• このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょっぴり変えるだけ! 男性が「癒されるな~」と感じる「言葉のつかい方」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ちょっぴり変えるだけ! 男性が「癒されるな~」と感じる「言葉のつかい方」

2012-12-18 08:31
    年末が近づいてくると、なんだか気分もあわただしくなってきますね。 クリスマスの予定を相談しても、なにも考えてくれない彼にイライラしたり、メールの返信が遅すぎる! とカッカしたり。 心の余裕がなくなると、ついつい人に対しても自分の都合を押しつけてしまったり、配慮の足りないザツなコミュニケーションをしがち。相手を責めるような言葉を口にしそうになりませんか? そんなときこそ、心を落ち着けて、自分の気持ちと向き合いましょう。

    【参照サイト・画像・動画へのアクセスはこちら】

    愛する彼に伝えたいことは「怒り」ですか? 一緒に楽しく過ごしたいクリスマスの予定を考えてくれないことに「さみしさ」を感じていたり、メールを返信してくれないことに「不安」を感じていたり、「怒り」の奥になにか本当の感情がひそんでいるのでは? そんなときは、相手を責める言い方ではなく、自分の素直な気持ちを表現する伝え方を心がけてみましょう。 心理学では、相手を責める言い方のことを「Youメッセージ」、自分の素直な気持ちを表現する伝え方のことを「Iメッセージ」と呼びます。 たとえば... <Youメッセージ> 「どうしてメールくれないの? もっと早く返信してよ!」 ↓ <Iメッセージ> 「あなたからのメール返信が遅いと、なにかあったのかと思って、とっても心配になるの」 こんなふうに伝え方が違うだけで、言われた相手の気持ちはかなり違ってきます。 相手を責めたり、むりやり変えようとするのではなく、まずは自分の気持ちを素直に表現してみましょう。すると、不思議なことに、自分自身のイライラもおさまってきて、落ち着いて相手と向き合うことができるようになりますよ。 Iメッセージで素直な気持ちを伝えて、愛する彼とステキな関係性を築いていってくださいね♪ photo by Thinkstock/Getty Images (恋心カウンセラー/塩月美香子)
    RSSブログ情報:http://www.glitty.jp/2012/12/011197post_6239.html
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。