コミケ97 脱稿&参加のお知らせコミケ97 脱稿&参加のお知らせ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コミケ97 脱稿&参加のお知らせコミケ97 脱稿&参加のお知らせ

2019-12-22 23:00

    みなさま、ご無沙汰しておりますしーざーです。ここ数ヶ月ネット上ではエッセイも、表だった活動も何もしていな買ったんですけど、まあ生きていました。とりあえず、十月に転職成功し労働時間の短縮と、心の余裕のようなものが出来て、下半期は自尊心と自己肯定感を高めることが出来、筋トレを始めて、そこそこ効果が出てきて楽しくなったりと、結構充実した日々を送れています。まあそんな前置きは良いとして……

    新刊入稿しました。おかげさまで後はイベントを待つのみと言う状況で、ちゃんと印刷できているだろうか、とちょっと不安だったり。というのはあるんですが、形には出来たので一安心。まだスペース設営の準備が出来てないのですが、今週中に色々調達しながら当日に挑もうと思います。

    今回は、久しぶりのハードボイルド系ヒーローです。タイトルは
    『ザ・ハートレス:絶望の哀歌(The Heartless: Elegy of Despair)』
    以前書いたThe Smokeと世界観を共有した、The Smokeよりも未来のお話です。詳しくは下の方にあるあらすじを参照していただければ。今回は本文80ページ。三万字ちょっとの中編小説になっており、小説読み慣れない人にも読みやすいボリューム感になっているのでは無いでしょうか。

    イラストはakira.l.u(@akira_l_u)さんにお願いしました。いかに表紙と裏表紙とサンプルを載せておきます。

    画像6

    画像7

    twitter宣伝用2のコピー4

    twitter宣伝用2のコピー5

    あらすじ
    極東自治区――ここは先の大戦により、亡命した外国人の特別居住区として生まれた地域だ。そのために犯罪や法で裁けないトラブルが多く、昔から自警活動が一般化していた。
     この街を代表する自警員(ヴィジランテ)は数年前に姿を消していた。ヒーロー不在の中でも、いろいろなヴィジランテたちの活躍のおかげで、この街の自警活動の灯火は消えることはなかった。
     ある日何者かによって、とあるヴィジランテがビルの屋上から吊されるという事件が起こり、そこから連鎖するようにヴィジランテが襲われ始めた。その事件を追いかけるのは、
     純白のスーツにフェドーラ帽、パウダー・ブルーのシャツにチェリーレッドのネクタイ。ドミノマスクをまとった男。彼は自らを、こう名乗った。ハートレス――人でなし――と……。
     そんな中、彼を追いかける女が一人、彼に立ちはだかる。アンダーマインと呼ばれるその女はハートレスを罠にかけハートレスを追い詰める……

    今回ブックデザインはアメコミ+海外のハードボイルドペーパーバックスを意識して作ってみました。基本的にデザインと本文書体には凝る方なのですが、今回は本文は版面のバランスを以前よりも整え、表紙はクールでチープな感じに仕上げてあります。今回はかなりカッコよく仕上がっているので、オブジェ代わりに購入するってのもありだと思います。

    頒布価格は500円。今まで新刊を500円出だしたことは無かったんですが、今回はキリのいい値段にして、どれだけ頒布数に影響するのか、ちょっと気になって原価ギリギリではあるのですがトライしてみようという感じです。値付けって難しいですよね。安くしすぎると、質の悪さや、自信のなさの表れ妥当ケトル人もいるし、高くしても手に取ってもらえるとは限らない。程よく収益がでる適切なラインというのをうまく探らないとサークルとしても長続き出来ないし、モチベーションも下がる。難しいところでまいかいの悩みどころ。ただ、割とうちのサークルは堅実で安定感はあると思っているのでそこまで、原価にて数量上乗せしたくらいの値付けしてれば気を遣わなくてもいいのかなとも思ったり思わなかったり。

    また、前の短編集『慈悲のない不思議の国』を思い切って、プロデザイナーのPOO松本さんがやっている C96 DOUJINSHI DESIGN REVIEW & ADVICE二参戦したところ、思っていた以上の好意的評価を頂き(下の画像参照)、今までにやってきたことが無駄じゃなかったと言う自信がついたのもあります。

    画像4

    画像4

    やっぱり自分を知らない、第三者の外部的評価ってのは大事なんだなとつくづく感じさせられました。たとえ、売り上げとかにそこまで響かなくてもこのまま続けていけば、何かを得られるかもしれない希望のような、なんとも言えない手応えのような者を感じることが出来たので、これからはもっと広いアプローチを考えています。まだ自分に何が出来るのかは。わからないけど面白いことはやりたいので、これからの十年は攻めていくつもりです。

    今回の『ザ・ハートレス:絶望の哀歌』短いのにしっかりした読み応えのある、チープだけどリッチな作品に仕上がっているので、コミケ二日目に足を運びになる方は是非MOZA MOZAのスペースにお立ち寄りください。

    新刊、既刊共に用意してお待ちしております。

    twitter宣伝用2のコピー2

    12月29日(日)コミックマーケット97 西B-66 MOZA MOZA へ、是非立ち寄ってください。遠方の方には書店委託と自家通販も用意する予定なので少々お待ちください。それでは!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。