ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 長トイレP【VM-1GP2016の感想】

    2017-01-10 18:01
    皆さんこんにちわ、長トイレPです。
    最近動画も投稿してないですが、ニコニコ動画はほぼ毎日楽しませてもらっています。
    そしてもちろんVM-1GP2016の大会も楽しく視聴させてもらいました。
    今回は全動画を視聴して、点数も順位もつけて、新しい楽しみ方をさせていただきました。

    てか今回、全体的にレベルが高い!!
    参加組数が減ったのと、初参加組がいないのとかで理由は色々あるでしょうが、皆さんのやる気や工夫が凄く見えた気がします。
    とまあ長ったらしい挨拶はこれくらいにして早速感想いってみましょう!(フ゜∀゜)ノ

    これらは全て長トイレPによる勝手な感想です。
     あまり鵜呑みはせず、ふえーこんな意見もあるんやなー程度で
     消化していただけたら幸いです。





    はいまずは最高の問題児、もこもこ~ず
    今回このコンビはほぼ満点に近いんじゃないでしょうか。
    自由に動くGUMIちゃんに乗っかったり、突っ込んだりするガクポ。

    このコンビの強みはネタかぶりがほぼないというのがあると思います。
    各参加者が必死にネタかぶりしないネタを考える中、このチームにはそれがない。
    例え似たネタのチームが現れたとしても、もこもこ~ずの二番煎じになるんだろうなと。
    もちろんその道を創りあげたのは本人なので脱帽の一言。

    もこもこ~ずの弱みを強いて言うなら、キャラ的に使えるネタの範囲が他チームより少ない・・はずなんですが、いつも全くそう思わせないのは流石です、笑。

    あとは時事ネタを取り入れての飽きさせない工夫もあり見事でした!!
    簡単にいえば分かってても笑う、というやつですかね。
    それも決して偶然ではなく作者の工夫。
    そしてそれこそがこのコンビの最高の強みだと思います。



    続きまして‥ネギメシMサイズ
    楽しいOPソングも印象に残るこのコンビ。
    今回は昔話と野球をうまく合わせたネタで勝負。
    前回より分かりやすく確実にレベルアップした印象でした。
    自分の場合、野球ネタもツボだったので好みというのもあったのですが、
    野球知らない人には厳しかったのかな‥スクイズとかベンチ良かったんだけどな、笑。

    あと少し思ったのが、
    米山マイさんのお米布教活動をどう視聴者に伝えるかってのもポイントかなと思いました。
    よく知らない人からしたら『お米食べろー』と聞いてから、あっ『米山マイ』っていう
    名前だしお米好きなのかな?と初めて理解する‥という形になってそうな印象。

    漫才の最初に上手いこと説明的なやりとりや掛け合いを入れるか、
    もしくはいっそのこと米の布教活動がどうやったら上手くいくかの漫才にするとかもありかもしれない。



    次は‥初闇
    着実ににレベル上がってます!
    VR技術の時事ネタを使った、テンポ良い漫才。
    ネタも豊富で当たろうが外そうが関係ないマシンガン的な漫才でしたね。
    以前はネタに入るまで間延びする印象があったのですが、
    今回はとんとん拍子に繰り広げられる漫才に楽しませてもらいました。

    しかしこのコンビの弱いところを挙げるのならば『意外性』かなと思います。
    たかし君45才など、ミクのボケは意外性満点ですが、
    それだけに闇音さんのツッコミは視聴者の予想通りになってしまいがちかなと。
    ボケで笑わせつつ、ツッコミでさらにもう一笑いさせれれば上位を伺えるのでは‥‥

    あと表情豊かな2人が可愛いです、笑。




    そして・・ゆかりりぃ
    今回はゆかり&Lilyという初コンビ。
    昔のちっちゃいPさんの大会動画と比べてみても、
    視聴者を楽しませようとするネタの数も増え、しっかり漫才していた印象。
    『声を中にして』とか『Lilyの名は』は正直笑った。
    そんな風にネタ数を加えていきつつ、
    今度は命中率をあげていければ上にいけると思う。

    例えばになるが俺なら
    L『あのセリフ言ってみたいな~』
    Y『ああ、言ってみる?』
    L『からっ揚げ~美味しく作るなら~♪』
    Y『それLuxのCMじゃないけど!?』
    とか簡単でわりかし破壊力のあるボケが出来たかなとか想像。
    印象の強いCMならいっぱいあるしね。

    余るくらいネタを作って、
    口に出して比べたりして、濃縮なネタにしていければ◎かもです。



    ではでは‥ぱわ~ぷっしゅ
    年末の特番ドッキリネタ漫才でしたね。
    CULの自由さに花ちゃんが振り回される漫才だったのですが、
    ドッキリをするのか?どんなドッキリなのか?
    もはやドッキリってなんだったっけ?笑。
    どうなるか全く読めない展開が続き、
    ハラハラが凄く楽しかったのです!

    ただ漫才というより単純に花ちゃんがドッキリとは何ぞやと教えてる
    感じにも見えてしまった点が残念。
    一分後にも何かあるのかなとドキドキしていました、笑。

    でも『ドッキリの要望ある?』は斬新すぎて笑った。
    ある意味やられる方には残酷な質問だよなーw



    さてさて‥枝豆ストライカーズ

    焼いた鯖の匂いネタ?笑
    は冗談として今回も楽しくカオスを軽く纏いつつ、
    まとまった漫才に仕上げてきた印象。
    しかし今回はそのまとまり、安定が裏目に出たのかな?
    やはり皆はカオスを求めているのか‥笑。
    前回に比べるとしっかりしたトリオ漫才になった分、
    カオス度が減ったとは確かに思う。
    定石とカオスはほぼ反対ですし、これは当たり前。

    今回の結果に関しては予想になるけど
    期待されてたハードルの高さと、
    カオス度が減ったことによる印象の低下かなと‥
    いや、改めて厳しい世界だ。

    でも個人的には順位に驚いたチームの一つでした。
    個人的にはTOP10入りだったんだが・・



    最後は‥重ね月

    普通に面白かったの一言です。
    テンポも調声もネタも安定しててレベル高いので、
    もっと上位に行くのかなと思っていました。

    毎年の大会、やはり傾向というのがあるみたいで
    さきほどの枝豆ストライカーズの時にも軽く言ったのですが
    今回の大会に関しては『安定=毒』だったのかな‥

    マジシャンネタがどこかと被ってるわけではなかったのですが、
    最終的な印象としては弱く反映されてしまったのではないかと。
    繰り返しになりますが、ネタの精度やテンポはレベル高いと思うので、
    あとは相手の心を上手く掴みさえすれば・・(`・ω・´)






    最後に‥
    今回の大会は最初に言いましたがレベルが高いと思います。
    上位はともかく、おそらく実力に大きな差はないと思ってます。

    今回でいい出来だと思った人は来年はさらに上に、
    振るわなかった人にしても、ほんの僅かな好みの差だと思うので、
    一気に上位目指しちゃっていいと思います。
    おそらく来年も実力は拮抗しそうですし。

    感想に対する感想もお待ちしてます!
    皆さんお疲れ様でした!!(フ゜∀゜)ノ





  • 広告
  • VM-1GP2015を終えて【ネタばれ注意】

    2016-01-12 18:4510
    こんにちわ!!長トイレPです。


    皆様おつかれ様でした!!
    まぁ、まずはこれですね。

    色々な想いは交錯してたでしょうが、満足いく結果だったでしょうか??
    今から主観的にですが適当に書いていこうと思います。



           【自分の動画について】
    タイトルは「たかしのノーパン一人暮らし」かな。うん意味不明(笑)
    前回との大きな変更点でいうと、今回はテトさんが初のボケ。
    変わった大きな理由が、ユフさんの温和な性格のイメージとネタの内容の関係ですね。
    さすがに室温720°はユフは耐えれんだろうし、不自然ですからね…

    ユフのイメージにテトが割り込むネタ(エコーの部分)は、
    クスっとでも笑ってもらえればいいかなと。
    理由は後半にエンジンかけて、徐々に盛り上げていきたかったから。
    しかし、いかんせん後半はネタのパワー不足でした、反省点ですね。

    その後半、たかしでたたみ掛ける部分が肝だったのですが、
    冷静に見るとちょっと物騒すぎたかなという印象。

    自分ネタに関しては簡単ですが、こんなもんですかね。



          ※【他人様の動画について】

    ・いくつか他人様の動画の感想(ツイッターで希望者を集いました。)

     を述べていこうと思います。
     くれぐれも長トイレPの勝手な見解、
     意見であることを予めご了承ください!!



    【 No.0011 ネギメシMサイズ 


    【感想】
    可愛さだけでなく、テンポや構成(ネタからネタへのつなぎ)、調声の質のレベルが高く、
    とても聞きやすい漫才だと思う。
    同じ読みや意味の言葉を巧みに使い、楽しげにあっちこっちミクさんを振り回していく漫才。
    ネタが始まって笑わせるまで時間のかかってしまう部分もあったように思うが、
    最後の掛け合いなどは、上手さのオンパレードでした。

    ミクさんの感情の起伏がもっとあっても・・と一瞬だけ思いましたが、
    ここのミクさんはこのシュールなツッコミでいいのかもしれない。

    個人的にこの漫才は、視聴者の心をつかむのには成功しているのではないかと思います。
    でもどうしても「面白い!!」より「上手い!!」という方がイメージが強く、
    ただただ感心してしまった印象。

    いかにこの「上手さ」を「面白さ」につなげて、
    漫才の後半に向けて、笑いを伴って盛り上げていけるかどうかがポイントかなと。



    【 No.0017 枝豆ストライカーズ 



    【感想】
    今大会のカオス枠といってもいいかな。漫才の概念を大きく変えた今回の漫才。
    あやふやPさんも投稿後、ヒヤヒヤしてたのではないだろうかと予想w

    良い点かつ、特徴的なのはその攻撃力!!
    GUMIとLilyのコンビプレイに加えて、
    隙あらばCULがロングシュートを決める。

    次から次へと、あっちこっちから飛び交うボケにLilyが一生懸命かつ、
    分かりやすくズバズバっと的確にツッコめていた。
    最初の強い勢いを一回も殺すことなく、さらに盛り上げ、
    ゴールまで駆け抜けたことが視聴者の心を
    掴めた要因ではないだろうか。

    悪い点・・というか、
    カオス枠の一つの特徴と長トイレPは考えるのだが、

    安定性だけが唯一の不安要素かな??

    カオス枠だけに次の大会ではどうなっていくのかが、

    周りは非常に楽しみで、本人はプレッシャーかもしれない。


    【 No.0033 居酒屋シスターズ 


    【感想】
    MEIKOの暴走を、ルカが一生懸命コントロールしようと頑張る漫才。
    すでに吞んでるかのようなMEIKOが自由で面白い。逆にルカさんが不憫w
    テンポも良く、舌打ちや悲鳴は聞いててかなりリアルでした。

    自分の家(長トイレP)が兵庫出身なのもあり、
    知ってるゆるきゃらの出現はかなり印象的でした。
    (逆に言えば、他県民からしたら難しいかもですね‥)

    ポイントとすれば、完全自由なMEIKOをどこまで自由にさせるのか、
    それに対してルカがどうつっこんでいくかが、
    このコンビの肝かつ、生命線になりそう。
    (多分、凄く難しいかもですが。)



    自由にさせすぎたら漫才じゃなくなってしまいますし、
    全部つっこんでいったらキリがなさそうですもんねw

    でもMEIKOの自由さは大きな特徴であり、大きな武器。

    その上バランスは問われるとなると‥、ルカさん頑張って!!w


    【 No.0010 マーブル模様 


    【感想】
    考え抜かれた構成と、緻密な計算でいえばこの組がダントツでトップかもしれない。
    リンと話しているレンが、ミクとキヨテルに振り回される漫才。
    台本とかどうなっているのだろうか…
    強みはなんといっても構成力と4人の笑える掛け合い。
    レンが振り回されながらもカオスになるわけでなく、
    ちゃんとリンと会話が成り立っているのが面白い。
    たまに見せるシンクロも素晴らしい。

    ただ残念ながら長トイレPがちゃんと、
    この組の面白さに気づけたのは視聴3回~4回くらい経ってからだった‥
    おそらく1回見ただけでは厳しいかもだし、
    人によっては1回しか見ない人もいるかもしれないので、
    今回の大会では不利に働いてしまった可能性があるのかなと。

    やり方や、どうすればいいかは申し訳ない、全く分からないが、
    次の大会、今回のような漫才の面白さで「一回の視聴でしっかり理解できる」漫才に、
    もしなったと仮定したら・・
    普通に入賞あるのではないかと勝手にですが思ってます。



    【 エントリーNo13 初闇


    【感想】
    2人のミクさんによる、しゃべくり正統派漫才。
    他にはいないキャラなのに対して、
    特に説明もなく話の中で性格がなんとなくだが伝わるのは強みだと思う。
    ネタやテンポ、さらにはモノマネもこなしボケの手数は凄く多い。
    クオリティが年々上がっている印象。
    イラストも表情ごとに動いたりと、
    視聴者を飽きさせない工夫が動画内にふんだんに散りばめられている。

    ただネタに入るまでの構成に、寄り道や回り道が多かったかなと思う。
    しばらくボケやつっこみがない時間が、序盤では目立ったかなと。
    あとこれは長トイレPが無知なだけかもしれないが、
    旅行ネタの際、元ネタを知らなかったり、
    元ネタがうろ覚えだったりするネタが多かったように思う。

    もちろんハマった時はもの凄く強いし、悪いわけでは絶対ないのだが、
    そういうネタは基本リスクが高いから注意が必要かもしれない。
    (実際自分にはハルクネタはドンピシャだった。)
    上手くフォローをどう入れるかがポイントかもしれない。


    きーいーて!!はもう封印されちゃったのかな‥




     ※今までの他人様の動画の感想は、
     あくまで長トイレPの勝手な感想です。
     でも、もし気を悪くされたのならそれは本当にすみません。



          【全体の感想】
    運営さんも言ってましたが、今回の《VM-1GP2015》
    自分的には高いレベルで拮抗してるのではないかと思っています。
    その中で持てる力を出し、戦わせてもらったことを光栄に思います。
    前回参加から順位は下がりましたが。
    次に向けての意欲は充分です。

    今回のVM-1GPはこれからも思い返して反省しつつ、
    あくまで次の大会での優勝目指すためにがんばります。

    ※これはあくまで良ければなんですが【紅白まんじゅう】の感想いただけたら嬉しいです。
     一言でも長文でも、何でもいいんで。 [壁]д・)チラッチラ
     

  • 【トクロ・HANASUドキドキフェスティバル】について。

    2014-01-23 18:38
    ※この記事には個人的な意見も含まれてます。

    皆さんこんにちわ。
    前回のブロマガ初投稿ではVM-1GP2013の記事を書いたので、
    今回が二回目となります。
    そして今回は
    トクロ・HANASUドキドキフェスティバル
    (以下・ドキフェス)について宣伝&考察してみたいと思います。

    そもそもドキフェスとは簡単に言えば、
    ボーカロイド・UTAUにドキドキするようなセリフをテーマに沿って言わせて、
    初心者からベテラントクロPまで気軽に参加しようという企画です。

    細かい決まりはあまりなく、今回のテーマ【告白】【誘惑】を
    トクロ・HANASUで表現さえしていればだれでも参加可能みたいです。

    期間終了後には、主催さんが振り返り動画を投稿されるみたいです。
    (詳しいルールはこちらの本家動画で)


    これはバグロックさんが初めて主催する企画だそうで、
    まぁ企画自体については、正直なところ開催してみないと、
    どうなっていくかは何とも言えない部分が多いと思います。

    それでもやはり参加するにあたっての敷居は低いのはメリットであり、
    ・最短30秒の動画で良い。
    ・動画作成の基準となるテーマ(今回は告白・誘惑)も難しくはない。
    ・いくつでも投稿でき、最後には動画で振り返ってもらえる。
    と初心者に対しても優しい&嬉しい点は多く、数多くの参加が期待されます。

    逆にデメリットを挙げるとするならば、
    ・ネタでもいいから賞が欲しかった(個人的意見、笑)
    ・毎年行う企画とするならば、今の所少し定着は厳しいかなと予想。
    ・少し募集期間が長いので、盛り上がっている時期からは、
     大きくずれて発表・・になりそう。(2/1 ~ 4/30までが作品募集期間)
    まぁデメリットに関しては、個人的かつ予想なので
    これは様々な意見があると思います。

    最後になりましたが、自分的にはこの企画が春のトクロ企画に定着すればいいな~
    と思っています。
    どんな企画でもそうですが、成功・成長していくには
    今年いきなり大成功!!とか、主催さんの力だけで成功!!
    ってのはやはり難しいと思うので、
    皆で協力して毎年少しづつでも盛り上がっていけばいいな。
    今そこで迷ってる君!! 参加しちゃおうぜ!!w

    長々とご閲覧、ありがとうございました!!
    わたくし、長トイレPも皆に喜んでもらえる作品で参加するつもりです!!
    ではでは~・△・)ノ バイバイ