ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • GTAオンライン 悩ましいマッスルカー(画像なし)

    2021-06-17 14:28
    ブロマガが終わるらしい。一応10月まで続くみたいなので、それまでは気が向いたらなんかたれ流そうかなと思っている。

    さて、今回はGTAオンラインにおけるマッスルカーの話です。

    (こっから下は全部、個人的な意見です)
    ――――――――――――――――――――――――――――――

    今まで普段乗りといえば、ハンドリングが良く各ミッションで仲間を乗せられる4ドアセダンが良いとの考え方だった。
    しかし、最近はまともにミッションをこなせない連中(扱いきれないスーパーカーで吹っ飛んで自爆したり、スタート地点から一向に動かず周辺のNPCに無駄な攻撃をしたり)が多すぎる上に、なぜか味方の妨害までしてくる謎民度なので、別に2ドアでもいいかなとなりつつある。

    そもそもミッションに自分の車を用意しない奴、たとえ用意し忘れたとしても静かに仲間に乗せてもらうか、その辺の野良車を奪う程度の事もできない奴らに情けをかける必要はないのだ(個人の意見です)。

    というわけで好きなのに乗ろう。
    GTA5の舞台、サンアンドレアス州はアメリカ西海岸。ともなればやはり映える車といえばバリッバリのアメリカンな存在、マッスルカーじゃないだろうか。
    ベスプッチのビーチ、サンディショアーズ、パレトのド田舎などマッスルカーに似合いそうなロケーションが多くてテンションあがるぜ。

    だが、本作品のマッスルカーは性能面で癖の強い連中が非常に多い。真っ直ぐ発進することすら満足にできない残念な車もあるので、その中からマシな奴らを独自の基準でピックアップしていこう。

    基準は大まかに

    ・ベニーズのローライダーではない(全体的に遅い上に、ハイドロのせいでXキーでかがめない)

    ・外見を変えるカスタム項目がある

    ・かっこいいやつ(重要)

    ・トラクション性能が低すぎない

    ・一般的にマッスルカーとは呼ばないが、ゲームの都合でマッスルカーカテゴリに突っ込まれてるホットロッド系やクラシックカーを除く

    こんな所だろうか。では以下に候補をあげていく。


    有力候補共(大体いいな~と思った順)

    ・ガントレットレトロ
    トラクション性能が高く、加速性能も申し分ない。ダッジチャレンジャーがモデルということもありバチグソにイカす。カスタム項目も多岐にわたる。発進時に少々もたつくくらいで、他に欠点の見当たらないすごいヤツ。しいて言うならカスタム項目が多すぎて理想の形を探るの
    に数時間はかかる。


    ・エリー
    トラクション性能はガントレットレトロにはやや劣るが、発進時のもたつきが少ない点で勝る。急ハンドルではさすがに滑るが、気を付ければスムーズに運転できる。加速性能もよさげ。
    フォルムは初代マスタングということで雰囲気バッチリ。個人的にサイズ感がとても好き。カスタム項目は思ったより少ないが、元がかっこいいので不満が出るほどではない。


    ・ビーター・デュークス
    デュークスの上位互換。カスタム項目は豊富だし、モデルはダッジチャージャーということでバリバリのアメ車感が漂う。車体が大きいせいですり抜けなど細やかな運転は苦手。
    トランクション性能は低くはないが、ガントレット・エリーほどはないので注意して運転する必要があり、普段乗りとしてはやや不向きかも。まぁかっこいいけど。


    ・ヴィゲーロ
    安いマッスルカーだが、モデルがシボレーカマロなので雰囲気はバッチリである。初期の車両なのでカスタム項目は並。マイルドな操縦感で、走っててストレスにならない。
    欠点はその辺をたまに走ってるので特別感が薄いのと、トランクの開閉にバグがある点。


    ・ガントレットレトロ・カスタム
    ガントレットレトロのベニーズ仕様。モデルはあの伝説のマッスルカー・チャージャーデイトナ。かっこよさで言ったらGTA5中最高峰と言っても過言ではない。
    カスタム項目はベース車両以上。加速性能は高いが、その分元よりトラクション性能が下がっているせいでやや乗りづらく感じるのが欠点。


    ・ドミネーターGTX
    モダンマッスルカーなので、フォルムはほぼスポーツカーといってよい。レトロ的なかっこよさは皆無だが、単純に車としてかっこいい。性能はトラクションが非常に高く普段乗りしても全くストレスがない。加速性能は実はそんなに高くない。カスタム項目もそれなりにある。


    ・フェニックス
    非売品なのでその辺のをパクるしかない車。カッコよさでは高級車にも引けを取らない。性能はひどいわけではないが、さすがに初期の車なので低め。カスタム項目はそれなり。かっこよさに対してコスパが高いのが売りだろうか。


    ・コケット ブラックフィン
    初代コルベットモチーフとのことで、正直個人的にはマッスルカーか怪しいラインではあるがとても乗りやすい。こいつでブレイン群の砂漠を横断するルート68なんかでキメたら最高である。
    カスタム項目はないわけではないが、ほぼ弄れないと思ってよい。初期の車だししゃーない。


    ・チューリップ
    マッスルカーでは珍しい4ドア車。フォルム自体はバッチリマッスルマッスルしているので、良しとする。モチーフはシボレーマリブ(シェベル)だそうな。カスタム項目も多く弄りがいがあるが少々滑りやすいか?
    トラクション性能はそこまででもないが、加速性能はいい方だと思う。知らんけど。


    ・ブレイド
    乗りやすい。ハンドルはやや硬いが車体が小さいのですり抜けは得意。ギャッサースタイルなのが少し気になる。初期の車の宿命としてカスタム項目は少な目。



    こんなもんだろうか。総合的に考えるとガントレットレトロが一番いい気がするので、しばらくはこいつを中心に乗り回すとしよう。


    以上です。(この記事いる?)


  • 広告
  • グランド・セフト・オート オンライン 愛車の話~普段乗りガレージ編~

    2021-03-21 22:22
    ども、無人です。今回もGTA関連の記事です。

    GTA5が発売されてからそろそろ8年が経とうとしている現在、止むことのないオンラインアップデートもあり、ゲーム内ではいまだに多くのプレイヤーの方々を目にします。
    どうやらGTA5自体が世界で2番目に売れたゲームらしいので、プレイヤー人口が減らないのにも納得が行きますね。ちなみに一番はマイクラだそうです)

    販売開始からの時間経過を考えれば、筆者がハマるのはだいぶ遅かったと言えますが、むしろ数多のアップデートを経たことで、発売当初よりできることはかなり増えています。つまり始めるのは今からでも遅くないということ。

    できることが増えるということは、当然それに伴い車両の総数も増えていきます。

    …はい!というわけで今回も車の話です!

    まぁタイトルにも書いてある通り、今回もただ自分の好きな車を写真と共に垂れ流すだけの記事ですね。だって車集め楽しいんだもんこのゲーム。
    筆者は他の方がどんな車が好きで、どんなガレージを構築しているのかも非常に興味があり、ネットで検索をかけては他人のガレージ紹介を見て参考にしたり、ニヤニヤしています。なんだこいつ

    また、実際のゲームプレイ中のフリーセッションや、野良ミッションで珍しい車を愛車にしている人を見るとなんだか嬉しくもなりますね。「ああ、この人はこの車を好きで乗り回しているんだなぁ」と勝手に思っております。この前もカスタムされたウォーレナーとかフェニックスを乗り回してる人が居て、車好きなのが伝わってきましたね。

    前置きが長くなりました。というわけで、じゃあアンタは普段どんなの乗ってるのよ?という疑問にお答えして誰の?ガレージ紹介と参りましょう。



    場所はデル・ペロの高級マンションガレージですね。海に近いので、クルーザーに行ったりコサトカ潜水艦を呼ぶ際にも便利な立地です。
    そして、入っている車種をご覧いただければ分かると思いますが、普段乗りガレージの車両は全て「ベネファクター(メルセデス・ベンツがモチーフ)」というゲーム内自動車メーカー製に統一しています。
    別に筆者は特別ベンツが好きというわけではないのですが、ゲーム内で乗りやすくてかっこいい車を集めてたらベネファクター製ばっかりになったので、どうせならと統一しました。

    紹介順はだいたいよく乗る順です。



    まず1台目。前回の4ドア車の記事でも紹介したシャフターです。エアロを装備して少しスポーティな印象を持たせました。
    こいつは何度か街で拾っては売ってを繰り返し、写真のものは正規購入した3代目になります。
    とても乗りやすく、そこそこ速く、鋭い顔つきと少々威圧感のある佇まい。かっこいい…。
    もう今後手放すことはないと思います。惜しむらくは内装が手抜きなことくらい。それでも個人的には100点をあげたい車ですね。バリエーションのV12やLWBも所有していますが、普段乗りにはベーシックなこっち派です。装甲モデルや武装リムジンは普段乗りの概念からかけ離れた存在なので論外



    2台目。オープンカーのスラーノです。このガレージでは一番長い付き合いの車で、個人的には特別な1台。
    まだカヨ・ペリコ強盗を始める前から所有していて、不安定な稼ぎの中から頑張ってお金を貯めて買いました。
    流麗なボディと少し優しい顔つき。カブリオレを開ければ海岸にだって行けちゃいます。追手なんて出し抜いて東へ走ろう



    そして特別な車の証、「PRICHANナンバー」の持ち主でもあります。
    このゲームは、(現実の)スマホの連動アプリでナンバーの文字を変えることができるので、それを使いました。ただ、筆者はなぜか現在バグでナンバーを変更できなくなってしまっており、ある意味オリジナルナンバー持ちの車両は貴重になってしまっているのです。はよ直して…
    なお「PRICHAN」が何なのかは各自調べてください(すっとぼけ)



    3台目。シュラーゲンGT
    こいつは130万ドルくらいのまぁまぁな高級車です。スタイル的にはスラーノの後継車種と言っていいんじゃないでしょうか。
    乗り心地は安定感があって、速い割には操作しやすいと思います。あくまで個人的にですが。
    気分的に高い車を乗り回したい時によく乗ります。カジノの駐車場に止めて周囲のNPCの高級車と並べて「良い車乗ってるみたいだけど、俺のはシュラーゲンだぜ?」とか勝手に妄想しています。キモイ



    サクサク行きましょう。4台目はスターリングGTです。おそらくこのガレージで最も旧式の車だと思われます。
    元々はクラシックカーガレージに居たのですが、ベネファクター車を集める際にこっちに引っ越ししてもらいました。
    旧車とは思えぬ走行性能が売りですね。乗ってて楽しいです。



    5台目。SUVセラーノです。スラーノと名前がややこしや。
    これは街で拾いました。SUVにしてはカスタムパーツがそこそこ多く、まさに「普段乗り」という概念に合致した1台だと思いますね。ちょっとイキった若者っぽくも感じる。
    筆者はそもそもSUVというジャンル自体あんまり好みじゃないのですが、その中でもこいつは特別です。



    ようやく折り返しの6台目はシュワルツァー。先述のシャフターの2ドア版ですね。
    走りは全く別物なのでシャフターとは完全に別人と捉えています。
    ずるずるケツが滑るのでドリフトの練習にも使えます。走り屋を気取りたい時に乗る車です。
    こいつで峠を攻めるぜ!なおガードレールとキス



    だんだん書くことが減っていく7台目。旧車セダンのグレンデールです。
    シャフターの先祖とも言えるでしょうか。性能は少々旧車らしい部分もありますが、乗りにくいほどではないです。ローライダー版やらアリーナ版やらカスタムが豊富にありますが、あえて筆者はノーマルのままで乗ってます。



    8台目はオフロードっぽい見た目なのに、カテゴリはスポーツカーなストレイターです。
    ワゴンのような、SUVのような外見ですが、走りはスポーツカーそのもの。しかもグリップ力が凄まじく、筆者がGTA内で乗ったどの車よりも滑らないです。とにかく安定して走れるのが、この車最大の特徴にして魅力ですね。こいつの前ではオンロードもオフロードも関係なしです。4ドアなので人員輸送力も高め。乗りやすさという視点で見たら頂点目指せますよ、こいつは。(個人の感想です)





    ついに9台目。SUVのダブスタを6輪化した大型オフロード車のダブスタ6×6です。
    なんか元ネタはかなり高級車らしいですね。
    本来オフロード車なんですが、筆者はあえてハイエンドホイールを履かせて街乗り仕様にしました。走破性も高く人員輸送力も高めなので、ミッションでも使えそうです(まだ使ってない)。
    個人的な使用用途はシュラーゲンに似てますね、金持ちロールプレイ用でしょうか。



    最後の10台目はベネファクターが誇るハイパーカー、クリーガー
    お値段280万ドル越えのアホみたいに高い高級車であります。
    普段乗りガレージをベネファクターガレージにすると決めた際に、やっぱ居ないと締まらないだろうとかなり無理をして購入しました。ただ、その性能は無理してよかったどころか大幅なおつりが来るレベル。
    超速い超曲がる超止まる。すごいっす、こいつ。スーパーカーレース最強と言われるだけはあるなと思いました。とっても気に入ったので手放すことはないと思います。
    見た目もクールだね!




    でもやっぱり普段乗りにはセダンだなぁ~


    以上になります。またな!

  • 【初心者に勝手におすすめ】グランド・セフト・オート オンライン 4ドア車に乗ろう編

    2021-03-12 15:09
    どうも無人在来線爆弾です。今回もGTA関連の記事になります。

    え~筆者は昨年から本格的にオンラインをスタートし、現在ランク173。もはやどっぷり浸かって抜け出せません。
    基本的にソロプレイなので、稼ぎの筆頭はコサトカ潜水艦から行えるカヨ・ペリコ強盗になりがちなのですが、偵察と調達がめんどくさいこともあり昔ながらのコンタクトミッションも好きでよくプレイします。銃撃、車泥棒、物品の配達などGTAの基本とも言える内容がてんこ盛りで楽しい。

    そんなコンタクトミッションですが、現在でもランク10以下の「恐らく」初心者と思われる方々もまだまだ目にします。(「恐らく」なのは、ベテランプレイヤーのサブキャラあるいはサブアカウントの可能性があるためです。もしくはグリッチ等の制裁でステータスをリセットされた哀れな違反者か)

    多くの自動車や二輪車が登場する本ゲームですから、初心者の方でも好きな車に乗るのが一番ですし、筆者も基本的に好きな車に乗ってミッションをプレイしています。
    ただ、ミッション内容によっては長距離を移動させられたり、すばやく現場から離脱する必要がある場合もあります。そんなとき咄嗟に仲間を乗せられないと少々不便なのです。

    そこで!本題みんな4ドア車に乗ろう!

    というのもですね、筆者が乗せてもらう立場になった時に他の方のスーパーカーの座席が足りなくて置き去りにされた事が何度かあったんですね。まぁすぐ個人車両を呼べばなんとでもなるんですが、なんかさみしいじゃん?なお銃撃戦の真っただ中の場合は死

    そう、やっぱり複数人で遊ぶミッションですからたくさん乗れた方が良い!
    でもどれ乗ればいいの?じゃあ筆者がおすすめの車を紹介するよ、今回はそういう記事です。


    おすすめ車・スポーツカー編


    カリン「サルタン」(販売価格:12,000ドル)

    まぁ息の長いゲームですから、この手の記事はネットに溢れていてどこでも紹介されている車両ですね。
    街中でゲットすることができ、4ドアで4人乗り。加速性能も良くカスタム次第では画像のような走り屋仕様にもできます。本当に素晴らしい車です。



    ローライダーの記事で触れたべニーズカスタムにも対応しており、値は張りますが本格的なレース仕様にすることも可能(ただし座席は減る)。ただ唯一と言っていい欠点がブレーキ性能が低いこと。スピードが出る分、止まるのにも時間がかかるので常にブレーキを意識して走った方がいいかもしれません。

    スポーツカーで4ドア車はそもそも数が少なく、野良で拾えるのはこのサルタンとバリバリのアメ車・バッファローくらいのものです。バッファローも良い車なのですが、そちらは上位互換で街中には居ない「バッファローS」が存在するので、デザインが気に入ればそちらを購入してもいいかもしれません。あと「クルマ」については後述。

    ・セダン編


    ベネファクター「シャフター」(販売価格:65,000ドル)
    こいつも街で拾えます。セダンカテゴリに属する車両は総じてハンドリングが良く、初心者でも安心して乗れる車が多いです。速度もスポーツカーには及ばないもののストレスになるほど遅い車は少ないですし、おすすめ。このシャフターはセダンの中でも特に速い方だと思います。



    カスタムパーツも存在し、エアロやスカートで武装することもできます。
    特にスポイラーを追加できるのは、トラクション性能向上の効果があるので決して外面だけのカスタムではありません。
    シャフターにはいくつかバリエーションモデルが存在し、そちらは10万ドル以上と序盤にはきつい出費になるので、のちのち気に入れば購入してもいいかも。



    カリン「イントルーダー」(販売価格:16,000ドル)
    サルタンと同じ日本車メーカー「カリン」製のセダンです。雰囲気はもろに日本車ですね。新宿とかに居そう。カスタム次第では速度もなかなか出るので、こういう日本のセダンが好きな方におすすめですね。こいつも街中でゲット可能です。



    シャフターほどではないですが、カスタムもそれなりにでき、族車というかちょっと怖い人が乗ってそうな雰囲気にすることもできます。そういうロールプレイが好きな人にも向いてる車だと思います。スポイラー項目もあるのでトラクション向上可能。



    シュヴァル「フュージティブ」(販売価格:24,000ドル)
    スポーティーな外観が特徴的なセダン。街中ゲットも可。
    エンジンをカスタムするとそれなりに速くなり、ハンドリングも良好なので万人向けの車両と言えるでしょう。迫力のあるオーバーフェンダーがかっこいいです。



    個人的にすごく好きな外観なのですが、残念ながら外装カスタムパーツは無し。スポイラーもつけられません。ありのままの姿で勝負しましょう。
    自分では感じたことはないのですが、調べたらどうもボディ剛性が低いみたいなので、愛車にする場合、アーマー強化はしておいた方がいいかもしれません。当たらなければどうということはない。



    オベイ「テイルゲイター」(販売価格:55,000ドル)
    オフラインのストーリーにて主人公・マイケルが愛車にしている車両ですね。
    一応、街中で拾える車なのですが、その捕獲方法が若干シビア。ゴルフ場の駐車場に低確率で出現するらしく、どうしてもタダでゲットしたい場合は出るまで粘る必要がありますね。
    筆者はめんどくさくて買いました。



    この車はさすが主人公の愛車。かなり豊富なカスタム項目を持っています。当然スポイラーもあり、落ち着いた大人のセダンからストリートレースに出場するような走り屋仕様まで様々な演出が可能です。性能も安定しており、速力も十分。ミッションでも問題なく活用できるでしょう。

    ・クーペ編


    オセロット「ジャッカル」(販売価格:60,000ドル)
    スタイリッシュな風貌の4ドアクーペです。街中でも見かけますし、拾うこともできます。
    クーペカテゴリということもあって加速性能はスポーツカーに迫るものがあり、素早く目的地にたどり着きたい場合にも活躍するでしょう。



    カスタム項目はあまりないですが、スポイラーなどわずかに外観を変更できるのでスポーツ仕様にしてもかっこいいと思います。個人的にお気に入りの1台です。




    ランパダーティ「フェロン」(販売価格:90,000ドル)
    こちらも街で拾える割には性能が良く、高級感のある佇まいのクーペです。
    ちなみに「フェロン」には4ドアハードトップのこちらと2ドアオープンカーの「フェロンGT」が居ます。双方に大きな性能差は無いみたいですが、今回は4ドア車の紹介なのでこちらを優先させて頂きます。野良車としては売却額が高めなので、売ったことはあるけど所有したことはないという方も多いのではないでしょうか。



    この車両はなんといっても性能が高めです。エンジンカスタムを施せばスポーツカー顔負けの加速性能を見せてくれます。カスタム内容は前述のジャッカルと似通っており、スポイラーを追加できるほか、わずかながら外装も変えられます。



    ウーバーマフト「オラクル」(販売価格:80,000ドル)
    どう見てもセダンですが、クーペだそうです。街中でゲットできます。
    中身はちゃんとクーペカテゴリ車で、それらしい走行性能を発揮してくれます。結構速い。
    オフラインでは、FIB捜査官のデイブ・ノートンが愛車としていましたが覚えている人はどのくらい居るのか。



    残念ながら外装カスタムはほとんどできません。なぜか申し訳程度にマフラーがいじれるくらい。ただ高級感のあるセダンの風貌をしているので、スーツなんか着こんでこれを愛車にすると、デキるビジネスマン的な遊び方ができるかも。
    まぁそれ以上に性能の良い車なので、これでコンタクトミッションに挑んでも問題なく遂行できるでしょう。
    一応、グレード違い?で顔の違う「オラクルXS」も存在しており、どちらも性能は同じくらいなので好きな方を選びましょう。


    ・おまけ

    さて。これで今回、筆者のおすすめする4ドア車は以上なのですが「ミッションで活用する」という前提で話す上で、どうしても触れる必要のある車が存在します。


    ※画像はロックスター・ソーシャルクラブより
    カリン「クルマ(装甲版)」(販売価格:698,250ドル)
    はい。身も蓋もないことを言いますが、ぶっちゃけコンタクトミッションで使用する車は全部これ1台で十分です。まぁみんな知ってるよね。
    元々は「クルマ」というややこしい名前の車が存在し、これはそれに装甲を追加したバージョンで、搭乗者への銃撃をほぼすべてシャットアウトするというとんでもない防御性能を有します。
    確かに便利だし、特にジェロの「最後の誘い」やシミオンの「回収稼業」シリーズのミッションは激しい銃撃に晒されるものもあり、運営的にも「もはや当車両の所有を前提としている」ような難易度のミッションも存在します。

    ただ筆者が個人的に思うに、こいつちょっと便利すぎるんですよね。
    常にこいつに乗って攻撃ガン無視で敵の懐にドーン!で、車の中から射撃、ごり押しで全滅させてクリア!みたいな流れが簡単にできてしまうのは、効率面を考えたら効果的ですが、単純にゲームとしてあまり面白くないんじゃないでしょうか。
    特に初心者の方は銃撃戦の基本である「カバーして身を守りつつ、よく狙って撃つ」という工程をすっ飛ばしてクリアできるので、基礎が育たない要因にもなりえるんじゃないかと。

    もちろん筆者も所有してますし、極端に激しい銃撃戦になるミッションの場合は頼る時もまぁまぁあります。ほかの人が乗ってくれれば仲間も守れるしね。
    買うか買わないかだと、絶対買うべき1台です。その後の活用も視野に入れて。
    値段が値段なので序盤に購入するのはかなり厳しいものがありますが、プレミアムエディションを購入済みであれば、オンラインのスターターパックに100万ドルが付属しているので、そこから捻出しても損はしないでしょう。
    ただ、ある程度ランクが上がったらこいつばっかりに頼るのは卒業した方がいいかもしれません。あくまで個人の感想ですが。

    あと画像を用意し忘れたのですが、普通の「クルマ」もサルタンに似た性能と〇ンサーエヴォリューションXそっくりのフェイスが素敵な車両なので、たまには素の彼も思い出してあげてください。

    そんなこんなで以上!勝手におすすめ・4ドア車編でした~。