会計士とってくる~5週目(12月第4週)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

会計士とってくる~5週目(12月第4週)

2015-12-27 00:44
    学習状況は以下のようになりました。



    ・時間の表示は30分で切上、29分で切下としています。
    ・省略の定義は文末に記載しています

    総論:
    合計勉強時間は21時間18分でした。クリスマスイブは休みました

    週の前半はニュー連結と監査論の理論集中をやっていたのですが、急に現在の立ち位置をチェックしたくなったので、直近の過去問に取り組んでみることにしました
    ブログ作成日12月27日現在で、財務会計論(財務計算・財務理論)以外は全て解きました。
    結果としましては、各科目の満点が100点で、企業法 45点 管理会計 50点 監査論 50点 で途中段階で48.3%の正答率でした。一ヶ月の勉強でで足切りライン(各科目40%)を突破できるのだなと、好意的に捉えています。詳細は下に科目ごとにまとめます。

    各科目の詳細:
    企業法:
    空き時間(バスの移動時間など)で柄別問題集を解いていました。
    過去問は45点と、自信がある科目が勉強途中の監査論(50点)以下の点数なのに驚きました。
    ミスの大部分が既習部分でしたので、今後はアウトプット中心で良いと考えます。

    管理会計:
    先週よりベーシックの前半で挫折しておりました。
    そんな中10日ぶりに始めたのが過去問演習だったのですが、既習部分の原価計算や仕損は結構正答していて、未習部分の理論系やABC原価計算などでのミスが多かったです。今後は未習部分をとっとと終わらせることを第一に進めます。

    財務計算:
    ニュー連結を進めていました。丁寧に連結決算を解説していて、取り組みやすい書籍と感じました(その分、演習時間も掛かるのですがね)。過去問はまもなく取り組みます。
    過去問は財務計算・財務理論がセットになっているのですが、過去問に掛けた時間を財務計算と財務理論にどう分配して表示するのか若干悩んでいます。

    財務理論:
    ベーシック問題集を進めました。
    過去問(財務計算とセット)はまもなく取り組みます。

    監査論:
    理論集中を進めていました。インプットはまだまだ途中なのですが、過去問を解くと50点と予想以上の点数でした。過去問を解いてみて思うのですが、おそらく監査論は点数が伸びにくい科目で、管理会計に時間を掛けたほうが伸びが期待できるように感じました。とはいえまだまだ未習部分がありますので、そこを進めていく方針は変わりありません。

    次週の目標:
    まずは財務計算・財務理論の過去問を解いてみます。時間配分としては、
    監査論>管理会計>>企業法
    (理由は未収部分の量によります)
    として、財務計算・財務理論の過去問の出来次第で追加していく予定です。おそらくは
    監査論>財務計算>管理会計>財務理論>>企業法
    になると考えています。

    前回「次週36時間の勉強を目指す」と言いながら、実際は21時間しか勉強しませんでした
    私自身は自宅より喫茶店などの方が勉強できるタイプですので、出費をしてでも勉強時間を増やしたいと思います。フリーターに出費は辛いですが、ここで頑張らなければ真のダメ人間になりそうなので、頑張ります。

    以上です。次週更新は1月3日予定です。



    表中の省略の定義
    週:「11月-4」は11月第4週としています(-1,-2,-3同様)
    (全科目)理論集中:「理論科目集中トレーニング」(中央経済社)
    (全科目)ベーシック:「ベーシック問題集」(TAC出版)
    (全科目)スタテキ:「スタンダードテキスト」(中央経済社)
    (企業法)参考書:「よくわかる会社法」(自由国民社)「会社法第三版」(弘文堂)
    (企業法)肢別問題集:企業法早まくり肢別問題集(TAC出版)
    (管理会計)日商1級:「合格テキスト日商1級管理会計1~3」(TAC出版)
    (財務計算)日商1級:「合格テキスト日商1級財務会計1~3」(TAC出版)
    (財務計算)スタ計算:「スタンダードテキスト・計算問題編」(中央経済社)
    (財務計算)ニュー連結:「ニュー連結会計バイブル」(東洋書店)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。