【ラストクロニクル】2017ツアー北海道【大会レポ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ラストクロニクル】2017ツアー北海道【大会レポ】

2017-12-25 18:00

    ミラクルガバニキこと、麦千代子です。
    北海道行ってきました
    結果としては優勝!交通費も海の幸も激ウマで最高でした!

    〇環境予想
    横浜で陽光ゴズが大敗、その影響を受け陽光ゴズが減少し、天空青系、天空紫系のマッチが多くなると予想
    何故か陽光黒単の人気が高いままなのがなんともよくわからない感じ
    確かに強いんだけど、天空青、紫どっちにも不利背負ってると思うんだけどなぁ
    橙単を持ってこられないかビクビクしながら紫単を持ち込むことを決意
    ただ、ミラーが増えるのと青が増えるので、白の土地が必要、陽炎の精が御役御免ということで、デッキをいじることに。

    〇デッキレシピ
    ◆ユニット:44
    1 《聖史の逆理者 ロギナス》(15-009)
    1 《紫炎帝 リクゴウ》(10-049)
    3 《曹操》(10-052)
    3 《風雷の双精》(10-057)
    3 《天駆ける神竜妃 テア》(15-043)
    3 《いたずらな雷精姫》(15-044)
    3 《武田信玄》(15-050)
    2 《知恵運ぶ龍操魔術師》(15-051)
    3 《火華の紅忍軍》(15-053)
    3 《嵐王邪龍 ヴェルヌ・カムダ》(15-059)
    3 《服部半蔵》(7-075)
    2 《竜風拳 シオン》(7-080)
    3 《神炎宰相 ユウファ》(8-061)
    3 《聖炎山の守護龍 ヴァナ・ズー》(9-057)
    3 《忍び弓の達人 ハヤセ》(PR-069)
    3 《インドラ》(PR-089)
    2 《白竜の女将》(10-116)
    ◆スペル:6
    3 《白輝昇天の奇跡》(15-019)
    3 《雷帝翔吼破》(15-061)

    変更点は1枚15弾の白ロギナスが入っていること、雷帝翔吼破と知恵運ぶ龍操魔術師を採用したことです。

    ☆雷帝翔吼破、龍操魔術師
    天空青単はノザスラや、ガスタルフ、フィニーのようにシステムクリーチャーを多く採用しています。
    こちらから脅威になる部分、相手がプラン取りに使ってきてそうなポイントを落として攻めないといけないので、除去を増やしました。
    また、後半不要牌を除去と交換できるようにすることで対応力を上げてあります。

    ☆白ロギナス
    白い武将なので、ミラーの際にサーチして埋めることで、昇天の無駄埋めを防ぎます。
    その分女将を1枚減らしてあります。
    ドラゴンはヴァナズー、カムダ、女将の合計8枚あれば十分と判断しました。

    〇対戦記録
     1回戦:〇天空橙白
     予想外のマッチ
     アタック時にSSと手札を交換する犬とロノガダーのコンボを決められむちゃくちゃ焦る
     雷帝翔吼破で犬を落とし、なんとか止めるが、被害は結構甚大。
     ライフは十分押し込んでいるが、盤面を取り返されそうになってしまう。
     相手が時代Ⅲ発展時に昇天、ヤマトタケル、エイジャからエイジャを回収する。
     昇天を取らなかったので温存していたテアを走らせると
     相手が処理札がなく、ヴィルフレイマをキャスト
     返しにシオンの駆け込み乗車が決まり、勝ち

     2回戦:〇陽光黒単
     横浜で十分やったマッチング、相手を押し込んでブロッカー足りない状態に持ち込み勝ち
     このマッチングはユウファと半蔵が輝くなあ

     3回戦:〇天空紫t青
     いばらニキ
     練習もお互いやってたので、デッキ内容がもろばれのマッチング
     ダイスで勝ったので後手を選択
     紫ミラーは後手なんだ
     
     3ターンほど立ってから一言言われる
     「なんで先手でプレイしてんの?????」
     全く気づいてなくて超焦る
     即ジャッジ呼んだが、気をつけてくださいの一言で終わってしまった。
     そのままプレイを続けたが、いやこれは再試合が妥当だろうと思い、相手プレイヤーに進言
     ただ、相手ももうプレイがかなり進んでいる状態でそれはできないだろうということに。
     もやもやしたままプレイを続行するが、どう考えてもこっちの回りが強すぎて絶対負けない状態になる。
     その際のコンバット時にこのまま勝ってもよいものかすごく悩んだが、相手が投了を宣言。
     大変申し訳ありませんでした。
     
     練習のときに必ずダイス勝ったほうが先手で練習してて、しばらくずっとそれだったので、習慣が付いてしまっていたのだと思います。
     今後気をつけます。

     4回戦:〇青t紫音楽家
     後手
     相手が青⇒紫⇒紫と埋めてきて、魔笛⇒アイネ⇒信玄とプレイ
     この時点でマナの置き方がおかしい
     おそらく紫がダブ付いているか、置けないマルチが手札に貯まっていると判断
     
     こちらはテア⇒信玄から女将サーチ、既に曹操を持っていたので
     動きはすごくいい流れだったが、3ターン目にプレイできるユニットの組み合わせがどうにも弱い
     相手のマナの埋め方からして相手の手札が弱いので、プラン取りはアイネにかかっていると予想
     発展時に昇天を回収し、コンバットで2体殴る
     魔笛起動なしだったの、メイン2で雷帝翔吼破と昇天をアイネと信玄に打ち込む

     返しのターン、マルチのスノーウィが2体配置、予想は当たっていた。
     その後、マウントをとった状態で攻め続けるが、相手がガスタルフを回収して焦る
     7マナになったら負ける
     ただ、そこから相手のコンバットミスで音楽家が盤面から消え、こちらの攻撃を止められなくなり、勝利

     5回戦:陽光黒単
     このマッチ多くない?????
     先手もらってさくっと展開
     いつも通りの流れでつめていく
     最後はこちらのインドラと曹操の絡みで相手がブロックミスして勝ち

     全勝優勝!!!やったぜ!!!



     その後プレーオフは僕が権利もちだったため、3卓発生
     陽光黒単〇 vs天空青t紫
     陽光黒単ゴズvs天空紫t青〇
     陽光黒単〇 vs天空青単
     
     今回は黒単が多く抜けました。
     なんか上位に黒単多いね。
     ノスフィザが同時に2卓で決まってて本当に面白かった。

    〇感想
    正直順当に勝ったかといわれると怪しい部分が多く、色々と皆に助けられて優勝できました
    ファイナルまでに他のツアーで精進したいと思います。


    〇晩御飯
    1回戦目〇二色ビートt白
    札幌駅の近く、うに専門店のむらかみで食べた、うにいくら丼とホッキ貝のバター焼き
    お値段は両方とも結構張るが、両方ともマジでうまい
    最高やで





    2回戦目:〇牡蠣アグロ
    オイスターバーで食事
    牡蠣アグロを決める
    マジでうまい

    何故か置いてあったスーファミで白熱
    ゲストさんがストⅡやたらうまいことが判明
    さすがに画面端でちゃんとガイルの前入れ中Kで詰められるとしんどい
    つーかガイルのJ大Kあんなに判定でかかったっけ?????
    お陰で妥協対空ができなくて負け
    わいはスパ4からのプレイヤーだから昇龍が十時キーじゃだせんのや

    3回戦目:◎海鮮部族ビート
    開陽亭というお店で食事
    全てがうまい

    毛蟹の刺身
    あんまりかにをお刺身で食べることないので、嬉しかった
    ただ、食べ応えでいったら他のかにのほうがいいかも
    味は文句なしにうまい!



    お刺身は甘さがやばさ極まってた



    キンキの寄せ鍋t牡蠣白子ホタテ貝柱
    もーキンキやばい、うますぎる
    もうね、むしゃぶりついてましたね
    今回はこれが一番のお気に入りかな



    後は、生ラムの蒸し焼きがうますぎてほんと写真とるの忘れてがっついてました
    他にもかに味噌を日本酒で頂いておいしくておいしくておいしくてもう満足昇天してた
    もうね、みんな注文暴れ散らかしててやばかったね
    わいは交通費もらったせいでたかられておこです

    北海道は毎日ご飯おいしくて最高でした!
    またいきたいなー

    なお、ご飯のお値段は結構限界突破してるケースが多かったです
    まあ、おいしいから仕方ないね
    次は金沢ですかね?
    そいじゃまたね。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。