ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

前回までの生放送:サイコブレイク2 part1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

前回までの生放送:サイコブレイク2 part1

2017-10-23 17:53



    前置き

    サイコブレイクの続編の2
    前作はチャプター毎に行く場所を指定され小目的を黙々と達成していく感じだったが
    今作ではオープンワールドシステムになっておりサブミッションをやり武器や弾などを増やすもよし、メインミッションだけ進めていきストーリーを楽しむのもよし、前作とは大きく異なるシステムになっている為、高難易度が好きなマゾプレイヤー以外も楽しめる内容になっている。
    ストーリーは前作の続きなので、前作で何があったかどうしたのかを知っていると面白いと思います。ただ、ストーリーは正直言って難解すぎて意味が分からない所も多いので解説を読んで理解した方が手っ取り早いと思われます。
    プレイはおすすめできません。

    生放送でのあらすじ

    前作のビーコン事件よりも前の話、主人公セバスチャン・カステヤノスには最愛の妻と娘が居た。
    だが、自宅が火事になり娘(リリー)を失うことになる。
    妻のマイラは何かは分からないが、リリーが生きている証拠を見つけたと言うがセバスチャンは全く取り合わずマイラはリリーを失ったショックで妄言を言っていると思ってしまった。
    これは現時点では予想だがこの後、マイラとセバスチャンは離婚したと思われる。
    ある日突然、ビーコン事件での元の原因である謎の組織「メビウス」がセバスチャンに接触を図る。
    なんと、死んだはずのリリーが組織の下、生きていると言うのだ。
    セバスチャンは困惑し、組員の一人を問いただそうとするが麻酔を使われそのまま拉致られる。
    彼らが研究しているSTEM装置(人の精神と精神を繋げる事ができる装置)には繋がれている人の為に安定した「純粋な精神」つまり子供が必要なのだがそのコアにリリーが使われてる。
    そのSTEM装置に異常が起き調査チームと整備班を送ったが誰一人戻ってくるものは居なかった。
    コアであるリリーの精神もどこへ行ったか分からずこのままでは研究は失敗に終わると考えた組織は、実の父であるジョナサンなら異常の原因を見つけリリーの精神を引き戻せる可能性があった。
    一度失ったと思われたリリーを取り戻したいジョナサンはSTEMの世界へ行くのであった。

    ここまでがプロローグと言ったところです。
    これから、ジョナサンのアクション映画が始まるんだがなんせ1回で7時間ぶっ続けでやったから情報量が多すぎてまとめられないんよ・・・
    というわけで仕事中暇ができたら随時更新していきます。
    まあ、仕事しろっていう話なんだけどね

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。