ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

昨今の『ミリタリーFPS時代設定の未来化』について物申してみる。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

昨今の『ミリタリーFPS時代設定の未来化』について物申してみる。

2016-05-03 10:32
    先に言っておきますと、私はFPSはそんなに好きではありません。TPSは好きですが。

    PS3/Xbox360時代のミリタリーFPSの舞台設定といえば"現代戦"で、
    未来だったとしても数年後程度の設定でした。
    しかし昨今『コール・オブ・デューティ』シリーズや『ホームフロント』新作、
    続編発表も間近となった『タイタンフォール』など、近未来設定が目立ってきました。

    そこで思うのが

    近未来ってどのぐらいの需要があるの?

    という事です。

    今回は「コール・オブ・デューティ」の昨今の傾向について焦点を当てようと思います。

    先日発表されたCoD新作『インフィニット・ウォーフェア』も、
    『アドバンスド・ウォーフェア』(AW)や『ブラックオプス』(BO)シリーズに引き続き
    未来を舞台にした時代設定になっていました。



    そんな本作の限定版には現代戦を描いた名作『CoD4:モダン・ウォーフェア』(MW1)の
    今世代向けリマスターが同梱されます。



    海外のコメントを見ると、

    「MW1のリマスターいいね!新作の方はつまらなそうだけど」
    「MW1のリマスターは単品で売り出されないの?」
    「アクティビジョンはスタンドアローンのMW1をリリースすべきだ」
    「アクティビジョンは愚かだね」

    と言う風に新作に興味を持たず、MW1のリマスターを喜ぶ声が多く見られました。

    勿論近未来設定を好む人も一定数存在するでしょう。
    しかし、新作をそんなに連続で近未来にする程需要あるか?とも思います。

    近未来の方が独創的な装備を創造可能で、
    それによってゲームシステムに幅をもたらす事が出来る、という判断なのかもしれませんが、
    ピョンピョン飛び回るビジュアルはお腹一杯です。


    ここで個人的な意見を述べさせて頂くと、


    装備が格好良くないんだよ!!もっと無骨な武器をくれよ!!
    エクソスーツより布の戦闘服の方が格好良いし

    そもそも何十年も未来でスゲェ飛行船とか飛んでるのに
    やる事がなんで未だに鉛弾の交換なの?



    とまぁこんな感じで私は近未来が嫌いです。

    2作連続程度ならまだしも、『ブラックオプス2』から数えて今回で5作連続近未来
    そろそろCoDは現代戦や世界大戦モノをもう一度出すべきじゃないですかね。
    ファンもそれを望んでいると思いますよ。

    『バトルフィールド』新作も近々発表ですし、そちらは現代戦である事を望みます。
    一応PC向けの『Escape from Tarkov』や、PS4/Xbox Oneでもリリース予定の
    WW2シューター『Battalion 1944』などもあるので全然無いって訳でもないのですが。

    という事でFPS好きでもない人間の戯言でした。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。