『Playstaion VR』念願の購入成功! 本体&コンテンツ レビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『Playstaion VR』念願の購入成功! 本体&コンテンツ レビュー

2016-10-14 11:47
  • 30
一昨日仕事が終わった時点で隣県まで足を伸ばし徹夜、
念願の「プレイステーションVR」を購入しました。

入手出来るか分からない段階から「サマーレッスン」と「RIGS」を予約していた事と、
PSストアにて無料コンテンツが複数配信されていましたので、
本体の感想及び、それ等を幾つかプレイしてみた感想を書いていこうと思います。

※「衝撃的体験!?プレーステーションVR買ったったから使用した感じを報告するわ」は運営側が独断で改変した記事タイトルです。

本体

・画質及びシネマティックモード
先日購入した4kTVは勿論、それ以前に使っていたフルHDのTVよりも粗い印象。
縦解像度は1080pですが、横解像度が960pを2画面合わせて1920pという形なので、
ネイティブフルHDよりは精細さに欠ける感覚ですね。
その上あれだけ眼球に近い位置に画面があるのでピクセルを感じます。
VRこそ4kパネルが必要かもしれません。(ゲームの内部解像度はともかく)
とはいえ有機ELを使用している事もあって発色は見事です。
通常時は真っ暗な空間で眼前に大画面が広がる形式であり、
まるで映画館にいる様に感じられます。「シネマティックモード」というヤツです。
画面は空間の中央に設置され、首を振れば画面外を観れるので、
映像コンテンツを観ている時は本当に映画を観ている感覚があります。
多少感じるピクセル感に目を瞑れば「自分専用映画館」の夢は叶いますね。
画面サイズは小中大の3種類ありますが、中が無難だと思います。

・設置作業
ケーブル類がやたら多い。
とはいえクイックスタートガイドに従えば簡単に接続出来る上、
ケーブル類も分かり易い様にデザインされているので、予想に反して早く終わります。
ですが、問題はその大量のケーブル類をまとめる作業ですね。
自分の場合PS2(最近引っ張り出した)が置いてあったラックに収めたので大丈夫でしたが、
その辺を考慮せずに買ってくると結構邪魔になると思います。

・装着感
機構がいろいろあるので最初は戸惑いましたが、慣れるとシンプルかつシックリきます。
自分は眼鏡を掛けていますが、パネルの距離を動かせる様になっており問題無し。
頭のサイズに合わせてバンドが伸縮する上、そこから更に絞める機構があるので、
かなりしっかりと固定出来る様になっています。
他社製VRに比べるとPSVRは重量がありますが、バランスが良く疲れにくいです。

・トラッキング
問題有り。
PSVRはMoveと同じく発光部をカメラで認識して向きや位置を処理します。
なので部屋の明かりを点けていると光を拾いにくくなり、頻繁にズレます。
部屋を暗くすれば解決される問題ではありますが、面倒ですね。

ゲーム

・サマーレッスン
ち…近い…!!ひかりちゃんが本当に目の前まで来るので、少し引いて避けてしまいます。
少々変な娘ではありますが可愛く、無防備な行動も取るのでちょっと恥ずかしい。
ゲームは1週間の間家庭教師を受け持ち、ひかりちゃんの成績を上げるというもの。
複数のレッスン内容から1日に1つを選択し、3つの助言の中から最適なものを伝える事で、
ドンドン成績が上がっていくというシステムです。
1週間で培ったレッスン技術は次回プレイ時にも引き継がれるので、
周回を重ねる毎に効率が上がっていき、最終的には1週間で超優秀にする事も可能。
まぁ所謂ループ系の作業ゲーですね。
私はそこまで嫌いではないので問題ないですが、ゲーム性を求める人は厳しいかな、と。
ただ一番の問題は「画質」です。
キャラや部屋のモデルはいいんですが、内部解像度が低過ぎる。
ボヤけまくりです。
ゲーム選択して最初に表示されるひかりちゃんのメインビジュアルは綺麗なのに、
ゲームが始まった瞬間に解像度の低下が目に見えて分かります。
PS4 Pro対応でネイティブ解像度出力に対応してくれるといいんですが。

・ドライブクラブVR(体験版)
「Playstation VR DEMO DISC」というPSストアで配信されてる無料体験版集に収録。
レースとタイムアタックを3種の車と1つのコースで遊べます。
車に乗り込むところから始まるんですが、乗り込んだ瞬間思わず「すげぇ!」と口走りました。
自分が選んだのはフェラーリだったんですが、本当にフェラーリの中にいる感覚でした。
運転中も終始驚いてばかりで、「VRはレースゲームの未来だ」と確信しましたね。
ただ、自分はハンドル型コントローラーを持ってないので違和感が凄い。
画面上ではハンドルを握った手が動いているのに実際はコントローラーをポチポチ。
認識の差異によってなんとも言えない違和感を覚え1プレイで止めました。
多分あのまま続けてたら吐く。
そしてこちらも画質が問題。車やライティングは良いのですが、解像度が低い。
折角車に乗っている感覚が凄くても、遠景が認識しにくいせいで遊びにくいです。
Pro対応による改善を切実に求めます。

・RIGS
ゲリラケンブリッジが手掛ける「本格VRゲーム」の筆頭ですね。
時間の問題でチュートリアルしか遊べていないのですが、こちらも凄い。
ロボットのコックピットに乗っているという感覚が本当に感じられます。
酔い対策にコックピット感を出す為のUIが全体的に表示されているのがまた臨場感UP。
自分はマニュアル操作(視点と右スティックのハイブリッドエイム操作)にしたんですが、
かなり面白い感覚のシューティングだなと思いました。新しいです。
ですがこれも人によっては酔いそうですね。自分はまだその予兆は感じられませんでしたが。
前述した2本に比べるとグラフィックはかなり綺麗です。おそらくネイティブ?

・KITCHEN

死ねる。

実は最初にやったのがKITCHENでした。
これをやった時「えっ、ヤバイ、立体的過ぎる、VRヤバイ」と衝撃的でした。
自分はナイフで○○を○○れるところ以外はそこまで驚かなかったんですが、
数人の知人にやらせたところ、一人は終始ひいひいはあはあ言って滅茶苦茶ビビってました。
Z指定なのでクレカ必須ですが100円ですし、接待向けにはマストだと思います。
VRの為にバイオ7買おうかなーとか思ってましたが、正直これやるとやりたくなくなる。
こちらも画質は粗いですが、デモなので仕方ないですかね。

現段階での総評

パネルの精細さやゲームの内部解像度など、まだまだ改善すべき点はありますが、
ゲームの未来を感じられるデバイスである事は間違いありません。
画質の粗さすら吹き飛ばす程にインパクトは強く、高い没入感を得られます。
内部解像度はPS4 Proで改善出来る可能性が高いので、
PSVRをより楽しみたいのならPS4 Proを購入すべきではないかと思います。
ただコンテンツがまだまだ不足しているので、VRコンテンツをメインに考えるのであれば
まだ少し様子見しても良いでしょう。
VR対応でなくともシネマティックモードにより大画面で遊ぶ感覚を得られるので、
それだけでも買って良いかもしれません。モニタに5万と考えれば悪くないですしね。

という感じでした。

広告
他20件のコメントを表示
×
>>20
自覚あるからこそ反応しちゃうって辛いよね~ 過去のIP使い古してるだけのオワコン企業 過去の栄光の選手をいつまでも使い続けてる今の巨人とまんま同じ 見てて糞つまんねーっすわw
45ヶ月前
×
おうクッソツマンネーゲハのハゲは帰れよ
俺もVRはまだちょっと早いんじゃね?とは思ってるからもうチョイ技術が追い付いてからだな
45ヶ月前
×
うん、冒険してたんじゃないッスかね。3までは。
45ヶ月前
×
ミヤネ屋の司会者が体験プレイしたけど、面白い危ないなwww
45ヶ月前
×
>>25
ミヤネ屋の椅子はまた近未来的な背もたれが皆無の椅子だったからなあ
背もたれがあって、キャスター式じゃない椅子とかソファーならそこまで危なくないと思う
45ヶ月前
×
PSはむしろ安牌っしょ
他は奇をてらい過ぎて一発当てるか滑っただけ
何にも分かってない
45ヶ月前
×
プレーステーション? パチモンかな?
45ヶ月前
×
アイトレックと同じ末路を辿りそうで草
45ヶ月前
×
どうなるかはわからんけど進歩してほしい分野。
お布施がてら買おうかな
45ヶ月前
×
目が疲れそうなのが唯一の懸念材料かな
45ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。