未経験者でもできるMMDキャラクターモデリング講座
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

未経験者でもできるMMDキャラクターモデリング講座

2014-10-16 11:55
  • 25
こんにちはMMD向けのキャラクターなどをモデリングしている槭樹と申します。
創作などをしたことない人に向けてキャラクターをモデリングしてMMDで動かすというのを目標にやっていきたいと思っています。
ちなみに私が作ったのはこんな感じです。(http://seiga.nicovideo.jp/user/illust/2312475)
最近では主に艦これ関連のMMDモデルを作ったりしていましていくつかモデルの配布なども行っております。

なんでこのような記事を書こうと思ったのかというと単純にもっと多くの人に3Dツールを触って、モデリングしてもらって、キャラクターなどを作ってもらいたいからです!
はい。 それだけです・・・ それと自分が作ろうと思ったときに調べても思うような記事などが見当たらなかったからだといったことがあります。

さて、そもそももしかしたらこのようなゲームに出てきそうな3Dのキャラクターを自分の手で作ることができる!なんてことを知らない人もいらっしゃるのではないでしょうか。
実際、私も数年前まではこんな3DのキャラクターなんてごっついハイスペックなPCで会社みたいなところでしかできないんじゃないかと思っていたりしましたw
しかし、実際はモデリングぐらいならそこまでのスペックは必要ありません。その辺の普通のノートPCでも作ることはできると考えています。

また、3Dのキャラクターを作ったりするソフトはかなり高価なもので簡単に入手できないんじゃないの? などといったことを思うこともあるかと思います。
確かに、実際会社で使われているようなmayaや3dsmaxなどといったハイエンドソフトはすごく高価で普通は買えません。(学生の方なら無料で使えたりするんですけどね)

ただここでは無料で使用することができ、かつハイエンドに匹敵するほどの高性能なオープンソースソフトである「blender」を使用していきたいと思います。
他にも無料のモデリングソフトとして「メタセコイア」などがありますが無料版では機能が制限されているところがあったりそもそもblenderは統合ソフトでそれだけでもアニメーションまでできたりといろいろできるのでそちらを使えた方がいいんじゃないかと思いましてそちらを使おうと思います。

未経験者向けと書いてありますがメタセコからblenderに乗り換えたいという方にも有益なのではないかと思います。
それから3DCGのキャラクターを作るには他にもphotoshopなどの画像編集ソフトなどがある方が好ましいですが本ブロマガでは「blender」のソフトだけで作っていきたいと思います。

キャラクターとしては初心者の方でも作れるようなそこまで難しくないようなものを作っていきたいと考えています。
作り始めたのはいいものの挫折してしまったなどといった人もおそらく多いかもしれません。ここではとりあえず簡単でいいので1体作り上げてしっかり完成させるということが大事だと思っています。
それからこのようなクリエイティブなことはセンスや絵心といったことが必要なんじゃないのと思われる方もいるかと思います。
確かにそのようなものがある方の方がすごいものを作ることができるということは事実かもしれませんが3Dモデルなら絵が描けなくてもそこそこのものが作れます。
事実、私は全く絵が描けません。しかし、そこそこのキャラクターモデルをつくることはできます。興味と根気さえあればだれでもそれなりのものを作ることができるようになると考えています。


本ブロマガでやりたいことまとめますと
イラストなど創作を全くやったことない人でもMMDキャラクターモデルをblenderでつくれるようになる!

ということを目標にやっていきたいとおもってます。

ただMMDモデルを作る。ということなのでMMDをさわったことがありモデルを入れてポーズを取らせるぐらいは出来るがモデリングなどは全く出来ないような人を対象としています。


さてMMDキャラクターモデルを作るために用意するものは
・パソコン
・マウス(3ボタン)
・blender(2.72)
・PMX(PMD)エディタ
・MMD

だけでやりたいと思います。(もしかしたら少し変わるかもですが有料のは使わない方針で)

モデリングだけならそこまで高スペックのPCはいらないと思ってます。
ちなみにこちらに推奨環境があります(http://www.blender.org/download/requirements/)
2GHzのデュアルコアCPUと2Gのメモリがあればいけるそうですね!
ノートパソコンのタッチパッドでも作業はできなくはないですが少し難しいと思うのでマウスはあった方がいいです。
また説明でも3ボタンマウスあり前提に話を進めていきます。


次回はblenderの簡単な使い方から説明してきたいと思います。

ご意見ご質問などありましたらどうぞ! 
twitterなどでもお気軽にお声掛け下さい。 こちらのほうがおそらく対応が早いです。
また3Dモデル製作は場合によっては数ヶ月かかったりしますのでそれぐらい気長にお付き合いいただければ幸いです。ではよろしくお願いします。

質問などございましたらコメント欄までどうぞ。
ただ気づかないこともございますので早く確実に答えてもらいたい場合は、twitter(https://twitter.com/polymaple) までご連絡ください。


広告
他15件のコメントを表示
×
とてもありがたい記事です。尊敬するモデラー様の講座、参考にさせていただきます!
48ヶ月前
×
遊戯王カードのMMD作れるかな
47ヶ月前
×
いいですねぇ、mayaを借りることも出来るのですが家でモデリングしたいと思っていたので参考にします
47ヶ月前
×
> 事実、私は全く絵が描けません。しかし、そこそこのキャラクターモデルをつくることはできます。興味と根気さえあればだれでもそれなりのものを作ることができるようになると考えています。

この文にとても勇気づけられました。ありがとうございます。
40ヶ月前
×
勉強させてもらいます
35ヶ月前
×
o皆さんから後れを取る事 何年でしょうか・・・・僕も今からまなばさせていただきます
22ヶ月前
×
ワタシも霊夢を作りたいので
22ヶ月前
×
小学生ですけど頑張ってみたいと思いました!頑張ってみます!
20ヶ月前
×
 初めまして。 MMDのモデリングに挑戦したくて、MMDを前提としたblenderの使い方を学ぶために、
1年ほど前から拝見させていただいていました。
 過去に、blenderの挑戦と挫折を繰り返していた私ですが、基本操作を身につける事ができました。
製作中のモデルもほぼ完成し、もうすぐ配布もできそうです。

blenderを扱うための取っ掛かりとして、槭樹様のモデリング講座が大変役に立ちました。
この場を借りて、お礼申し上げます。
18ヶ月前
×
モデリングに手を出そうと思っていたところ、素敵なブログを発見!
しっかり学ばせていただきます!
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。