光回線 Wi-Fi 10G メリット デメリット (検索)ポチっ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

光回線 Wi-Fi 10G メリット デメリット (検索)ポチっ

2020-08-13 12:30
    あまりにも前例がなさ過ぎたので前例になろうとイキッってます。
    どうも~ないとんです!

    光回線10Gを導入するにあたり開通工事で起こったことや今までの光回線と違う出来事があったので、誰かの参考になればなと思い、今日は「導入することへのメリット、デメリット」を記録したいと思います!


    ※ちょっとだけ宣伝※
    もし検索から来てくださって興味がある人は、
    Youtube「*ないとん衛星局*/NaitonGames」
    ニコニココミュ「ないとん★衛星農場」
    でゲーム配信をしているのでぜひ遊びに来てみてくださいね!
    もし余裕があれば、体験談を配信中にお話しできるかも!!



    宣伝が通過しました~!では本題に行きましょう。






    ★10Gにするメリット
    ①通信速度がバカ早い(文字通り1Gの10倍)
    ②なんかかっこいい
    ③重めのリモートワーク(在宅勤務)でもめちゃくちゃサクサクに動く!
    ④(有線10Gで)高画質でFPSのPCゲームしてもラグがない!






    ↓詳細
    ①通信速度がバカ早い
    これはもう文字通り早くなります。当たり前です。
    通信速度の上限が10倍になるわけですから、Wi-Fiであろうが通常でも(ないとんの場合は)
    上り(アップロード)で600Mbps前後
    下り(ダウンロード)で500Mbps前後
    は普通に出てます。ゲームはサクサク!調べるのも段違いに早い!早すぎて変な笑い声が出るくらいです。※個人の感想です


    ②なんかかっこいい
    それだけです。これから携帯電話の通信速度も5Gになるといわれてて、高速化に拍車がかかると思います。Wi-Fi10Gもそんな感じですね!最先端を取り入れるなってかっこいいやん?知らんけど。そういうの疎いので…


    ③重めのリモートワーク(在宅勤務)でもめちゃくちゃサクサクに動く!
    今年に入って新型コロナウイルスの影響もあって日本全国でリモートワーク(在宅勤務)が増えたと思うのですが、業種によっては家のWi-Fiやインターネットの環境が悪すぎて作業にならない!と感じた方もいらっしゃると思います。10Gはええぞ…。やめられないとまらない!ちなみにソフトバンク光の5Gでも十分すぎるくらい早いみたいです。(知人談)


    ④(有線10Gで)高画質でFPSのPCゲームしてもラグがない!
    これが本命よね!?試しに高画質でエーペックスをしながらYoutube生配信とニコニコ生放送とそれぞれの確認動画閲覧をして負荷チェックを行ったのですが…。これがま~ったくラグが起きない!快適そのもの!優越感の極みですねぇ!





    ★10Gにするデメリット
    ①前例がなさすぎて調べても体験談が出ない
    対応してるルーターやLANケーブル、サイトの種類がある
    ③月額がちょいと高い、いや高い!
    開通後にシステムエラー、故障に出会いやすい



    ↓詳細
    ①前例がなさすぎて調べても体験談が出ない
    このブロマガに記録したくなるくらい記録が残ってなかったです。
    個人の特定につながるので詳しい数字は書けないのですが、全国でもかなり序盤での導入者でした。正直その人数のうちに「記録に残そう」とする人はほぼほぼいないんじゃないかと思うくらいです。幸いないとんはブロマガという場を持っているので今後の開通者の不安が少なくなればいいなという思いで書こうと思いました!




    対応してないルーターやLANケーブル、サイトの種類がある
    これ知らないと衝撃なんですが、調べれば案外簡単に出てきます。
    気になる人は各自自分で調べてみてください!
    以下の内容は調べるときの参考程度になればいいな~と思います!


    ・対応しているルーターについて
    これに関しては市販だと現時点ではバカ高いうえに種類がなさすぎます。
    そのうえ、10Gに対応しているプロバイダも(2020年7月時点)では5社もありませんでした。
    なのでモデムもルーターもレンタルすることをお勧めします。もっと普及してきて種類が増えたらルーターを自分で買うのはいいかもですね!


    ・対応しているLANケーブルについて
    これも「LANケーブル カテゴリー 10G」みたいな感じで調べればすぐにわかりやすいサイトが出てきます。
    結論から言うと10Gに対応しているLANケーブルのカテゴリは
    カテゴリ6A<カテゴリ7<カテゴリ7A<(それ以上)
    つまりカテゴリ6A上じゃないと対応してません。大なり小なりの記号を付けてますが、イメージ的には道の広さだと思ってください。大きければ大きいほど情報が渋滞せずにするーっと届く感じです。
    現時点でよく出回てて比較的に安く購入できて早さを損なわないのはカテゴリ7のLANケーブルです。ないとんはカテゴリ7のLANケーブル10mを買いました。本当はカテゴリ7Aが欲しかったのですが金額が急に2倍近くに跳ね上がったので金銭的に断念しました。今後のためにも7Aがおすすめです…。余裕がある人はぜひ7Aを使ってみて下さい!


    ・対応しているサイトについて
    これが一番衝撃でした。
    なぜ「対応のサイト」なるものが生まれてしまうのか…
    これはちょっと難しい話ですが、従来のデータ通信では‘IPv4‘が主流です。
    でも10Gの光回線のデータ通信は‘IPv6‘です。
    簡単に例えると「同じ人間だけどコミュニケーション手段の言語が違う」って感じです。
    2020年7月現時点でIPv6(通称:v6)に対応しているサイトは確か5つくらいで
    覚えてるだけ「Google」「Youtube」です。他は正直使ったことがないようなやつでした…。
    これが後日出す別ブロマガで頭を悩ませる事件に大きくかかわります。

    ですがご安心を!設定をするorルーター側の自動変換でIPv4に翻訳して使えるようにできます!じゃないと普及しにくいわ…。ニコニコもTwitterも開けんわ…。
    とりあえずどうにかすればちゃんとネットは使えます。場合によっては厄介なことになるかも…?ってことですが、大きな改善点なので今後はもっと簡単になると思います。





    ③月額がちょいと高い、いや高い!
    これはもう…契約している会社によるのでなんとも言えないですが、ないとんは同じ会社で光回線1Gから10Gに乗り換えたのですが約3000円/月上がりました。今までルーターは自分で持っていたので追加でレンタル代が発生したため合計で約1万円弱/月になります。
    ほぼ倍です…。泣いちゃいそう…。でもこの快適さは癖になります。出す価値はありますね!(個人の感想です)



    開通後にシステムエラー、故障に出会いやすい
    2020年4月に始まってまだ3か月しか経ってないサービスです…。
    当たり前ですが、問い合わせする人する人全員が口をそろえて「初めてなので資料を持ちします」「前例がない」と仰います。全員が勉強中なんですね~…。エラーや故障の原因も様々なので相談窓口の方の話を聞いてるだけで大変そうでした…。最新技術の現場では頑張る人がたくさんいるんだな~と感じました。前例作るってなかなか疲れると思うんですよね。やみくもにするしかないですから…。
    それでもないとんの場合はたくさんの方にご協力いただきちゃんと開通したので良かったと思います!






    今日はこの辺にしましょうか!
    次回は「契約からWi-Fiが使えるまでのリアル体験記~契約から工事まで編~」
    です!めちゃくちゃ長くなるので分けようかな…



    それではばいばいと~んノシ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。