SFC版DQ3 モンスター行動率を考える
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

SFC版DQ3 モンスター行動率を考える

2013-03-04 07:01
  • 1
私はDQ1, DQ2ばっかやっててDQ3は全然だったのですが、
はじどら3の為の情報集めでちょっとだけ勉強を始めています。

今回は、その成果その1をお伝え致します。
それは、DQ3の敵の行動選択率 です。

DQ3のモンスターの行動は8つのモメリに納められていて、
そのメモリ位置で選択率が決まっています(除 ローテ)。
その行動パターンは次の3種類です。
 パターン1【均等】 : 12.5 12.5 12.5 12.5 12.5 12.5 12.5 12.5(%)
 パターン2 【坂】: 7.03 8.59 10.16 11.72 13.28 14.84 16.41 17.97(%)
 パターン3 【崖】 : 0.78 1.56 2.34 3.13 3.91 4.69 5.47 78.13(%)

例えば、ドルイド先生は【坂】パターンで
 攻撃 攻撃 バギ 攻撃 攻撃 バギ バギ バギ
の順にメモリに納められてます。
なので、バギ選択率は、、、59.38% になります。

面白いのはカンダタ1とカンダタ2の痛恨選択率。
 カンダタ1【均等】:攻撃 防御 攻撃 攻撃 痛恨 攻撃 攻撃 攻撃
 カンダタ2 【崖】:攻撃 痛恨 攻撃 痛恨 攻撃 攻撃 攻撃 攻撃
カンダタ1は痛恨が1つ、カンダタ2は痛恨が2つ有りますが、
パターンが均等と崖で違います。
カンダタ1は【均等】なので痛恨選択率は 12.5%
カンダタ2は 【崖】なので痛恨選択率は 4.69%
つまり、カンダタ1の方が痛恨選択率は2倍以上高い事が分かります。
(注 痛恨選択後、痛恨の一撃になる確率は更に1/8 の確率が掛かります)


ただ、まだまだDQ3の敵の行動は奥が深いですし、
私もまだ完全に把握出来ていません。

次回は複数回行動(これはDQ1, DQ2には無かった!)について考えます。
では、また次回。


参考文献
 http://s-endo.skr.jp/dq_analyzer.html
 http://www.geocities.jp/showa_yojyo/dq/data/dq3_C20000_monster.txt

謝辞
 DQ3の勉強に当たって、我らがbamboo神の解析に頼りまくっております。
 いつも無理難題を聞いてくれて有り難う御座います。
広告
×
頑張ってください~川 ゚ -゚)♪
97ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。