ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

前回までの生放送:ハーレム天国かと思ったらヤンデレ地獄だった part1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

前回までの生放送:ハーレム天国かと思ったらヤンデレ地獄だった part1

2017-10-18 17:14



    いきなりだが、part1と言いながら結構前からやっているからpartにしたら3~4くらいなんだけど、抜けてるのもあれなんで本作の紹介とこれまでのあらすじを

    タイトル:ハーレム天国かと思ったらヤンデレ地獄だった
    略称:はんもっく
    タイトルと略称がどう考えても結びつかないが一応ユーザー応募による選考で決まった正式名所である
    もうタイトルからインパクトが凄いが内容はとりあえず今のところは普通のラブコメと言ったところである(開幕からヒロイン全員落ちてる時点でゲームの半分終わってる気がするけど)
    まあ、さすが日本一ソフトウェアと言うところだ
    ついでに、ヤンデレのゲーム出そう言い出したのは日本一ソフトウェアの会長なんよね・・・

    これまでの登場人物

    主人公 如月 優也(きさらぎ ゆうや)
    話からして高校2年生彼は、郷土歴史研究会と言う同好会に属しており、副部長である。

    尊海 神無(とうとうみ かんな)
    優也の幼馴染で、其の郷土歴史研究会会長。頭は良いが人付き合いが苦手。

    有末 陽佳(ありすえ はるか)
    優也の幼馴染。優也を第一に考え行動するも、軽くあしらわれることが多い。一人称は僕。勉強や家事は壊滅的だが、行動力が強く、スポーツが得意。ついでにロリ巨乳

    宮主 佐優理(みやす さゆり)
    優也のもう1人の幼馴染である名家の令嬢。家事が得意

    これまでのあらすじ

    郷土歴史研究会は、これまで一切の活動をしていない為生徒会から文化祭で成果を出すように命じられた。部長・神無の提案により、ゆるキャラ喫茶を出すという方向で決まった
    だが、
    とりあえず、ゆるキャラ喫茶と言う安直な考えだったため一度は生徒会に却下されたものの、地域の歴史と文化を織り交ぜたゆるキャラ喫茶案にひねりを加えたため許可が下りる
    そして、宮主 佐優理の活躍により、ゆるキャラの着ぐるみが完成。
    有末 陽佳が着ぐるみの中の人役に決まった。
    陽佳が着ぐるみを着た事は無く、オリジナルの着ぐるみの為知名度も0だった。
    着ぐるみの知名度上昇と陽佳の練習も兼ねて近所の商店街で客寄せをさせてもらうよう頼みに行く陽佳と優也であったが陽佳が緊張のあまり暴走し1週間で着ぐるみを着た状態でその場に持っていたバットでジャグリングをすると言うとんでもない案を受け入れてしまった。
    陽佳はジャグリングをした事も無く、それも期限は1週間しかもバットで・・・
    絶望する陽佳に優也は元気付ける目的で成功したら望みのご褒美をあげると約束、陽佳はやる気を出し特訓に励む

    って所で止まってるかな
    基本は土日に長時間の延長枠でやります
    この記事をみて興味が出たって人も見に来てくれると嬉しいな

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。