コインハイブ事件、無罪判決の模様→控訴審へ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コインハイブ事件、無罪判決の模様→控訴審へ

2019-03-27 11:14

    【速報】他人PCで仮想通貨の無断採掘に無罪判決
    ニコニコニュースの速報

    コインハイブ事件 横浜地裁、Webデザイナー男性の主張認め「無罪」判決
    ねとらぼでも記事が出ていたのでリンク

    マイニングツール問題、裁判今日から
    マイニングツール関連色々備忘録&自分の考え

    自分でもまとめたりしながら追いかけていた件ですが、本日判決が出た模様です。
    結果はまあ当初の予想通り

    無罪

    という事で、他人事ながら妙に嬉しさも覚えたり。
    今回の件は、事前に警察の知識量の不足であったり、捜査態度の問題であったりといった点が指摘されていたこともあり、それらが改善されるきっかけとしても働けばいいと思いますが、それ以上にIT分野への国家レベルでの不足が正されるきっかけとなればと、一個人としては思います。ダウンロード法規制などでもその辺は如実に見えていますが、法整備をする為に必要な知識、見識が法整備を行う当事者に完全に不足している状態というのは、予算を使ってでもなんとかしなければならないポイントだと言えるでしょう。

    自分自身、今回の件は法的な問題と実質的な問題とは区分けして考えなければならない事に気付かされた事件でもあり、凄く勉強になりました。
    控訴の可能性などもあるようですが、一先ずは当事者の方やこの判決を勝ち取るために尽力された方々はお疲れ様でした。

    ちなみに、記事などに追記し忘れていたのですが、問題の発端となったCoinhiveはマイニング対象の仮想通貨の相場下落などを理由に、4月にサービスを終了、既にマイニングは停止されているとの事(仮想通貨マイニング「Coinhive」が4月にサービス終了)。
    ただ、別種の仮想通貨のマイニングや、今回とは別件ですがジョークプログラムによる補導など、同種の事件は既に起こっていたり、今後も起こるであろう事が想定されますので、対応可能な法律の整備については必要である事に変わりはないと思われます。

    追記:
    すっかり追記するの忘れてました。申し訳ありません。
    >2019年4月10日横浜地方検察庁は罰金10万円の求刑で東京高等裁判所控訴
    という事で、控訴審が始まる模様です。
    どうなることやら……。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。