第四十一記・Splatoon2今夏開幕!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第四十一記・Splatoon2今夏開幕!

2017-01-13 19:53
  • 1
本日、Nintendo Switchプレゼンテーション2017が行われ!

Splatoon2の映像が出展された!

そして言いたいこと気になったことがあふれ出したので久々に筆を執る!

・髪型
髪型については昨年のNintendo Switchの映像の時点で指摘されていたが、
今回のPVで改めてかわいらしさがわかる。
個人的にはショートが好き。


・ステージ
新ステージもぞくぞくお目見えという感じだが、1にあったステージの続投も確認できる。
具体的にはタチウオパーキングだ。
しかし今までどおりにはいきそうにない。
ついに、インクレールがバトルステージに実装だ!
とりあえず互いに一本ずつレールがあるのが確認できるが、


PV後半でインクレールが出ていない状態のステージが見える。


もしかすると奪い合いになるのかもしれない。
いずれにせよ、新たな空中戦が展開されるのは間違いない。
ずっと楽しみだった。

次にメインウェポンに関して。
トゥーハンド(仮)
仮称。
二丁拳銃が確認できた!
通常のシューターとは別分類で、速い連射と短射程が特徴。
Splatoon1のプロモデラーシリーズのような感じだ。
しかしどうやらその最大の特徴はローリング
静止画ではわかりにくいかもしれないが、
自分のインクで塗られていない場所でも短距離なら高速で移動できるようだ。
発生の瞬間インクを後方にまき散らしているのが確認できるので、
メイン・サブとあわせてインク消費を考えながら使うことになるだろう。


・チャージャー
チャージ移動が確認できた!
隠れている場所は光ってしまうがチャージ状態を維持したまま移動できるようだ。
センサー状態とは違うのでおそらく上から見ないと光は見えず、
上をとられないように立ち回れるなら機動力と攻撃力の両立が可能だろう。
一方でイカ化によるチャージキャンセルができなくなるため、
一度チャージを始めたら隠密は難しいと思われる。
スーパージャンプによる危機回避も必要だろう。



・ローラー
縦振りが確認できた!
ジャンプ状態から振った際に発生するようで、
Splatoon1ではレティクルが広がり広範囲を塗れるショットだったのが、
どうやら縦に長く塗れるショットになるようだ。
床を歩いているときは今までどおり普通に横に広いショットなので、
道を作りたい時はジャンプ、平地を一気に奪いたい時はそのまま撃つ必要がある。


問題としては、壁の後ろから塗りたいときにジャンプ撃ちが使えなくなるだろう点。
一方でこれで射程自体が伸びているなら、
ある程度チャージャーにも届くようになっているのではないだろうか?
わかりやすく極端な例を出すなら、
Splatoon1ではダイナモローラーはリッターやハイドラのような長射程に分類されていた。
そのためランダムマッチではダイナモがいると相手にリッターが入る、ということが起きた。
しかしダイナモの最長射程でリッターを倒すのはかなり難しい……
というか無理があった。
この変更で同じ射程分類なら戦える、抑えられる調整になっているとありがたい。

・サブウェポンについて
今回は一つを除いてあまり目立った情報はないが、
とりあえずキューバンボム、スプラッシュボムの続投が確認できる。
最大の情報はチェイスボムだ!
というか、もしかしたらチェイスボムではないかもしれない。
チェイスしないし。
チェイスボムのように床面を塗りながらまっすぐ進んでいくボムだが、
壁に当たっても爆発せず反射して進んでいく。


さしずめ緑甲羅である。
投げ方次第でチェイスボムより広く塗れるので、また戦略が変わってくるだろう。
当てにくくなったか当てやすくなったかは人によるか。

そして目玉、スペシャルについて
・ランチャー(仮)
構えてから着弾点を指定して撃つ、トルネードのようだが……?
トルネードが一点から広がっていくのに対して
こちらは着弾点が複数表示されて進行していく感じ。
トルネより縦長に撃てるのか、それともトルネの代わりなのか?
プレイが待たれる。





・ボムラッシュ
装いを新たに続投のようだ。
カタパルト射出な分、手投げより遠くに飛ばせそうだが、
ただ見た目が新しいだけかもしれない。


・エアブラシ(仮)
メガホンレーザーと同じような予告射線が伸び、
それから猛烈な勢いでインクが噴き出している。
メガホンより細いが、塗りができる上に撃ちながら方向を変えられるため
より広場向きの性能になっていそうに見える。
逆に撃ち始めたら移動はできなさそうなので、メガホンのような連携はとりづらい。
チャージャーのスペシャルについているのが確認できるので、
位置取りそのままに複数人撃てそうなときに使いたいか。
薙ぎ払えー!


・レインメイカー(仮)
着弾点から雲が湧き上がり、一帯を自インクで塗り潰していく!
ステージギミックで来ないかなぁと思っていた雨がスペシャルで登場だ!
攻撃力はないようで、右下の方で黄色がうろうろしているのがわかる。
とにかく広範囲を塗り潰せるので、ファイナルクリスタルダストより強力かも?
トルネードより視界が良好な分、雲とともに行軍するのも有効だが、
敵の塗りを阻害できるわけでもないので外から撃たれるのには注意が必要か。


・フライボード(仮)
自分の足元を自インクで塗り潰しながら空を飛べる!
単純に上をとれるだけでなく、フラフラと高度が変わるので敵からしたら狙いづらい。
今回のPVではブラスターを撃っていたが、おそらくメインウェポンだろう。
ブラスターは比較的相性がよさそうだが、他のブキはどうだろう?
トゥーハンド(仮)もこれを持っていることが確認できるが……



・パワフルジャンプ(仮)
昔考えたんだけどなー!ブロマガに書くの忘れちゃったなー!
それはいいとして、飛び上がって自分のインクをまとい、着地点からぶっぱなす。
人間砲弾……いやイカ砲弾である。


遠くから飛んでいくのではなく自分のいる場所を中心に周囲を吹き飛ばすとなると、
まず敵陣に突っ込んでいく能力が必要だろう。
飛び上がってから自インクをまとうので、バリアなどと違って発生直後は妨害されそう。
PV中では上述のチェイス?ボムとスプラローラーの組み合わせについているようだ。
ボムの塗りに乗って突っ込む、わかりやすいコンボだ。


また、上のピンクの画像はトゥーハンド(仮)だったので、
これもローリングで駆け込んでぶっ放せということだろう。

・その他。
おかしい……ジャッジくんが二匹いる……
分裂したのか……?


あの特徴的なウニ頭も見える。


タコ軍団も新たな兵器を持ってきたようだ。


あのエビフライは……クツやのロブとは別個体なのだろうか?


いずれにせよ、楽しみがあふれて止まらない!

Nintendo Switchは今年3月3日発売!
Splatoon2は今夏発売!
皆でやろう!
楽しみでならない!

広告
×
書き終わってから色々見てきたが、とりあえず
トゥーハンド(仮)は「スプラマニューバー」、
チェイス?ボムは「カーリングボム」、
ランチャー(仮)は「マルチミサイル」、
パワフルジャンプ(仮)は「スーパーチャクチ」、
エアブラシ(仮)は「ハイパープレッサー」、
フライボード(仮)は「ジェットパック」、
ローリングは「スライド」と言うらしい。
一つも当たらなかったな!
他にもジェットパック中の攻撃は自動でランチャーになったり、
ハイパープレッサーは壁を貫通したり、
マルチミサイルは敵のいる位置に射出したりと面白くなりそうだ!
動画だけだとわからんこと多いな……
32ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。