• このエントリーをはてなブックマークに追加

MYLOHASちゃんねる

  • しっかり満足感があるのに130kcal以内の「食べるスープ」レシピ

    2021-05-15 18:0022時間前
    お腹がすいたけれど、今日は摂取カロリーを控えめにしておきたい……そんなときのために覚えておきたいのが、低カロリーなのにボリューム感がある「食べるスープ」のレシピ。管理栄養士が考案したヘルシーな具材たっぷりの2品を、「Diet Plus」からご紹介します。

    127kcalでも満たされる!「卵とトマトのトロトロスープ」

    「Diet Plus」より

    まずは常備食材のレギュラーメンバー、を使ったスープから。たまねぎと生しいたけで風味を出したスープに片栗粉でとろみをつけて、卵をトロトロ食感に仕上げます。

    「Diet Plus」によると、卵はビタミンCと食物繊維以外のほとんどの栄養素を含む優秀な食品とのこと。β-カロテンを含むトマトと水菜を合わせ、より栄養価アップを狙います。

    材料(1人分)
    卵…1個(50g)
    たまねぎ…30g
    生しいたけ…2枚(20g)
    プチトマト…7~10個(100g)
    水菜…1/6束(30g)
    固形コンソメ…1/2個(2g)
    水…カップ1と1/2(300cc)
    塩、黒こしょう…少々
    片栗粉…小さじ1

    作り方
    1.小鍋に細かく切ったたまねぎとしいたけ、固形コンソメ、水を入れて煮ます。
    2.たまねぎがやわらかくなったら、小さじ2の水で溶いた片栗粉を入れて煮立たせ、その中に溶き卵を流し入れます。
    3.卵が固まったら塩、黒こしょうで味をととのえ、輪切りにしたトマトと水菜を入れます。
    4.ひと煮立ちしたら火を止めて、器によそって出来上がりです。

    (「Diet Plus」より引用)

    トマトと水菜は火を通しすぎると食感が悪くなるので、鍋に加えてひと煮立ちしたらすぐに火を止めるのがコツだそう。甘酸っぱいトマトとまろやかな卵の相性が抜群です。

    102kcalであっさりおいしい「ワカメときのこのジンジャースープ」

    「Diet Plus」より

    約100kcalと低カロリーなのに、食物繊維が豊富なキャベツしめじわかめのおかげで満足感のあるスープ。わかめは火を通しすぎるとぬめりが出るため、鍋に加えたらサッと煮る程度にするのがおいしさのポイントです。

    材料(1人分)
    ロースハム…1枚(20g)
    絹ごし豆腐…1/6丁(50g)
    キャベツ…1枚(50g)
    ほんしめじ…1/7パック(30g)
    わかめ(水で戻したもの)…ふたつまみ(20g)
    長ねぎ…10cm(20g)
    しょうがのせん切り…少々(4g)
    オリーブオイル…小さじ1/2
    固形コンソメ…1/2個(2g)
    水…カップ1と1/2(300cc)
    塩…少々
    しょうゆ…少々

    作り方
    1.ハムとキャベツは太めのせん切りにします。豆腐はサイコロ状に切ります。わかめは食べやすい大きさに切ります。
    2.しめじは下の部分を切り落とし、小房に分けます。長ねぎは小口切りにします。
    3.小鍋にせん切りしょうがとオリーブオイルを熱し、香りが出たらハムと野菜類、固形コンソメ、水を入れて軽く煮ます。
    4.キャベツがしんなりしたら、豆腐、わかめを最後に入れて塩としょうゆで味をととのえて火を止めます。
    5.器によそって出来上がりです。

    (「Diet Plus」より引用)

    より食べ応えがほしいなら、絹ごし豆腐を木綿豆腐に変えるのもおすすめだそう。絹よりも食感がしっかりしているので、低カロリーでも満足感のある食事になります。

    栄養価の高い食材を厳選したスープは、ひと鍋で手軽に作れるところも魅力。食欲のないときや、体調が悪いときにも役立ちそうです。

    おやつもヘルシーにどうぞ

    ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツ

    2ステップで完成! おやつに、トーストして作る簡単メロンパン

    Diet Plus

    image via Shutterstock

  • 心理的要素を利用して食欲をコントロール。簡単にできる3つのこと

    2021-05-14 18:002
    ──ライフハッカー[日本版]より転載

    食べ過ぎで体重が増えてしまうのではないかと心配している皆さんに朗報です。1回くらいの食事であれば、たくさん食べたからといって太ることはありません。

    体重増加は、1週間や1カ月単位のカロリー摂取量が決め手となります。食べ過ぎたとしても、その後1週間のカロリー摂取を抑えれば、最終的には体重が減るのです。このように、食生活を長期的にとらえることは非常に大切です。

    では、1週間の総カロリー摂取量を抑えるにはどうすればいいのでしょうか。今回は、自制心で解決するのではなく、心理的要素を利用して、無意識のうちに食生活をうまく管理する3つの方法を紹介します。

    1.食器を変えて無理なく食べる量を減らす

    お皿のサイズを変えると、実際の量に関係なく食事のボリューム感が変わります。小さな皿いっぱいに盛られていると十分な量に見えますが、逆に大きな皿の一部だけに盛られていると粗末に感じるでしょう。

    デルブーフ錯視といわれるこの錯覚は、実際の食事の摂取量にも影響するそうです。特に有名なのがBrian Wansink氏とKoert van Ittersum氏による研究でしょう。皿のサイズ(直径)を12インチ(30.48cm)から10インチ(25.4cm)に変えるだけで食事の摂取量が22%減少したとのことです。

    2.賢い色選びで食べる量を減らす

    食器の大きさだけが食べる量を決めるわけではありません。米学術誌『Journal of Consumer Research(消費研究)』掲載の研究によると、食卓の色もカギを握っているのだそうです。

    コーネル大学とジョージア工科大学の研究者たちは、食器の色と盛りつける量の関連性を検証しました。実験では、ひとつの被験者グループにはトマトソースベースの赤いパスタを、もうひとつのグループにはホワイトソースベースの白いパスタを食器に盛りつけてもらいました。食器は、白か濃い赤のどちらかをランダムに選択しました。

    すると、食器と料理の色が同じ場合、被験者が盛りつける量は30%増えたというのです。なぜ、これほどの差が出たのでしょうか。

    それは、料理と食器の色が似ていると、量がそれほど多く見えないため、つい余分に盛りつけてしまうからです。つまり、食器と料理の色のコントラストを大きくすれば、盛りつける量は自然と減らせます。

    3. プチ断食を実践する

    「1週間に1回か2回食事を抜く」のも全体的なカロリー摂取量を落とす良い方法です。無理と思うかもしれませんが、意外とつらくないものです。たとえば、次のような生活をイメージしてみてください。

    週末は友人たちとパーティー三昧で、日曜の夜には通常より2000キロカロリーもオーバーしていたとします。月曜日は、朝食と昼食をいつも通り食べましょう。断食は、月曜日の昼食後にスタートです。私が断食をする時は、1時間か2時間おきに、グラス1杯の水を飲むようにしています。皆さんもぜひそうしてください。

    月曜日の夜は何も食べずにそのまま眠りにつき、翌朝目が覚めたら、水を1杯飲みます。ミルクを少しだけ入れたコーヒーなら飲んでも構いません。あとは午前中、何も口にしてはいけません。断食は火曜日の昼食前で終わりです。昼食はいつも通りに食べ、仕事を終えて家に帰ったら、夕食も普段通りにとります。

    これで、丸24時間の断食が終了です(月曜日の昼食後から火曜日の昼食前まで)。

    かなりの時間を眠って過ごすうえ、月曜日と火曜日それぞれ、普通の食事を2回ずつとっているので、さほどつらくはないでしょう。断食は、頻繁に行う必要はありません。1カ月に一度でも効果がありますし、1週間に1回でも構いません。

    断食終了後は、いつも通りの食生活に戻ってください。それからの1週間、クッキーなどの焼き菓子をつまんだとしても食事を2回抜いていますから、週末の総カロリー摂取量は通常とほぼ変わりないはずです。

    食べずに我慢するのは2回だけなので、比較的容易だと思いませんか。1週間ずっと、食事のたびに厳しい食事制限を守らなくてもいいのですから。

    アクション・プラン(やるべきこと)

    次の行動を実践に移しましょう。

    生活プランを立てて普段のカロリー摂取を制限し、ごちそうを楽しむ

    ごちそうを楽しむ機会はそんなに多くはないのですから、太るのを心配してカロリーを気にするのはやめましょう。それよりも、普段の食生活のなかで現実的かつささやかな気配りをすべきです。

    普段よく食べる料理とは異なる色合いの、小さな食器を揃える

    食事を楽しみ、かつ食べる量を減らすには、「食べる量」を気にするより、小さめの食器を使ったほうが断然効果的です。

    プチ断食を時々実践し、ごちそうを食べた際の体重増加を阻止する

    ごちそうを食べたりパーティーで飲み過ぎたりした時は、数日後に24時間のプチ断食を実践してみてください。その週のカロリー摂取量を通常量に戻し、体重を増やさずに済みます。

    どういう食事であれ、食べることはいつでも楽しみましょう。自分の行動をうまく制御するちょっとしたワザをいくつか実践して、あとは成り行きまかせ。クッキーをやめられない自制心のなさを嘆くより、体重を自然に落とせる賢い環境をつくるのです。

    意志が弱いのは欠点ではありません。人間だからです。だからこそ、自分の行動をうまくデザインするのが、より良い選択なのです。

    3 Powerful Psychological Tricks to Prevent Mindless Snacking and Avoid Holiday Weight Gain | James Clear
    James Clear(原文
    訳:遠藤康子/ガリレオ

    Image via Thinkstock,Shutterstock

    ライフハッカー[日本版]

    食欲をコントロールして体型キープ

    食欲をコントロールできる食器の組み合わせとは?

    食べすぎを防ぐ! 「ダイエット茶碗」厳選5

  • 猫背の人がたるみやすい上腕二頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング

    2021-05-13 18:00
    Twitterに載せているエクササイズ動画が大人気のコンディショニングトレーナー・りこさん。解剖学&運動学を熟知した彼女が、今週は「二の腕やせトレーニング」を紹介します。

    二の腕やせトレーニング

    (1)うつ伏せの姿勢になり、手を胸の横につけます。

    (2)脇をしめ、二の腕の力を使って上体を起こします。

    (3)元の姿勢に戻り、同じ動きを繰り返します。10回×3セットが目安。

    腕立て伏せだと、どうしても肩の上に力が入ってしまいますが、このエクササイズでは肩の力を抜いて、ひじをうしろに引くイメージでおこなうことがコツです。

    上腕二頭筋は、運動不足はもちろんですが、猫背がちになると衰えやすい筋肉でもあります。意識して動かしていきましょう!

    「動画で簡単! Twitterバズトレ」をもっと読む

    バストアップに。「合掌」は腕を前に伸ばすのがポイント

    猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」