金太郎飴って江戸時代ではイリュージョンレベルだったのかな
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

金太郎飴って江戸時代ではイリュージョンレベルだったのかな

2017-07-11 15:29
  • 33
現代っ子は金太郎飴に何か驚きを感じるのだろうか?

金太郎飴ってあるじゃないですか。どこから切っても金太郎の顔の模様が出てくるってやつです。いや昭和生まれの僕ですら口にしたことはありませんけれど。土産とか贈答用としてはある。贈答用といっても、子供にあげるかという気にもならないですし、おばあちゃん世代とかそっちでも、飴はさすがに食べないかってなっちゃう。なにか機会があれば話の種にと頭の隅にはあるのですが、結局一度も買ったことはありません。

今では「どこから切っても同じ顔が!」とか言われても、「ああそうですか」くらいにしか思えません。伝統的な飴、高級な飴というイメージだけですね。子供も驚かないでしょう。ビスケットには複雑な動物の顔がプリントされたり、チョコレートが人の形をしていたり、大好きなプリキュアの顔のケーキだって食べたことあるんですよ現代っ子は。飴が全部同じ顔だろうと、そういうものとしか思わないだろうなと。

飴の製造はけっこう大変な技術

飴は砂糖と水飴を釜で加熱して、どろどろを通り越して固くなったものを伸ばして成形し、切断します。製糖技術が進んで砂糖が庶民に広く行き渡ったのは江戸時代で、やはり金太郎飴も江戸時代だそう。飴屋の激しい競争の中で生まれたんでしょう。

ちなみに伸ばした飴を包丁で切ると、枕型の四角いものになります。丸い飴は、手で丸めるのではなく、筒状に溝が並んだ金型(上下)に飴を横向きに入れ、溝にそってゴロゴロ転がしながら丸めながら切ります。けっこうハードルが高い。宝石みたいで子供が喜ぶからと、金型を用意したのかな。今は機械によって動く金型が一個一個ちぎってそのまま押しつぶして成形していますので、キレイな丸じゃない型離れのいい出っ張りとかがありますね。

金太郎飴に関しては、組飴という技術になるのですが、こねた飴を複数組み合わせて、まとめて伸ばして一体化させたものです。巻きずしを伸ばしてイメージしてもらえばいいと思います。温度の関係から、複数の飴を同時に処理する必要があるので、江戸時代は個人でやってるような店ではなく、繁盛している大きな飴屋が始めただろうことが想像できます。バナナの叩き売り的な呼び込みの人が、おそらく「どこから切っても~」みたいな実演をしたんだろうなと。

江戸時代の庶民の食事は、ご飯、漬物、味噌汁(具はほとんどない)という一汁一菜だったと言われていますので、飴というだけでけっこう価値がある上に、見栄えにこだわった飴というのは、けっこう話題になっただろうと思います。飴屋の競争の中で、かなりイノベーティブな技術革新だったんだろうなと想像できるわけです。江戸時代のニコ生で金太郎飴の実演が行われたら「すげえええええ」「神飴師」っていうコメントが流れたことでしょう。

今は何をやってもパッとしないしすぐ飽きられる

そんな江戸のクリエイティブお菓子の金太郎飴ですが、今は伝統的な文脈を抜きにしてしまうと、正直なかなか価値が見出しにくいです。昭和だと中からパチパチするやつが出てくる飴みたいなのがウケましたけど、もう技術出尽くした感がありますね。今は健康志向の飴とか、薬効とかですけど、万人が珍しがるものはないですね。

飴以外の話ですが、先日明治時代の電気について調べていたら、最初に銀座で電灯が点いたときは、大勢の見物客がその光を見に訪れたという記述がありました。当時のアーク灯はろうそく2000本分の明るさ。今だと一つで2000カンデラくらいある電球もけっこうあります。電球ついてるわーって人が集まるようなことは無いですね。初めてのものは、初めての間だけチヤホヤされるということですが、情報化社会の世の中では、飽きられるのも早いですね。

そういえば、東京駅の丸の内側でプロジェクションマッピングが行われたのは5年前ですが、当時は人が集まりすぎて大規模な交通障害を引き起こして途中で中止になりました。今やいたるところでプロジェクションマッピングをやっていますので、あんなことはないでしょうね。そういえばニコニコ動画も最初は混み合い過ぎて、ログインIDの番号によって、時間帯制限をしてたんですよね!まああんなことも二度とないでしょうね(当時とサーバーの能力が違うので、今のほうが利用者多いですけど)。

僕はいつまで経っても人気が出ませんので、飽きられずに安定していますなぁ。
広告
他23件のコメントを表示
×
>>17
そうなんですよ。ただ、職人の製作工程を見たら「すごい」になるのに、完成品だと機械のほうが一見均等で綺麗みたいに見られるので、価値が下がるんですよね。超高級のものしか生き残らない。

>>18
江戸時代は、一気に地方にコピー店が広まらないし、宿場とかは年1回訪れるような人が多いので、今みたいに3年で飽きられるようなペースじゃないと思うんですよね。また、娯楽も圧倒的に少ないので。舞台芸術の演目の周期もめちゃくちゃ長いです。

>>19
今残ってるだけでもけっこうなものですよね。10年前に流行ったもので生き残ってるものなんてほとんどないですし。

>>20
それ調べたらスペインの飴?で、やってることは完全に金太郎飴なのに、実演がコールド・ストーン・クリーマリーみたいなおしゃれな雰囲気って違いくらいで売れてて、現代風に焼き直せばいけるんだなって感じしますねw
35ヶ月前
×
>>21
海苔巻きの普及は飴細工の隆盛より後だと思いますよ?そして、明治時代の電灯がイリュージョン並に人を集めているので、当然金太郎飴もイリュージョン並に人だかりを作っただろうと容易に想像が付きます。昔の人が現代人と同じ知識ということは、決してないんですよ。これは知能の違いではなく、持っている情報の違いです。江戸末期までかわら版すらないんですよ。常識的に考えましょう。
35ヶ月前
×
>>22
実生活の中で見るものは、当然現代人と同じ2眼で見ているので奥行きを判断しているのは否定していないのです。脳内に変換されて認識するときに、空間とか立体というより、レイヤーみたいな奥行き感で認識する傾向があったのだろうと。そして、手前がはっきり奥がぼんやりの現代と違い、手前も奥も詳細描写されていることから、距離が違っても情報としては等価に近い判断を下している可能性を感じますよ。
35ヶ月前
×
江戸時代も現代と同じだと決めつける意見が多いので言っておきます。
江戸時代はナンバ歩きという右or左の手足を同時に前に出す歩き方が主流だったこと、仇討ちはOKでむしろ仇討ちしないなんて無念を晴らさないやつみたいな扱いだってあったこと、そういう現代の合理性とは全く違う常識が存在したことを無視して欲しくないなぁ。
これは同時に、今常識だと思っていることが、将来的には否定される可能性がある、多くの変革の余地があるということです。ただ技術が発展しているだけではないし、技術の発展と認識の変化は基本的にセットなんですよ。どっちが卵かそれぞれではありますけど。
35ヶ月前
×
なんで「江戸時代も現代と同じだと決めつける意見」を否定する意見でNo.27が出てくるのか意味不明
No.1の人も言ってるけど言う事言う事「結局なにがいいてんだおめえわ」になってますよ
貴方がいつまで経っても人気が出ない理由がそれ。もう基本何を言いたいのかが分からないんですよ
ただ自分の持ってる知識を披露してるだけになってますよね、意見になってないんですよ
35ヶ月前
×
>>28
それはウェブ記事の2000文字で結論を出すようなもの求めすぎではないでしょうか。
ここで記述しているのは意見ではなく、状況です。

実際には読者の多くの人が「流行り廃りのペース早い」「派手なものが出るごとに、古いものの存在感が薄れる(労力に関わらず)」をテーマだと理解しています。そこに良し悪しをつけてはいません。

ここで保守的な思考に寄った老人のごとく「新しいものばかり重宝して、古いものをないがしろにする人類はダメだ」って言ったり、一時期のITベンチャー起業家みたいに「古いものはゴミだ。進歩してないやつは全部潰れて当たり前。」みたいな意見を言う必要はないと思います。状況は状況であって、良し悪しの解釈は読者がすべきだと思います。
何が言いたいかといえば、状況を挙げた上で「こういう時代だけれども、どう行きていこうか。」ということですよ。考える必要のないテーマは、ウェブ検索ワードで引っ掛けるような記事でお読みになれば良いと思います。
35ヶ月前
×
>>28
>なんで「江戸時代も現代と同じだと決めつける意見」を否定する意見でNo.27が出てくるのか意味不明
>No.1の人も言ってるけど言う事言う事「結局なにがいいてんだおめえわ」になってますよ

結局文章力が低レベルだから人に上手く伝えられないんだよ。
商業として使い物になるレベルじゃあないね。
35ヶ月前
×
>>30
一円でも金払ってから言えw
34ヶ月前
×
>>4
金太郎飴式の切り売り消しゴムって、
あれ成型する時の元のゴム棒の太さってどれくらいなんだろう?

金太郎飴がイリュージョンなのは、むしろ
どこを切っても同じ顔が出てくる段階ではなく、
最初にいろんな色の飴を組み合わせて顔を作る段階では
丸太のようなドカッとした塊なのに
それを引っぱって引っぱってコインくらいの直径にまで細くする
驚異の製麺技術みたいな段階だと思うんだよな。
あれTV番組か何かで製造工程を見たとき
「えええええぇぇぇ――っ!!?」って思わず声が出た。
34ヶ月前
×
>>32
金太郎飴って塊って感じのを手でヒョロヒョロ伸ばしますよね!消しゴムは細い金型に、書く色をチューブから噴射させて成形しているので、残念ながら元々細いが正解みたいです。複数材量の射出成形ですね。プラスチックらしいところです。ようつべで消しゴム工場の動画を検索すると、いくつか出てきますよ!
34ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。