胆石からの生還w
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

胆石からの生還w

2019-08-24 03:29
  • 4
胆石になったことがあります。(たぶん)
盲腸にもなった事があると思います。(たぶん)w

一か月位、腹部に何だかじわじわとくる痛みが発生し、ああこれは胆石だなと確信しました。
親戚に胆石を患った方がいて、その方は手術で胆石を取り除いたのですが、かなり痛かったそうです。

絶対手術は嫌だ。そして病院は人を殺す施設だ!という観念があり、何とか自分で治そうと思い内蔵を振動させたり、陰圧をかけたり、激しい運動をしたりしてみたところ痛みが無くなりました。これで胆石は排出されたなと思いました。
(ただ、あの痛みはたまに夢で見ますw)

もう20年ほど前のことですけどね。←ここ追加しました。







広告
×
胆石は胆のうの中にできる結石なわけですが、ゴロッと大きいのができた場合は痛みが少なく健康被害も小さいケースが多いそうです
ですが胆汁の流れに振り回される程度の小粒だった場合、何かの拍子に胆管(胆のうから十二指腸に繋がる管)に詰まって激痛を起こします(胆石発作)
詰まる大きさの胆石がそのまま排出されるケースはあまり無いらしく、そもそも詰まらない程度の大きさなら自覚症状無く排出されるとのことです
申し上げにくいことですが、おそらく筆者さんの胆のうの内部には胆石が残留している可能性が大いにあるかと思われます・・・
私自身もエコー診断にて小粒の胆石が確認されており、運よく年単位で発作が起きていない状況です
手術を受けるか否かは別として、本当に胆石かどうか診察だけでも受けてみてはいかがでしょうか?
筆者さんは手術などの医療措置に抵抗があるご様子ですが、自身のコンディションを知るためにも診察だけは受けてみることをお勧めします

長文、失礼いたしました
1ヶ月前
×
>>1
ご提言ありがとうございます。
新たにブログに追加しましたが、もう20年ほど前のことです。
再発はしていないのでたぶん大丈夫だと思います。

ただあの時の痛みは忘れることの出来ない痛みだったので、ブログに挙げてみました。


1ヶ月前
×
お大事に。私は胆石じゃないですが尿道間結石で救急車に運ばれたことがあります。
ところで、このたび私の動画のフォローありがとうございました。少々興味を持ってナ~さんの動画を拝見したところ、肩ボーンの考察に共感しまして、ブログの内容とは関係ないのですがメール差し上げてます。実際のところ私のモデルは元データーの身体メッシュの出来栄えは良かったのですが、ウェイトの塗りが甘く、100%肩周りのウェイトを塗りなおしています。参考になるサイトなども廻ったのですが、結局試行錯誤を繰り返して今の状態で配布してあります。ボーン位置の微調整も同時に行いましたが、肩のきれいなラインをウェイトだけで表現するには最終的に追加ボーンが必要になる為、一般配布用のモーションが作れなくなるので(もともとモーション製作用に作ったモデルです)断念しました。肩→腕のボーンの順番に(見かけ上、肩や腕のメッシュが破綻しない角度)まで動かして、なんとかモーションの製作をしてます。

最近のモチベーションの維持が難しいと書かれた後の進捗に、少し残念かなと思いましたので、結構コアな問題に悩むMMDerも意外と多いと(ニコニコには少ないかもw)知っていただければ、少しは励みになるかなと。
以上、関係ない長文失礼しました。
8/29 nenene
4週間前
×
>>4
メールありがとうございます。
モチベーションが起きないのは、ほぼ毎日、酒浸りのせいですw。

肩ボーン、及びそのウェイトについてですが、鎖骨、肩、肩甲骨の動きにはその連動性 (特に鎖骨と肩甲骨) と動きに常に制限が伴います。
それを考慮すると (変なモーションは考慮しない) より簡単に作業できるのではないかと思います。
因みに静画での肩ボーン位置でのウェイトの塗りは、他のモデルのウェイトの塗りより簡単だったように記憶しています。

これからのUPされる動画や、配布されるモデル、楽しみにしています。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。