• 10年目の転機

    2016-02-16 14:45
    2月も半ばになり、冬も真っ最中というところ。
    外ではぼたん雪が降り積もっています。(雪かきがたいへん)

    今の私はまさに、仕事に追いまくられています。
    年度末を控えたこの時期はただでさえ忙しいというのに。

    なぜこんなにあわてて仕事してるのかというと、
    今月末で約10年勤めた今の職場を退職するからなんです。

    職場を退職するのは私の人生ではこれが3回目なのですが
    1回目はまだ独身で、母の看病のため実家に戻ることになり退職
    2回目は出産後の子育てが思いのほか大変で育児のため退職
    どちらも引き継ぎのいらないタイプのお仕事だったのでお気楽でした。
    しかし今回は仕事内容が事務全般にわたっており、会計も持っていたので
    次の人に引き継ぐのが大変でした。ええ、ほんとに。

    なにしろ次の方がほとんど素人さんだったのでイチから教えるハメになったというのも
    仕事がキツくなった原因にちがいない。いやきっとそうだ。そういうことにしておこう。

    何事においてもそうでしょうが、人にものを教えるというのは大変難しい。
    自分がやってきたことなのにどう伝えていいか、言葉がみつからないときがよくありました。
    教える前にまず自分の中で整理してみるのですが、そうするとあら不思議、この10年で自分がやってきた仕事がどれもなつかしく、ああここでこんな失敗してるウフフ、などと愛おしくさえ思えるのですワ。何しろ人の事はいえない、私だってこの仕事を始めたときはPCもろくに使えないド素人だったわけで。

    ただ、私の時は教えてくれる人がいなかった。わからない事はそこらへんの職員をつかまえて聞きまくり、電話かけて聞きまくり、なりふり構わないスタイルで相手先の担当を恐怖のズンドコにおとし入れていたようです。(後になって人づてに当時の自分の話を聞き、真っ青になったw)
    それだけ一生懸命で夢中になっていた自分が恥ずかしくもあり、なつかしくもあります。

    去年の夏、突然新しい職場へのお誘いをいただいたとき、本当にびっくりしたんですよ。
    なんで私?本当に私でいいんですかと言ったら、「同業者として前からあなたの仕事を見ていた。他の誰よりあなたに来てほしい」と言われたんです。なんてこと!こんなすごい言葉、プロポーズのときでさえ聞いたことない(笑)正直、そのひとことで心が決まりました。望まれて仕事ができる。こんな幸せなことはもうないんじゃないかと。

    私のことだから、きっと新しい仕事でも思いっきりヘマをやらかすでしょう。
    自分がどんな仕事をすることになるのかさえまだ知らされてないので。
    望まれたとはいえ、次の職場はいいことばかりでないのはもちろん覚悟の上。
    でも新しいことに挑戦してみたい。だいぶポンコツになってきた自分がまだどこまでやれるのか試したい。本当にやれるのか私。

    そして10年前と同じように一生懸命に、夢中になりたい。
    あの充実感をまた、感じてみたいのです。

    今回も読んでくださってありがとうございました。






  • 広告
  • これまでになかった年越し2016

    2016-01-14 13:28
    ちょっと遅くなりましたが

    あけましておめでとうございます

    もう三が日どころか半分もきてるのに今ごろすいません。

    書きたいことは山盛りなのですが何しろ仕事がやたら多くって。

    その理由は・・・ぶっちゃけ2月いっぱいで今の職場を退職するからでして

    後回しにした仕事の処理がなかなかはかどらずひぃひぃ言っている始末(笑)


    まあそれについては後日きっと書いちゃうと思いますので

    タイトルにあります、私が初めて体験した年越しについて。

    2014年12月4日にPS4を買ってから私のゲーム生活はかなり充実しまして

    1年たった12月にはふつーにオンラインゲームもするようになり

    年々進化しておるワタクシでありますが(オイ)

    大好きなマインクラフトつながりでお友達が増えまして

    年越し6時間ぶっつづけマイクラ放送のメンバーに入れていただいちゃいました!

    年越しにゲームを、しかも仲間とオンラインでなど今までの私にはなかったことなのです。

    もう1週間前から楽しみで楽しみで♪

    ところが主婦の悲しさ、年越しといえば夕食に始まり年越しそばの準備、初もうで。

    やっと家族が寝たのが夜中の2時!ソッコーでPS4の電源を入れて企画主様のパーティーに

    入ってから朝の5時までマイクラ三昧(笑)

    メンバーはいつもの方々なので安心とはいえ、考えてみれば知ってるのはハンドルネームと

    性別だけ、年齢もよくわからないという不思議な集団なのだけど。

    やはり好きなゲームのもと集まってるだけあって、話が楽しすぎるwww

    そして皆さん相手を気遣い、協力を惜しまず礼儀正しいという今どきリアルでもなかなか

    出逢えないようないい人たちなのでありました。

    放送も終わり、お互いに「今度は〇〇さんの世界で逢おう」と挨拶を交わし合ってゲームを

    終え、今年もしょっぱなからいい気分でオフトゥンに入る私は間違いなく幸せ者でした。


    2016年の私はちょうど転機を迎えておりまして、新しい環境に飛び込むことはもう

    わかっています。そこでいろんな挑戦をすることを決めているのですが、自分へのごほうび

    であるゲームの世界がこんなに楽しくワクワクするものであるからには、実生活の方も

    よりがんばれるに決まってるじゃーないですか!!!ばっちこーい!!!


    というワケで今年もこのブログとワタクシを生ぬるーく見守っていただけると

    ありがたいと思っております。偶然見てしまった、ぐらいで十分なのでよろしくね。







  • 私の夏はいずこへ

    2015-11-11 17:07

     このブログをのぞいてくださったお方、こんな地味な所へきてくださって誠に、誠にありがとうございます。スライディング土下座でご挨拶。

     基本的にここは私の思いつきとうっぷんばらし(そして多少の毒ww)の場なのですが、前回の投稿が8月で、そのままほぼ3か月放置というwww冒頭の感謝がいきなりウソくさくなるていたらくですが気持ちにウソはありませんから(キリッ)

     さてその3か月の間何をしていたかというと、真面目に仕事したり家事もそこそこにゲームばっかりしたり夜はオフトゥンでニコ生みてたりと欲望にほぼ忠実に生きてました。幸せ。

    ただ、気がついたら秋になってたのはなぜ?
    私の夏・・・夏らしいこと何もなかったような・・・

    いや、そうではない!かすかに夏の記憶が残っておる!

    というわけでここで私の夏を発掘しようと思います。

    町会議いってきた

     まずは前回書いたように、町会議いってきました。息子と娘と3人で。
    娘はあこがれのドグマ風見さんとお話して握手できたといってヒャッハー状態だし、息子はこっそり来たつもりがたちまち同じゼミの人に見つかって「〇〇くん町会議に現るww」とLINEのグループに拡散され、ヘコんでおりました。私はマイクラで能登半島を作る企画を遠くから見つめてのっとりん(能登町のゆるキャラ)が全国区にデビューするのを喜んだり、となりのブルーベリー畑で地元の名物おじさんの中山さんがコーナーをぶんぶん振り回して笑いをとったりしてるのを大笑いして見たりと、大いに楽しみました。そんなに恵まれた会場じゃなかったけど全部おもしろかったのはやっぱり運営さんの企画力が高いのねー。

    インドネシアいってきた

     私のダンナ様は旅行が趣味の人でして、一人でふらっと近隣の国へ行くのも珍しくはないのですが年に1度は私を連れていくのが恒例となっているのです。どうやらそれで普段の自由すぎる振る舞いをチャラにしようという魂胆らしいのですが。まあ可愛いじゃーないですか。いつも旅行の中身はダンナ様の好みなのですが、去年行ったベトナムが思いのほかよかったらしく「今年は初めてのインドネシア!イスラム圏だけど気にしない!」とのイキオイで8月28日から9月1日までの5日間かけて行ってまいりました。

     感想を述べますとぶっちゃけインドネシアすごい。みんな勉強熱心。日本のこと好きな人が多くてみやげ物屋とかでも日本語ばんばん通じるし。礼儀正しいし、親切な人ばっかりでした。物価は安いしごはんもおいしいとくればもう、いい想い出しかない!

     ただ私は直行便でなかったので(シンガポールで乗り換えした)飛行機で7時間もかかるのは正直体がしんどいですし、東西に長い国で島ごとに民族や文化がちがうのでおつきあいには配慮が必要です。建国の歴史には日本も深くかかわっているので調べてみたらとっても興味深かった。私の住む町にもインドネシアの若者が働きにきているので彼らに親近感がわきました。

     他にもまだあったはずなんだけど、きれいさっぱり忘れてしまう都合のいい頭なのでこれくらいにしておきます。フラッシュバックのように思い出したらまた書きます。

     本日11月11日は私たち夫婦の結婚記念日なので、旅行の話は結構タイムリーだったりする。あたりまえのように暮らしているけど私たちの生活はお互いの無意識レベルでの協力と思いやりあってのものだということを忘れずにいたいものです。

     もう夏とか関係なくなっちゃいましたね。好きなように書きなぐるスタイルが通常運転なこのブログを最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。