【ミリオンライブ】UNI-ON@IR!!!! Angel STATION 発売記念トークショー 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ミリオンライブ】UNI-ON@IR!!!! Angel STATION 発売記念トークショー 感想

2020-01-26 22:40

    2020年1月25日(土)、都内某所にて開催された「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!! Angel STATION @SENDAI 発売記念トークショー」に参加いたしました。

    出演者は
     Machico(伊吹翼 役)
     稲川英里(大神環 役)
     角元明日香(島原エレナ 役)
     高橋未奈美(馬場このみ 役)
    の4名。
    各ユニットから1名ずつといった感じです。

    会場に関して、いちおう当選者のみに発表されていることなので詳細は伏せていますが、都内にある某大企業のプレゼンテーションルームでした。まあアイマスのイベントで使える『某大企業』といえば、かなり限られるからわかるでしょうけど。
    その某大企業とは仕事で間接的に関わったことはありますが、会社の中に入るのは初めてでしたね。

    そしてそのプレゼンテーションルームですが、いつもライブイベントの打ち合わせをする場として使われているそうです。
    その際にはステージ上でJUNGOさん(演出家)などの偉い人が説明して、演者の皆さんは座席の真ん中前方辺りに陣取ることが通例とのこと。

    さて、社内に入るとまずは受付から。そしてアンケート用紙を渡されました。
    アンケートはたった2問(数え方によっては3問)でしたが、書くスペースが狭くて受付近辺は大渋滞。開場から開演まで30分しかなかったので、私は床を下敷きにして書きました。

    会場のプレゼンテーションルームに入って着席。座席は上手側(ステージに向かって右)のやや前方。悪くはないけれど、極端に良いわけでもないという席の位置でした。

    しかし、大企業のプレゼンテーションルームってなんかすごいですね。200~300人くらいは余裕で収容できるんじゃないでしょうか。席数を数えておけばよかったですね。
    椅子もパイプ椅子とかじゃなく、映画館とかにある固定の折り畳み式のやつでした。それが扇形に曲線を描いて並んでいる感じです。

    ◆開演

    予定より数分遅れで開演しました。

    会場のBGMが「Angelic Parade♪」に変わって、すぐに始まるかな?と思ったのですが数十秒程度始まらず、ステージ横のカーテンが動いたと思ったらMachicoさんが顔だけ出して会場をキョロキョロ。その姿に笑いが起こっていました。

    んで、そのままMachicoさんが出てきて、その後に続くように残りのメンバーも出てきました。
    立ち位置は下手側(ステージに向かって左)から順に
    Machico、稲川、角元、高橋
    という並びでした。

    服装は全員私服。最後のあいさつでも触れられていたのですが、ミリオンのイベントで衣装ではないのは珍しいです。

    簡単に挨拶をして、いよいよトークショーが始まります。
    Machicoさんがイベントのタイトルコールをしていたのですが、長すぎて笑いが起きていました。冒頭にも書きましたが「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!! Angel STATION @SENDAI 発売記念トークショー」ですからね。この記事の表題はいい感じに略していますが。

    ◆MC争奪!!!!Angel STATIONピュアピュア総選挙

    まずはこのイベントのMCを誰にするか決めようというコーナー。「UNI-ON@IR!!!! TV」で似たようなことやってましたね。
    ちなみにこのコーナーでの仮MCはMachicoさんが担当していました。

    受付時に書いたアンケートにて、「4人の中で最もピュアピュアなのは誰か」という質問項があり、それで票の一番多かった人がMCを務めるというもの。

    結果はランキング形式で3位→2位→1位&4位の順で発表され、以下の通り。

    1位:Machico
    2位:稲川英里
    3位:角元明日香
    4位:高橋未奈美

    稲川さんは2位で発表された後、「どーも、ピュアです」ととてもピュアらしからぬ挨拶をしていました。

    1位と4位が同時に発表されると、Machicoさんは不思議な踊りを踊っていました。たぶんMP持ちは少しMPを減らされていたと思います。

    アンケートに書かれた理由についても触れられました。
    1位のMachicoさんは「嘘をすぐ信じそう」「何も考えてなさそう」とか散々な理由でした。

    あと、「こーりー(香里有佐さん)やすーじー(末柄里恵さん)がいたら、間違いなくそっちが1位だった」みたいなこともおっしゃっていて、誰も(出演者も客も)それを否定しませんでした。

    何はともあれ、Machicoさんが仮MCから継続して正式にMCを務めることになりました。

    ◆スライドで振り返るピュアピュアSENDAI

    続いては仙台公演の写真と共に当時を振り返るコーナー。

    まずは「ユニット衣装初お披露目」と銘打って、開演時の「Angelic Parade♪」の写真。
    ピコピコプラネッツの発光衣装は自動でON/OFFが切り替わる形だったのですが、その中で靴だけは演者自身がON/OFFをするとのこと。田村奈央さんが靴のON/OFFで遊んでいたというお話が聞けました。

    続いては「ピコプラ!光る衣装と茜ちゃん」として、ピコピコプラネッツの「スマイル体操」の写真が出てきました。
    衣装については先の写真の時に話したので、主に巨大茜ちゃん人形について。この茜ちゃん、「中の人などいない」を徹底するほどに舞台裏でもプロだったそうです。握手したり、一緒に写真を取ったり……裏では演者たちの行列ができるほどの人気者だったとか。

    「クリスカ!小道具を使った無音芝居」というタイトルで、Cleaskyの写真が出てきました。
    稲川さん曰く、「エモ~~~~い!」。
    高橋さん曰く、「エモいな、尊いな、美味しいな、白米がすすむ」。

    次は「りるきゃん!ランウェイ演出!」、りるきゃんのターンの冒頭のガールズコレクションです。
    Machicoさんが言うには、この時の歩いたりポーズを取ったりというのを音楽に合わせてするのは、ダンスの時とリズムの取り方が違うそうです。
    あと、写真の時のポーズ(4連)は自分たちでそれぞれのアイドルっぽいのを考えたとおっしゃっていました。

    そして「4ラグ!平成最後の花ざかり!」
    この「平成最後の花ざかり」という言葉、「何回も言ったよ!」と高橋さん。そうですね、ミリシタ感謝祭と6th仙台DAY1と同DAY2、3回も言いましたね。
    あとこれも高橋さんですが、衣装のタイツを勢いよく履いてビリっと破ってしまったそうです。そのため、4人とも別のタイツで登壇したとか。

    最後に「エンジェルスターズの思い出!」として、円陣の写真が出てきました。
    公演全般の思い出話……なのですが、案の定食べ物関連の話題になりました。
    例の牛タンラー油について、麻倉さんがMachicoさんに勧めに来たときのことをモノマネしながら語ってくれました。「Machicoさん!牛タンラー油食べましたか!?ぜったい食べてください!!」

    ◆ピュアピュアクエスチョン!

    アンケートに出演者へのピュアピュアな質問・要望という項があり、それに答えてくれるというコーナー。ピュアピュアって何やねん。

    まずは「願い事をひとつ叶えてくれる天使がいたら?」という質問。

    稲川:7thの天気が良くなるように。
    高橋:魔法使いになりたい。(そしてその魔法で他の願い事を全部叶える)
    角元:家の蛇口から酒が出る。
    Machico:Pの背中に翼が生える。

    角元さんの願い事には、同じく酒飲みである稲川さんも同意されていました。
    Machicoさんの考えることはよくわからん。

    続いて「エンジェルスターズの誰かと(演者でもキャラでも)デートするとしたら、誰と何をするか」という質問。

    角元:こーりー(香里有佐さん)とラーメン屋。
    高橋:ゆんこん(近藤唯さん)と少女漫画トーク。
    稲川:一人一人と個人面談。
     →<誰か1人と言われて>もちょ(麻倉ももさん)にひたすら美味しいものを食べさせたい。
    Machico:かくあす(角元明日香さん)をもっと可愛くする旅。

    角元さんいわく、ラーメンを食べているときの香里さんは可愛いんだとか。高橋さんから「(香里さんの)番組に呼んでもらい?」って言われていました。おそらく高橋さんもゲスト出演されたことがある「香里有佐の有麺団」のことでしょうね。
    高橋さんはライブの時も空き時間とかに近藤さん(と麻倉さん)と少女漫画トークしていたそうです。

    最後に「とってもピュアピュアに自己アピールしてほしい」との要望。ジャンケンで順番を決めていました。

    高橋:なんかとってもワザとらしい雰囲気の自己アピール。
    稲川:バブバブと赤ちゃん言葉。何を言ってるかわからずアピールになってない。
    Machico:腰のベルトをグルグルと回す謎ムーブ。
    角元:「合法ロリと呼ばないで!」みたいなことを言っていた。(ちらっと見掛けた情報によると、別のラジオ番組でのキメ台詞みたいなものらしいです)

    最後に一人一人挨拶をして、ステージを大きく左右に練り歩いて客席全体に手を振りながら退場していきました。
    イベントの時間は1時間10~15分といったところ。

    ◆まとめ

    相対的に高い金額を支払ってアニメイトで購入した甲斐があったと言えるだけの良イベントでした。WEB配信番組ならともかく、ステージイベントで私服というのは最近では稀少ですからね。

    トークの内容も実に良いものでした。
    長い付き合いだけにチームワークが良く遠慮も少なく、出演者4人以外の話題もそこそこに出てきて……。
    この6thライブツアーは演者が語る機会が多いので、そろそろ話すネタが尽きるんじゃないかと心配になっていましたが、杞憂でした。これを書いている時点ではまだ聴けていないオーディオコメンタリーも楽しみです。

    PrincessとFairyのトークショーも残っています。当選すると良いのですが……。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。