アンサンブルってすてき
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アンサンブルってすてき

2015-08-03 17:22
    いつもは所属しているバンドでたくさんの音に囲まれてこっそりとクラリネットを吹いている私ですが、珍しく機会に恵まれて人前で4重奏のクラリネットアンサンブルをやらせていただきました。

    7月12日(日)地元の公民館行事というローカル色の強いイベントでして、なぜ私たちに声がかかったのかというと本命の金管チームの都合がつかず、「なんか代わりに」というゆる~い要望だったそうで・・・そうですよね・・・ふふふ・・

    クラメンバーでやってもいいと手を挙げたのは4人。パートリーダーで熱心だけれどもメンタルが弱いTちゃん(30代主婦)、物静かでダントツに上手いMちゃん(22才女子)、32年ぶりにクラを始めて3年目という天然系おやじのYさん、そしてリズムクラッシャーとの異名がつくヘタレの私。

    アンサンブルかあ・・・ひさしぶりだなあ・・・むかーし中学高校のときは、冬には必ずアンサンブルコンテストというものがあって、部員は全員顧問の先生の言うとおりの編成で出たものでした。曲も先生が見つけてきたよくわかんないもので、まー真面目なおもしろみのない演奏を一生懸命やっておりました。

    しかし!今の私はあのころとはちがう。
    まず好きだからクラ吹いてるし、曲だって好きなの選び放題だし、なにより気の合う仲間と組めるのがありがたいんです。
    合奏ってまず息を吸うとこから合わせないと、最初の音がそろわない。
    そして最初の音がバッチリ合ったときの気持ちよさはもう、このあとなんでもできそうに思えるくらいパワーが出てくるんです。「息が合う」っていうでしょ?まさしくそれ、です。

    息が合うには自分の音をゆだねてもいいくらい信頼できる相手でないと。
    というわけで気心の知れたこの4人で出ることになりました。
    チーム名はフォー・クラッツ。そのまんまですね。

    曲は3曲。・「Everything」MISIA
         ・魔女の宅急便より「海の見える街」
         ・「ふるさと」(学校唱歌)

    それぞれ1st Mちゃん、2nd Tちゃん、3rd わたし、4th Yさんと決まったところで練習開始・・・のはずなのにそれぞれ仕事がある身ゆえ、なかなか4人が集まるのも難しかったけど、クラリネットだけの合奏は不思議に楽しく最初はぎごちなかったフレーズも繰り返し吹くうちに足りないところを補いあったりして、やっぱり練習がいちばん楽しいね♪とかいってる間に本番当日になりました。早っ!

    限りなく不安でしたが当日の客層が高齢の方たちでなぜかウケてしまい、敬老会にも来てねと次の予定まで決まって(笑)こんな演奏でよかったのかなあといいつつ謎の満足感に包まれてフォー・クラッツはこれからも不定期に活動していくことになりました。

    実はね、ちょっとわくわくしてるんです。
    年をくった大人ならではの演奏も楽しいなって。
    そして新たな目標もできました。

    冬のアンサンブルコンテスト 成人の部出場!

    変なスイッチが入った大人たちはどこに向かっていくのかしらね。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。