【講座】同人小説の作り方【第一回】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【講座】同人小説の作り方【第一回】

2017-03-03 22:00

    第一回
    この講座は小説の書き方ではありません。悪しからず

    ■イントロダクション
    はじめましての人も久しぶりの人もこんにちは。しーざーです。簡単な自己紹介をすると同人サークル "MOZA MOZA" の代表であり文章担当(個人サークルなのでイラスト以外のすべてをやっています)、いつの間にか同人活動も今年で九年目に入ります。普段は残業多くておまけにワープアな教育関係の仕事をしていますが、将来的には物を書きながら暮らしたいという夢は持って生活をしています。最近仕事が忙しくなってから、ちゃんとしたブロマガ記事を書くのが久しぶりなのでどうなるかわからないですけど、やれるところまでやっていくつもりです。

    この講座は小説同人誌の作り方を中心に行います。他の同人ノウハウ系講座よりも、本の制作という観点を重視しています。なので、制作スケジュールの組み方、色々な段取りのようなものはそこまで扱いませんご了承下さい。

    公開はなるべく定期的になるように書きためたものを公開設定で、決まった時間に出せればと考えていますが、あまり期待しないでください。

    対象としては、小説は書けるけど、本の作り方はよくわからない人向けもしくは小説同人誌作ったけど、今一つ上手くいかないという創作者向け、初心者よりは中級者以上の講座として考えています。

    元々は別の目的の為にまとめて置いたのですが、その目的が達成させられるかわからなくなったので、腐らせるくらいなら必要としている人のために公開しておこうと思った次第です。これを読めば、他人の手を借りなくても一通りのことは出来る位に持って行くのがこの講座の行動目標です。

    具体的なカリキュラム及びシラバスは用意していないのですが、

    • 心構えと準備
    • 版面や文字組の重要性と装丁――商業の本を意識する理由
    • 書体について
    • ワードでの原稿の作り方
    • インデザインでの原稿の作り方
    • 表紙について――イラストを依頼する
    • 入稿準備から入稿まで
    と言った流れで6~12回位のスパンでやっていこうと思います。

    ■心構え
    「同人誌なんて作れない、ちゃんとしたものを書けたら本にしよう」その時点で貴方の作品が同人小説になる実現可能性は大幅に下がります。すでにまとめた原稿があるなら、それを本にすることを考えましょう。いいのが書けたらなんていっても、結局次がいいかはわからないし、評価は他人が決めることなので自分が上手く入ったと思っても反応はいまいちだったり、酷評食らってダメージ食らったりというのは日常茶飯事です。

    不安は誰にもあるものです、日常生活のストレスや、ちょっとしたことで不安は加速して、おかしな行動をとってしまう事だってあります。自信がないうちはメンタル的な不安が倍になったり累乗みたいに急加速だってあります。

    まずは腹をくくれ。ダメなときは何やってもダメだし、上手くいくときは上手くいく。ただダメが異常に続くときは、アプローチやメンタリティ、それか根本に原因があるのでそこを探して改善しましょう。

    必要なのは本を作りたいという気持ち、読んでもらいたいという欲求。自分は描けるんだという自信。小さじ一杯や結晶一つくらいの少量でもあれば大丈夫、それだけでゼロの人よりはマシです。心配しないでやりましょう。同人活動は、思っている以上に参入障壁は死ぬほど低いです。

    腹をくくったら、参加するイベントを決めましょう、慣れないうちは半年から一年後位のイベントに照準を絞りましょう。もうまとまった原稿が出来ているなら(予定のボリュームの半分から本一冊分くらい)、もうちょっと早めても大丈夫です。

    とりあえず、まずは本にすることを考えましょう。本を作ると決まったら、まずどんな本にするかをデザインしていく事になります。

    それについてはまた次回。バイバイ! sayonara! アスタラビスタ!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。