• エアコンの20年分のヤバい汚れを掃除した

    2018-07-13 17:3010
    今年は梅雨が早く開けたらしい。日本では一般的に8月が暑いということになっているが、本来夏至に近い時期のほうが日照力は強いので、この時期の晴れは日中の温度上昇が格段に強い。つまり体感的には今がめちゃくちゃ暑い!という理屈になるはず。

    そんなわけで、ずっと放置したままの倉庫&作業部屋のエアコンを掃除することにした。
    そのエアコンがこれ。97年製。21年物。


    掃除するのが面倒だしめちゃくちゃカビが生えているので全く使っていない。たぶんフィルターを以外はほとんどまともに掃除されたこともなさそう。


    まだこの距離ならそんなに汚く見えない?


    ホコリを被っている&ホコリが詰まっている…


    まあこの部屋は大掃除もしていないので。


    前面パネル開けてみた。フィルターの目詰まりがすごいけど、この程度は一人暮らしや小さい子供のいない家だと稀によくあるやつ?


    フィルターの奥のアルミフィン(細かいアルミの板)にもホコリと、黒い汚れが。ちなみにエアコンはこの横に走ってるパイプに冷たい冷媒が流れて、冷やされたアルミフィンの隙間を吸い込まれた空気が通って冷気を噴き出す仕組み。冷気を逃がす逆ヒートシンク。


    冷気を出すところのフラップ。完全にカビている。しかしこれだけではない。


    外がカビてる場合、奥は10倍、そのさらに奥は100倍カビている。

    想像して欲しい。エアコンは空気を吸い込んで冷却し、それを外に排出する。カビは胞子を作ってそれを風と共に拡散する。つまりカビたエアコンは、カビ胞子拡散マシーンなのだ。だから重度のアレルギー性鼻炎の自分は使っていなかった。

    しかし、この夏はそうもいかなそうなので、徹底的に掃除をするぞ


    フィルターに積もったホコリ、もはやフェルトみがある。


    そのまま洗うとホコリが流しに溜まりそうなので、先に掃除機で吸い取る。少しベタつきがあって吸い込みが悪いのでハケも併用。ちなみにこのハケは掃除用の豚毛のハケで、ホームセンター等で400円くらいで買える。毛足が長く、隙間の掃除やホコリの掻き出しで作業効率が格段に上がるので、一本あるとオススメ。


    ホコリは取れたけど隅っこに汚れが残っているので後で洗う。毎週フィルター掃除する分には、掃除機をかけるときに一緒に吸う習慣をつけると忘れないで良いと思う。


    隙間のホコリもとりあえずハケで掻き出してみた(ただしこの手順は後述する理由でこの段階でやらないほうが良い)。この辺は本来大掃除とかで年二回もやっていれば溜まらないのでは。


    エアコンはわりと簡単に外装が外せる。ただし近年の各社上位2つくらいの貴族向けエアコンは、自動お掃除ロボとかが前面に装着されているので、容易に分解できない。まあ貴族の方は余裕で業者に頼めるから関係ないよね。複数台まとめて頼めばボリュームディスカウントが効くし、梅雨より前に頼むとだいたい安い。


    さて外装を外したネイキッドなエアコン。前面パネルをハケで払ったせいでホコリを被ってしまった。大きいホコリの塊が詰まると面倒なので外してからやるべき。


    仕方ないので大きなホコリの塊を吸引。微細なホコリは後で洗浄してしまうので本来不要な手順。ちなみにアルミフィンは、掃除機のような硬いものをぶつけるとすぐ曲がるので、イライラ棒(死語)的な面倒くささ。

    されここからが本番。このフィンや吹出口を洗浄していく。普段であればエアコン洗浄用のスプレーで流せば良いと思うけれど、今回は20年分と思しき汚れがあるので、別のものを用意した。


    農業用とかで使う手動ポンプ式の4L噴霧器。通販で送料込み1500-2000円くらいで買える。


    洗剤はスプレー缶だと中性洗剤が入っているけれど、今回はカビ汚れを浮かすべく緑のマジックリンを選択。300円くらいだったかな?ちなみにアルカリ性洗剤。ただアルミもプラスチックも強いアルカリでは若干腐食されてしまうので、10倍程度に希釈。
    スプレーと違って後で水ですすぎも必要だし割と面倒だけど、20年の時を戻すには仕方ないところ。スプレータイプを直にシュッシュする人もいるけれど、どっちがいいかな?

    エアコンに直に吹き付けると、当然飛沫は飛ぶし下から液が垂れるので、ビニールで丁寧に養生することにする。


    農業用ポリフィルムとマスキングテープ。ポリフィルムは100mで1000円くらい?室内で研磨作業するときに埃よけで家具にかぶせたり、車の近くで塗装するときにも重宝するので、一本あると大変便利。あとテープは50円くらいかな。合計100円分くらい使用した。


    とりあえずこんな感じにしてみた。エアコンの空気が通るところは元々結露するので水が入っても影響ないけれど、右側の電子部は当然水がかかると故障してしまうので(アルカリ洗剤なら腐食されるのでなおヤバい)余裕を持ってテープ等で隔離。噴霧が隙間を抜けるので、ここを超丁寧にやらないと詰む。最近のあちこちにセンサーや機械が付いてるやつは大変そう。


    垂れた水は下のバケツで受けるけれど、絶対漏れまくるので床も広大にカバー。これ絶対やらないと後で後悔するやつ。


    近くのコンセントも一応保護しておく、ヤバイところはとりあえず保護。じゃないとヤバイ(語彙)。


    これを外し忘れていたので外す。きたない…。ちなみに機種によってこのパーツは破損しやすい気がする。そしてはめるときにも苦労するやつ。

    ちなみに噴霧器はこんな感じで噴出方法を調整できる。

    霧ででるやつ。


    レーザー的なやつ。


    エアコン洗浄スプレーのように、レーザー気味にした状態で吹付けていく。手動式ポンプとはいえ大型なので、スプレーより圧が強い!


    吹き付けるとこんな感じで洗浄液がバケツに落ちて溜まる。ちなみにフィンを吹くと室外機側にもちょっと出る。そのなにまだ汚れは出ていない。


    吹き付けて少し置いたら、丁寧に歯ブラシをフィンに沿ってゴシゴシ磨く。フィンに直角にやると歯ブラシでも曲がるのでダメ。


    吹出口はスポンジとか雑巾で。なんか楽勝に思えるのだが、ここからが本番。


    吹出口の奥にあるシロッコファン。キッチンにもよくいるが、こいつがかなりヤバイ。これは噴射で浮かせつつ、さらに歯ブラシ等で磨く。


    ここから明らかに黒い水が流れ込み始める。


    4Lの洗浄液を投入した後。白い泡の上に黒いのが浮いている。


    この墨汁みたいなのが4Lで返ってきた。これ実はエアコンではなく、カビ培養拡散装置だったのでは?そんなこんなで洗剤を吹き付けてブラシ等でこすりにこすって、さらに洗剤を吹き付けたら洗浄は終了。


    この後、真水を噴霧器に入れて、ちょっと念入りに4L×2回すすぎを行っておいた。


    ちなみに洗浄したところと、余裕を持って養生したからそのままだったところ。一目瞭然。


    電子部はしっかり保護していたので、濡れることなくセーフ。


    周囲の壁等にシミも無し。この辺は最初の段取りの丁寧さ次第。


    床にはけっこう溢れていたけれど、養生をしていたのでもちろんセーフ。脚立の足によっては動いているうちにビニールが破れるので、軍手を逆さまにして足に履かせたりした方が間違いない。


    2回目のすすぎを終えた水。黒い汚れもビニールに張り付いていたものがメインなので、ほぼ完全に汚れは流しきった状態。


    水滴を吹き飛ばす用コンプレッサー等もないので、とりあえず扇風機で乾燥。万が一電子部に水滴が付いていることも想定して、完全に乾くまではコンセントを刺さずに放置しておいた。これだけ頑張って壊れると困る。


    合間にパネルやらも全部洗ったり拭いたりしてピカピカに。


    そんなこんなで分解したものを戻して完了。プラスチックが経年劣化で黄ばんでいる以外はピカピカに。


    激ヤバだった吹き出し口もキレイさっぱり。


    動作も問題なし。無事にカビ培養拡散装置をエアコンに転生することに成功。

    洗浄したエアコンから出る空気は無臭。賃貸のエアコンって新築じゃない限りスイッチ入れた瞬間は多少カビ臭いことが多いけれど、そういえば新品のエアコン付けると無臭なんだよなー、と当たり前のことを思ったり。

    今回のエアコン洗浄の消耗品の費用はだいたい400円くらい。かかった時間は実作業1時間半+乾燥時間2時間半(快晴の昼)で合計4時間くらい。最近はエアコンがめちゃくちゃ分解しにくい&漏電リスクもあるので全くオススメしないけれど、夏が終われば業者も割引することがお多くなるので依頼しても良いかも。めちゃくちゃキレイになったー!

    ちなみにこのエアコンの使用頻度は低いので、たぶんもうこういう洗浄はやらないと思う。キッチンとかのエアコンじゃない限り、5年おきでも十分じゃないかな。

    というわけで、こちらからは以上です。
  • 広告
  • ゴミ捨て場で拾った汚いフライパンを磨いて使ってみた

    2017-07-22 02:4556
    現在住んでいる地域では、リサイクルゴミで大抵の金属が出せるようになっているらしく、鍋やらヤカンも袋に入れて出せる。東京23区では大抵の金属が不燃ごみだったので、けっこう衝撃を受けた。本当にリサイクルしているのかは知らないが。

    こんな書き出しになったが、フライパンを拾ったと言ってもリサイクルゴミを漁ったわけではない。全然関係ない日に関係ないところに置いてあって、数日動きがないので拾ってきた。リサイクルゴミの日は滅多にないし、収集場所が遠いとか色々あって、誰か捨てたんだろう。リサイクルの日までキープして代わりに出してあげるにしても、結局持ち帰る必要がある。そしてうっかり落としたにしてはずいぶん汚いから、横領しても文句言われない。いやむしろエコだ。そのフライパンがこちら。


    見ての通りテフロンではなく、鉄フライパンだ。いやテフロンみたいなフッ素加工だったら、どうせ焦げ付くのでゴミにする。しかし鉄フライパンは違う。何にもコーティングしてないただの延ばした鉄なので、表面を綺麗にすれば新品同様になるのだ。というわけで磨いてみることにする。これから状況をチェックするけれど、ホコリが付いていたので金属タワシで洗った後だ。要するに残っているのは多少頑張っても落ちない汚れだ。


    まずは現状調査!


    周辺部がかなり汚い。そして掃除しようとして何かで擦ったけれど、途中で諦めた螺旋状の傷跡がある。


    裏は、縁からこぼれた汁を一切掃除してないとしか思えない厚さ1~2mmの焦げ付きがある。熱伝導率がめちゃくちゃ悪そう。五徳の当たる底の周辺部だけやや薄いのは、振ったりするときに汚れが削れるからだろう。


    取っ手固定用のリベット(ネジの頭みたいな)が埋まるくらいの汚れの層の厚さ。全体に油が染み込んでいてベタつきがすごいので、まずは全体を炭化してカッスカスにした方が良さそう。


    磨く前に汚れを焼き切って炭化させる


    フライパンを強火でガンガン加熱していく。煙が出てきてもそのまま加熱する。最近のガスコンロだと、温度センサーがついてて煙が出てくる頃に弱火になってしまうので、強火リミット解除ボタンとかが付いてないやつだと難しそう。こういうとき、カセットコンロはそんなたいそうな機能がないので便利だ。セラミックの焼き網とかも使えないの増えたよね。


    裏面の艶がかなりなくなって、くすんできた。スクレイパーで削ってみると、面白いくらいバリバリ剥がれる。水洗い+金属タワシでビクともしなかったのが嘘のよう。


    ススが大量に出る。ちなみに排水口の不織布袋が完全に詰まるくらいの量になった。


    ガンガン削ったらこんなにスッキリ。取っ手の接合部の形状がくっきり。盛り上がっていたのっは溶接ではなくただの油だった模様。


    内側を焼くために裏返し。大きいフライパンの場合、カセットコンロのボンベの部分に熱が流れ過ぎるようだと、爆発事故の元なので要注意どころか要警戒。置きっぱなししていると部屋が吹っ飛ぶ可能性あり。


    内側は油が多くてめちゃくちゃ燃えた(左上)。


    一通り削ってから、軽く金属タワシでゴシゴシした。そして空焼きしたところ。残念ながらちょっと錆びている部分があって多少の凹凸はあるものの。全体的には綺麗になった。電動ドリル+金属のカップブラシで仕上げようと思っていたけれど、カップブラシがどこかにいったし、汗だく過ぎてタワシも頑張れないので一旦これで良しとする。気が向いたらいずれ仕上げやるかも。


    こびりつかないようコーティングする

    最近はシーズニングとか言うけれど、油を焼き付けて膜を作るやつだ。鉄フライパンは新品そのままだと焦げ付くのだが、最初にクズ野菜などを煙を出しながら真っ黒になるまで油で炒めることで、油の膜が張って焦げ付かなくなる。ぼくはキャベツの芯も使うタイプなので捨てていいクズ野菜なんてないけれど、仕方ないのできんぴらにしようと思って細切りにしてあった大根の皮を炒めることに。もったいないよ、これ美味しいのに…


    20分位強火で炒めたらこんな感じ。途中からは、スポンジ化した野菜で油をまんべんなく塗ってる感じになる。


    全体に均等な艶が付いた。良い黒光り!


    テフロンとまではいかないけれど、こんな感じできっちり水を弾く。


    実際に使ってみた!

    さて、せっかくここまで頑張ったので、実戦投入して成果のほどを見てみよう。

    さっそくではあるが、めちゃくちゃ焦げ付きやすいイカを炒めてみた。油はやや少なめ。黄色いのは香り付けの生姜だよー。


    キャベツと一緒に炒めて、塩・醤油・砂糖・胡椒・鶏ガラスープで味付け。やや焦げやすい炒め物。


    最初に一旦火を落として熱が全体に伝わるのを待ったりしなかったので、火が直接当たる部分にやや生姜の焦げ付きがあるものの、悪くない出来だ。ハンバーグレベルなら余裕だろう。


    汚れた部分も熱湯かけてタワシでゴシゴシすれば綺麗になった。十分なメンテナンス性に仕上がった模様。最後は再び軽く焼いて油を薄く塗って完了。


    22センチと小さいのであまり使う機会は無いけれど、ステーキなどでたまに使うかな。

    おわり
  • 錬金術って実はもう完成してたんか…

    2017-07-17 14:094
    実写版映画「鋼の錬金術師」の入場者特典が「描き下ろし特別編コミックス」って人質すぎるよねーwっていう話を知人としていて、流れで錬金術ってそもそもなんだみたいなことになりまして。今回は現代の錬金術の話です。あ、でもビットコイン暴騰で金を増やしたり、VALUであれこれ切り売りして資産を作る話じゃないです。物質を変化させる錬金術の話。

    錬金術は現代化学の礎

    ファンタジー世界の魔法みたいな錬金術から入ったので実際の錬金術のイメージが分からないという方のために、ざっくりとした説明をします。錬金術は今みたいな”科学が絶対”みたいな時代よりも全然前の古代ギリシアとか古代エジプトから始まった、ありきたりな金属や物質から金を作り出す技術を探る学問です。

    とても科学的に聞こえますが、金以外にもそれを越える完璧な物質とか、不老不死を与える物質とか、無機物から生命を生み出すみたいな、オカルティックな目標もあって、実際かなりファンタジーです。神が作った世の摂理を越えようっていう試みですよね。

    AとBとCを混ぜて三日三晩加熱し続けることで得られた物質にCを漬けてみたいな、化学的な手法が用いられていて、副産物として湯煎とか蒸留のような実験技術とか、火薬や塩酸などの物質が得られたりもしています。原子や分子という概念が無い中で、試行錯誤のブルートフォースアタック的にいろんなものが生み出されたというのはなかなか興味深いですね。今みたいに高校の化学の知識があれば、足し算引き算的に別の物質への変化がかなり絞りこめる現代に比べると、五里霧中をががむしゃらに実験していく姿には、ややマッド・サイエンティストめいたものを感じますね。

    錬金術は衰退したが、金を作る方法は見つかっている!

    合理的な化学が発展すると同時に錬金術は衰退してしまいました。そりゃそうですよね。金がAuっていう単体の原子から出来ていると分かってしまっていますから。塩化ナトリウムみたいに強酸の塩酸と強アルカリの水酸化ナトリウムを混ぜると
    HCl +NaOH = NaCl + H2O
    中和されて塩化ナトリウムと水になるよみたいな化学合成では生成できないことが明白です。イオン化傾向が極めて小さいから金化合物の形で大量に存在していることもない。何かと混ぜたり加熱したりして金ができることはないっていうことは、今なら高校生でも分かっちゃうわけですよね。

    ”金なんて錬成できねーんだよ”と一般的に思われている現代ですが、実は今って別の物質から金を作ることはできるらしんですよ。あれ?一昔前と話が違う。しかもやり方はけっこうシンプルで、原子番号80の水銀にガンマ線を当てまくって陽子を一個ぶっ飛ばし、原子番号79の金を作るとうもの。

    原子の種類は陽子と中性子の数で決まるというというのは、理屈はよく分からんがそう覚えろと習ったのでとりあえず分かった的に皆さんも理解されていると思います。これって放射線を浴びたときに遺伝子を構成する原子が別の物質に変化してしまい、エラー遺伝子になっちゃう話と一緒ですね(遺伝子は対なので同時に同じところが壊れなければ修復されてガン等にはなりませんが)。

    実は皆さんもご存知な理屈で金を作れるわけですが、放射線を発生させる装置を作る予算と、電気代を考えると、普通に金を掘るより遥かに高額になってしまうので、実際にやるやつはいない模様。金はゴールドラッシュ以降生産量がかなり確保されていますからね。仕方ないですね。

    現代にも錬金術師はいる!

    この話で思い出したのは、昨年正式に認定された新元素、原子番号113のニホニウムを生み出す話。原子番号30番の亜鉛をビームとして飛ばして、原子番号83のビスマスに当てると113番の新物質出来ちゃうよ!っていう話。めちゃくちゃ少量だし、一瞬で崩壊しちゃうので、当然目視で確認できるわけではなく、原子核が放射性崩壊する回数と残った物質から逆算して113の物質ができたことを証明するという。詳しく知りたい方はこちらが分かりやすいと思います。

    理研のニホニウム特設サイト
    http://www.nishina.riken.jp/113/

    金は莫大な予算をつぎ込んで作るほどの価値はないけれど、未知の新物質は莫大なエネルギーを得られる可能性とか、今までにない特性で既存のものを置き換えるとか、いろんな可能性があるんでしょうね。これってまさに完璧な物質を作ろうとしてた錬金術じゃないかと思った次第です。