ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 前回までの生放送:サイコブレイク2 part1

    2017-10-23 17:53



    前置き

    サイコブレイクの続編の2
    前作はチャプター毎に行く場所を指定され小目的を黙々と達成していく感じだったが
    今作ではオープンワールドシステムになっておりサブミッションをやり武器や弾などを増やすもよし、メインミッションだけ進めていきストーリーを楽しむのもよし、前作とは大きく異なるシステムになっている為、高難易度が好きなマゾプレイヤー以外も楽しめる内容になっている。
    ストーリーは前作の続きなので、前作で何があったかどうしたのかを知っていると面白いと思います。ただ、ストーリーは正直言って難解すぎて意味が分からない所も多いので解説を読んで理解した方が手っ取り早いと思われます。
    プレイはおすすめできません。

    生放送でのあらすじ

    前作のビーコン事件よりも前の話、主人公セバスチャン・カステヤノスには最愛の妻と娘が居た。
    だが、自宅が火事になり娘(リリー)を失うことになる。
    妻のマイラは何かは分からないが、リリーが生きている証拠を見つけたと言うがセバスチャンは全く取り合わずマイラはリリーを失ったショックで妄言を言っていると思ってしまった。
    これは現時点では予想だがこの後、マイラとセバスチャンは離婚したと思われる。
    ある日突然、ビーコン事件での元の原因である謎の組織「メビウス」がセバスチャンに接触を図る。
    なんと、死んだはずのリリーが組織の下、生きていると言うのだ。
    セバスチャンは困惑し、組員の一人を問いただそうとするが麻酔を使われそのまま拉致られる。
    彼らが研究しているSTEM装置(人の精神と精神を繋げる事ができる装置)には繋がれている人の為に安定した「純粋な精神」つまり子供が必要なのだがそのコアにリリーが使われてる。
    そのSTEM装置に異常が起き調査チームと整備班を送ったが誰一人戻ってくるものは居なかった。
    コアであるリリーの精神もどこへ行ったか分からずこのままでは研究は失敗に終わると考えた組織は、実の父であるジョナサンなら異常の原因を見つけリリーの精神を引き戻せる可能性があった。
    一度失ったと思われたリリーを取り戻したいジョナサンはSTEMの世界へ行くのであった。

    ここまでがプロローグと言ったところです。
    これから、ジョナサンのアクション映画が始まるんだがなんせ1回で7時間ぶっ続けでやったから情報量が多すぎてまとめられないんよ・・・
    というわけで仕事中暇ができたら随時更新していきます。
    まあ、仕事しろっていう話なんだけどね

  • 広告
  • 前回までの生放送:レインボーシックスシージー

    2017-10-19 11:06
                     ドーン             ズドンズドン
            ババババババババババ
                             フッアマチュ....ドーン
                 ダッダッダッダッダ
                          ポンッポンッポン
    まあ、特に記事にすることも無いと言うね
    いつも通りカジュアルやって暇つぶしをするだけこれと言って何か起こる事も無いし
    相変わらず、参加者がいないからボッチシージーだから悲シージー誰かやろ

    祝バンディット1000キル


  • 前回までの生放送:ハーレム天国かと思ったらヤンデレ地獄だった part1

    2017-10-18 17:14



    いきなりだが、part1と言いながら結構前からやっているからpartにしたら3~4くらいなんだけど、抜けてるのもあれなんで本作の紹介とこれまでのあらすじを

    タイトル:ハーレム天国かと思ったらヤンデレ地獄だった
    略称:はんもっく
    タイトルと略称がどう考えても結びつかないが一応ユーザー応募による選考で決まった正式名所である
    もうタイトルからインパクトが凄いが内容はとりあえず今のところは普通のラブコメと言ったところである(開幕からヒロイン全員落ちてる時点でゲームの半分終わってる気がするけど)
    まあ、さすが日本一ソフトウェアと言うところだ
    ついでに、ヤンデレのゲーム出そう言い出したのは日本一ソフトウェアの会長なんよね・・・

    これまでの登場人物

    主人公 如月 優也(きさらぎ ゆうや)
    話からして高校2年生彼は、郷土歴史研究会と言う同好会に属しており、副部長である。

    尊海 神無(とうとうみ かんな)
    優也の幼馴染で、其の郷土歴史研究会会長。頭は良いが人付き合いが苦手。

    有末 陽佳(ありすえ はるか)
    優也の幼馴染。優也を第一に考え行動するも、軽くあしらわれることが多い。一人称は僕。勉強や家事は壊滅的だが、行動力が強く、スポーツが得意。ついでにロリ巨乳

    宮主 佐優理(みやす さゆり)
    優也のもう1人の幼馴染である名家の令嬢。家事が得意

    これまでのあらすじ

    郷土歴史研究会は、これまで一切の活動をしていない為生徒会から文化祭で成果を出すように命じられた。部長・神無の提案により、ゆるキャラ喫茶を出すという方向で決まった
    だが、
    とりあえず、ゆるキャラ喫茶と言う安直な考えだったため一度は生徒会に却下されたものの、地域の歴史と文化を織り交ぜたゆるキャラ喫茶案にひねりを加えたため許可が下りる
    そして、宮主 佐優理の活躍により、ゆるキャラの着ぐるみが完成。
    有末 陽佳が着ぐるみの中の人役に決まった。
    陽佳が着ぐるみを着た事は無く、オリジナルの着ぐるみの為知名度も0だった。
    着ぐるみの知名度上昇と陽佳の練習も兼ねて近所の商店街で客寄せをさせてもらうよう頼みに行く陽佳と優也であったが陽佳が緊張のあまり暴走し1週間で着ぐるみを着た状態でその場に持っていたバットでジャグリングをすると言うとんでもない案を受け入れてしまった。
    陽佳はジャグリングをした事も無く、それも期限は1週間しかもバットで・・・
    絶望する陽佳に優也は元気付ける目的で成功したら望みのご褒美をあげると約束、陽佳はやる気を出し特訓に励む

    って所で止まってるかな
    基本は土日に長時間の延長枠でやります
    この記事をみて興味が出たって人も見に来てくれると嬉しいな