マイクラ×TRPGの夢
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マイクラ×TRPGの夢

2021-01-26 07:00

    自由度が高いといろんなことしたくなるぅ!
    どうもないとんです。

    みなさんTRPGはご存知ですか?





    TRPGとは
    TRPGはテーブルトークロールプレイングゲームと読みます。
    進行役とプレイヤーが協力してひとつの物語を作り上げるゲームです!
    勿論探索具合や決断によってエンドが変わります!
    ※コミック:黒井ススム様
    サイト:TRPG・NLINE様より引用→詳しい内容とサイトはこちら!








    参考にさせていただいたサイトに書いてあるのですが、
    TRPGのシナリオにはジャンルがいくつかあります!



    ないとんがよく見てるジャンルは
    ・ファンタジーで面白いTRPG
    ・クトゥルフ神話TRPG(一番有名)




    今まで見た中でそれぞれのおすすめのシナリオは
    ※TRPGやってみたい人はネタバレ食らうので最後まで見ない方がいい!
    ※シナリオ制作者又はその知人さんのプレイ動画です!

    ・ファンタジーで面白いTRPG→「笑いすぎて一生忘れられないTRPG”トブ老人”」
    ・クトゥルフ神話TRPG→狂気山脈 ~邪神の山嶺~





    クトゥルフ神話TRPGっていわゆる「モンスター」とか「悪魔」とか「得体のしれないなにか」みたいない結構怖い感じなんです。
    ないとんはホラーが大の苦手なのでクトゥルフ神話TRPGは見らず嫌いでした。

    でも実際見てみたら、知ってるホラー展開じゃなくて本当にファンタジーだし考えさせられるし、シナリオによっては泣いてしまいます。





    上の二つはどちらも動画に絵がついてますが、
    実際のプレイでは画はありません!
    ※当たり前だけどプレイヤーが違うと行動も違うから絵が準備できない…


    おおまかな背景以外は自分の頭の中で想像する形になります!




    この想像するっていうのが初心者にはめちゃくちゃ難しくて…。
    TRPGって「プレイヤーが言えばなんでも出てくる」んです。







    たとえを出しましょう!









    GM(ゲームマスター)
    「この部屋は書斎です。奥には大きな机があります。この部屋で探索してください」

    普通にストレートに行くなら机を調べることになると思います。

    PL(プレイヤー)
    「机を目星ロールで調べます!」
    (成功or失敗のサイコロを振る)
    「成功!」


    GM
    不気味な大きい机です。上には何も乗っていません。以上です。」

    PL
    「え!?成功なのに情報それだけ!。」


    てな感じで机を調べても何も出ないときがあります。そんな時に


    「窓はありますか?」「本棚はありますか?」「(不気味なって言ってたな…)この机を見て知識ロールをしていいですか?(追加探索)」

    など「書斎」と聞いて自分がイメージしたものをガンガンGMにぶつけて質問しまくると情報が出てくるときがあります!


    GM
    「窓はありません」「本棚があり、明らか一部だけ本がなくなっていることが調べなくとも見えます」「机に知識ロール…いいですね。成功したら情報が出るかもしれません」


    極端で意地悪な例ですけどこんな感じで好きに動けます。




    慣れてきたらできます。
    目をつむって頭の中で冒険するのです!










    で!

    ここまでは「TRPG」の説明なんですが…。
    なぜ頭の中で想像して探索をするTRPGを
    見える世界である「マイクラ」でやろうと思ったのかといえば、

    ・初心者向けの「想像して探索」の負担を減らすため
    ・待機時間を少しでも軽減させるため

    です!

    マイクラで行えば先ほどの「窓はあるか」「本棚はあるか」という情報が可視化できます!
    まぁ…隠し扉とかはさすがにちゃんと探索しないと出てこないけど…。

    初心者は「目に見える空間」で探索ができるようになります!


    そしてシナリオによってはプレイヤーに待機時間がうまれる場合があります。
    なのでその間にマップを見て回ってもいいのかな~って思ったりもしてます。






    で、ここからはGMとして、マイクラ×TRPGの問題点の話…


    ①ステータス管理ができない
    ②マップを準備するのにクッソほど時間がかかる

    以上。



    まず
    ①のステータス管理ができない
    これですが、プレイヤーには8つのステータス(筋力、体力、精神力、素早さ、外見、体格、知性、教育)があります!
    そしてステータスをもとに技能ロールの成功率が計算されてます!


    で、この技能ロールがね…種類が軽く50個近くあるんす。
    実際に使うのは10こぐらいしかないけど…。シナリオによって使う技能は変わるし、プレイヤーの行動次第で使えるようになる技能もあるし…一応全部ないと困るんです…。

    本来なら専用ソフトで管理してサイコロさえ振ればすぐに成功か失敗かわかるのですが、
    マイクラではそれを再現することができません!
    今のところ!!


    なのでGMが数字を聞いて成功か失敗かを伝えるしかないんです。
    場合によっては普通にTRPGするよりうんと不便です…。
    各プレイヤーに成功率が分かりやすいキャラシートを発行して、プレイ中はそれをすぐに確認できる状態にしてもらうしかないんです…。


    そして
    ②マップを準備するのにクッソほど時間がかかる

    建物を作るのも時間がかかりますが、それ以上に隠し扉やギミックなどを仕込むためにコマンドを打ち込む作業が発生します。

    正直大変すぎる…。

    やりがいはあるだろうしやってみたいけど、大変すぎる…。





    かくして色んな問題点をかかえているこの
    「マイクラ×TRPG」の夢はかなうのか…!
    そしてプレイヤーが4人必要なので「やりたい!」という人が集まるのか…!

    まさに夢で終わるかもしれないけど、こんなこともしないな!っていう意味も込めてここに書き記そう…

    それじゃばいばいと~んノシ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。