• 9月23日の現と夢

    2018-09-23 23:46
    P「ん…んん…」
    まゆ「あっ、起きました?プロデューサーさん、おはようございます♪」
    P「ん?まゆ?あれ??僕、確か徹夜でまゆの新しい仕事の企画書を書いていたような…」
    まゆ「えぇ、書いていましたよ、でも打ち込み終わった後寝落ちして文字列が大変なことになってたので修正しておきましたよぉ」
    P「あっ!?本当だ…ありがとう、まゆ…」
    まゆ「いえいえ、あなたのまゆです♪お互いがお互いを支えあうのは当たり前ですよぉ」
    P「それは…相棒として、だよね?」
    まゆ「もぅ、プロデューサーさんったら相変わらず厳しいですねぇ、永遠に付き添ってもいいんですよぉ?」
    P「それはまた時が来たときにね」
    まゆ「・・・分かりました、それとプロデューサーさん、今日何の日か知ってます?」
    P「今日?…まゆの誕生日は終わったよなぁ…んん?」
    まゆ「相ッ変わらず自分の事には疎いんですねぇ、プロデューサーさんは」
    P「?????」
    まゆ「はい、どうぞ♪」
    P「これは…マフラー?」
    まゆ「いつもありがとうございます♪」
    P「う、うん…なんで?」
    まゆ「全くもぅ…今日は9月23日!プロデューサーさんの誕生日ですよぉ!!!」
    P「あー」
    まゆ「あーっじゃないですよぉ…もう、テンション狂うなぁ…」
    まゆ「んで、マフラーですよ」
    P「なるほどねぇ、最近寒くなってきたからねぇありがとう大切に家宝にさせてもらうよ」
    まゆ「いやいや」
    P「?」
    まゆ「せっかくですし使ってくださいよ」
    P「うぅん…でも勿体ないしなぁ…でも作ってくれたし…使うかぁ…」
    まゆ「どうしてそうなるんですかぁ」
    P「だって、まゆが作ったんだよ?まゆのマフラーだよ?高貴じゃん、貴重じゃん尊いじゃん!」
    まゆ「は…はぁ…」
    P「でも、ずっと使わなかったらマフラーもかわいそうだもんね…、ありがとうね、まゆ」
    まゆ「…はいっ!・・・あぁ、そうだ、プロデューサーさん、お昼寝しませんか?」
    P「二度寝か…今日はアイドル全員お休みだし…そういう日があってもいいかぁ・・・」
    まゆ「そうそう、一緒に寝ましょう?」
    P「…変なことはしないでよね?」
    まゆ「貴方が喜ばないことをしないのはプロデューサーさんが一番わかってるでしょう?」
    P「…まゆ、ゴメンね…」
    まゆ「まゆの胸の中で泣いてもいいんですよぉ」
    P「…」
    まゆ「プロデューサーさん?」
    P「…そうさせてもらうよ…」
    まゆ「あら♪嬉しいなぁまゆに頼ってくれるんですね」
    P「…なぁ、まゆ」
    まゆ「ハイ、なんでしょう?」
    P「…私は最近分からないんだ」
    まゆ「分からないって?」
    P「…日がたてばたつほど自分が思った自分から離れて行って、自分じゃない自分がそこにいてその顔もその思いもその行動も自分の意志で選んでるのかそうじゃないのかがわからなくて焦れば焦るほどその感情が強くなって…もうわからないんだ、自分が何者かさえわからないんだ…今のこの思いは本当なのか、この笑顔はホンモノなのかニセモノなのか私がやったことは私がやりたいことなのかあえて悪いことなのか…わからないんだ…」
    まゆ「大丈夫です」
    P「…えっ?」
    まゆ「いつもと違うプロデューサーさんは違う自分を試しているんです」
    P「…試してる?」
    まゆ「はい、こう言ったらどうだろう、ああいったらどうだろう、こういう考えをしたらどうだろう、ああいう行動をしたらどう思ってくれるんだろう…そう思っていつもと全然違うことをしてるんだと思います、まゆが思うに今のプロデューサーさんの心が荒んでいるんです、だからそれを癒してあげる人が必要なんです…それがまゆなんですよ」
    P「…」
    まゆ「まゆはどんなプロデューサーさんでも好きですよ?」
    P「でも・・・もしかしたらまゆにすら酷いこt「でも、プロデューサーさんは私に嫌なこと、しないでしょう?」
    P「分からないんだ」
    まゆ「まゆは確信してますよ、プロデューサーさんは悪いことをしないって、それにまゆはあなたのオアシスになります、疲れた時や、泣きたいとき、寂しい時にまゆのそばに来てください、まゆが貴方を癒してあげます♪」
    P「まゆ…ありがとう…あ”り”が”と”お”う”…」
    まゆ「(プロデューサーさんの泣き顔…可愛いなぁ…」



    ???「・・・・・・・・・・さん・・・・・・・・・・・」
    ???「・・・・・ゅー・・・・・・・・ん」
    ???「ぷろ・・・・・・さ・・・」
    ???「プロデューサーさん!」
    P「ハウワァ!」
    ???「どんな声出してるんですか…」
    P「ってなんだちひろさんか」
    ちひろ「なんだとはなんですか・・・誕生日なのに寝坊助さんですね」
    P「あれ?まゆは?」
    ちひろ「まゆちゃんなら寝てますよ、あなたが寝落ちして何故かctrl+A+delete押し始めてまゆちゃんが全部見てたのですべて復元して寝ちゃいましたよ…どんな器用な寝相ですか…」
    P「ひえぇ…」
    ちひろ「今日はもう帰って寝てください、あともう徹夜しちゃだめですよ?」
    P「はぁい…(そういえばマフラーは…ある…夢じゃなかったのかな)
    まゆ「んん…」
    ちひろ「あぁ、まゆちゃん、おはようプロデューサーはもう帰っちゃいましたよ?」
    まゆ「まぁ、今回はイイんですよぉ」
    ちひろ「は…はぁ…」




    まゆ「シキちゃん…おくすり、ありがとうございます」
    志希「いいのいいの・・・むしろあれだけでよかったのぉ?」
    まゆ「はい、目的は達成したので」
    志希「…試作時点の人体異形化薬…上手くいった?」
    まゆ「えぇ、完璧です」
    志希「なにになったのぉ?」イスクルクル
    まゆ「淫魔…なのかな」
    志希「あらら…熱い夜過ごしちゃった?」
    まゆ「今は完全なまゆじゃないのでまだそれはダメですよ?」クイギミ
    志希「まぁ、経過時間的に考えてそれはあり得ないかぁ…じゃあ夢の中に入って語り掛けたって事?」
    まゆ「はい…」
    志希「どうだった?
    まゆ「最初は抵抗がありましたが徐々に本音を聞けて、最後には絶対に離さないような悩み事まで…」
    志希「ホホゥ…プロデューサーが悩み事を話す…かぁ、何とも珍しい、まゆちゃんだから出来たのかなぁ…私じゃ、無理だねぇこりゃ」
    まゆ「最後には泣きながらありがとう・・・って…鼻血が出るの止めるの大変でした…」タラタラ
    志希「まゆちゃん、鼻血鼻血…」
    まゆ「あぁ…御免なさい…」
    志希「いいのいいのプロデューサーも誕生日だし、こんなご褒美貰ってもバチは当たらないって」
    まゆ「後…」
    志希「この薬はもう使わないんでしょう?だと思って後遺症やら依存症やらは確実に無いように調整してるから」
    まゆ「…何から何までありがとうございます…。」
    志希「流石にまゆちゃんに傷つけちゃったら・・・シキちゃんの命が危ないからね」
    まゆ「プロデューサーさんも…大分濃いですからねぇ…」
    志希「まゆPのほうがまゆちゃんよりヤンデレってよく聞くからねぇ、目が危ないよ」
    まゆ「アハハ・・・では私はここで失礼しますね」
    志希「あぁ、まゆちゃん」
    まゆ「はい?」
    志希「薬での体力低下、長時間の異業化で大分疲れてるんだと思うんだけど、そこのベッドで寝たら?」
    まゆ「…」ジー
    志希「あれーしきちゃんそんなに信用ないのぉ?」
    まゆ「…まぁまゆが欲しいなら意識切って服従させたりしますから、ないですね」
    志希「さらっとこのこ恐ろしいこと言ってる16歳こわい」
    志希「おやすみなさい、まゆちゃん、良い夢を」

  • 広告
  • 木曾とのケッコン2周年記念日

    2018-07-07 09:541
    提督「…なぁ木曾」
    木曾「…なんだ?」
    提督「俺達ってさっきまで執務室で書類整理してたよな?」
    木曾「…そうだな」
    提督「…」
    提督「なんで執務室からどこみても真っ白い空間になってるんだよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」
    提督「はぁ…はぁ…」
    木曾「まぁ、落ち着けよ、焦った奴からやられるんだから」
    提督「まぁ、そうだな…可能性として考えるのなら、夕張や明石の実験の結果…ではなさそうなんだよなぁ…」
    木曾「そういえばこの部屋見たことある」
    提督「え、マジ?」
    木曾「マジ中のマジだ・・・イムヤのスマホのついったー?でこんな部屋でとある行動をしないと開かない部屋ってのがちょっと前流行ってたな」
    提督「…じゃあこれまずくないか?」
    木曾「え?」
    提督「・・・だってさ、指示的にな何か…何もないのだもの」
    木曾「…なぁ、相棒」
    提督「ん?」
    木曾「…食料ってあったっけ…」
    提督「あっ…」
    木曾「…もうおしまいだあああああああああああ」
    提督「おぉぉぉおちつけけけけ木曾が動揺してしまったらもうどうしようもないよぉ」
    木曾「…さて、どうしよう」
    提督「(。´・ω・)どうしよう」
    するとガコンと部屋の一部が動いた音がした
    木曾「なんだ今の…! 相棒!帰れるよ!」
    提督「なんだって!?」
    木曾「やはり、予想通りだ」
    提督「ついったーの奴?」
    木曾「そうだ、それだ」
    提督「内容は?」
    木曾「えーっと・・・『ケッコン2周年のことに振り返ってください』・・・だって///」
    提督「///」
    提督「まぁ、振り返るかぁ、というかもう二年か…速いなぁ時間って」
    木曾「そうだなぁそういえばイクが欲しくて艦これ始めたんだっけ?」
    提督「そうそう、で掘りじゃないと出ないことに絶望して攻略してたら多摩が出てきてこの子可愛いって思ったんだよなぁ…」
    木曾「まぁ、多摩姉ちゃんは可愛いからなぁ」
    提督「で、演習で木曾改二を見てあ、この子かっこいい!マント、眼帯なんだこのロマン絶対育てようって思ったんだっけ」
    木曾「意外と提督って…チョロいのだな…」
    提督「な、なにを…否定できない(´・ω・`)」
    木曾「で、俺を最優先で育成したせいでイベント攻略できなかったりしたよなぁ」
    提督「あーあったなぁ…師匠に良く怒られてたっけか今じゃ木曾も9人だもんなぁ」
    木曾「え、そんなに育ててたの?」
    提督「うん」
    木曾「でもすごいよな、複数育てたとしても意識は一つだけなんて、連合艦隊で二人使うときは鎮守府からカメラを通して艤装を動かす、まるでガンダムに乗ってたような気分だったよ」
    提督「…木曾」
    木曾「なんだ?」
    提督「…2年間ずっと一緒にいてくれてありがとう」
    木曾「なんだよ急に」
    提督「こういうのってそういう時にちゃんと言わないとタイミングがね、でもこれからもよろしく相棒」
    木曾「おぅ!任せろってんだこの木曾がいれば敵などいないからな!」
    その木曾の言葉と共鳴して部屋が崩れ元の執務室に戻っていた
    提督「いやぁ、変な感覚だったなぁ、急に飛ばされたり崩れたりして…」
    提督(でもこういう時間ってのも大事なのかもな)
    木曾「どうしたんだ?」
    提督「いんやぁ?なんでも?」
    木曾「なんかそう言われる時になる、じゃあ今日の書類早く終わったらその内容を聞かせてもらう!」
    提督「それはがぜんと負けたくないなぁ・・・」
    提督・木曾「「いざ…勝負(デュエル)!!」」

  • 元Pと佐久間まゆの共依存な生活

    2018-06-21 22:37
    まゆ「プロデューサーさーんあなたのまゆが返ってきましたよぉ」
    元P「お帰り、まゆ」
    プロデューサーと言っているがもうプロデューサーではない。
    まゆもアイドルをやめている
    謎の人物による爆破テロがありちひろさんの的確な指示により被害者は出なかった。
    が会社が爆散。
    そのままアイドル、業務員達が散っていった346爆散事件ともいわれている。
    私は当時担当アイドルのまゆと付き合い、主夫をしている。
    まゆは路上ライブや編み物を売ったりしている。
    まゆ「はぁぁぁ・・・今日も疲れましたねぇ」
    元P「今日もお疲れ様、膝枕なでなでいる?」
    まゆ「欲しいです…プロニウム補給させてくださいぃ…」
    元P「よしよし、今日もよく頑張りました」ナデナデ
    まゆ「うふぅ…これで明日も頑張れそうですけど、隠しても無駄ですよぉ?」
    元P「なにが?」
    まゆ「なにかあったのでしょう?
    元P「やっぱりまゆには隠せないなぁ…
    今日ひったくりにあって全力疾走で捕まえたのはいいけど
    怒りのあまり瞬獄殺やっちゃって…」
    まゆ「・・・。」
    まゆ「走っての瞬獄殺?」
    元P「ススーって動く方のやつ」
    まゆ「あらら…でも問題はそこじゃなさそうですねぇ。」
    元P「僕のことはいいけどバッグを作ったまゆのことを侮辱されてね…
    頭を潰しそうになっちゃったけど
    頭の中でまゆが止めてくれたから大事にならずに済んだけど
    やっぱり自分って野蛮だなって・・・」
    まゆ「そんなことは無いですよぉ、人間誰だって怒る時は怒りますよぉ…
    でも今のプロデューサーさんにはマユニウムが必要じゃないんですか?」
    元P「・・・欲しいです。」
    まゆ「うふふ・・・素直な子は好きですよぉ、ほら、おいで」ポンポン
    元P「そういえばまゆに膝枕されるのって結構久しぶりだね」
    まゆ「そうですねぇ・・・プロデューサーさんも辛い時は言ってくださいねぇ
    無理してるのは分かってるんですからそれでも頼られないのってまゆも辛いん
    ですからね・・・わかりましたかぁ?」
    元P「・・・。」
    まゆ「プロデューサーさん?」
    元P「・・・Zzz」
    まゆ「あら、夢の世界に行っちゃいましたかぁ・・・
    寝顔のプロデューサーさんも可愛い、おやすみなさい、プロデューサーさん」