配信機材について(2020年現在)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

配信機材について(2020年現在)

2020-10-26 21:36
    これから配信してみたいという方の参考になるかと思ったので、
    ウチで使用している配信機材について書き記しておこうと思います。

    ●PCスペック
    ※BTOパソコンショップ「FRONTIER」の物の構成をカスタマイズして購入。
    【 OS 】 Windows10 Home 64bit
    【 CPU 】 AMD Ryzen 5 3600
    【 CPUクーラー 】 ENERMAX サイドフローCPUクーラー ETS-N31-02

    【 メモリ 】 16GB(8GB×2) PC4-25600(DDR4-3200) DDR4 SDRAM
    【 NVMe SSD 】1TB Samsung 970 EVO Plus
    【 HDD 】WD Red HDD 4TB S-ATA
    【 GPU 】GeForce RTX 2060 SUPER

    VRの使用にも耐えうるよう2020年の6月に購入したニューマシン。
    すこぶる快適です。

    ●スピーカー
    ・ONKYO GX-70HD
    もう15年近く使ってるんじゃないでしょうか。割と古めのPC用スピーカー。
    入力端子が2つあるので、PCとゲーム機の音を両方ここから聞こえるようにしてあります。
    音量バランスも調整可能。
    ヘッドセットもこれに接続しています。(マイク端子はPCの方へ)

    ●ヘッドセット
    ・ロジクール G331ゲーミングヘッドセット
    いろいろ試して来た末に辿り着いたヘッドセット。側圧が優しいので顎が痛くならない。
    ただ付属の3極変換アダプタは左右の音が何故か逆になってしまった為、別の物を使ってます。

    ●ノイズ対策
    ・AUKEY グランドループアイソレーター
    ヘッドセットからかなり大きめのノイズが聞こえてしまうのが気になり購入した物。
    ヘッドセットの4極→3極を変換するアダプタの緑色の端子とスピーカーのヘッドホン端子の間にこれを挟んでノイズを消しています。

    ●キャプチャーカード
    ・サンコー HDMIビデオキャプチャーカード HDMVC4UC
    だいぶ長い事使い回してるHDMIキャプチャーカード。
    とりあえず問題なく使えてるので愛用していますが、
    現在手に入れるのは難しいと思われるのでUSB3.0接続あたりの新しいものを買う事をオススメします。

    ●分配器
    ・BLUPOW HDMI分配器
    音声を別で出力できる分配器。
    映像はこれでキャプチャーカードとゲーミングモニタに出力して、
    音声はPC用スピーカーに接続しています。

    ●モニター
    ・I-O DATA LCD-MF211X(PC用メインモニター)
    ・CENTURY LCD-10000VH2(PC用サブモニター)
    ・ASUS ゲーミングモニタ― VP228HE(ゲーム画面出力用)
    PC用サブモニターはTwitterを垂れ流す用。
    ゲームをしない時はゲーミングモニタは脇にどけてますが、
    ゲーム配信時はこれも使うので驚異のトリプルモニター環境に。

    ●映像変換系
    ・エアリア UP ENPIRE2
    コンポジット→HDMIに変換するアップスキャンコンバーター。
    画面比率を維持したまま720p or 1080pに変換出来る上に
    画質、音量の調整まで可能な優れもの。
    フレームマイスターと比較すると流石に遅延は多少あるものの、
    代替品としては十分な性能であると思います。
    サターン、N64、ドリキャスをこれに接続中。

    以上がウチの環境となります。
    これから配信したい!という方の参考になれば幸いです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。