• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

【国際政治chのブロマガ】池内恵「シーア派とスンニ派」出版を終えて … #26番組後記
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【国際政治chのブロマガ】池内恵「シーア派とスンニ派」出版を終えて … #26番組後記

2018-06-22 20:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     国際政治チャンネルのブロマガ 第26号 2017/6/22
    ───────────────────────────────────
    【目次】
    ・6月1日 国際政治チャンネル #26番組後記
     ■出版プロデューサーとしての計画
     ■イスラム教における異端
     ■イスラム教“は”なくならない


    ・今後の放送予定

    ・編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「6月1日 国際政治チャンネル #26番組後記」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    6月1日のニコ生終了直後に行った 池内恵アフタートークをスタッフによる書き起こしでお届けします。

    0fc539d03cd305f5f00236b6c6af023cc5e94052
    池内恵「著者自らが解説『シーア派とスンニ派』」 #国際政治ch 26前編



    ■出版プロデューサーとしての計画


    池内恵:今回は最後まで短かったですね。本を一冊書いた後なので、どこからでも話は出来ました。すごい勢いで話し尽くしたという感じがあります。



    Q:「シーア派とスンニ派」の執筆はどのくらいかかりましたか?



    池内:だいたい1か月ですね。1回目は体力的に無理をして書いて体が弱ったりしたので、無理をしないで書こうというのが今回のコンセプトでした。


    ただ、本が出来上がって、発売日になる1週間前くらいに、なんとなく体調を崩しました。体を壊すほどではありませんでしたが、ほっとしたんですかね。


    長期的に、この【中東大混迷を解く】シリーズを本当のシリーズにしていきたい。今回の本はその第一歩です。


    今日話した内容には、その中からある一言を拡大すると次の本になる、という要素がたくさんあったと思いますね。




    ■イスラム教における異端


    Q視聴者からの質問:イスラム教の今までで最大の異端って何でしょうか。例えばキリスト教のグノーシス派みたいな、パッとおこって、袋小路に陥って自滅したみたいな宗派ってあるんでしょうか?



    池内:ほとんどありませんが、イスラム教の最大の異端は、
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。