気になる「だんぼっち」に吸音材を貼ってレビューしてみた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

気になる「だんぼっち」に吸音材を貼ってレビューしてみた

2014-02-23 23:50
  • 25
どうも皆さんこんにちは、だにのぶと申します。
およそ一ヶ月前に、気になる「だんぼっち」を購入レビューしてみたを投稿したものです。


前回の記事でもお話ししていました吸音材が届きましたのでこちらでレビューさせて頂きます!!

簡単にあらすじ

前回の記事は
-------------------------------------------
・だんぼっちの概要
・だんぼっちの体感的な大きさ
防音性、反響音はどれほどか
・組み立て、折りたたみは簡単
・だんぼっちのコストパフォーマンスはどれほどか
・まとめ

-------------------------------------------
といったものでした。
前回の記事が気になる方は「気になるだんぼっちを購入レビューしてみた」をご覧いただければと思います。

さて、今回は第二弾ということになります。
第二弾は主に
-------------------------------
吸音材の効果
・現在のだんぼっち環境
・まとめ
-----------------------------------

この3点をお伝えします。
前回に比べ項目自体は少ないです。前回で大体言い尽くしましたので笑


それでは本題に参りましょう。

1.吸音材の効果は
注文しておよそ一ヶ月、サウンドハウスさんから吸音材が届きました。
購入したのはSONEX ( ソネックス ) / UNX3 BROWN



インターネットの先人様から「吸音材は良いものを買わないと意味がない」
という教えによりこちらを購入する決意に至りました。
値段はおよそ3万円........サンマンエン.....

実物は、めちゃくちゃデカかったです。


これが、なんと6枚!!今回だんぼっちに使用した数は3枚ですのでちょうど半分残ってしまいました。なんという計画性のなさ....
吸音材を購入される方はこちらを参考にされればと思います。

専用の接着剤もあるということですが、この春に僕自身引っ越すことを考えたら
両面テープの方が解体時に捗ると思ったので両面テープ&押しピン(通常より針が長いもの)で貼り付けました。
参考にさせて頂いた記事はこちら

これをこうやって、


こう。


すみません作業に集中しすぎて途中過程の画像をほぼ撮り忘れました。
天井部はもちろん、ドア部にもしっかり貼り付けております。

さて、気になる反響音ですが
まっっったくなくなりました。
これはまさに録音ブース。反響音は一切気にならなくなりました!

さらに、防音性も格段にアップ!
正直こちらの方がすごくてびっくりしました。
どれくらいの効果があったのか、前回のものと比較してみましょう。



まず普通に目覚まし時計(”ジリリリリリ!!”と鳴る一般的なもの)を鳴らしてみた場合

88db....つまりパチンコ店内と同じ音の大きさということです。

これを吸音材無しのだんぼっち内で鳴らし、1m離れた場所で測定してみた結果

普通の会話~掃除機の音程度にまで下がりました。
これだけでも十分にすごい。

そして吸音材を貼り付けただんぼっち内で鳴らして見た結果(計測場所は同じです)

・・・・まじか!!!!!??

これはあくまで僕の体感ですが、
パチンコ店内→掃除機(弱)→テレビ(やや弱)くらいになりました。

歌はどうでしょうか。こちらも前回との比較となります。

僕がだんぼっち外で歌った場合

歌ったのはONE OK ROCKの「Wherever you are」。
少し大きめな声で歌いました。

そして先程同様吸音材が無いだんぼっち内で歌ってみた結果

検証時はカメラタイマーを使用して撮影しています。
およそ普通のテレビ音量くらいだと思います

そして吸音材だんぼっち内で歌った場合

・・・吸音材貼るだけでここまで変わるのか。
ちなみにこの時は前回と比べ普通にのびのびと歌ってしまいました。
遠慮することなく歌ってこの数値。買って良かった吸音材。

だんぼっち単体ではどうしても「このくらいで大丈夫かな?」とボーダーラインを引いて歌っていたんですがそのラインが相当上がったように感じます。
これは個人差、曲ごとのテンポ差等があるので一概には言えませんが、カラオケと同じような発声をしてもあまり問題はないのではないかと思います。

また最初は吸音材独特の匂いが気になっていたんですが、使用して3日ほどで完全に気にならなくなりました。
そして狭さなのですが、だんぼっちはもとから狭いのでこちらも特に気にはなりませんでした。

価格は3万円、最低でも2万4000円からなのでちょっと手が出しにくいと思います。
しかし同士が2人いるのならば、半分ずつ分け合うことで1万5000円でこれが可能です。
検討の価値は大いにアリだと僕は思います。

2.現在のだんぼっち環境
前回の記事をご覧になって頂いたようで、いくつか僕のツイッターで質問を頂きました。
その中でも7割を超えていた質問がこちら
だんぼっち環境の詳細が知りたい!!
ということでだんぼっち環境を作るにあたって僕が購入したものを紹介します。

まず椅子はこちら

なかなかに座りやすいです!普通のOAチェアと比べ背中とお尻のカバー範囲が広いです。
近くのホームセンターで椅子を座り続けた結果こちらを購入しました。

次にライトはこちら


これは本当に買って良かったです。これ1つで十分なくらい明るいです。
こちらの価格は5,500円なのですがセンサー式でなくスイッチ式なら4,500円程度で購入できます。
センサーはあまり使いにくいのでスイッチ式の方がおすすめです。

この2つはURLを見つけることが出来ましたが以下のものは発見することが出来ませんでした。しかしどれも代替が効くので特に問題はないと思います。
---------------------------------------------------------------------------------------
・床に敷くマット:約1000円
 これがないとだんぼっちが不意に凹んだり傷つくおそれがあるので。
・テーブルに敷くタオル:約500円
 マウスを動かす時にテーブルと当たる「コツッ」という音が結構大きく、マイクに入ってしまう
 こともありましたので購入しました。
・マウスパッド:約500円
 タオル購入時につきこちらも購入。
---------------------------------------------------------------------------------------
以上です。あとは小型扇風機が欲しいんですがこの季節にはどこも実物が置いてなくて。
今は冬ですから当然ですね笑。もうしばらく待って購入してみようと思います。

3.まとめ
吸音材購入は個人的に正解だったように思いました。
これがあるとないとでは大分違うように感じます。
これを貼り付けてようやく「皆さんがイメージしている防音ブースの防音性」なのかなという気が致しました。

さて、だんぼっちを購入して一ヶ月が経ちましたが、かなり快適に使用しております。
隣人からの苦情も購入して以来ありません。
ただ、やはり暑いですね。蒸し暑い。
30分も歌っていれば当然のように汗が出てきますし、2時間もこもっていればメガネが曇って来ます。

※だんぼっち二時間コース後の僕(画像はイメージです)

なので最近はだんぼっちで録音する際は速乾性シャツにコンタクト装着で臨んでいます。
部活の身なりでダンボールの箱に入っていきます。

それでも自分の好きな事をいつでも出来る喜びに変えられるものはないと僕は思います。
だんぼっちは一般販売も開始し、より多くの方が自分に合った環境にカスタマイズしていくでしょう。その際に皆さんがこちらの記事を参考にしてくだされば幸いです。

ご不明な点、質問等があれば僕のツイッターにて承ります。
今のところすべて返答出来ております。何でも良いので気軽に話かけて下さると嬉しいです。
だにのぶのツイッター

それでは長文、駄文大変失礼いたしましたm(__)m
最後まで読んで頂きありがとうございます。
だにのぶ
広告
他15件のコメントを表示
×
だんぼっち+吸音材の威力を動画で聞いてみたい
70ヶ月前
×
>>16
「歌ってみた」は趣味的なものと認識してるので、
数万円程度の手ごろな値段で
十分な防音性が得られるというのは
非常に優れていると思う。

趣味に何十万も使う人も珍しくないとはいえ、
誰もがそこまで入れ込むわけではない。
落とし所としてはかなり良い位置にある。
70ヶ月前
×
だんぼっちの外を冷やしておいて換気扇で取り込むのはどうですかね
換気扇に関しては静音性、防音性に優れたロスナイというシリーズの物がメジャーです
ダンボッチの側面へ小さな穴を開ける加工が必要ですが難しい作業ではないと思います
70ヶ月前
×
恐ろしいのが、汗が垂れて段ボールが死ぬという事故がこれから多発しそうなことですかね...
69ヶ月前
×
やっぱり真夏の温度と湿度、それに伴う発汗に耐えられるのかが気になるところですね。
そこをクリアできれば、購入対象に入ってくるかなーと感じます。
68ヶ月前
×
3枚しか使ってないという事ですが
切ったりしましたか?もっとくわしい貼り方を知りたいです。
67ヶ月前
×
>>22
ご質問ありがとうございます。そうですね。だんぼっち内部の採寸を測り、そちらに合わせて吸音材をカッターで裁断いたしました。内側天井部は換気口を覆ってしまわないように吸音材を細かく裁断しております。この方法で吸音材3枚と1/8程度余りました。そして裁断後、画像のように両面テープを貼り、長針の押しピンで四角+中央の五点を留めております。細かく裁断したものは基本上下中央の三点ですね。さらに詳細等を知りたいとのことであればツイッターにて承ります。
67ヶ月前
×
これ欲しい。マジで欲しい。

ただ、ウチ天井が指が届くくらい低いんでトールは入れられないorz
本気出すときは立って歌いたいのにorzorz
56ヶ月前
×
だんぼっちだけでは所詮ダンボール程度の効果しかなくやはり家や店とかで使っている防音材による効果が大きい
28ヶ月前
×
このレビューを見てだんぼっち購入の決断に至りました。大変感謝しています。
これに加え、遮音材を貼ってから吸音材を貼るとさらに効果があるようですね。
吸音材はあくまで反響をなくす目的なので本当に防音をしたいなら遮音材を貼る必要がある、と紹介いただいたサウンドハウスさんに教わりました。
あと、当サイトの騒音計アプリはあまり精度がよくないようです。おそらくA特性(人間が感じる音波に合わせて音圧を補正する特性)で計測していないからですね。私は「Decibel X」というアプリでA特性の計測を行いました。
中で歌うと90dBほど出ていましたが、スマホをだんぼっちから出して1mほど離すと50dBくらいになっていました。当初の60dBから50dBになったというのはものすごく大きいもので、半減したも同然でしょう。
あと暑い問題の対処として、床にサーキュレーターを、だんぼっちの換気部分に卓上のシロッコ扇風機を置いて、シロッコ扇風機を箱で塞いでます。箱は扇風機の風が出る部分のみ穴あけします。シロッコ扇風機は遠心式の回転機械なので空気の吸引力にすぐれ、換気にピッタリだからです。ダクトがないからそこから音が漏れ出るという指摘もあると思いますが、その付近(天井)に吸音材を貼っている以上、換気部分の騒音を無くすダクト部品は正直無意味です。
16ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。