ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • ボイチェンに関して

    2020-02-25 21:45
    こんにちは。
    最近どういうわけかボイチェンおじさんをしているnagaru205です。たのしい!

    さて、私は放送で定期的に「ボイチェンは良いぞぉ」と布教活動をしているのですが、ちょこちょこ興味を示してくださる方がいらっしゃいます。
    そこで、未熟ではありますが、テキトーに解説をしていきたいと思います。
    あくまで私個人の話ですので、合う合わないの問題(俗に言うボイチェン適正問題)も起こりえますし、個人の意見であるということをご理解いただいた上お読み下さい。



    まず、ボイチェン環境の構成要素としては3要素あります。
    ①喉
    ②録音機器
    ③ボイスチェンジャー

    良い声を出すにはこの3要素を充実させる必要があるわけですね。


    入門としては
    ①②はありあわせのもので、③に「バ美声」「恋声」「ガチ声」などの単体で成立するソフトを使用し、自身の声の変換を試して見て下さい。
    それぞれに特性がありますので、1つのソフトで合わなくても他のソフトでは中々上手くいく場合もありますので、お時間があれば違うソフトも試して見て下さい。
    個人的には昨今の頻繁なアップデートにより「バ美声」がおすすめです。

    ボイチェンのちょっとしたコツですが、喋り方まではチェンジできないので、喋り方や抑揚の付け方、イントネーションなどは自分の喉で調整する必要があります。また、変換量は少ないほうが自然な声になりやすいので、高めの声で喋るといい感じになりやすいかもしれません。

    さて、そこで「あれ、もしかして自分の声、可愛いのでは…?」などと思ってしまったら沼へ突入する準備はOKです。いらっしゃい。

    ここからは徐々に自分の声をアップデートしていくことになります。
    どこをアップデートするか、ですが、①②③の自分に不足している要素を頑張って強化していきましょう。

    ①喉
      高い声を出す、そもそもボイチェンに頼らない状態で女声に近づける、話し方を工夫する。
    喉の強化は筋トレと同じですので、一朝一夕では身につかないと思います。
    女声の出し方や高音の安定させ方は様々なサイトで解説されていますから、割愛させていただきます。
    この項目は本当に、修練あるのみ、って感じです。頑張ります……!!!

    ②録音機材
      録音機材はマイク+オーディオインターフェースがメインになります。
    入門時はマイクのみ1000円前後でも良いですが、ボイスチェンジャーに渡す音質が良くなれば良くなるほど、変換による劣化を多少なりともカバーできますので、段々良い機材が欲しくなります。
    しかし、オーディオ世界は沼。数万円のマイクが入門用とか言われてしまう恐ろしい世界です。多くの先駆者さん達に感謝しつつ、色々情報を集めて徐々にアップデートしていきましょう。
    とりあえず、1万円前後のマイクとオーディオインターフェースを導入するだけでもかなり環境は良くなりますので、導入してみては如何でしょうか?

    ③ボイスチェンジャー
      ここも沼です。沼of沼です。
    入門用としてはソフトウェア1つで完結する上記のソフト達をオススメしましたが、それ以上を求める場合、個人的な環境構築ができるVSTプラグインの導入をオススメします。
    導入方法が少々煩雑ですので、やはり説明力のない私ではよく伝わらない可能性がありますので、「VST ボイチェン」などでググって下さい。
    導入できた場合、地獄のような量のソフトと細かな調整が可能になります。そこでさらなる良い声を目指すことができます。
    VST環境はあくまで「個人の声帯に合った環境を構築できる」というのが強みになりますので、そういった細かな調整をしない場合、VST環境に乗り換えたからと言って確実に音質が良くなる訳では有りません。
    基本的にボイチェンソフトは喉との適合問題が常に付きまといますからね!!!


    何度も何度も自分の声を聞いて、より可愛く、より好みに①②③を調整していって下さい!
    結局、ボイチェンは超絶自己満足の世界です。「自分が可愛いと思った声」が一番なんです!!!!!



    一応、参考になるかは分かりませんが私の環境の変遷を記しておきます。

    【初期】「恋声」 マイク3000円(ECM-PCV80U)

    【中期】VSTで音量などを調整+「恋声」で変換 マイク3000円(ECM-PCV80U)+オーディオインターフェース2万円(VT-4)

    【現在】VSTGraillon2で変換 ピンマイク2万円(ATM75)+オーディオインターフェース2万円(VT-4)

    「恋声」との相性が良かったので、しばらくはそちらを使用していましたが、遅延の問題とマイクのアップデートにより、その他の変換ソフトにも対応できるようになったため、最近「Graillon2」に乗り換えました。もしかしたら喉の部分も多少良くなっているかも知れません。
    今後どうなっていくかは不明 of 不明です!
    頑張って行くので、もしよろしければ意見等いただければ幸いです。



    [VT-4に関して]
    よくVR界隈ではVT-4というハードウェアボイスチェンジャーが話題に上がりますが、この機械はボイスチェンジャーとしては非常に適合が難しく、ハッキリ言って初期投資として買うものとしては全くオススメしません!!!!!
    事実、私の環境では音声変換機能は使われていません。
    しかし、この機器が駄目かと言われるとそうではなく、非常に低遅延にそこそこの質で音声を変換してくれる機能はとても優秀で、「ボイチェンに時間がかかる環境の場合、視聴者には聞かせないけどVT-4で一旦変換してもらって自分の声の出来をある程度把握しつつ喋る」為に使用できます。
    ですので、最初から購入を検討するものではないことは明記しておきます。お高いですからね。
    最近出ているフリーのボイチェンソフトはとても優秀です。まずは是非そちらを試して下さい!





    じゃあの!!!
  • 広告
  • Vtuberの魂問題、PC・PLの概念

    2019-08-30 17:0518

    こんにちは。nagaru205です。
    先日引いた風邪が長引き、喉の調子が中々戻らないことに悲しみを感じている今日この頃です。

    さて、最近、ボイスチェンジャーを使ってニコニコ生放送で遊んでいるわけなのですが、Vtuberの中の人との衝突、変更、果ては中の人の追加で荒れる事件が散見されますね。

    というわけで今回は、企業Vtuberに関してつらつらと書いていきます。

    これに関して、ある方がVtuberに関してもPC・PLの概念を取り入れるのも良いのではないか、というブログを書いてらっしゃいました。
    PC・PLとはそれぞれPC=プレイヤーキャラクター、PL=プレイヤーの略で、Vtuberにおいてはキャラクターそのもの(PC)、と中の人(PL)に相当します。TRPG業界では古くから使われている概念らしく、ドラマの役柄俳優、アニメにおけるキャラクター声優の関係も同じようなものかと思います。

    この概念をVtuberに導入すると、PCとPLの同一視をしないという大前提のルールがあるため、
    PCには中の人など居ないと言わせつつPLとして意見を発しても矛盾がない
    →PCはPLの存在を意識できないため
    悪役・悪人のキャラクターを活躍させられる
    →PCの人格はPLの人格と無関係のため
    PC同士の恋愛関係が安心して構築できる
    →PC同士の好意とPL同士の好意は無関係のため
    PCで発生したヘイトがPL側に波及しにくい(あるいはその逆)
    などの点で、『便利』である、とおっしゃっておりました。

    個人的には声優や俳優などはこの考え方が『それなりに』機能しており、ある意味で健全な状態になっていると考えています。
    しかし、Vtuber業界はPC(キャラクター)とPL(中の人)の境界を『あえて』不明瞭化している部分が多く、その弊害としてPCとPLの同一視が進み、様々な問題が起こっている部分があるのでは、と感じました。
    このPCPLの境界の不明瞭化という手法は、アイドルマスターというコンテンツでは前から行われていた手法であり、その良し悪しはさておき、ファンの心を掴むには有効な手法です。声優の個性をキャラクターに逆輸入したり、キャラクターの個性にあった声優にキャラクターの衣装を着せる、等々により、2次元のキャラクターへの好意を3次元の声優への好意に発展させることができます。それにより、ライブやオフイベントなどの盛り上がりや人気、売り上げを確保できるため、いろいろなコンテンツで取り入れられている手法にもなっています。

    Vtuber業界はアニメやゲーム、ドラマ以上にPC(キャラクター)にPL(中の人)の設定・能力・特性が反映され易く、PC≒PLの図式が多くの場合成り立つようになっており、それを制作者も視聴者も受け入れているように思えます。台本がしっかりと決まっていない生放送などではどうしてもPL(中の人)の人間性がそのままPC(キャラクター)に反映されがちですし、そこが面白い部分でもあります。これが根深い問題。

    さて、先のVtuber業界における一部の問題、中の人(PL)のサイレント変更や追加などが大荒れしましたが、PCPLの分離という考え方がしっかりとVtuber業界で徹底されていれば問題にはならなかった可能性が高いと思います。しかし、人気や面白さの確保のため、PCとPLの境界を故意にあいまいにしている件も多く、簡単には解決できない問題であると感じます。


    様々な問題がありましたが、私としては、

    ・PC≒PLという売り出し方の強みと危険性を企業がしっかりと認識する
    →無名PL(中の人)を使った場合、PL≒PCという意識が生まれやすいです。売り出すには良いのですが、問題が起こってPL(中の人)と衝突したり、変更を余儀なくされた場合、育ててきたVtuberのコンテンツ自体が取り返しのつかない打撃を受ける可能性があります。
    更に、素人の若い方など社会人経験が無い中の人も居る可能性があります。そういった方にキラーコンテンツを握られてしまう危険性……こわい。

    ・PC≒PLという売り出し方をされても視聴者側でPC≠PLを意識して楽しむ
    →PC≒PLという売り出し方が多いのは生放送中心のVtuberならどうしようもないです。しかしあくまで別人格であると心に一線を引きましょう。中の人の発言は神託じゃないですよ?

    ・PLもPCを盾にしない
    →一部のVtuberでありましたが、キャラクターのアカウントで視聴者に助けを求めた件。背景が明らかになっていないので何とも言えませんが、中の人(PL)は、キャラクター(PC)とは別です。企業と揉めているのは中の人であってキャラクターの権威を利用してはせっかくの夢が終わってしまいます。企業側も、それをやられたらキャラクターコンテンツを守るために強い行動に出ないといけませんし。視聴者の善意につけこまないように、互いに大人な対応をしてほしいですね。
    どうにもならず、最終手段として、頼らざるを得なかったケースもあるかもしれないですが。

    ・互いに歩み寄ろう
    →PC≒PLの図式が成り立っている場合、PL(中の人)の権利は増大しがち。しかし、企業側も権利の拡大を無理に抑え込まず、コンテンツ成功の立役者として契約の改善やボーナスなど、柔軟な対応をする必要もあるかもしれません。
    中の人サイドは、コンテンツが成功した場合、本人の努力や運などももちろんあったでしょう。しかし、企業側の出資や配信環境の提供、売れなかった時代の最低賃金、背負っていたリスク等、色々考えて行動して欲しいです。コンテンツに不可欠な人間になったからと言ってコンテンツを盾に取る行動はアカンと思います……
    二人三脚で発展して、二人とも最大利益を享受して、末永く円滑な関係を!

    ・これから起こって欲しい業界としての成熟
    →視聴者側も、運営側も、演者側も、まだまだ発足して日の浅いコンテンツであるVtuber。互いに色々な事を糧にして、三者がそれぞれ楽しんで満足できるような幸せな世界になれるように一つずつ、成長を重ねていけたら良いな、と思います。

    こんなことを考えました。

    みんなしあわせがいちばん!

  • 2018年に買ったものとか導入したものレビュー

    2019-01-08 18:40
    2019年、あけましておめでとうございます。

    最近全く更新してないので、タイトル通り2018年に買った、導入したもの達のレビューでも書いていこうかと思います。
    色々あるので参考にしていただければ幸いです。

    電子機器系
    ・イヤホン
    KZ ZS6 2ダイナミック+2バランスド・アーマチュア 4ドライバ 着脱式 0.75mm 高音質イヤホン(グレー) kz-brand
    3800円くらい そこそこ満足
    https://www.amazon.co.jp/dp/B077GSQ3R7/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_atgnCbYZTAKA6

    謎のメーカーKZ-brandから出ているイヤンホホ。4ドライバBA型とは思えない格安
    音質は値段を考えればかなり良い。一部の2万超えイヤホンにも十分比肩する。
    装着感が少し弱いのが難点だが、イヤーチップの交換等で対処可能。
    割と高級イヤホンに縁がない方でも買いやすい値段帯。
    良いイヤホンほしいけど、あんまり値段を出したくない。。。って欲張りさんにおすすめです。

    ・bluetooth イヤホン
    Pasonomi ブルートゥース イヤホン
    2980円 要らない
    https://www.amazon.co.jp/dp/B07CJC5SQP/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_BCgnCbF49BXB7
    amazon prime dayにて購入。前々から興味のあったブルートゥースイヤホンとかいうジャンル。
    音質にはもともと期待していなかったし、接続も問題なかったのだが、やはりイヤホンを充電するという習慣がなかったのが致命傷だった。
    使おうと思ったときには充電切れという状態が多発し、購入後2週間位で使用頻度はほぼ0に。
    充電用ケースから一瞬で外れるので、カバンに入れているだけでイヤホン2つが行方不明になりがち。
    コードレスの利点より充電や管理の面倒臭さが圧倒的に勝利し、無事要らない子へ。
    走ったりする方以外はあんまり要らないんじゃないかなーと。

    ・マウス
    Amazonベーシック マウス USB MSU0939 Amazonベーシック(AmazonBasics)
    500円くらい 満足
    https://www.amazon.co.jp/dp/B005EJH6RW/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_4GgnCb30J5HVS

    もともとマウスにこだわりのない人間なので、アマゾンの格安マウスを購入。
    サイドボタンも無ければ、高性能ななにかがあるわけではないものの、私にとっては必要十分
    インターネットブラウザ側にマウスジェスチャーというアドオンを入れているため、こんなマウスでもネットブラウジングは十分快適です。
    最低限を求める人には丁度いいかも?

    家電系
    ・布団掃除機
    Dibea 布団クリーナー 15KPa 超吸引 マットレスクリーナー ふとんクリーナー
    5000円くらい そこそこ満足
    https://www.amazon.co.jp/dp/B079L5Y6JJ/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_JygnCbBD8MD4W

    amazon prime dayのタイムセールで購入。
    布団のホコリをよく吸ってくれる
    普通の掃除機と対して変わらないが、専用だけあって布団、ベッドに対する取り回し良い感じ
    この機器が良い、というよりふとんクリーナーそのものが初体験なので、ふとんクリーナーなら何でも良いのかもしれない。
    ちょくちょく掃除するとアレルギーとか怖い人には良いのかも?
    私は億劫なので大掃除のときにやるくらいです。
    効果は不明。ホコリが取れるのは目に見えるので達成感はあるよ!

    ・布団乾燥機
    アイリスオーヤマ 布団乾燥機 カラリエ ツインノズル FK-W1
    1万円ちょっと 満足
    https://www.amazon.co.jp/dp/B07D78MQX2/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_BKgnCb589ZQWK
    冬のクソ短日照時間による布団干し不可物件に住む私の救世主。
    天日干しと同様の効果を得られているかはわからないが、こまけぇことはいいんだよ!精神
    冬は日照時間が短く、建物が密集していて中々気軽に布団を干せない我が家には必須となったアイテム。
    ダニ退治だけでなく、寝る前にちょっとかけておくと布団をすごく暖かくしてくれる可愛い子。
    地獄のような冷たさの布団とおさらばできる。
    ちなみに布団乾燥機を買うんならツインノズル式のものをおすすめ。値段はちょっとお高めだが、乾燥能力が段違い。
    優しさに包まれて寝よう!(提案

    ・iPad 第6世代 128GB
    4万8000円くらい? 判断保留
    https://www.amazon.co.jp/dp/B07C9V3SKZ/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_1OgnCbFK1F569

    私にiOS童貞を捨てさせた子
    現在購入して間もないので、よくわからないが、とにかく安定して動くタブレットが欲しかったため購入。
    今まで何個かwinタブとandroidタブを買ってきたがどれも安定性がゴミだったので、ついに折れてiPadを買った、という感じ。
    現状は問題なく動いてくれている。
    iOSということで違和感を覚える部分があるかと思いきや意外と思い通りに動かせる。
    OSの差はあまり気にしなくても良いかもしれない。
    しかし、microSDが刺さらない、画面分割で処理ができない、Kindleアプリで1クリックで購入できない、といった微妙な不便さがまだ気になるため、携帯をiphoneにはできなそう。
    長く使えてくれれば嬉しいなぁ


    アプリなどその他
    ・kindle

    ついに漫画の収納に困り、電子書籍に手を出しました。
    神ですねこれは。
    収納先に困らず、オフライン状況下でも買ってDLしておいた本は読み放題
    更に、定期的にセールが開催されて読みたかった本が安く手に入ることも。
    むこうぶち1~49巻まで各11円だった時に一気買いしたり、中々鬼畜なレベルでの値引きもあります。
    みんなもamazonに魂を売ろう!な!

    ・amazon prime day
    楽しい
    先のkindleといい、去年はアマゾンを色々使ってみました。
    prime dayは色々な商品が安くなりますが、個人的には普段の生活で使用する消耗品を買い漁るのがド安定だと思います。
    洗剤、柔軟剤、漂白剤、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、芳香剤、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどのまとめ買いを行って確実に消費する者たちを一気買いするのが楽しいです。
    タイムセールは安いのですが、大して必要ないものを買ったりして安物買いの銭失いになることもしばしば。
    ネット通販ではしっかりと買う前に一呼吸おいて、本当に必要なのか、買いたい物と一致しているのかを確認しましょう。何度か敗北を味わいました。。。。




    以上になります!
    みなさんも2018年に買ったものはありますか?
    なにかおすすめがあればぜひ教えてくださいね!