ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

僕はたいした理由もなく君の手を握る 第二十五章
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

僕はたいした理由もなく君の手を握る 第二十五章

2014-05-01 20:10

    「ご家族が来られましたよ。ご挨拶などは……」

    「結構、私はもう行きますので」

    「よろしいのですか?」

    「ええ、私はお別れが済んだし。私はあくまでも他人だから。後、申し訳ないんだけど、これで葬儀代足りるかしら?」私は手持ちのお金の大半を預けた。

    「別にあなたがお支払いしなくても……」

    「いいのよ。これは私がもしも死んだときの葬儀代用に作っといたお金なの。もうしばらく使う必要もなくなっちゃったから。それに使ったなら、また稼げばいい。」

    「左様ですか」

    「ええ、だから、ここで失礼させてもらうわ」

     そして、葬儀場の人と簡単なあいさつを交わし、私は笑って葬儀所の建物を後にした。

     冷たい風が頬を撫でる。

     雪の残り何もない硬い大地を歩き出した。

     深呼吸をする。しばらくすると今まで張り詰めたものが無くなったせいか、胸のあたりが締め付けられるような感覚を覚えた。

     口元を横に引くようにして嗚咽が漏れないように、なんとかくいしばってはみたものの、どうやっても嗚咽が漏れる。声を押し殺すことは出来なかった。

     目から涙があふれて止まらなかった。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。