ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • HTC Vive使用レポート

    2016-12-10 14:089

    VRの未来に10万円の価値を見出せるか否か

    *頂いたコメントをもとに追記、不足情報を補填しました

    HTC Viveを購入して数日、ある程度使用した感想をまとめておきます。
    今後購入を検討している人の助けになれば幸いです。

    よくある疑問

    Q.酔う?酔わない?
    A.場合による
    座った状態でジェットコースターなどの「移動するゲーム」を体験した時は誇張なく数秒で気持ち悪くなりました。
    試しに立った状態で同じジェットコースターに乗ったところ、ジェットコースター1周分は耐えられました。
    恐らく地面に対する踏ん張りがあるなしが大きいと思われます。
    移動先を選んで「テレポートするゲーム」の場合、1時間遊んでも酔いを感じることはありませんでした。
    *筆者の酔いやすさは「乗り物酔い:しやすい」「3D酔い:全くしない」です

    Q.目に悪影響は?
    A.わからない
    まだ使用し始めて日が浅いため、これについてはなんともいえませんが、1時間ほどプレイしているとなんとなく「目が疲れたな」と感じる事がありました。
    1時間ごとに休憩を入れるのが良いと思います。
    立体視に関してはPSVRは12歳以上、HTC ViveやOculusは13歳以上と年齢制限があります。
    成長段階の目によくないのは確かですので、子供の利用には向きません。

    Q.スペースは必要?
    A.一部ゲームは遊べなくなるが、そこまででもない
    VRには「着座」「立位」「ルームスケール」の3種類のプレイスタイルが明記されています。
    なかでも「ルームスケール」は最低2m×1.5mのスペースが必要とされています。
    6畳一間の場合、スペース内のものを全て撤去するぐらいの意気込みがないと不可能でしょう。
    「立位」は両手を広げたスペース(地面から天井まで)に何もない空間が確保できればある程度問題なくプレイできます。
    「着座」は座った状態で遊べますが、数も多くありませんし大体が乗り物系となっています。

    もし「ルームスケール」のスペースが確保できなくても「立位」のスペースさえ確保できていれば、「立位」と「着座」のゲームは遊べるわけです。
    遊べないゲームは「ルームスケール」のみ対応のゲームですが、これはそこまで数が多くありません(10本に1本ぐらい?)
    ただし「立位」でも1歩踏み出すとかはあるので、あまりにカツカツなスペース設定だと「立位」も厳しいかもしれませんのでご注意を。

    Q.PCスペックは必要?
    A.必要
    Steamにて、VR環境のパフォーマンスをテストするソフトが配信されていますので、まずはそちらでチェックしてみましょう。
    SteamVR Performance Test

    Q.没入感は?
    A.凄い
    すごい。

    Q.眼鏡つけてても使用可能?
    A.使用可能
    眼鏡の種類にもよりますが、一般的な日本人の顔の大きさであれば眼鏡をつけたまま装着は可能だと思います。
    ただし、弦が細い眼鏡の場合、眼鏡の変形などにはお気をつけください。
    というのも顔に押し付ける感じで装着するので、最初は眼鏡が顔に押し付けられて痛かったからです。
    (慣れれば眼鏡を多少奥へ押し込むことで快適な付け心地になります)

    Q.重い?
    A.重い
    言い逃れできないぐらいには重いですが、遊び始めると意外と気になりません。
    それよりもせわしなく動く事の方が辛いでs
    また、後頭部から延びるケーブルがプレイ中にやや邪魔に感じました。
    (ワイヤレス化する追加ツールが販売予定だそうです)

    Q.コントローラーは使いやすい?
    A.使いやすいが完璧ではないかも…
    Viveコントローラーは特徴的な形をしていますが、感覚的にはWiiリモコンに近いかもしれません。背面のトリガーや表面のタッチパッドは比較的使いやすく、特に物をつかむ感覚や銃を撃つ感覚には適していると思います。
    反面左右についているボタンは微妙に押しづらく、あくまで補助用のボタンといった感じでした。
    先端に大きなリングがついているので、思わぬところで突っかかったりする事もありました。

    Q.ソフトは充実してる?
    A.まだまだこれから
    確かに面白いソフトも多いですが、まだまだ成長途中の市場。
    製作側も手探りなのか当たり外れは大きいようです。
    とはいえファミコン全盛期のような「とりあえず面白くなるか試してみるか」的なゲームは色々出ているので、そういったものが好きであれば楽しめると思います。

    Q.結局のところ買いなの?まだなの?
    A.成長途中の市場に10万円の価値を見出せるなら買い。
     ただし、それで得られる経験は非常に良質。
    結局のところ、10万円出せるかどうかにすべてがかかってきます。
    HTC Vive本体はハードウェアとしての質も高く、Steam側のサポート体制もどんどん整ってきています。
    まだまだこれからの分野、未来への投資としてかってみるのも悪くはないでしょう。

    ヘビーゲーマーしか買わないような商品かもしれませんが、家に知り合いを集めて遊ぶようなカジュアルゲーマーにこそ体験してもらいたい商品でもあります。

    雑記

    筆者が快適に遊ぶ為にやった事。
    ・ベースステーションと呼ばれるセンサーを設置する為に「ライトスタンド(三脚みたいなの)」と「雲台(ライトスタンドに取り付けて角度つけるやつ)」をあわせて5000円程度で購入。
    スタンドと雲台を店頭に見に行ったらHTC Viveもう一個買えるんじゃないのってぐらいの値段が並んでいたが、安いのを選べば5000円以下で揃えられる。
    (HTC Vive購入により金銭感覚は麻痺している為、5000円程度の出費は心が痛まなくなっているのでセーフ)
    重しを入れたダンボールに付属のネジで固定も出来た(しかもだいぶ安定した)が、見た目と安全性を考慮してやめておいた。

    ・コントローラーに手製のジャケットを装着。
    家が狭いせいで何かとコントローラーがぶつかる為、こればかりは必須と考えました。
    ハンズで厚さ5mmのウレタンシートを買って来て、コントローラーのセンサーを邪魔しない程度に保護するジャケットを作成。500円程度でした。

    ・HTC Viveを選んだ理由
    一番迷ったのはPSVRとの2択です。
    あちらは値段が安価なうえ、日本人向けのゲームが数多く期待できるとの事で魅力がありました。
    選ばなかった理由はPS4をそもそも持っていなかったことと、ソフト面であればSteamは自分の庭のようなものなのでHTC Viveに軍配が上がりました。
    ちなみにPSVRは未体験です。
    OculusRiftを選ばなかった理由はHTC Viveとの互換性を排除する方向に動いた為です(現在は撤回しています)。
    VRをこれから普及させていこうと言う中でのこの行動は、不信感を芽生えさせるのに十分なものでした。
    その他色々とよい話題が流れてこなかった事もあり、OculusRiftは完全に選択肢から外れていました。

    参考→Oculus: 一部VRゲームのHTC Viveとの互換性機能を排除するプロテクト機能を追加

    その他、質問があれば追記して返答するかもしれません。


  • 広告
  • バンドルの買い方まとめ

    2013-10-14 12:513
    最近「未確認ゲーム日和の影響で、STEAMの積みゲーが増えている」というありがたい声を頂いています、本当にありがとうございます。
    さて、皆様を効率良く積みゲー地獄に誘ってくれるバンドルについて改めて説明しておきたいと思います。

    ◆バンドルってなに?

    簡単に言うと複数のゲームをセットにして安価に売ってくれるもの。
    バーゲンみたいな感じです。
    安さの理由はチャリティーとゲーム開発側両方にお金が払われる事になるとか何とかですが、謎です。気にしなくても生きていけます。

    ◆バンドルサイト

    バンドルを行っているサイトは幾つかあり、定期的にセール内容が変化します。
    一度購入するとセール情報をメールで送ってきてくれたりしますが、代表的なサイトを紹介しておきます。

    HumbleBundle
    恐らく最も人気が高いであろうバンドルサイト。
    人気作や話題作を惜しげもなく叩き売りする。クライシス2、デッドスペース1,3、バトルフィールド3とかその他もろもろで$6とかだったりする、もう意味がわからない。好き。

    Groupees
    扱っているゲームはややマイナーよりだが、当たりも多い。
    ばら売りがある場合があり、わざわざ全部はいらないよって言う時も便利。

    IndieRoyale
    こちらもマイナーより、STEAMよりDESURAや直接DLするものが多い印象。
    謎の奇ゲーを惜しげもなく売りに出すあたり、マイナーゲーの発掘には便利。

    TheIndieGala
    地味に良い所を抑えてくる気がするバンドルサイト。
    そんなに頻繁にはセールをしていない気もする。

    BundleStars
    たまーに昔のバンドルを再販してくれたりするバンドルサイト。
    だが扱う商品はかなりアクが強く、男臭い物が多い気がするのは気のせいだろうか。

    IndieGameBundleWiki
    今どこのサイトで何のセールをやっているかを逐次更新してくれるまとめサイト。
    1日1回ここみるのが日課になったら立派な積みゲーマスター。

    ◆バンドルの買い方(HumbleBundle編)

    バンドルは海外サイトばっかだし、どうしたらいいのかわからない、不安という声にお答えして、HumbleBundleで購入する流れを説明してみます。
    初めてはみんな怖いものよ。
    なお、先に言っておきますが、どんな不都合が起きても一切責任は取りかねますので必ず自己責任でお願いします。
    *クレジットカードかVプリカが必須となります。

    HumbleBundleを開いて、HumbleWeeklySaleのタブを開いた所。

    緑枠:基本セット
    赤枠:余分にお金払う事で貰える追加セット
    青枠:買うと貰えるサントラ(錠前マークは赤枠とセット)

    これがセットになっているゲームの画面です。
    緑枠のゲームがいくらか不明ですが、赤枠の上部にある文字をみると、赤枠を含めたセットにするには$6支払う必要があることがわかります。
    ゲーム画像の上に出ているのは対応機種で、「へ」がひっくり返ったようなマークがSteam対応となっています。
    ゲームを確認したら画面を下へスクロールさせましょう。

    これが値段を決める項目です。
    デフォルトでは$25になっていますので注意。
    $25払ってもいいやって人以外はCustomAmountをチェックしましょう。
    金額入力スペースが出ますが、とりあえずは「0.1」とだけ入力してみます。




    するとこんなメッセージが表示されます。
    どうやら緑色のゲームは$1以上で貰えるようですね。
    追加分のゲームは$6なので差額の$5.9足りないよというメッセージも出ています。
    欲しい物にあわせた値段を入力したら、下へスクロールします。
    2番はチャリティーとかの分配比率なので弄らなくていいです。


    3番にメールアドレスを入力します。
    そして下にスクロール。
    案の定4番は飛ばします(たぶんギフトにするかどうか)。



    最後に一番下にある支払い方法を選択します。
    どれでもいいのですが、他のサイトでも共通して使えるPayPalをオススメします。
    クレジットカードかVプリカがここで必要になります。

    支払いが済むとこんな感じのページに飛ばされます。
    赤枠で囲ったSTEAMボタンを押すと、STEAMキーが隣のスペースに表示されます。
    青枠で囲った場所からはサントラがDL出来ます。
    欲しい形式にあわせたボタンを押しましょう。












    HumbleBundleでの購入は以上です。
    STEAMキーを持ってSTEAMに登録に行きましょう。

    ・おまけ:STEAMキーの使い方

    STEAMを開いて(BigPictureじゃない普通の画面)画面左下を見ます。
    「+ゲームを追加」をクリックし「Steamでアイテムを有効化する」をクリックします。
    するとウィンドウが出ますので、次へをおしていきます。




    こんな感じのウィンドウが出たら、さっきのSTEAMキーをコピペで貼り付け、次へを押します。
    すると購入したゲームがライブラリに登録され、以後普通にSTEAMで遊ぶ事ができるようになります。









    以上、他のバンドルサイトも似た感じなので、応用すればどこでも買える事でしょう。
    Enjoy! :)
  • PCゲーム導入のスゝメ

    2013-05-11 00:517
    いつもお世話になっております、下から読んでも「もやししゃも」でございます。
    拙作「弦巻マキと結月ゆかりの未確認ゲーム日和」にてSTEAMゲーを取り上げているにもかかわらず、STEAMという物について説明していなかったので、導入に当たって少しは役に立つかもしれない情報を纏めてみました。
    長いですが興味のある方は目を通してみてください。

    *名状しがたきSTEAMという物体*

    結論:STEAMというのはPCゲームの販売、プレイサポートを行う総合プラットフォームソフトである。

    今更私がここで長々とSTEAMについて説明するよりも、丁寧に纏めてあるサイトを以下に上げておくのでそちらを参考にしてください。
    http://www.4gamer.net/words/005/W00571/

    クレジットカードを持っていなくても支払いができるの?とかそういう疑問に答えていて、クレジットカードを使うのはちょっと・・・という人にもオススメかも。

    ちなみに1~4までありますが、導入からプレイまでなら2まで読めば十分です。
    まあプロフの設定をしておくに越したことはないので3まで読んでもいいかもしれませんが。

    *STEAMは安いのか否か*

    結論:そうでもない。ただしセール時の爆発力が凄い。

    ・通常価格は基本的に定価
    ・安く見えがちだが、そもそも定価からして安いソフトが多い市場
    ・本当に安いのはセール時、50%,75%オフは当たり前
    ・あまつさえシリーズ物をセットにして売り出すので値引率が凄まじい事に
    ・セールはほぼ毎日何かしら追加される
    ・夏や年末、ハロウィンなんかには大規模なセールが開催される

    さて、STEAMの値引率に関して以下に役立つサイトを置いておきます。
    http://prosteamer.jp/

    現在のセール状況をリアルタイムでチェックでき、現在までの価格推移、サムネをクリックすればSTEAMのページに直接飛べるなど、大変便利です。

    *STEAMゲーはSTEAM以外でも売っている*

    ネットでPCゲームを購入するとPCに直接DLするものか、そうでない場合はキーを発行されます。
    このキーは幾つか種類がありますがSTEAMkeyの場合はSTEAMにそのキーを入力する事で、購入したゲームをSTEAMに登録する事ができます。
    つまり、STEAM外でもSTEAMのゲームを買うことができるわけですね。
    そしてここからが重要なのですが、そういったSTEAMkeyも含めた販売をしているゲームサイトは数多くあり、よりによってそれらが定期的にセールを行っている。

    つまり、STEAMでセール中でないソフトでも安売りされている場合があるのです。

    以下に(私も登録している)ゲームサイトの導入方法を纏めたページを置いておきます。
    ・GamersGate:http://www.gameonchi.me/article/285167982.html
    ・GreenManGaming:http://www.gameonchi.me/article/286145241.html
    (購入の際はSTEAM対応かどうかをきちんと確認しましょう)

    *缶ジュースより安いゲーム*

    上記と似たような形で、定期的に○○BUNDLEというPCソフトをまとめた(3~10本程度)セールが行われています。
    これの購入は独特でして、値段をユーザーが自由に決めることができます。
    最低額は決められていますが、逆に言えばソフト1本最低額(0.25ドル~1ドルぐらい)で購入可能なわけです。
    また、それらを購入した人たちの平均額以上(大体5~8ドル)払えばセールソフト全部購入可能(おまけでサントラとかついてくることもある)というもはやわけのわからない事になります。
    勿論扱われるソフトはほとんどマイナーなものだったりしますが、たまに有名なものがきたりすることも・・・
    これらBUNDLE情報を纏めているサイトがこちら。
    http://pc-nanika.seesaa.net/
    ゲームの感想も載っていたりするこちらもお役立ちです。
    http://www.gameonchi.me/

    これらのサイトではSteamkey対応かどうか、とか日本語化ができるゲームなのか、とかが確認できますのでぜひ参考にしてください。
    BUNDLE製品購入については申し訳ありませんが自分で読んで調べてみてください。

    *名状しがたきDesuraという物体*


    STEAMの他にDesuraというプラットフォームソフトがあります。
    こちらはSTEAMの機能を絞り、扱うソフトをインディーズ(同人)ゲーにシフトしたような物で、STEAMでは配信されていないようなソフトがたくさんあります。
    こちらは圧倒的にマイナーなので、一応紹介する程度にとどめておきます。
    なお上記で紹介したSTEAMkeyの他にDesurakeyというものも存在します。
    導入は以下のページを参考にしてください。
    http://ubuntu.firebird.jp/archives/2352

    *最後に*

    購入はそれぞれのページを読んで個人の責任の下、理解してから行いましょう。
    あんまり買いすぎると積みゲーだけがどんどん増えます、程ほどにね。

    そして最も役に立つサイトを最後に紹介しておきます。
    http://www.google.co.jp/
    (ちなみにGoogleで「(数字)USD」と入力すると、日本円に換算してくれます)

    STEAMGreenlightについても書きたかったけど、あんまり長いので割愛。
    つまりなにが言いたいかって言うと、今BIT.TRIPシリーズがSTEAMで75%オフ(コレクションを買えばサントラもついてくる!)だよ、という事です。