンはまだまだ続く!!

    ────────ヨル【真実】回想シーン────────

    寂しい
    哀しい
    会いたい
    憎い
    愛しい
    触れたい
    怖い
    苦しい……
    夜を迎える度に、私の元に様々な感情が訪れる。
    私は静かに耳を傾け、澱んだ水底に沈んでいく。

    「……さか……朝華!」

    そして眼を覚ますと、決まって悲しそうな、恐れるような父の顔を見る。
    年を経るごとに眠りが深くなる娘を、心配しているのだろうか。

    死霊の想いは積み重なり、いつしか怨霊に変じて現世を襲い始める。
    父はあの人たちを滅してしまう。
    死霊も怨霊も、等しく零に還してしまう。
    違う、違うの。
    あの人たちは、ただ哀しいだけ、伝えたいだけ。
    それを知ることができても、私には何も出来ない。

    『それで、君はどうしたいんだい?』
    目の前に現れた小さな、恐ろしい存在。
    「……私は」

    願いは一つ。

    「私は、夜になりたい。此岸と彼岸を淡く結ぶ、優しい夜になりたい」

    ────────────────────────

    GM:いいねぇええええええええ
    漆黒の魔王:ふおおおおおおおおお
    ヨル:奥義破り行きます。

    ヨル:2D6+1+3>=6 (判定:死霊術) → 8[3,5]+1+3 → 12 → 成功

    GM:かっこよすぎかな?
    ジュゴン:よしよし。
    クワガライダー:やばい。
    ヨル:「……そして、あなたも、還るの」
    ヨル:「静かで優しい夜に」
    ヨル:もうこのセッションでやりたいこと全部やった。
    漆黒の魔王:すごい素敵。
    ジュゴン:さすがというしか。
    ヨル:これで決まるか……
    ジュゴン:来るのかな、操り人形が。全力妨害をお願いしたく。
    漆黒の魔王:のっせまーす
    ジュゴン:乗せます。
    GM:操る糸、その先にいるのが自分自身であるかのような幻覚を見る。

    シノビガミ:2D6-3>=5 (判定:傀儡の術) → 11[5,6]-3 → 8 → 成功

    GM:この期に及んでか!!!!!!!!
    ジュゴン:くっそおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!
    漆黒の魔王:出目たかいな!すごいよもりゆきくん。
    GM:ジュゴンはできる限りの全力でクワガタを殴ってちょうだい。
    クワガライダー:どっからでもこい
    ジュゴン:意志に反して呪言が口からこぼれ落ちる……!
    クワガライダー:「俺は! 避けねえ!」(避けれない)
    ジュゴン:裏真言だけですな。

    ジュゴン:2D6>=5 (判定:言霊術) → 7[1,6] → 7 → 成功

    ジュゴン:「く……クワガライダーくん……?!」
    クワガライダー:「チッ、問題ない」妖術を再び削ります。呪いで封じられたのはころころ……いてて、春雷です。
    ジュゴン:ジュゴンはは重傷のダメージころころ……器術が削られます。
    GM:ほいあ次ラウンドへ進みます。プロットオープン!!!

    「ヨル」6
    「漆黒の魔王」5
    「魔女ナギ」 5
    「シノビガミ」5
    「クワガライダー」4
    「ジュゴン」4

    ジュゴン:ヨルさんがぶっぱの姿勢に入ったww
    漆黒の魔王:きたこれ。
    GM:そろそろ死にそう。
    クワガライダー:ナギと入れ替えてもらおうかな。
    GM:じゃあ魔女ナギは妖術を兵糧丸で回復して、血盟忍法「外連」使います。

    魔女ナギ:2D6>=5 (判定:召喚術) → 6[1,5] → 6 → 成功

    GM:いれかわりいいい!!
    ジュゴン:じゃあヨルさん!!
    漆黒の魔王:やっちゃって!!!
    ヨル:「……この水、触るだけで危ないの」無造作に大剣を振るう。

    奥義「黄泉濡れた天十握剣」クリティカルヒット/くらまし/発動条件《水術》

    GM:その奥義滅ぼす……奥義だ!!

    奥義「偽神の逆鱗」クリティカルヒット/滅び/射程低下《結界術》

    ジュゴン:やぶれぇえええ!!
    漆黒の魔王:やぶりましょう。
    GM:うあわあああああああ
    ヨル:いくぜ

    ヨル:2D6>=6 (判定:死霊術) → 7[2,5] → 7 → 成功

    シノビガミ:「……人形風情が! その力は僕が! 僕が与えたものだ! お前ら人間はまた僕を裏切るのか!!」
    シノビガミ:「こんな終わり! 僕は! 僕は認めないぞ!! こんな! こんなあああ!!」
    ヨル:「……元はあなたから与えられたものかもしれないけど、もう違う」
    GM:ひび割れる結界。
    ヨル:「……私は、私の”意志”のために」
    漆黒の魔王:「我は、我の”憧憬”のためにっ!」
    魔女ナギ:「俺は、俺の"魅力"が未来を担う子たちの道標となるようにッ!」
    クワガライダー:「俺は、皆を護る”力”のために!」
    ジュゴン:「僕は、皆の"献身"をつなぎ、どこまでも届く大きな輪にして!!」
    GM:皆の思いの乗った大剣の一撃が奴を穿つ。
    ヨル:僻聖辟邪の剣が、神殺しへと昇華する。
    GM:神殺しの剣を受け、シノビガミは叫びともつかぬ声を上げ、その姿が崩壊を始める。
    GM:シノビガミ──人の願いを叶え、力を与え、思いを弄びし悪は、君たちの一撃のもとに怨嗟を残し霧散した。
    ジュゴン:「……僕たちはたたかう。”セイギノミカタ”として!!」

    ジュゴン:みんなの方を見て、口元の包帯を外し満面の笑みを向けます。
    ヨル:「……その顔が、ジュゴンの?」
    ジュゴン:「ほんとうよりも、ちょっと肉付きがいいけどね」
    GM:次元の狭間世界から投げ出された君たちは互いに、互いの無事と健闘を喜び合う。
    ヨル:「……そう」
    魔女ナギ:「終わったん、だな」
    ジュゴン:クワガライダーくんと拳を突き合わせよう。
    クワガライダー:応えよう。
    漆黒の魔王:二人のすがたをまぶしそうに見つめます。
    クワガライダー:それを見ておいでってします。
    漆黒の魔王:「……い、いいんですかっ!」
    クワガライダー:「おう……」
    漆黒の魔王:恥ずかしそうにしながら駆け寄ります。ライダーさんに、「あの時は、助けてくれてありがとうございましたっ」ってお礼をいいます。
    クワガライダー:「こうやって一緒に戦うことになるなんてな」って頭ポンポンしようじゃないか漆黒の魔王:嬉しそうに「これからも、クワガライダーさんのような、強くて優しいセイギノミカタに近づいていきます」
    クワガライダー:「お、おう、頑張れよ」
    漆黒の魔王:「今度は、ライダーさんを助けてみせますから!」

    ジュゴン:「魔女ナギさん……望月さんはこれからが大仕事じゃないですか」
    魔女ナギ:「そうだぜぇ、まったくな」
    ジュゴン:「いいお母さんになってくださいね」
    ヨル:「……ナギなら、なれる、よ」
    魔女ナギ:「人生最後の夢としては、上出来だったんじゃねぇかな。子どもに聞かせる武勇伝が増えたってもんだ、ニヒヒ」
    ジュゴン:じゃあジュゴンはヨルさんを近くに呼ぼう(笑)
    ヨル:「……なに? ジュゴン」
    ジュゴン:「ありがとう、ヨルさん。僕に大事なものを見つけさせてくれて」
    ヨル:「……どう、いたしまして……?」
    ジュゴン:向こうでわちゃわちゃしてるのを眩しそうに、幸せそうに眺めています。友達に囲まれて賑やかしく過ぎていく時間を。
    ヨル:「……でも、これは、あなたが守ったもの」
    ジュゴン:「半分違うよ。”僕たちが”守ったんだ。ヨルさんもだよ?」
    ヨル:「……ふふっ……そうだね。ありがとう、ジュゴン」
    GM:君たちのもとへ近づく影が一つ。
    零王:「…………」
    漆黒の魔王:れおちゃん!
    クワガライダー:近づこう
    零王:「……生きて、たんだな」
    ジュゴン:ゆっくり歩み寄って、「ただいま。待たせたかな」
    零王:「……すまなかった」
    ジュゴン:「みんなのおかげだよ。僕はいいとこなしだったんだ」そういって笑います。
    零王:「俺は……あんたたちを待ってたんだと思う……正義の味方を。……ありがとう」
    クワガライダー:「何言ってんだ」
    零王:「な、なにって」
    クワガライダー:「お前もヒーローだろ? 聞いてればさっきからしおらしくしやがって……お前も謙虚になれんだな!」カッカッカと笑います。
    零王:「……俺が、俺がヒーローでも、いいのか」
    クワガライダー:「いいんじゃねえの?」
    漆黒の魔王:零王をにっこりして見てる。
    ヨル:「……零王に感謝してる子達も、たくさんいるよ。ここにも、そこにも」
    零王:「……俺は、誰かに感謝されることがあるなんて思っても、思ってもなかった。俺は、必要とされているのか」
    漆黒の魔王:「あなたとまた仲間としてヒーローになれると、私もとてもうれしいですっ」
    ジュゴン:顔の包帯を外し、すこし真剣な顔をして零司の顔を覗き込みます。
    ジュゴン:「きっと、零司くんの未来にはしんどいことが待ってる。いろんなことと向き合わなくちゃなんない。僕らはきっと君をつらい道に引っ張り出したよ」
    ジュゴン:「でも、前とは絶対に違うことがある。僕らが一緒にいるよ」
    零王:「……あぁ、わかってる。俺は、1人じゃ、ないん、だよな……ありがとう」
    ジュゴン:「じゃあ、帰ろっか。ヒーローにも休息は必要だから……」とふらーっと。
    漆黒の魔王:ヨルにこそっと「わたし、今もみんなとここに立てて、本当によかったです」とつぶやいておく。
    ヨル:「……そう」と小さく微笑み返すよ。

    GM:ではここで皆さんにお聞きします。
    GM:シノビとしての力を、これから先も持ち続けますか?
    ヨル:ヨルは、持ち続けます。
    クワガライダー:クワガも持つかなあ……。
    漆黒の魔王:魔王も持ち続けます。
    ジュゴン:「力を手放して普通に暮らす」って選択肢はそもそもあるの?
    GM:決意のようなものでしょうか。力はそこに依然としてあります。ナギにはもういりません。
    ジュゴン:なるほど。使うか使わないか、ヒーローを続けるかどうか、ね。
    GM:彼女は魔女であることをやめ、母になります。人生最後の夢は見れましたから。
    クワガライダー:ええなあ。
    GM:零王も使いません。
    ヨル:力が無くても大丈夫な強さを。
    漆黒の魔王:変わるんだね。
    GM:彼にとってあの姿は弱さの象徴になりました。彼のバックグラウンドを詳しくお話はしませんが、償うべき罪が彼にはあるのです。
    ジュゴン:持ち続けましょう。零司やみんなと一緒にいると約束したから。そのために。そしてみんなを理不尽から守るために。



    <エンディングフェイズ>

    GM:わかりました! ではこのままエンディングフェイズ始めていくぜ!!
    ジュゴン:何をしたいかというと、みんなにお見舞いに来て欲しいだけなんですよww
    漆黒の魔王:行く行く
    クワガライダー:行く気でいた
    ジュゴン:んで、できればおかあさんと鉢合わせして欲しい。
    ヨル:看取りに。
    ジュゴン:ちゃうわww
    クワガライダー:これ素のほうでいいんかな
    ヨル:ヨルは素で行くかなー
    漆黒の魔王:同じ病院にしてもらいたい。
    クワガライダー:制服で行こう。
    ヨル:制服で行く。
    漆黒の魔王:中学校の制服着ていくか、めったに着ないっけど。
    ヨル:泣ける
    クワガライダー:あの、零くんと同じガッコだとまずいかな
    GM:ええで
    クワガライダー:おけ
    ジュゴン:魂はシノビの姿をとって、病室の窓枠に座ってみんなを待ってます。
    GM:特別にNPCと関わりたいならNPCも出ます
    クワガライダー:見舞いの花を持ってドアをコンコンします
    ヨル:「…入るよ」がらり
    クワガライダー:位置情報だけ送った感じやな
    漆黒の魔王:せいふくやで。初めて着る可能性
    GM:魔王ちゃん……
    漆黒の魔王:はずかしそうに「お、おじゃましますっ」
    ジュゴン:「!………やあ、こんにちはみんな………!」
    クワガライダー:綺麗な顔してるだろ? これで死ん(
    ヨル:「…ジュゴン…こんな姿になって…安心して。いま、送ってあげるからね…」
    ジュゴン:「やめて」
    漆黒の魔王:「みなさん、えんりょないですね」
    ヨル:「……冗談」背中にお祓い棒を隠しつつ
    クワガライダー:「冗談言えたんだ……」
    GM:ヨルさんプロやで…
    ジュゴン:「みんな、来てくれたんだね。ありがとう」
    クワガライダー:枕もとの果物を剥こうかな
    ジュゴン:果物はまだ食べられないからみんなに勧めます。
    ヨル:「…お花、ここに置いておく、ね」C地区霊園産の彼岸花
    ジュゴン:彼岸花ww
    ジュゴン:「魔王ちゃ千夜ちゃんって同じ病院だったんだね」
    漆黒の魔王:「はい。私も来れてよかった」
    ヨル:「千夜。からだ、大丈夫?」
    漆黒の魔王:「座ってゆっくりしてれば、だいじょうぶです」
    ジュゴン:じゃあそこで外の廊下から足音が。
    クワガライダー:「この音は……まさか!?」
    ヨル:潜伏術で隠れます

    ヨル:2D6>=5 判定:潜伏術(2D6>=5) → 11[5,6] → 11 → 成功

    ジュゴン:ジュゴンはそろそろ来ることを察してるんでスッと姿を隠します。
    漆黒の魔王:さすがやで
    ヨル:開けたドアの死角に入り込む
    漆黒の魔王:はっとして立ちます
    ジュゴンママ:足音が近づいて一旦訝しむように立ち止まり、「誰かいるの?」という声とともにドアが開きます。
    クワガライダー:マザーを見ます。手にはリンゴ
    漆黒の魔王:「は、はじめましてっ」ぺこっ
    ジュゴンママ:びっくりして、「あなたたちは………?」と。
    漆黒の魔王:「お見舞いにきましたっ」
    クワガライダー:「こんにちは……えっと僕たち」
    ヨル:「……まさとくんの、おともだち、です」真横から
    ジュゴンママ:「お見舞いって、真斗の?」
    クワガライダー:「そう・……です」
    漆黒の魔王:「はいっ! おともだちです」
    ヨル:こくり
    ジュゴンママ:「お友達って………」っていって歳の計算を始める(笑)。7年前この子いくつなの?って。
    クワガライダー:「僕、同い年なんです」
    ヨル:「……私も」
    ジュゴンママ:「小学校のときの? こんなに経っても来てくれるなんて……」
    漆黒の魔王:「わたしは、とてもお世話になったというか、いつもお世話になってるというか……」
    ジュゴンママ:「いつも。え、いつも……?」
    クワガライダー:「まあ、仲良かったので……」魔王ちゃ千代ちゃん小突いておきます
    ヨル:千夜ちゃんに向かって人差し指を立てつつ「…この子も、この病院で…」
    漆黒の魔王:「あっ! すすみません! そうなんです、同じ病院でっ」
    ジュゴンママ:「あら、そうだったのね。えっと……」名前を聞きたそうに。
    クワガライダー:「武田です。武田涼太」
    ヨル:「……藤原、朝華です。」
    漆黒の魔王:「白月、千夜といいますっ」
    ジュゴンママ:「りょうたくん、あさかさん、ちよちゃん。ありがとうね、真斗のところにきてくれて」
    ジュゴンママ:「ありがとう……」ちょっと鼻声。
    クワガライダー:「あ、あの……」
    ジュゴンママ:目元を拭って、「どうしたの、りょうたくん」
    クワガライダー:「真斗は……その……大丈夫だと思います」
    ジュゴンママ:「えっ?」と意外そうにしてる。
    クワガライダー:「その……なんていうか、ちょっと変なこと言いますけど、声が聞こえるっていうか……」
    ジュゴンママ:いぶかしげにしている(笑)
    ヨル:「……彼は、戦ってる」
    漆黒の魔王:「一生懸命、生きてます」
    ジュゴンママ:戸惑ってたけど、真剣に聞きます。
    ジュゴンママ:「そう、そうよね。この子頑張り屋だもん。絶対よくなる!」
    ジュゴンママ:「そうだ、みんなシュークリーム食べない? いっつも余計に買ってきちゃうのよね」
    ジュゴンママ:「それで結局全部食べちゃうから、最近体重が、ね? どう?」ちょっとお茶目に。
    漆黒の魔王:「いいんですか? じゃあ…いただきます」
    クワガライダー:「じゃあ、いただきます」
    ジュゴンママ:お母さんはシュークリームの箱を開け始めるよ。
    ジュゴンママ:「ここのシュークリーム凄く美味しいのよ。はい、どうぞ」そう言ってママはシュークリームを微笑みながら渡してくれるよ。
    漆黒の魔王:「ほんとですっ! クリームが甘さ控えめで、とってもいいですっ!」
    ジュゴンママ:「そうなの! しつこくないからいつもたくさん食べれちゃってね(笑)」
    漆黒の魔王:「甘いものを食べると、ほっとしますよね。優しい気持ちになれる気がします」

    ヨル:「……ジュゴン、聞こえる?」
    ジュゴン:「うん」
    ヨル:「……お母さんに、伝えたいこと、ある?」
    ジュゴン:「みんなが言ってくれたよ。それにお母さん、いつもよりずっと楽しそうだから」
    ヨル:「……そう」
    ジュゴン:「今は、それを見ていたいな」
    ヨル:「あなたの魂の緒は、ちゃんと繋がってる。ここに居るみんなが、繋いでる。……だから、待ってる、ね」
    ジュゴン:ひとりひとりの顔を順々に眺めて。「ありがとう、みんな」
    ジュゴン:みんなにもちょっと聞こえるようにそう言います。
    ジュゴンママ:「……ふふ、なんだかこの子も今日は心なしか穏やかな顔してるわね」ジュゴンを見ながらそうつぶやくママン
    ヨル:お母さんの顔を見て、ちょっとジュゴンの話し方を真似して「ありがとう」
    ジュゴンママ:「っ!!」
    ヨル:「……いただきます」
    ジュゴン:憎いなあヨルさんww
    ジュゴンママ:「……あ、いや、えぇ、どうぞ、食べて」
    漆黒の魔王:いい仕事するわ
    ジュゴン:そんな様子を、窓の外で風に揺られながら、心底幸せそうに眺め続けます。
    ジュゴン:友達に囲まれる自分と、いつか必ずそこに還るという決意を新たにしながら。
    ジュゴン:「大丈夫。僕らは、つながっているから──」

    GM:良きシーンであった。次はクワガライダーだね。
    クワガライダー:零王に会いたいんですよね。どうなったんでしょうか?
    GM:あぁ、はい。零司は、いわゆるお尋ね者だったんですよね。
    ジュゴン:ですよね。
    GM:人殺しまではいかないんですが、重大な容疑者として名前が挙がってるんです。
    漆黒の魔王:まじか。
    GM:がしかし、忽然とその行方は消えてしまってうぉってなっていました。
    クワガライダー:なら会えないね
    GM:彼的に戻れない、というハンドアウトの記述はそういう意味を込めました。
    ヨル:ヒーローになった後?
    GM:そうですね。とはいえ、心の何処かではだめだという事をわかっていた彼は止めてほしかったんですね。それが使命に反映されていた形になります。ん~なので普通に会うのは難しいだろうなぁ。
    ジュゴン:一般人ならね。
    ヨル:君はシノビでヒーローだ
    漆黒の魔王:ふふふ
    GM:適当な判定に成功したら会えるよ!
    クワガライダー:2D6>=5 判定:手練 → 11[5,6] → 11 → 成功
    クワガライダー:じゃあまあスッと会いに行こう
    GM:宵闇に紛れる二つの角
    クワガライダー:角はない! 仮面だけ外してます。素で話しに来た感じ
    鬼束零司:「…………」
    クワガライダー:「……久しぶり。元気……とは言えないけど大丈夫そうだね」
    ジュゴン:喋り方が全然違う。
    鬼束零司:「……え?」
    クワガライダー:「どうしたの?」
    鬼束零司:「いや、え、おいっ! なんでこんなところに!?」
    クワガライダー:「ああ、ほら、これ」シノビスーツを指します
    鬼束零司:「いや、そうじゃなくて!! ……いや、お前らそういうこと平気でするやつだったな…」
    鬼束零司:「何の用だよ」
    クワガライダー:「一度会っとこうと思って」
    鬼束零司:「そうか」
    クワガライダー:「僕自身の近況、というか報告もしとかないとなって」
    鬼束零司:「……お前、全然雰囲気違うのな」
    鬼束零司:「いいぜ、俺が聞いて何になるのか知んねぇが聞いてやるよ」
    クワガライダー:「君のことは結構前から知ってたんだ。まあ僕は高等部だけど、君と同じような状況だったからね」
    鬼束零司:「……おんなじ学校のやつかよ」
    鬼束零司:「なぁ、どうして」
    クワガライダー:「ん?」
    鬼束零司:「お前はその力で復讐しなかったんだ。誰にでも勝てる力を持てばよ……普通、そうするだろうがよ……悔しく、なかったのかよ」
    クワガライダー:「そりゃ最初は思ったさ。これで今までの借りが返せるって……でも、これは本来の僕の力じゃない。それに、そしたら彼らと僕は同じってことになる。弱いのが悪いってことを自分が証明することになっちゃう」
    クワガライダー:「そうなったら現実の僕は、どうしようもなくなるじゃないか、って思ったんだ。」
    鬼束零司:「ふ、ふふっ…そうか、そういうことか……」
    クワガライダー:「まあ、君みたいに度胸が無かっただけかもしれないけどね笑」
    鬼束零司:「…俺は虚しかった。復讐して、何も得られなかった。結局借り物の強さに頼った結果だな。
    クワガライダー:「それを学んだじゃないか」
    鬼束零司「いつになるかわかんねぇけど……俺も、強くなる」
    クワガライダー:「それが分かっただけ、鬼束くんは強くなったのさ」
    鬼束零司「そうかな?」
    クワガライダー:「うん。僕も立ち向かってみることにしたんだ。自分の力で」
    鬼束零司「……応援してるぜ」
    クワガライダー:と仮面を外しているわけですが、額にばんそうこうが貼ってあります。
    鬼束零司「その傷は…」
    クワガライダー:「まあ、男の勲章ってやつだよ」
    鬼束零司「……かっけぇじゃねぇか」
    クワガライダー:「惨敗だったけどね。でも、意思表示はできた。もうちょっと、頑張ってみるよ」
    鬼束零司「あぁ、頑張れよ……ヒーロー」
    クワガライダー:「まあ、なにかあったらいつでも会いに行くよ。」
    鬼束零司「こんなとこ何度も来るもんじゃねぇぞ。じゃぁな」
    クワガライダー:「君も元気になったら、会いに来てよ、待ってるから」
    クワガライダー:こんくらいかなーー。
    GM:クワガタかっこいいぞクワガタ
    漆黒の魔王:いやぁ最高
    ジュゴン:このやりとりのおかげで、後にジュゴンが「来たよ!」ってドッキリをしても反応が薄くて非常に残念がったのである。
    ヨル:ヒーローかよ!
    GM:ヒーロー過ぎて鼻水出た
    ジュゴン:ヒーローやねえ。

    GM:じゃあ次は魔王さんです!!!
    漆黒の魔王:はい、シーン作るほどではないが、
    漆黒の魔王:これからも、憧れのヒーローに近づけるように、強くて優しいセイギノミカタとして活躍していきます
    GM:おけおけ。
    漆黒の魔王:大人の魅力を身に着けていきます!

    GM:じゃあ次はヨルさん!
    ヨル:出産後の神凪に会いに行きたいな
    クワガライダー:いいなあ
    GM:最後に「やっべ…生まれる…」って言おうとしてたわ(笑)。じゃあ生まれました。
    GM:choice[おとこ,おんな] → おとこ
    GM:元気な男の子です!
    クワガライダー:ホンギャアアアアアア
    ヨル:「……神凪、いる?」ノックもせずにガチャリ
    望月神凪:「おっす! いるぜ!!」
    ヨル:「……うわぁ、赤ちゃんだー……生きてる子、初めて見た……」
    クワガライダー:生きてる子wwwwwww
    望月神凪:「おいおい、その発言につっこまなきゃだめか?笑」
    漆黒の魔王:ヨルジョーク
    望月神凪:「いやぁ! 出産やばいな! 死ぬなあれ!」
    ヨル:「……神凪でも、泣いたの?」
    望月神凪:「俺が泣くわけねぇだろ!」
    ヨル:「ふふ、そっか」
    望月神凪:「10回は旦那殺そうとしたわ。旦那がクソ泣きながら傍にずっといるから思わず首根っこをな……っとまぁその話はいいか」
    ヨル:「これ、お土産」
    望月神凪:「おっ! さぁんきゅー!」
    ヨル:「お父さんが作った、護り布」
    ヨル:「その子の……名前、なんていうの? どうしたの? 決めてないの?」
    ジュゴン:www
    クワガライダー:wwwww
    望月神凪:「そうなんだよな! 実はよ(笑)」
    ヨル:「早くつけてあげないと、現世から離れちゃうよ……?」
    クワガライダー:ダイス振ろ
    漆黒の魔王:わろた
    GM:1d6 → 1
    GM:1d66 → 46
    望月神凪:「そうだな…」
    望月神凪:「俺が魔女ナギであることをやめたと同時にこの子は生まれてきたわけだ」
    望月神凪:「焔(ほむら)ってのはどうだろう」
    ヨル:「……焔……っと。はい、どうぞ」
    望月神凪:「せんきゅっ! で、こいつはどうしとけばいいんだ?」
    ヨル:「大きめに作ってもらったから、好きなように、使って」
    望月神凪:「おけおけ、じっくり使い方考えるわ。わざわざありがとな」
    クワガライダー:ナギさんええなあ
    ヨル:「……こちらこそ、ありがとう」
    望月神凪:「ん? なんか私したか??」
    ヨル:「…:・ううん、何でもない」
    GM:他愛のない話に興じる2人。優しい時間が流れ、やがて
    ヨル:「……そろそろ、行かなきゃ」
    望月神凪:「おぅ、結構長話しちまったな」
    ヨル:「……探し物が、あるの」立ち上がりつつ
    望月神凪:「探しもの? なんか落としたのか?」
    ヨル:「……まだ、落ちてない。だから探すの」
    望月神凪:「ん?? うんん??」
    ヨル:「ジュゴンを……まさとを、治す方法を。じゃあ、また」
    ジュゴン:おお……
    クワガライダー:おおおおおおお
    望月神凪:「……なるほどな、じゃぁな」
    ヨル:制服姿から黒い忍び装束に変わり、消えていく。
    ヨル:以上!
    GM:おつ!!!!
    漆黒の魔王:油断ならないなあ、いいのを挟むのさすが
    ジュゴン:いやあありがとう。

    ジュゴン:そんじゃあ最後のやつ。
    GM:よしよし。
    クワガライダー:おしこい
    GM:夜の街を見下ろすビルの屋上、そこに並び立つ人の影……
    ジュゴン:一人は全身に白い包帯を纏った細身の少年。
    クワガライダー:その隣には光沢のある角を持つ少年。これは・・・クワガタ?
    漆黒の魔王:その隣に漆黒の翼と巻き角、そして瞳を持つ妙齢の女。
    ヨル:少し後ろに立つ、黒衣に身を包んだ死神のような少女
    ジュゴン:「やあみんな、こんばんは」
    ジュゴン:「今日もがんばろうね!」
    クワガライダー:「よう」
    漆黒の魔王:「今宵もいい闇だなっ!」
    ヨル:「……相手の情報、欲しい?」
    ジュゴン:「うん、お願いできる?」
    ヨル:「……シュークリーム、お願いね」と言いながらみんなに渡す
    ジュゴン:「今日のは手ごわそうだね」
    クワガライダー:「叩きのめす!」
    ヨル:「……」
    漆黒の魔王:「気を付けるのだ」
    クワガライダー:「まあ、俺らにかかればたわいもねえよ」
    ジュゴン:「もちろんさ」
    ヨル:「……うん、ありがとう。……みんな、あっちだって」
    クワガライダー:「うし、行くか!」
    ジュゴン:「じゃあ。いこう、みんな!」白布を風にはためかせ、ビルから身をひるがえします。
    漆黒の魔王:「魂の赴くままにっ!」
    ヨル:「……死霊の導くままに…?」闇に溶けるように、姿を消して追いかける
    漆黒の魔王:「それはこわいからやめてっ」
    クワガライダー:「角の赴くま……まに?」
    ジュゴン:仲間と他愛なくじゃれ合える幸せを噛み締めて。
    ジュゴン:正義の心の、赴くままに──!

    GM:これはセイギノミカタが正義の味方になるための物語
    GM:6人の正義は違えども、心は、想いは繋がっている
    GM:正義の味方にとって必要なもの、それは"仲間"なのかもしれない。

    GM:それでは! これにてシノビガミ「セイギノミカタ」を終了とさせていただきます!! お疲れ様でした!!!
    全員:おつかれさまでしたー!!!!


  • 広告
  • 【シノビガミ】 セイギノミカタ 第伍話(テキストリプレイ)

    2020-01-14 22:15
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
    本ブロマガ記事を読む前に以下の点にご注意ください。

    本ブロマガ記事はリプレイ動画「セイギノミカタ」シリーズの続きです。0~2話は動画を御覧ください。
    実際にあったテキストセッションのログを再構成したリプレイです。
    この物語はフィクションです。人物・団体・名称などは実在のものとは関係ありません。
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    前話【https://ch.nicovideo.jp/moriyuki_trpg/blomaga/ar1854983


    <クライマックスフェイズ>

    GM:クライマックスフェイズに入ります。
    GM:期限が明日に迫った夜、君たちはそれぞれの思いを胸に闇夜を行く。
    GM:突如、街の中心部から火の手が上がる。正義の味方として、正義感に追い立てられるがままにその現場へと急行する君たち。
    GM:現場に着き、目の前に現れたのは、零王。彼は銃口を街に向け言い放つ。
    GM:零王「……よぉ、てめぇらならこうすれば来ると思ったぜ……? なぁ……決着を着けようか」
    ジュゴン:「零王くん、君は……」
    ヨル:「……随分弱くなったね」
    クワガライダー:「バカには何言っても無駄だったか……」
    ジュゴン:「先に謝らせて欲しい」
    零王:「あぁ?」
    ジュゴン:「この前は君のことをよく知らないで傷つけて、ごめん」
    零王:「てめぇに謝られる筋合いはねぇよ」
    ジュゴン:「君は戦う力のない人を、君の言う弱者を嫌っているけど、それは本心なのかい」
    零王:「……よえぇやつには権利なんて、ねぇからな」
    クワガライダー:「それは自分にも言ってるのか?」
    零王:「……なっ」
    クワガライダー:「結局はお前のそれは同族嫌悪、いや自己嫌悪だろ?」
    零王:「つ、つべこべうるせぇ!!」
    ヨル:「零王……本当に強い人なんて、いないよ」
    零王:「……あぁ?」
    漆黒の魔王:「汝はたしかに強くなったかもしれん。だが、そのままではいつまで経っても変わらないままだ」
    零王:「俺は変わった! あの頃とは違うんだよ!」
    漆黒の魔王:「強くなって、汝の心は満たされたか?」
    零王:「……今、この場、この瞬間にてめぇらに勝てば俺は満たされる! おしまいにしてやるよ!!!」

    GM:では、戦闘に入っていきましょうか。
    GM:プロットを行う前に、漆黒の魔王さん。
    漆黒の魔王:はい。
    GM:あなたは《異形化》で判定を行ってください、あるいはしなくてもいいです。
    ジュゴン:《異形化》? 黒珠関連か?
    ヨル:なんだと……?
    クワガライダー:ほほう……?
    漆黒の魔王:判定は行います。さらに、ここで【秘密】の回想をします。
    ジュゴン:いきなり回想か。
    GM:それでは、回想シーンをどうぞ。

    ────────漆黒の魔王【秘密】回想シーン────────

    真っ赤な視界とバチバチという破裂音の中でまとまらない思考が流れる。
    最近は体調が安定しているから大丈夫だと、無理を言って学校に登校したけれど、二時間目の途中にはしんどくなって担任の先生に家まで送ってもらっていた。
    そのままベッドに横になり、再び目覚めた時には部屋は炎に包まれていた。
    助けを呼ぼうにもまともに息を吸うことさえできず、体に力も入らない。
    布団に顔を沈めたまま、最期の時を覚悟する。
    まさかこんな形になるとは思っていなかったが、きっとそんなに遠い未来でもなかっただろう。
    肺の中が焼けるように熱く、肌も蒸発しそうなくらい痛いが、頭がまともに働かないおかげか不思議と心は落ち着いている。
    遠くから微かにサイレンの音と、誰かが叫ぶ声が聞こえてくる。
    お父さんもお母さんも昼間は仕事で家には私一人だった。
    二人まで火事に巻き込まれなくてよかったという気持ちと、これまでずっと病気が治らない私を一生懸命育ててくれてありがとうと、ちゃんとお礼を言っておきたかったという気持ちが浮上する。
    本当はもっとクラスの子たちとたくさんお話もしたかったな。
    そういえば今日はみんな何の話題で盛り上がってたんだっけ。
    そう、たしか男子たちが────

    『知ってるか? この街にはさ────』

    意識が途切れる直前、体がふわっと浮いた気がして、一瞬視界が明確になる。
    そこには、たくましい二本の角があった。

    『────スッゲーかっこいい、クワガタのヒーローがいるんだぜ』

    そして私は、彼の隣にいるのにふさわしい正義の味方になりたいと願ったのだ。

    ────────────────────────────────

    漆黒の魔王【秘密】
    君はシノビとしての力を得る前にPC2(※)に助けられたことがあり、多大なる恩義がある。しかしそのことをPC2は知らない。君はPC2に対する【感情】をいつでも「憧憬」に変更できる。君の【本当の使命】は「PC2の使命達成を助けること」である。
    ※事前にPC1,PC2,PC4,PC5,PC6の中からPC3が任意に選択。


    漆黒の魔王:魔王からクワガライダーへの感情が友情から憧憬に変わります。
    クワガライダー:ふえええええええええええええ!!!
    ヨル:うおぉぉぉぉ……!最高。
    ジュゴン:おおお……これめっちゃいい回想。
    クワガライダー:最初からクオリティ高ないか?(笑)
    GM:全体のハードルを上げていくスタイル。
    ジュゴン:もう既に棒がほしい。ハードルの高飛び用に。
    漆黒の魔王:煮詰めてきた甲斐があったぜ。
    ヨル:譲渡せず隠しててよかった。
    漆黒の魔王:ヨルさんにはホント感謝!
    クワガライダー:これは抜かんで良かった秘密。
    漆黒の魔王:「シノビガミが試験を始めてから、そして黒珠を手に入れてしまってから、私がクワガライダーさんのためにできることはなんだろうって、色々考えました」
    ヨル:「……千夜」
    漆黒の魔王:「でも、みんなが助かるために、協力して、やっと小さな光が見えるところまで来れました」
    漆黒の魔王:「だから私は、クワガライダーさんのように、最後まで純粋にみんなを守るヒーローでいたいっ!」
    漆黒の魔王:《異形化》の判定いきます。

    漆黒の魔王:2D6+3>=8 (判定:鳥獣術) → ファンブル

    GM:ま じ か。
    漆黒の魔王:くそ。
    クワガライダー:ああああああ!!
    ジュゴン:ここでwww
    GM:まさかファンブル出るとは思わんかったから寒気したわ。
    漆黒の魔王:神通丸!!
    ジュゴン:つかいどころ。
    漆黒の魔王:よっし気を取り直してふりなおすぞー(震え)
    ジュゴン:まあ2回目は大丈夫やろ。
    ヨル:「魔王、しっかり……!」
    クワガライダー:「気合い入れろ!」
    漆黒の魔王:「我は、自分の意思を、貫くっ!!」

    漆黒の魔王:2D6+3>=8 (判定:鳥獣術) → 10 → 成功

    クワガライダー:おおおおおおおお!!
    ヨル:よぉぉぉっし!!
    漆黒の魔王:あ死ぬかとおもった。
    GM:えっと、これがなんなのか知らない2人はわからないまま進みます(笑顔
    ※なんなのか:失敗していたら妖魔化して皆を倒すことが【使命】になるところでした。危なかったね!
    ジュゴン:マジかwww
    漆黒の魔王:白目まで黒く染まりかけていた魔王の眼が白く戻り、漆黒の瞳の奥に金色の光が灯る。
    漆黒の魔王:「これが漆黒の魔王でありセイギノミカタである、我の真の姿なりっ!」
    ジュゴン:ん、これは発動やと思ってたけど押さえ込んだのか?
    GM:魔王ちゃん、一瞬やばかったけどかっこよかったよ!!
    漆黒の魔王:いやほんとによかった。
    ジュゴン:なんだろなー??
    漆黒の魔王:そっちのルートの準備はしてなかったから焦った(笑)
    GM:ではでは、魔王が決意を新たにしたところで第1ラウンドはじめていこう!! プロットオープン!!

    「零王」6
    「クワガライダー」4
    「漆黒の魔王」3
    「魔女ナギ」3
    「ジュゴン」1
    「ヨル」1

    GM:絶望的な位置取りになったわ。
    ジュゴン:きみ射程長いからええやん。
    クワガライダー:ほんまにな。
    漆黒の魔王:間合いマジ困る。
    GM:クワガタに攻撃しよう。零王は忍法「痛打」に続けて「花炬」を使います。

    零王:2D6>=5 (判定:拷問術) → 8 → 成功
    零王:2D6>=5 (判定:砲術) → 8 → 成功

    GM:さて、クワガライダーは回避だ

    クワガライダー:2D6+2-1感情修正>=7 (判定:手練) → 9 → 成功

    漆黒の魔王:よくやった。
    クワガライダー:あぶない……
    ジュゴン:じゃあそのタイミングで軽くRPを。幽霊歩きを保ちながら零王に問いかけます。
    ジュゴン:「君は負けて死ぬことを望んでる。それはどうしてなんだ」
    零王:「あぁ!? 俺は負けることなんて望んでねぇよ!!」
    ジュゴン:「君は敗北を望んでる! 違うのかい?」
    零王:「んなもん! 望んでねぇっつってんだろうが!!」
    ジュゴン:「君は本当に自分の正義を信じてるの? それに苦しめられてるだけじゃないのか?」
    零王:「うるせぇうるせぇうるせぇうるせえええ!!」
    ジュゴン:拒絶する零王を苦しげに見つめます。
    クワガライダー:奥義「究極挟撃」を使用します!!
    クワガライダー:「テメエもいい加減学習しやがれ!! 避けるなよ!!!」
    零王:「二度も同じ攻撃にやられるかよ!!」
    GM:零王は奥義破り判定します。

    零王:2D6>=7 (判定:拷問術) → 9 → 成功

    クワガライダー:あああああああ!!
    GM:破れたり!!
    ヨル:無念。
    GM:では、プロット3の人どぞ。
    漆黒の魔王:「クワガライダーを傷つけるならば許さぬっ!」 魔王は睨みつけている(なにもできません)
    ジュゴン:かわいいww
    ヨル:癒し。
    クワガライダー:TERERU。
    GM:ナギもなんもできねぇ。
    ヨル:ヨルも何も無し。
    ジュゴン:クワガライダーくんの方を見てニヤッとする。
    ジュゴン:ではジュゴン。まずは忍法「密首」。呪言の二重詠唱を開始。

    ジュゴン:2D6>=5 (判定:異形化) → 6 → 成功

    ジュゴン:ひとつ振り直しをストック、からの。
    ヨル:からのー?
    ジュゴン:ゆっくりと何かを手繰るように右手を掲げる。その手に握られたのは霊体……不可視化されていた一本の包帯。魂から織り出した純白の帯は蜘蛛の糸のごとく、絡めた相手を逃さない。
    ジュゴン:「言ったでしょう、引きずり下ろすって……!」
    プライズ「ヒーロースキャン」改め、「幽技……秘繰蜘蛛(ゆうぎ……ひめくりぐも)」!!
    シノビダマ360→240
    ※ヒーロースキャン:サイクル3の最後に配られたプライズの一つ。指定した対象の情報をすべて獲得できる。

    漆黒の魔王:かっちょいいいいい!
    ヨル:おおぉぉぉぉぉぉおおおおお!!
    ジュゴン:シノビガミの居所を引きずり出します。
    クワガライダー:やはりお主が手にしていたか。
    GM:クソダサい名前がかっこよくなったので嬉しいです。ではジュゴンとクワガタはシノビガミの居所入手します。
    漆黒の魔王:ありがたし。
    ジュゴン:帯の先のやつに向けて「僕の夢に入ってきたのは迂闊だったよね」
    GM:ジュゴンは主人公かな?
    ヨル:死ぬなよ!!??
    ジュゴン:護って!(笑)
    ヨル:頑張る。
    漆黒の魔王:生きて(笑)
    ジュゴン:ジュゴンの行動は以上です。

    GM:ではでは、次のラウンドに行こうか。プロットオープン!!!

    「漆黒の魔王」5
    「ヨル」5
    「魔女ナギ」5→4
    「零王」4
    「クワガライダー」4→5
    「ジュゴン」4

    ジュゴン:あっこれ全員修羅の範囲ww
    ヨル:それでも先手3人や。
    GM:プロット5勢で決着着けてや。
    ヨル:ナギとクワガのプロット値変わる?
    クワガライダー:ありっすね。変わりましょう。
    魔女ナギ:血盟忍法「外連」を使用!!

    魔女ナギ:2D6>=5 (判定:召喚術) → 6 → 成功

    漆黒の魔王:ないす!
    クワガライダー:「変わるわよ」
    ジュゴン:そこ変わるなよww
    ヨル:君の名は……!!
    漆黒の魔王:性格かw
    GM:漫才コンビかな? ではプロット値の変更がありまして、改めてプロット5の人たちどぞ。
    ヨル:ほな、忍法「接近戦攻撃」します。

    ヨル:2D6>=5 (判定:潜伏術) → 9 → 成功
    零王:2D6>=7 (判定:砲術) → 4 → 失敗

    GM:しっかりして!! ラスト神通丸!!
    ヨル:チィッ

    零王:2D6>=7 (判定:砲術) → 8 → 成功

    GM:よぉし。では零王はヨルの攻撃を回避しました。
    漆黒の魔王:じゃあ魔王も忍法「接近戦攻撃」いきます!!

    漆黒の魔王:2D6>=5 (判定:火術) → 9 → 成功
    零王:2D6>=7 (判定:砲術) → 8 → 成功

    GM:回避だ!!
    漆黒の魔王:うーん。
    ヨル:くっそう!!
    ジュゴン:出すねえ。
    漆黒の魔王:「ちょこまかとっ! それでも王かっ!」(ぷんすか)
    ジュゴン:同じ王としてww
    GM:攻撃は避けるだろwww許してやwww
    ジュゴン:てか魔王ちゃんもかわすタイプの王やんけ。
    ヨル:それなww
    GM:クソワロタ。
    漆黒の魔王:鋭いブーメランが突き刺さる。
    GM:さぁ、クワガタいこうぜ!!
    クワガライダー:忍法「凶手」からの「春雷」いきます!!

    クワガライダー:2D6>=5 (判定:骨法術) → 4[2,2] → 逆凪
    クワガライダー:2D6>=5 (判定:骨法術) → 7 → 成功
    クワガライダー:2D6>=5 (判定:医術) → 6 → 成功

    ジュゴン:いいね。
    クワガライダー:《医術》で回避よろ!!

    零王:2D6>=8 (判定:野戦術) → 8 → 成功

    クワガライダー:きらい。
    ジュゴン:しかし全部かわすとはね……
    GM:では、零王は奥義を使用します。
    ジュゴン:二つ目か。
    ヨル:そうきたか。
    クワガライダー:死ぬ。
    ジュゴン:あ、やっべ。
    GM:奥義「零砲(レイガン)」効果はクリティカルヒット《砲術》!! 目標はジュゴンだ。
    零王:「つまんねぇこと言いやがるてめぇから殺してやんよ!!!!!」
    零王の銃口に光が収束。瞬間彼の姿は掻き消え、気付いたときにはジュゴンの目の前からの零距離射撃
    ジュゴン:「なッ?!!」
    零王:「死ねええええええ!!!」
    ヨル:「……まだ、死なせない……!」 奥義「屍の揺り籠」絶対防御/くらまし/防御低下《死霊術》!
    GM:では、零王はそれを奥義破り判定します。
    ヨル:ヒーローガード待ったほうがええか? 持ってる人がいるなら(笑)
    漆黒の魔王:じゃあ使います!
    ジュゴン:アッザ!!
    GM:まずはヨルの奥義破りします!!
    ジュゴン:ここで背景「影弥勒の教え」の効果を適用。零王への「憧憬」を「劣等感」に変更して奥義破り判定にマイナス修正です。

    零王:2D6-3くらましと感情修正>=6 (判定:野戦術) → 5 → 失敗

    ヨル:よっし!
    GM:「影弥勒の教え」見事だ。
    ジュゴン:よしよし。ほんとはプラスでおいときたかったんやけどね……
    漆黒の魔王:さらに重ねがけします!! 「汝には誰も傷つけさせん!!」プライズ「ヒーローガード」改め「覚醒の黒翼」絶対防御/返し/防御低下《鳥獣術》
    漆黒の魔王:魔王の翼が大きく広がりジュゴンを包みます。
    GM:ころころ……返しの効果で零王の忍術分野が消えました。
    ジュゴン:じゃあ殴られた流れでいきます。呼びかけはやめない! 言葉が熱を帯びすぎて図らずしも攻撃に転化してしまうような感じで。
    ジュゴン:「僕は君がヒーローとして街の人を助けてたのを知ってる。それが演技じゃないことも」
    ジュゴン:「その心を持ってるのに、なんで自分のことは終わらせようとするんだよ!」
    零王:「終わるのはてめぇらだ! わけわかんねぇこと言ってんじゃねぇよ!!!」
    ジュゴン:「……君は、自分が取り返しのつかないことをしたって分かってるんだね……?」
    零王:「……」
    ジュゴン:「戻れないなら……進めばいいだろう?!」
    ジュゴン:忍法「密首」での3重詠唱!! からの「裏真言」だ!!

    ジュゴン:2D6>=5 (判定:異形化) → 8 → 成功
    ジュゴン:2D6>=5 (判定:言霊術) → 10 → 成功

    GM:避けてみせよう!!!
    零王:2D6>=6 (判定:用兵術)→ 8 → 成功

    ジュゴン:振りなおし!

    零王:2D6>=6 (判定:用兵術) → 7 → 成功

    ジュゴン:さらに振りなおし!

    零王:2D6>=6 (判定:用兵術) → 7 → 成功

    零王:「てめぇの攻撃は俺には届かねぇ。次で決めてやるよ!!」
    ジュゴン:くっそww
    GM:よっっっっっっしゃああああああああ!?!?
    漆黒の魔王:今日どうしたんGM。
    ヨル:うっそだろおまえ。
    ジュゴン:こいつほんまにもりゆき?
    ヨル:どどんとふの管理者にいくら貢いだ?
    GM:賄賂してないからなww
    ヨル:ナギィ!! 行けぇ!!
    魔女ナギ:忍法「吹火」を使用します!!目標は零王!!

    魔女ナギ:2D6>=5 (判定:火術) → 5 → 成功
    零王:2D6>=7 (判定:砲術) → 7 → 成功

    ジュゴン:うわ。
    漆黒の魔王:えええ……
    ヨル:ウケる。
    クワガライダー:お前誰だ!! 偽物だな?!
    ジュゴン:長引く戦闘ww

    GM:うおおお第2ラウンドだああ!! プロットオープン!!

    「零王」5
    「ヨル」5
    「漆黒の魔王」5
    「ジュゴン」5
    「クワガライダー」4
    「魔女ナギ」 4

    GM:まずはプロット5の人たちやね。零王から行くか。まずは忍法「痛打」!

    零王:2D6>=5 (判定:拷問術) → 8 → 成功

    GM:続いて攻撃忍法「修羅」を使用する!対象は全員だ。
    ヨル:修羅前にナギで「火遁」!

    魔女ナギ:2D6>=5 (判定:火術) → 8 → 成功

    漆黒の魔王:おっけえええ!!
    ジュゴン:いいぞ。
    ヨル:GMダイスおかしない?(笑)
    GM:修羅の判定やるぜ!! ファンブル値は6だな!!

    零王:2D6>=5 (判定:傀儡の術) → 3 → 逆凪

    GM:お ま た せ 。
    ヨル:きたぁぁっぁぁぁ!! ここでボコるぜ!!
    漆黒の魔王:さあふるぼっこだ!
    GM:他のプロット5の人カモン!!
    ジュゴン:じゃあジュゴンから!! 振り絞って呼びかけます。
    ジュゴン:「君は今止まろうとしているよ。まだ進める道が見えているのに!!」
    零王:「俺の勝利……それだけが俺の見据える道だ!!」
    ジュゴン:「歩むこと、考えることをやめるのは、弱者のすることだ!!」
    ジュゴン:まず忍法「密首」からの「裏真言」だ!!

    ジュゴン:2D6>=5 (判定:異形化) → 2 → 逆凪
    ジュゴン:2D6>=5 (判定:言霊術) → 8 → 成功
    零王:2D6-1感情修正>=6 (判定:用兵術) → 9 → 成功

    GM:だがしかし避ける。
    ヨル:くっそう避けずぎやろ!!
    クワガライダー:きょうのGM誰?
    漆黒の魔王:零王の執念がすごい。
    ジュゴン:誰やろ。
    クワガライダー:別人がやっとるな。
    ヨル:続いて忍法「接近戦攻撃」!!

    ヨル:2D6>=5 (判定:潜伏術) → 3 → 逆凪

    ヨル:はい。
    ジュゴン:うっへww
    GM:逆凪の民が量産されているな。
    漆黒の魔王:魔王も忍法「接近戦攻撃」行きます!!

    漆黒の魔王:2D6>=5 (判定:火術) → 9 → 成功
    零王:2D6>=7 (判定:砲術) → 4 → 失敗 → 謀術減少

    漆黒の魔王:やったぜ
    クワガライダー:おし!!!
    ヨル:捉えた!「修羅」が死んだな!
    漆黒の魔王:いよっし!!
    GM:ほいじゃぁ次はプロット4かな?? 逆凪なので判定に成功さえすれば零王に当たります。魔女ナギから行こうか。忍法「吹火」だ!!

    魔女ナギ:2D6>=5 (判定:火術) → 8 → 成功 → 妖術減少/火達磨

    GM:クワガライダーの手番です!!
    クワガライダー:普通に攻撃しよう!!
    ヨル:いっけぇ!!
    クワガライダー:忍法「凶手」からの「春雷」だ!!

    クワガライダー:2D6>=5 (判定:骨法術) → 6 → 成功
    クワガライダー:2D6>=5 (判定:骨法術) → 5 → 成功

    漆黒の魔王:やったね!!
    クワガライダー:で、回想行きます。
    漆黒の魔王:おおおお!!!
    ヨル:wktk

    ────────クワガライダー【真実】回想────────

    俺は……僕は力が欲しかった。
    僕に力さえあれば、彼らだって何も危害を加えないんだ。
    そんな時、ヤツが来た。

    「全てをひれ伏させる力が、欲しくないか?」

    ……そして僕はヒーローになった。
    なんていい気分だ! 何もかも思うままだ。
    そうさ、これからは僕に立てつく奴は要らない……あいつらにもいつか復讐してやる……。

    でも、それでいいの??
    だから、まずはヒーローとして活動した。
    すると、試験が始まってしまった、しかも命がけの……
    死にたくない……力が無くなるなんて考えられない……。
    だから結局、こうなったら全部全部蹴散らして僕が一番になるしかない……。
    そう、思ったんだ。

    けど、彼は違った。
    皆をまとめて協力していた。
    それがヒーローってもんじゃないか!!
    なんて僕はバカだったんだ。
    そう、この力は僕自身のためにある訳じゃない、みんなを守るためにあるんだ。

    (仮面をかぶる)

    それでこそ、ケツメイシだ、そうだろ? そう……俺は、ヒーローだ!!
    ────────────────────────────────

    クワガライダーの【真実】
    名前 武田 涼太
    年齢 16
    性別 男
    流儀 誰にでも優しく。
    信念 情
    表の顔 いじめられっこ
    仮面をとった僕の本当の名前は武田涼太。
    ふとしたきっかけで中学時代からずっといじめられ続けている。
    でも彼らだってきっと悪気はないんだ。
    きっと、僕に力が無いから、僕が弱いから悪いんだ。
    僕に力さえ、力さえあれば……。


    ジュゴン:くわああああああ!!
    ヨル:くわがぁ……!!
    漆黒の魔王:あああああ!!
    クワガライダー:うふふ。
    GM:実は零王と似た境遇なのですよ。
    ジュゴン:そうやったんね……
    漆黒の魔王:ライダーさんんんん!!!
    ヨル:これは、すごい。
    GM:けれど、クワガタと零王は決定的な違いがあったんですねぇ。
    漆黒の魔王:きれいな対比だ。
    GM:最高のタイミングの回想だぜ。
    ジュゴン:嬉しさで死んでる。
    クワガライダー:よかった……
    漆黒の魔王:胸アツさいっこう!!!
    GM:君の回想シーンによりダメージがさらに1点上乗せされ、合計3点となります。
    GM:ころころ……最後にマヒで封じられるのが《砲術》とか……お洒落すぎかよ。
    ヨル:砕け散る零王の砲身。
    漆黒の魔王:うおおお!!
    クワガライダー:「お前と俺は別の場所で会ってたら、ダチになってたかもな」
    零王:「……どう、して」
    クワガライダー:「お前は、道を違えた。その力は、そんなことに使うべきじゃないんだ、悪いけど先に行かせてもらう!!」
    GM:君の渾身の一撃、彼は微動だにせずその拳を一身に受けた。彼の力の象徴たる銃とともに零王はその場に崩れ落ちる。
    GM:生命力がゼロになった零王は脱落を選択します。
    ジュゴン:その振り抜いたクワガライダーくんの拳を追うように、包帯がらめの細い腕を必死に伸ばして彼の体を支えます。「まだだよ、クワガライダーくん! ダチになってたかも、じゃない。まだ遅くない!」
    ヨル:「……ふふ、ジュゴンらしい、ね」
    ジュゴン:「僕たちは少しずつ似てるんだ。子供でいたいときに、ちゃんと子供でいられなかった。僕たちは子供の時間を奪われた。それはもうそっくりは戻ってこない」
    ジュゴン:「でも同じだけ大切な時間を今から作ることはできると思う。僕は零司くんともそうしたい。僕の大切な時間の中には零司くんもいなくちゃ」
    零王:「……正義の、味方、か」 そう呟き零王は気絶します。
    ジュゴン:戦闘終了の処理をお願いします。
    GM:はい、戦いの意志のある人はいますか!!!
    ジュゴン:ひとまずなし。
    漆黒の魔王・ヨル・クワガライダー:同じく。
    GM:いませんね、はい。では、皆様全員が勝者となります。
    GM:この戦闘はひとまず終了となりますので戦果の選択をしていただきましょう。
    GM:現在生命力の数が多い人から順番に戦果を選んでください。
    クワガライダー:ほな零王に「友情」を取らせよう。
    漆黒の魔王:魔王は「共感」をこちらに対して取ってもらおう。ライダーさんと仲良くなってほしい!
    ジュゴン:かわいいww
    ヨル:じゃあヨルはシノビダマをもらいます。

    ヨルシノビダマ250→380

    ジュゴン:ジュゴンも感情を。零司からジュゴンに対してあえて友情ではなくこちらも「共感」で。彼との友情は急がなくていい。ゆっくりでいい。
    GM:では、戦果の獲得は終わりですね。
    GM:それでは、クライマックスフェイズを終わ……
    ジュゴン:らない!
    GM:ふむ? なにかな?(しらじら)
    ヨル:はは、そういうの良くないぜGM?(笑)
    ジュゴン:「最後は、あなただよシノビガミ」 クワガライダーくんとアイコンタクトして頷きあう
    ジュゴン:シノビガミとの戦闘突入を宣言します。
    漆黒の魔王:初代ケツメイシ最高すぎる。
    GM:承知しました。
    GM:では、君たち5人はヤツの待つ最後の戦いの場へと向かう。
    GM:次元の狭間にねじ込まれた不可思議な空間。
    GM:君たちはそこが奴が潜む場であることを知っている。
    GM:ジュゴンの糸は、その先に。
    GM:皆様、戦いの準備はよろしいですか?
    ジュゴン:振り向いてみんなに呼びかけよ。
    ジュゴン:「ケツメイシのみんな。一緒に闘ってくれて、力を合わせてくれてありがとう。みんなといる時間はとても嬉しくて、楽しかった。生きて、帰ろうね」
    クワガライダー:「お前それ生きて帰る気ねえだろ(笑)」
    ジュゴン:「え、どうしてさ」
    魔女ナギ:「もっと景気のいい言葉かけてくれよ(笑)」
    クワガライダー:「これからも、だろ?」
    ジュゴン:「あ……そうだね!」
    漆黒の魔王:「うむっ!」
    ヨル:ヨルは無言で遠く、糸の先を見つめる。
    魔女ナギ:「俺達が見据えるのは、未来だけだぜ」
    ジュゴン:ちらりとナギのお腹に穏やかな視線をやって「ええ、未来を!」
    GM:では、決戦の場に参りましょうか。次は本当のクライマックスフェイズだ!!!

    次話【https://ch.nicovideo.jp/moriyuki_trpg/blomaga/ar1855332#-
  • 【シノビガミ】 セイギノミカタ 第肆話(テキストリプレイ)

    2020-01-14 21:41
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
    本ブロマガ記事を読む前に以下の点にご注意ください。

    本ブロマガ記事はリプレイ動画「セイギノミカタ」シリーズの続きです。0~2話は動画を御覧ください。
    実際にあったテキストセッションのログを再構成したリプレイです。
    この物語はフィクションです。人物・団体・名称などは実在のものとは関係ありません。
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    前話【https://ch.nicovideo.jp/moriyuki_trpg/blomaga/ar1844964




    <サイクル4>

    ■サイクルの順番
    1.零王
    2.魔女ナギ
    3.ジュゴン
    4.漆黒の魔王
    5.ヨル
    6.クワガライダー

    GM:っしゃ!! サイクル4初めて行くぜ! みんな大好きエニグマタイムです。
    GM:ころころ……じゃぁまだ目標になったことのないクワガタくん! 《遊芸》で判定してくれ!

    クワガライダー:2D6>=6 (判定:対人術) → 9 → 成功

    クワガライダー:はい。
    ジュゴン:おおいいね。
    GM:……ほいじゃ改めてサイクルに入っていくぜ。まず零王が行きます。

    ■シーン1
    セイギノミカタシーン表 → はぐれ低級妖魔を討伐。しかし偶然居合わせた一般人がそれを目撃してしまった。こんな悲惨な記憶は持っていない方がいい。【瞳術】
    登場人物:零王、クワガライダー

    零王:「……チッ面倒だな。」
    GM:《傀儡の術》があるので、記憶すらも操ってやろう。

    零王:2D6>=8 (判定:傀儡の術) → 3 → 失敗
    シノビダマ120→130

    GM:んんんんんん??
    ジュゴン:かっこつけといてww
    ヨル:ひでぇな?
    GM:とりあえず上手くいかなかったので殴って気絶させました。
    クワガライダー:実力行使w死ぬで。
    GM:はははっ、それでも10点獲得だぁ!!
    ジュゴン:ガバガバ審査である。
    GM:手番でやることはクワガタへの感情判定です!! 戦闘は生命力が惜しいので……。
    漆黒の魔王:感情なんか。
    GM:だってこの前ボコボコにやられたし……。
    ヨル:マイナス取って修正狙いかしら。
    GM:まぁデータ的にはそうですかねぇ。あとはなんかかっこいいから。なんかかっこいいから。
    クワガライダー:「スッ」
    GM:では、闇夜の中、クワガライダーを見つけたコイツは君に向かっていきなり銃をぶっぱなす。
    クワガライダー:毎日鍛えてるので回避能力は高いべ。
    零王:「……もう一度、俺と戦え!!」
    クワガライダー:「お前も懲りないやつだな。俺とお前が今戦ってなんの意味があるってんだ」
    零王:「俺が勝てば俺が正義でいられるっ!!」
    クワガライダー:「もっとお前にはやるべきことがあるだろ。俺もそんな暇じゃねえ」
    零王:「今この状況でこれ以上になにをやれってんだ! あぁ!?」
    GM:さらにもう一発。しかしそれを華麗に避けるクワガタ。
    クワガライダー:「もう諦めろ、お前の攻撃は俺には当たらん」
    零王:「てめぇ、なめたこと言いやがって……!!」
    GM:戦闘シーンじゃないから当たらない。
    ジュゴン:メタァ。
    漆黒の魔王:シーン表の判定失敗といい小物感が増してきた零王
    クワガライダー:「いつまでもそう強がるのはやめにしねえか?」
    零王:「つよ、がり、だと……? 俺は強くなった! 誰よりもだ!!」
    クワガライダー:「お前の気持ちは分かるとか、そんなくだらねえ事は言わない」
    クワガライダー:「だがよ、あんまり言うと惨めになってこねえか? 俺たちはヒーローだ。それ以上の何でもない、そうだろ?」
    零王:「惨め……惨め……だと、俺が……ヒーローは強くて、誰にも……誰にも負けねぇからヒーローなんだよ!」
    クワガライダー:「ならヒーローに徹しろ!」

    零王:2D6>=5 (判定:砲術) → 8 → 成功
    零王: 感情表(5) → 憧憬(プラス)劣等感(マイナス)
    クワガライダー: 感情表(5) → 憧憬(プラス)劣等感(マイナス)

    GM:完全なる劣等感。
    漆黒の魔王:ちょうどいい。
    クワガライダー:むむむ……
    ジュゴン:マイナスは劣等感かあ。
    GM:憧憬とってくれてもええんやで。
    漆黒の魔王・ジュゴン:マイナスがいいなあ(「二人袴」待機)
    GM:血盟員がマイナス修正したくてウズウズしている。
    ヨル:一気に零王へのマイナス修正が増えるのかww
    クワガライダー:プラスでとってもいいな感。別に劣等感ないし。
    GM:データでなくキャラで選ぶの僕は大好きやで。
    クワガライダー:「憧憬」でとります。
    GM:わっかりました。
    ジュゴン:ひたすら戦いに生きてるところ?
    ヨル:どっちかって言うと憧憬のほうがぽいもんな。
    クワガライダー:強いの好きだからね。
    ジュゴン:血盟忍法「二人袴」で零王に「憧憬」を取得します。
    漆黒の魔王:魔王は使いません。
    GM:わっかりました。ほいではかるくRPして締めようか。
    零王:「……くっそ……くそが!!」
    クワガライダー:「強くなるなら己を律するんだな」
    零王:「……てめぇは俺が殺す」
    クワガライダー:「本当の強さを手に入れたらまた俺のところに来い」
    GM:じゃあそう言って二人は同時に去っていったってことで……つぎいくぜ! 魔女ナギですね。

    ■シーン2
    セイギノミカタシーン表 → 思わぬところで姿を一般人に晒してしまった。ヒーローなら印象的な退場だってできるはず。【遁走術】
    登場人物:魔女ナギ

    魔女ナギ:「……やっべ」
    漆黒の魔王:ドジっこ属性が。
    ジュゴン:かならずそれ言うよなww
    ヨル:いつもやべぇ。
    GM:やっべしか言ってねぇなこの人。ほんじゃぁ炎に紛れて《潜伏術》しよう。

    魔女ナギ:2D6>=6 (判定:潜伏術) → 11 → 成功
    シノビダマ190→200

    GM:めちゃめちゃ華麗な退場だったようだ。
    漆黒の魔王:だが。
    GM:10点かよ。
    ヨル:わらう。
    ジュゴン:華麗すぎて印象に残らなかった?
    GM:「あれ、なんかいまいたような気のせいか」とか言ってちゃんと見てもらえなかったんやろな。
    GM:生命力減ってるし回復判定いきます。
    魔女ナギ:「……やっぱり、こうやって風になってるときが一番心休まるな……」
    GM:ナギはK市上空を火を纏いながら夜の散歩。これから一週間後に起こることを想像しつつ彼女は療養します。

    魔女ナギ:2D6>=5 (判定:飛術) → 10 → 成功

    ヨル:よし!
    漆黒の魔王:いい気分転換ですね。大人の散歩。
    GM:ほいじゃ謀術分野を回復させます。これで全回復ですね。ナギはそのまま夜闇に消えていきました。では! 次はジュゴンぱいせんですね!!

    ■シーン3
    セイギノミカタシーン表 → おっと、落とし物だ。地縛霊にでも話を聞いて持ち主に返してやろう。ヒーローは霊とも友達なのさ。【死霊術】
    登場人物:ジュゴン

    漆黒の魔王:かみ合わないシーン
    GM:ここで【背景】「人質」 を今回は使わせていただきます!!
    ジュゴン:きた……
    ヨル:何をする……?
    GM:ルール的に君にしていただく行動は、シノビガミへの感情判定です。
    ジュゴン:回復判定できねぇええええ!!
    漆黒の魔王:回復させない。
    クワガライダー:やべえ。
    ヨル:つっら。
    GM:とりあえずシーン表の処理からしていただきましょうかね。落し物があるらしいので届けてあげましょう!
    ジュゴン:死霊の側に足を踏み入れかけた異形として、彼らと交信します。《異形化》で。

    ジュゴン:2D6>=5 (判定:異形化) → 6 → 成功
    シノビダマ300→360

    ジュゴン:ボロボロやけどヒーローとしての勤めは果たすよ。
    GM:ではそうやって正義の味方としての活動をしていたときです。
    GM:君は突如として自分の存在が世界と乖離していくような、そんな感覚に囚われます
    ジュゴン:うげえ。
    GM:意識が朦朧とし君は目を閉じる。
    ジュゴン:眠りは嫌な感覚だな。
    GM:次に目を覚ましたときにいたのはいつもの場所……あるいは夢の中だ。
    ジュゴン:「…………」
    GM:そんな君にあの時と同じように語りかける者がいる。そう、シノビガミだ。
    シノビガミ:「君という存在は特殊だからね。体外で動いているシノビとしての君はいわばエネルギーの塊さ」
    シノビガミ:「……最近、ここにあまり戻ってきていなかったんじゃないかい? そうなれば君本体の生命が危険にさらされるのも当然だね。ここに戻ってきたのも防衛本能というやつだろうさ」
    ジュゴン:「……ここに戻っている暇なんてないよ」
    シノビガミ:「そうかい」
    ジュゴン:「そっちこそ、今までだんまりしていたのに突然何の用なんだ」
    シノビガミ:「今日はさ、君がそうやって動けないでいるついでにお礼を言おうと思って来たんだよ」
    ジュゴン:「お礼、だって?」
    シノビガミ:「そうさ! 今こうやって皆が協力しあえているのは君あってこそだろ? 君の声がなければ誰も協力し合おうなんて考えになることなんてなかったさ!!」
    ジュゴン:「……そっちは僕たちが争うのを望んでいると思ってた」
    シノビガミ:「……僕の望みはね、本当の正義の味方を見つけることなんだよ……。そうだね、君は正義の味方に必要なものは何だと思う?」
    ジュゴン:「"献身"、だと思ってたよ。でもそれは一番じゃない」
    シノビガミ:「……ふぅん?」
    ジュゴン:「一番は"相手を思い、助け合う心"なんだ。それがなければ、見ず知らずの相手のために自分の身を削ることなんてできない」
    シノビガミ:「つまり、献身の前提、それこそが必要なものだと?」
    ジュゴン:「そうだよ。だから、あなたが求めているものが"正義の味方"だとは思えない。一番を選んで、孤独になって、それのどこがヒーローなんだ。あなたが求めているものってほんとは何なんだ?!」
    シノビガミ:「ふふっ……見解の相違だね。僕が正義の味方に求めるものはまさに"孤独"さ」
    シノビガミ:「馴れ合いは弱さだ。でもね、はじめから一人だった者を孤独とは言わないと思うんだよ。孤独っていうのは、大切なものを失って最後に一人になったやつのことを言うのさ」
    シノビガミ:「だから、僕は君にお礼を言いに来たんだよ。」
    シノビガミ:「君は僕が”本当のセイギノミカタ"に会うための状況を整えてくれたんだからね」
    ジュゴン:「……やっとわかったよ。あなたが求めているのは、ただの"一番力の強い奴"だ。力を自分のためだけに使うやつを、ヒーローなんて言わない!!」
    シノビガミ:「強いことはあくまで結果であり可能性のひとつさ。」
    シノビガミ:「大切な家族の命と街の住人の命」
    シノビガミ:「本当の正義の味方は迷わない、そもそも迷う状況すらあり得ないんだ。ここで迷うやつが正義の味方としてふさわしいのかい?」
    ジュゴン:「そこで迷わないやつに、僕は街を守ってほしいと思わないよ。そんなやつは機械といっしょだ。あなたと同じだよ」
    シノビガミ:「ふふふ、手厳しいね」
    ジュゴン:「僕らは、誰かの勝手な都合で操られるような存在にはならない」
    シノビガミ:「君たちはただの人形さ。操られるだけの存在でしかない」
    ジュゴン:「最初はそうだったかもしれない。でも僕には、僕らにはもう糸は見えてるよ。それを掴んで、あなたを引きずり下ろすこともできる……!!」
    シノビガミ:「その糸の先に。君たちはたどり着けやしない。人形は分相応を弁えた方がいいよ」
    ジュゴン:《傀儡の術》で判定します。

    ジュゴン:2D6>=5 (判定:傀儡の術) → 6 → 成功
    ジュゴン: 感情表(2) → 友情(プラス)怒り(マイナス)
    シノビガミ: 感情表(4) → 忠誠(プラス)侮蔑(マイナス)

    ジュゴン:「怒り」ですわー。
    GM:「侮蔑」しよう。
    ヨル:良いもん引きよる。
    ジュゴン:「話が終わったなら、僕は眠るよ」
    シノビガミ:「孤独となった君の姿、僕は楽しみにしているよ」
    ジュゴン:「そんなことにはならないよ……」 みんなの顔を思い浮かべながら眠りに落ちます……。
    漆黒の魔王:ここで喜んで血盟忍法「二人袴」使用!!
    ジュゴン:怒れ怒れ!
    漆黒の魔王:便乗の怒り! ほんと嫌なやつ!(笑)
    GM:いいねぇ。じゃあ次はその魔王ちゃんだね。

    ■シーン4
    「おっと。人助けできたとはいえ超人の力は時に無用な破壊をもたらす。【隠蔽術】」
    登場人物:漆黒の魔王、ジュゴン、クワガライダー、ヨル

    ジュゴン:壊しちゃったwww
    GM:隠さないと不満が漏れちゃうよ!!
    漆黒の魔王:やっべ。
    ヨル:お前もかww
    ジュゴン:伝染ってんぞ!
    漆黒の魔王:壊したところを闇の力でなんか見えにくくします。
    GM:ざっつwww
    ジュゴン:あいまいwww
    ヨル:ふんわりしてるぅ。
    漆黒の魔王:「これが闇の力!(あとで直しに来ますからとりあえず……)」

    漆黒の魔王:2D6>=5 (判定:隠蔽術) → 6 → 成功
    シノビダマ380→420

    漆黒の魔王:うまく影にしてごまかした。
    GM:400超えたかぁだいぶん違うわなぁこれ。
    漆黒の魔王:地味に街をまもってきたな。
    ジュゴン:ゴジラスレイヤーやしな。
    漆黒の魔王:ドラマシーンでシノビガミの秘密を調べたいです。あんまり個々とのやり取りは考えてないですが、街を見ながらシノビガミの思惑を見極めようと思います。判定は《瞳術》
    漆黒の魔王:「シノビガミよ、そなたの思いどおりにはさせん……」

    漆黒の魔王:2D6>=5 (判定:瞳術) → 6 → 成功

    ヨル:おめでとうぅ。
    漆黒の魔王:ありがとう! 街を見下ろしながら奴の痕跡を見つけた……「これは……」
    GM:おめでとう。魔王ちゃんがどういう表情をしているのやらやら。
    漆黒の魔王:「我にとって、希望ととるべきなのか……」
    ジュゴン:なんだ? 困ることもあるのか?
    ヨル:はてさて。
    GM:魔王ちゃんも思うことがあるのかニャン。
    ジュゴン:俺魔王ちゃんの秘密知らんからなあ。
    漆黒の魔王:街を見下ろしていたビルから静かに消える。
    GM:ほいじゃま会話などなどどうぞ。
    漆黒の魔王:他の人が特にやりたいことなければ魔王からは何もないです……
    ヨル:魔王の近くから現れるよ。
    ヨル:「……魔王」
    漆黒の魔王:「んん……ヨルか……」
    ヨル:「……その黒珠は、任せていいの?」
    GM:魔王が抱える黒珠は一体何なのだろうか。
    ジュゴン・クワガライダー:きになるーぅ
    漆黒の魔王:二人には見せないなー(笑)
    ジュゴン・クワガライダー:チィッ。
    漆黒の魔王:「私にもたせてほしい」
    ヨル:「……信じて、大丈夫なんだね?」
    漆黒の魔王:「もっと汝のことを知っておくべきだったかもしれん……」
    ヨル:「……私は、ヨルだよ。それだけ。もしも魔王が黄泉に飲まれたら、その時は……」
    漆黒の魔王:「うむ、我がおぬしと戦うことになったら、迷わず倒してほしい」
    ジュゴン・クワガライダー:はぁ!?
    ヨル:「……ちゃんと、連れて行くね」
    漆黒の魔王:「お願いします、朝華さん。私の願いのためにも」
    GM:ちよちゃんになってるぅ……
    クワガライダー:どういうこと……
    漆黒の魔王:去りましょう。
    ヨル:たのしい。
    GM:これはたのしい。
    ジュゴン:はーマジでゴジラ関連だけ謎過ぎて。
    クワガライダー:いいよ先いこ、ふーんだ。
    漆黒の魔王:シーンをきりまーす!(笑)
    漆黒の魔王:の前に浄瑠璃。
    GM:浄瑠璃?
    ジュゴン:近松門左衛門!
    クワガライダー:寛政文化!
    ヨル:不遇忍法闇浄瑠璃先輩!
    漆黒の魔王:浄眼!! 誰にしようかな。
    GM:一択かと思ってた。
    ヨル:せやな。
    ジュゴン:一択ちゃうかな、あるいはヨルさんかww
    漆黒の魔王:ん、今のやり取りからすると……ラストはジュゴンで!
    ジュゴン:こっち?!
    ヨル:せやろな(意味深)
    GM:ジュゴンがどう予想してたかわかるからめっちゃ笑ってる。

    漆黒の魔王:2D6>=5 (判定:瞳術) → 11 → 成功

    漆黒の魔王:正直今のやりとりなかったらヨルさんだった。
    クワガライダー:いやな予感というやつ。
    ジュゴン:マジかww
    クワガライダー:ひいいい。
    ジュゴン:なんだあこれは。
    ヨル:会話しといて良かった。
    クワガライダー:たくらみを感じるぞ!!
    漆黒の魔王:というわけで回避予約! シーン終わって大丈夫です!
    GM:他二名は出てきたけどどうするのん?
    ジュゴン・クワガライダー:なにもしません。
    GM:どうして出てきた!?
    漆黒の魔王:死者の声気遣ってくれてありがとう。
    GM:では次はヨルさんですね!!

    ■シーン5
    「幽霊が出ると噂が立っている家。こういった怪異はシノビの出番だ。【封術】」
    登場人物:ヨル、ジュゴン、クワガライダー

    ヨル:「……あなたも、迷子なのね。おいで、ちゃんと連れて行くから」というわけでいつもの《死霊術》で判定。

    ヨル:2D6>=7 (判定:死霊術) → 5 → 失敗
    シノビダマ240→250

    ヨル:満遍なく出目悪し……別の死霊も連れてっちゃったせいで噂が悪化した。
    漆黒の魔王:あかん。
    ジュゴン:そらあかんわ。
    GM:逆にホラースポットとしての地位は上がったかもしれない。
    ヨル:さて、やることはシノビガミの秘密抜きかな……あと知らんのはクワガの真実くらいか……クワガ、真実抜いて欲しい?
    クワガライダー:やだです。
    ジュゴン:やだですwww
    ヨル:クライマックスで明かしたいなら、抜かんでも良いやー。
    漆黒の魔王:たのしみ。
    クワガライダー:期待されるとつらみ。
    ヨル:とりあえず判定するよ。幽霊屋敷の井戸から、黒い水が溢れている。溢れて、しかし地面を濡らすことなく霧散していく。これは黄泉の水だ。黄泉の水は、生命を蝕む。
    ヨル:「……でも、水占には、もってこい」
    ヨル:というわけで《水術》で判定します。対象はシノビガミのさらなる秘密。

    ヨル:2D6+1>=5 (判定:水術) → 5 → 成功

    ヨル:忍法「斑猫」の効果で成功
    ジュゴン:足りた。
    GM:忍法に助けられたなぁ。
    ヨル:持っててよかった斑猫。いらん子とか思っててゴメンな……
    GM:じゃぁ全体公開です。

    シノビガミのさらなる秘密
    【使命】
    シノビガミの【秘密】を有している者のみが調べることが出来る。
    【秘密】
    君には、一ヶ月の月日が経った瞬間にシノビダマ保有数位以外の"受験者"のシノビの力を失わせるためのプログラムが施されている。クライマックスフェイズ戦闘の戦果を選んだ直後に君の【居所】を知る者の宣言があったときのみ勝者達と君との戦闘が発生する。 勝者となったPCの誰からも宣言がなかった場合、即座にプログラムが作動し受験者達の力が失われる。この秘密は感情による情報の共有が起こらず、自分がプラスの感情を持つ相手にのみ渡すことができる。

    漆黒の魔王:(たぶんさっきのシーンシノビガミの秘密ちゃんと理解できてなかったわ。「浄眼」の相手一択やったわー)
    GM:ですよね(笑)
    ヨル:そのまま忍法「闇神楽」を宣言。

    ヨル:2D6>=5 (判定:遊芸) → 11 → 成功

    ジュゴン:柔軟やなあ。
    ヨル:成功したので……うん、戦術分野の生命力を減らして再度情報判定。調べるのはシノビガミの居所。
    ヨル:「……間に合う、かな?」さらに深く、黄泉の水を覗き込む。《水術》で判定。

    ヨル:2D6+1>=5 (判定:水術) → 7 → 成功

    ヨル:「……ふぅ……捕まえた」
    ジュゴン:共有はないんやね。
    ヨル:感情など無い。
    ジュゴン:じゃあそのへんで喋りに来よう。「掴んだんだね、ヨルさんも」
    ヨル:「……それだけじゃ、ないよ」
    ジュゴン:「ヨルさんもやっぱり、シノビガミを倒すの?」
    ヨル:「……これで、届く……2人は、どうしたいの?」
    クワガライダー:「俺のやることは一つだよ」
    ジュゴン:「僕はあいつを倒すよ。もう喧嘩ふっかけちゃったしね」
    クワガライダー:「なに? お前やるなあ(笑)」
    ジュゴン:「僕だってそれくらいするさ」
    ヨル:「……私も、まだこの力を失うわけには、いかないから……今すぐ渡したいけど、水鏡は黄泉濡れてあなたたちが覗くには毒だから……少し待ってて」
    ジュゴン:かっこいい表現!
    ヨル:次のクワガのシーンで無償配布しまっせ。
    漆黒の魔王:超ありがたい。
    ジュゴン:「それ触ったら僕なんか引きずり込まれそうだね……」
    ヨル:「……本当に駄目そうなら、待ってても良いよ?」
    ジュゴン:「まさか(笑)」
    ヨル:「……そう」
    ジュゴン:「もし仮にそうなっても、引きずり出してくれそうな人もいるし」クワガライダーちらり
    ヨル:「……血盟、か」
    ジュゴン:「うん?」
    ヨル:「じゃあ、行くね。またあとで」
    クワガライダー:「お、おう……」
    ジュゴン:「うん、またあとで」
    ヨル:そいじゃあシーン切りますー
    GM:わかりました。じゃあ最後、クワガタだね。

    ■シーン6
    「思わぬところで姿を一般人に晒してしまった。ヒーローなら印象的な退場だってできるはず。【遁走術】」
    登場人物:クワガライダー、ジュゴン、漆黒の魔王、ヨル、魔女ナギ

    クワガライダー:ああこれはまずい(笑)
    ジュゴン:まさか仮面の下が?!
    漆黒の魔王:それはまずい。
    GM:ヒーローにありがちなシチュエーション。

    クワガライダー:2D6>=7 (判定:手練) → 9 → 成功
    シノビダマ190→210

    クワガライダー:普通に歩いてたらシノビ衣装が落ちてしまった、がしかし高速で拾う。
    漆黒の魔王:サービスシーン。
    クワガライダー:さて、やること一つだったんですが……ヨルさんのサービスがあるので必要なくなりました。
    クワガライダー:なのでヨルの秘密を頂きましょう。
    ヨル:良いわよ。
    ジュゴン:一気に全体公開になるなww
    GM:もはやヨルが自分から話すレベルの状況。
    ヨル:それでいいならそうしたいくらい(笑)
    クワガライダー:人柄のいいクワガタ君はシノビネットワークをフルに使って鉄壁のヨルさんの秘密を暴きます。

    クワガライダー:2D6+1感情判定>=5 (判定:人脈) → 5 → 成功

    クワガライダー:おおおおおおおおおあっぶねえ。
    漆黒の魔王:よかった。
    ヨル:「……わたしのこと、調べてるみたいだね……?」
    クワガライダー:「一緒に戦う仲間だからな。」

    PC4ヨル
    【秘密】
    君はこの試験に疑問がある。開催されたこと自体もその意図も不自然だ、それに主催者は一体誰だシノビガミなのか君は真実を知らなければならない。これは君の”意志"なのだ。君の【本当の使命】は「試験の主催者を知ること」である。

    GM:使命達成おめでとう。
    漆黒の魔王:おおー!
    クワガライダー:だから情報取りまくってたのね。
    ジュゴン:あああここまで来ると魔王ちゃん知りたいwww
    ヨル:「私の最初の目的は、もう達成できてるの……ナギ、ありがとうね」
    魔女ナギ:「まっいいってことよ。これで貸し借りはなしだな、こっからは一人の人間として、手伝うぜ」
    ヨル:「ふふ……うん。それと、みんなにこれを……」シノビガミの居所を示す水鏡を見せる。
    漆黒の魔王:「ヨルよ、恩にきるぞ!」
    ジュゴン:「ありがとうヨルさん!」
    クワガライダー:「さあ、みんなで乗り込むか!」
    ヨル:魔王、秘密どうしたい?
    クワガライダー:みたーーーい。きになーーーーる。
    GM:クライマックスの回想にとっておくのが楽しそうですよ(GM並感
    漆黒の魔王:まあ、クライマックス入ったら速攻で回想するので。
    ヨル:では胸に秘めておこう。
    ジュゴン:ざんねーんマジゴジラダマ。
    漆黒の魔王:しばしお待ちを。
    ヨル:これ以上はすることないかな?
    クワガライダー:ないですね。意思を固めて最後のシーンを終わります。

    ■終了処理
    GM:ではこれでサイクルの手番が終わったので終了の処理に入ります。
    GM:変調回復の前にやることが。マスターシーンではないです。
    ヨル:おお?
    ジュゴン:なんだ。
    GM:この世のどこでもない空間の狭間。シノビガミがひとりごちる。
    シノビガミ:「人形風情がさ、操り手の糸を手繰り寄せるなんてあまりにも傲慢で思い上がった行為だとは思わないかい? 君たちはさ、僕に与えられた役割を演じなきゃ」
    GM:シノビガミは忍法「風来」を使用します。
    漆黒の魔王:風来とは!
    GM:効果は「判定に成功すれば全キャラクターが持つ自身の居所情報を全て失わせる」です。ちなみにタイミングはサイクルの終了時点。
    ヨル:なんつうもんを!? GMが牙を剥いてきた!!
    漆黒の魔王:強くてワロタ。
    クワガライダー:くそ忍法&くそ忍法
    ※くそ忍法:くそ忍法だったので公開時には別の要素で置き換えました。
    GM:いい評価ありがとう。
    ヨル:感情修正を!
    漆黒の魔王:怒りの妨害。
    ジュゴン:シーン外やけど感情修正は可能?
    GM:感情修正についてはできていいんじゃないかなぁと思うのが僕です。
    ジュゴン:修正可能とのことなので、シノビガミに「怒り」でマイナス修正を入れます。
    GM:シノビガミが自分の行動によってとられた怒りで足元すくわれるのマジザマァって感じやから嬉しい。
    漆黒の魔王:私もできますか、さっきクワガにやったのですが。
    GM:だめやね。「感情修正という行動」が一回って話になったもんね。
    漆黒の魔王:すまんな。
    GM:じゃあ、判定をしようか。

    シノビガミ:2D6-1>=5 (判定:隠蔽術) → 7 → 成功

    GM:成功だなぁ。
    ヨル:チッ。
    ジュゴン:くっそお。
    クワガライダー:くそ。
    漆黒の魔王:ああ……
    ジュゴン:この中に判定妨害さんはいらっしゃいませんか?!
    漆黒の魔王:だれか遁甲符を……
    GM:これを完全に邪魔するならそれがあればよかったけれど……君たちは獲得したシノビガミの居所を失います。
    ジュゴン:くっそ。
    ヨル:あとはあれがどこにあるか……
    ジュゴン:あれなあ。
    クワガライダー:あれな。
    漆黒の魔王:(あれ、私だけ分かってない)
    ※あれ:サイクル3の終了時に配られたプライズのこと。
    GM:さてさてさてじゃあ変調の回復をしましょう。

    ジュゴン:2D6>=14 (判定:異形化) → 3 → 失敗
    魔女ナギ:2D6>=8 (判定:飛術) → 8 → 成功

    ヨル:よくやったナギィ。
    ジュゴン:はい。
    漆黒の魔王:ジュゴンつらい……
    ジュゴン:くっそぉおおおおお!!! お客様の中に絶対防御はいらっしゃいませんか?!!
    ヨル:しゃあない……しゃあないで……
    GM:では! これにてサイクルを終了とします!! そして次はクライマックスフェイズだ!!!

    次話【https://ch.nicovideo.jp/moriyuki_trpg/blomaga/ar1854998