ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

『ゲーム熱』と『PS4今後の個人的期待作』と『今年のE3予想』について語ってみる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『ゲーム熱』と『PS4今後の個人的期待作』と『今年のE3予想』について語ってみる

2016-05-27 01:20
  • 2
お久しぶりでございます。
アンチャーテッド4のレビュー以来ですね。
何故今回こんなに更新が空いてしまったかと言うとですね、

私の『ゲーム熱』の低下が原因です。

アンチャ4レビューでも書いた通り、
私は「自称・日本一アンチャーテッドを愛するゲーマー」です。

そんな私はここ数年、アンチャ4が発売される事を最も楽しみにしてゲームをしてきました。
で、いざアンチャ4が発売され、プラチナトロフィーを取得するまでやり込んだ結果、
ゲームに対するモチベーション自体が下がってしまったんですね。

まぁ頂点まで登った訳ですから、そりゃあ後は下がるだけですよ。ええ。

勿論やりたいなーと思うゲームなんかはいろいろあります。
最近だとブリザードの新規IP『オーバーウォッチ』なんかは
β参戦しなかった事を若干悔いてますし(FPSとマルチ対戦嫌いなんでスルーしてました。)、
『ドラクエヒーローズ2』も前作からの進化を触れて感じたいなーと思ったりもしています。

しかし時間もお金も限りがあります。

普段だったらゲームももっとバンバン買っちゃうんですけど、
何せ今月は

・アンチャ4仕様の限定版PS4本体(PS4は2台目)
・GEO限定スチールケース付きアンチャ4ディスク版
・ダウンロード版アンチャ4

とアンチャ4関係だけで6万円程使ってしまったので節制せざるを得ず…うーむ。



因みに発表済みのモノで個人的に特に期待しているのは、

・『HORIZON-ZERO DAWN-』ゲリラゲームズ製作
・『GOD OF WAR新作』SIEサンタモニカスタジオ製作(存在自体は明言済み)
・『人喰い大鷲のトリコ』gen DESIGN/SIEジャパンスタジオ製作
・『Detroit』クアンティックドリーム製作
・『ラチェット&クランク』インソムニアックゲームズ製作(海外発売済み)
・『GRAVITY DAZE 2』SIEジャパンスタジオ製作
・『ペルソナ5』アトラス/ペルソナスタジオ製作
・『絶対絶命都市4』グランゼーラ製作

と言った感じですね。
この辺に関してはまた別の記事で掘り下げるかもしれません。



そしてあと1ヶ月もせずに『E3』が開催されます。
最早日本でもお馴染みになってきたイベントですが、改めて紹介しますと、
E3は"エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ"の略称で、
北米ゲーム市場に向けた世界最大のゲーム見本市です。
昨今では日本向けに同時通訳有りのストリーミング放送なども行われていますが、
あくまで北米向けのイベントなので、発表されるものの多くは洋ゲー、
日本の会社のタイトルも世界展開を念頭に置いた大作に絞って発表されます。

従来のE3はゲーム業界、メーカーやメディア向けにしか会場は開放されていませんでしたが、
今年からは一般ユーザーにも入場が可能になりました。(無料だけどチケットが必要だとか。)

ここ数年でE3やGames Comの他にParis Game Weekといったイベントも増え、
大作発表の場が分散する傾向になってはいますが、やはりE3は世界最大のイベント。
今年も多くの大作が発表されるのは確実と言えるでしょう。

そこでE3でどんな作品が発表されるか、ちょっと予想してみます。
とはいえ今回はSIE関連の作品に絞って予想します。流石に全体で予想は無理。



発表ほぼ確定
・GOD OF WAR新作の映像公開

発表濃厚
・サッカーパンチスタジオの新作発表

可能性有り
・ベンドスタジオ製作のオープンワールドサバイバルアクション
・新たなVR専用タイトル

大穴
・ノーティドッグ新作



まず上から。
『GOWの新作』ですが、これはほぼ確定だと思います。

これは何故かと言いますと、2014年12月に開催された『Playstation Experience』にて、
新作のディレクターを務めるコリー・バーログ氏(GOW2のディレクターを務めた人物)が、

「既にGOWの新作は製作している。早ければ来年(2015年)のE3、
遅くてもその次のE3までに発表されるだろう。」という発言をしているからです。

昨年は発表されるかどうかやきもきさせられましたが、
当初の発言の通り製作が進んでいるのならば今年のE3での発表は確定と言えるでしょう。



そして発表濃厚とした『サッカーパンチスタジオの新作』
このスタジオはPS2時代に「怪盗スライクーパー」
PS3/PS4で「インファマスシリーズ」といった箱庭アクションを製作しており、
今回の新作は噂によるとマーベルコミックの「スパイダーマン」をテーマにしたものとの事。

マーベル関係のゲーム化はアクティビジョンが権利を持っているので、
これが本当であれば、コミックと言うよりはソニーピクチャーズが権利を持つ、
『映画版スパイダーマン』をベースとした作品になるでしょう。
映画も『キャプテンアメリカ:シビルウォー』にも登場したトム・ホランド主演で
新たなスパイダーマンシリーズをスタートさせるとの事なので、
それに合わせた新作という可能性は大いに有り得ます。




今のところE3で発表されるのではないかと言われているのは上記の2本です。

そしてここからが完全な私の予想になりますが、
『ベンドスタジオ製作のオープンワールドサバイバルアクション』
これは昨年から存在が噂になっており、イベントがある度そろそろ…と思っています。

ベンドスタジオは2011年Vitaで発売された『アンチャーテッド』以降沈黙を続けています。

この作品が噂になるまでの期間は約4年。
オープンワールド作品は製作に時間が掛かりますし、
ゲリラゲームズ製作のオープンワールドARPG『HORIZON』もスタジオを2ライン制にし、
『KILLZONE-SHADOW FALL-』の裏で製作をしていたとの事ですから、
そこまでスタジオ規模の大きくないベンドスタジオならこれ一本に集中している、
という事も大いに有り得ます。

また、『アサシンクリード』などでお馴染みのフランスのパブリッシャー
"UBI"に務めるクリエイターの1人がSIEの未発表タイトルを見掛ける機会があり、
それを見てtwitterで「とんでもない物を見た」というつぶやきもしています。

最近のUBIはオープンワールドタイトルをメインに製作していますし、
その繋がりで未発表作品というと本作の事なのではないかと予想します。



さて最後の大穴予想『ノーティドッグ新作発表』

うん、これは無いね。

いやあったら超嬉しいですよ?
私はアンチャファンであり、ラスアスファンであり、ノーティファンですから。
冷め始めたゲーム熱も沸騰レベルで上がりますよ。

でもこれも無いっていう確信が(あくまで自分の中で)あるんですよ。

その確信を語る前に、一応何故大穴として入れているかを説明します。

アンチャ4は元々ラストオブアスの裏で製作されていました。
今は違う様ですが、ノーティはアンチャ2の後スタジオを2つのラインに分けたんですね。
そこでアンチャ3を手掛けるチームとラスアスを手掛けるチームが生まれました。
そしてアンチャ3チームは3をリリースした後、ラスアスチームの裏でアンチャ4を手掛け、
北米でのPS4発売と同時にアンチャ4を発表しました。

その裏でラスアスチームは新作についてのブレインストーミングを行っているんですよ。
ラスアス続編や完全新作などについてです。

これが大穴として入れている理由ですね。

しかし、とある事情でアンチャ4はラスアスチームを率いる
ニール・ドラッグマン氏とブルース・ストレイリー氏が指揮する事になりました。
その段階でラスアスチームはアンチャチームに合流、
ノーティの全スタッフがアンチャ4の製作に関わる事になったのです。
つまり、新作の製作は一時中断されているんですね。

また、アンチャ4本編の開発は終わりましたが、
シリーズ初となる"追加ストーリーDLC"の製作も残っています。
流石に本編程スタッフ数は必要ではないでしょうが、
それでもE3で新作をお披露目出来る程の進捗は見込めないと思います。

以上がノーティの新作が無いとした理由ですね。



さて、とりとめない内容になってしまいましたが、こんな感じで終わりたいと思います。

……あれ?
なんだかんだこれだけ語ってる時点で


ゲーム熱普通に高くない?これ。


広告
×
ディスク二つも買ってDL版を買う意味とは…
61ヶ月前
×
>>1
GEOでは通常の価格に+500円で限定のスチールケースが付属するタイプがあったんですよ。
最初は限定本体を買う予定も無く通常のタイプを予約していたんですけど、
最終作という事で特別なものが欲しいなと奮発してしまいました。
DL版は発売日の0時からどうしても遊びたくて買ってしまいました。
普段はディスク派なんですがやっぱりディスク入れ替えがいらないのは便利ですね。
61ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。