ガルパンの聴覚障害者対応の字幕ってのが面白いなと思って
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ガルパンの聴覚障害者対応の字幕ってのが面白いなと思って

2016-06-01 04:14
    先日『ガールズ&パンツァー劇場版』のDVDが発売されまして、その字幕がシュールなんて話題になりました。
    参考:『ガールズ&パンツァー 劇場版』を字幕付きで観るとシュール過ぎる件wwwwww 着弾音「ドーンドン」 走行音「ガラガラ」(はちま)
    http://blog.esuteru.com/archives/8591464.html

    通常の字幕では「汽笛の音」などと表示が出ますので、「汽笛の音・ファー」という表現は間が抜けた感じがするということでしょう。それに対して、これが聴覚障害者対応の字幕で、視覚だけでアニメを楽しむ人にとって、実はけっこう有り難いという意見があります。
    ガルパン字幕から派生したHarukoさん達の呟き(togetter)
    http://togetter.com/li/980426

    自分は音が聴こえているが故に、75mm砲の砲撃音がどんな音か詳細に分かります。でも聴こえなければ、その砲撃音がパーンかドーンかズガーンなのか区別ができません。
    おそらく普段の生活では聴覚抜きでも、ヘリの音や重機のキャラピラの振動など、大きな振動を伴う音は皮膚で感知していますし、「ズ」とか「ガ」という濁音は、発声トレーニングの際に違いを体感されているでしょう。聴覚障害者にとっての擬音の併記は、モノクロに色を付けるくらいの価値があるのではないでしょうか。マンガやテキストサイトでは、音の代わりに多くの擬音が活用されていることを考えれば、自分たちにも身近なことだったのかもしれません。
    聴こえない人が聴こえる人と同じようにアニメを楽しめるって素晴らしいです。

    ちょっとしたアイデアですが、ウェアラブル振動デバイスなどでより直感的な音の衝撃を体感して貰えるんじゃないかと思います。
    床が震えるような低音をマイクロモーターを使った携帯のバイブ機能やマッサージ機のような揺れで、爆発音などは振動素子で、金切り音のような張り詰めた音は低周波電流等で表現できたら結構近いんじゃないかなと思ったり。
    音信号をミニステレオプラグで受け取ってブルートゥースでウェアラブル振動デバイス飛ばす仕組みならば、クラウドファンディングで1万円くらいならありえるのかなと。
    ぜひ誰かやって下さい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。