• 積みゲー書き置き

    2019-11-20 23:37

    10 Second Ninja X
    8BitBoy
    Banished
    Bastion
    Beholder
    Cat Burglar A Tail of Purrsuit
    Chronicles of Teddy
    Dead Cells
    Dreamals Dream Quest
    Dreamals
    DYE
    Escape Goat 2
    Escape Goat
    Explodemon
    FEZ
    Finding Teddy
    Freedom Planet
    Giana Sisters Twisted Dreams - Rise of the Owlverlord
    Giana Sisters Twisted Dreams
    Glass Masquerade
    Gloom
    Hamsterdam
    Heart&Slash
    Hero Siege
    Hover
    Hue
    Hyper Light Drifter
    Into the Breach
    Jotun Valhalla Edition
    Kero Blaster
    Life Goes On
    Lovely Planet
    MagiCat
    Mimpi Dreams
    Mimpi
    Mini Ghost
    Monochroma
    Mr Shifty
    Nex Machina
    Ninja Pizza Girl
    Ninjin Clash of Carrots
    No Time To Explain Remastered
    Noitu Love 2 Devolution
    On Rusty Trails
    OneShot
    Oniken
    PewDiePie Legend of the Brofist
    Refunct
    Retro Game Crunch
    Rex Rocket
    RiME
    Risk of Rain
    River City Ransom Underground
    Rocketbirds 2 Evolution
    Rocketbirds Hardboiled Chicken
    Rogue Legacy
    Salt and Sanctuary
    Seraph
    Shadow Blade Reload
    Shadow Bug
    Shantae Half-Genie Hero
    Shantae Risky's Revenge - Director's Cut
    Shuyan Saga
    Slime Rancher
    Song of the Deep
    Songbringer
    Sonic & All-Stars Racing Transformed Collection
    Sonic Adventure DX
    Sonic Adventure? 2
    Sonic and SEGA All Stars Racing
    Sonic CD
    Sonic Forces
    Sonic Generations
    Sonic Lost World
    Sonic Mania
    SONIC THE HEDGEHOG 1
    SONIC THE HEDGEHOG 2
    SONIC THE HEDGEHOG 3
    SONIC THE HEDGEHOG 4 Episode I
    SONIC THE HEDGEHOG 4 Episode II
    Stealth Bastard Deluxe
    Stealth Inc 2
    SteamWorld Heist
    Stories The Path of Destinies
    Strider
    Super Meat Boy
    Super Puzzle Platformer Deluxe
    Tallowmere
    Teslagrad
    The End Is Nigh
    The Marvellous Miss Take
    The Metronomicon Slay The Dance Floor
    The Sexy Brutale
    The Witch's Isle
    They Bleed Pixels
    Titan Souls
    Toki Tori 2+
    Transistor
    Trials of Azra
    Unexplored
    VVVVVV
    Xeodrifter?
    Yooka-Laylee


  • 広告
  • ポケモンソード・シールドのリストラについて思うこと

    2019-09-01 02:15

    【ここは、独白気味にプレイヤーに向けて。だいすきクラブに送らない文】

    いつかは増え続けるポケモンが収録しきれなくなるのは、自分もわかります。
    ただ「それが今作から、いきなり」というのが納得できないのです。
    このリストラ方針自体は許容しても、この先、どういう名目でどんなコストカットが為されるかわかりません。
    「会社のやり方に口を出すな。勝手にコケて勝手に潰えればいい。それが商売だ」と構える方もいて、その姿を見て、見過ごすのがもっともだ、と感じる人もいるでしょう。
    しかしそれは、望まぬ改変で人は離れ、販売会社は売り上げが激減し、それでもシリーズを続けて遊びたいファンは作品の規模が縮小し、両損の結果になるのではないでしょうか。
    やはり、言うべきと思う指摘はするべきだと、私は思います。


    【だいすきクラブ問い合わせ(https://www.pokemon.jp/faq/)に送ろうとしたけど文字数200%オーバーした文(推敲中)】

    2019年6月12日のE3のTreeHouseで発表された、今作ソード・シールドから始まる地方ごとに登場できるポケモンを絞る方針(通称リストラ)に納得がいきません。
    リストラ発表の際に陳情をなされましたが、説得力が弱く、適当な言い訳でごまかしているのでは?と思っています。

    今回の方針変更が、順風満帆、予定通りの方針変更ならば、次のような違和感があります。
    方針変更についての議論は「長い間をかけた」とのことですが、それにしては決定から舵切りまでが早すぎではないしょうか。
    もし、前作の発売段階で、方針変更前の最後の作品だと発表があれば、そういった区切りの心持ちで遊ぶことができました。
    なぜサン・ムーン発売から30ヶ月、ウルトラサン・ウルトラムーン発売から18ヶ月の間を置き、今頃になって発表に至ったのでしょうか。

    逆に、新ハードに向けての開発が難航し、ソード・シールドにすべてのポケモンを揃えられなかったのなら、スタッフを補強し、次回作には揃えようという方針は取れなかったのでしょうか。

    販売ペースを上げて時代のスピード感に埋もれずついていく、と考えを持っているようですが、予定に振り回されたあげく、先細りしては元も子もないと思います。

    ハードの性能向上と共にモデルの作り直しが必要との説明も、同じSwitchに向けて作ったモデルが再利用できない説明がされていません。
    ファミ通インタビューにて、増田氏がそのような疑問に対し、
    「それを含め現在検討中ではあります。ただ、メガシンカやダイマックスのような新たな仕様を入れるとなると、そこに対する別のグラフィックの制作やバトルの調整が生じますので厳しいところではあります」
    と返答されていましたが、バトルの調整なら公式戦などは各種ルール制限を用いて達成できますし、ダイマックスなどのモデル調整が困難を極めるならば、それこそ割りに合わないと案を却下する選択はなかったのでしょうか。

    これは勘ぐりですが、方針の一つとして、ポケモンの弱体化調整を潔癖なまでに避けているように感じます。
    リストラをすれば、弱体化せずにバトルの調整ができる。などと本末転倒なことを考えてなければいいのですが。

    疑問の残る説明の数々が、その場しのぎの嘘の言い訳に聞こえます。
    すべてのポケモンが揃わない半端な作品となってしまったソード・シールドを、のちのちの作品の基準を下げることで完成度100%の作品として売り出そう、としているように見えて仕方ありません。

    絞っていく方針変更がいつかは必要だとしても、重大な変更にしてはあまりに性急です。
    もし、その場しのぎのリストラ方針が不評だったら、従来のスタンスにリセットすればファンも元通りになる、と思っているのでしょうか。
    真摯な対応をせず、騙し騙しで失った信用は、そう安々と戻るとは思えません。少なくとも私はそうです。

    作品を繋ぐ要である、Pokemon Homeがサービス開始し、内容が判明するまでは興味を保とうと思います。
    それまでに、事情を汲むに足りる説明をしていただきたい。

    もしくはPokemon Homeに搭載しているという「何かしらの遊び」。
    「決して、ないがしろにはしないつもりです」という言葉の、裏付けとなる取り組みの詳細の発表。
    それらにより、人それぞれのお気に入りのポケモンを6匹を集めたチームが集い、バトルができる日が戻ってくるのなら、これほど嬉しことはありません。

    私の考えが改まるような、ポケモン関連企業の皆様を見直せる状況が来ることを願っています。








  • 仲間大会 概要&参加者パーティ記録

    2017-09-17 21:38
    見せたいプレイを見せられるように、見たいプレイを見られるように・・・
    酔狂にバトルを楽しもう!
    おまえとのバトル、楽しかったゼ!と言い合えるときを目指して


    とは言っても・・・ 何も手がかりなしでは何がウケるかスベるかわからない!
    なので下のほうに、過去の大会のマッチング履歴を載せておきます。
    雰囲気を掴んで、互いに楽しみあえそうな感じのパーティを組みましょう!


    ■主催ツイッター スマホの方はこちらの最上部ツイートからエントリー!
    https://twitter.com/namidame_026


    ■仲間大会の質問箱


    URL:https://peing.net/namidame_026

    大会の仕様に関しての感想・疑問・要望・不満など、匿名で投稿できます。

     今回は楽しかった、あの文言はわかりずらい、こうしたら人が集まる
     こういうルールも面白い、あいつ厨ポケばっかり使ってムカつく

    などの声を募集しています。
    返信は考えていませんが、より好まれる仲間大会のための判断材料といたします。

    ○○は使っていいですか?などには明確にはお答えしかねますのでご了承ください。



    ■おすすめバトルビデオ紹介  を計画中。

    どう募集するか未定。今のところ生放送のコメントで募集中!
    とりあえず、2件をご紹介。
    「フェスサークル」の城内部のパソコンから鑑賞できます。

    ・EYSW-WWWW-WWWC-H8E6
    ・P7NW-WWWW-WWWC-H6RC



    【利用案内】メガ・Zワザ攻撃・一撃必殺・催眠の利用について

    気軽に使えてしまうにもかかわらず、相性を崩しかねないほど強力であるため
    バトルを大味にして、つまらなくしてしまう恐れがあると感じており
    安易な使用は控えたほうが楽しめる場合が多くなると、ガイドの一つとして提言します。

    もちろん、使ったほうが楽しめる場合もあります。
    変わり種の技巧派!能力差を覆す奮闘!見た目が面白い!といった活躍も起こせるでしょう。

    以上の2点を踏まえて、使用する・しないの判断を、参加者各位に任せます。
    使われても、まぁ、いいじゃない。



    対戦履歴はこちら↓
    最近のものほど、手前に表示されます。直撮りのため、見づらさにはご容赦ください。

    2018/06/23






    2018/06/16



    2018/06/02





    2018/05/26



    2018/05/19





    2018/05/12






    2018/05/05




    2018/04/21





    2018/04/15




    2018/04/09






    2018/03/31





    2018/03/17






    2018/03/10





    2018/03/03







    2018/02/24







    2018/02/19







    2018/02/03






    2018/01/27






    2018/01/20







    2018/01/13







    2018/01/06







    2017/12/30








    2017/12/23






    2017/12/16







    2017/12/09







    2017/12/03 ※日曜開催







    2017/11/25 ※手違いによりアローラ図鑑限定 




    ■■■■■ ↑ウルトラSM   ↓無印SM ■■■■■


    2017/11/04






    2017/10/22








    2017/10/07








    2017/09/23







    2017/09/09





    2017/08/26






    2017/08/12






    2017/07/07





    2017/06/17





    2017/05/05





    使用制限をしたくない理由


    理念として
    勝ちを獲れば楽しい」という意識から、「楽しみを獲れば勝ち」に変えていきたい。

    互いに楽しみ楽しませ、その人なりにハッチャケる。「好き」をアピールする。
    その様子を見る、経験する。
    この仲間大会は、そんな「遊び心」を繋いで、育てる場所にしたいと思っています。

    ・・・

    そして「制限」
    これはむしろ「使っていい」を浮きだたせてしまう。
    勝利主義に捕らわれた人は「使っていい」中から勝てるポケモンを選ぶでしょう。
    それでは「勝ちたい」気持ち以外伝わらない
    そして互いに楽しめなくても「制限されていない」を理由に、ルールが悪いのだ、と
    考え方を停滞させてしまう。
    そうした行動は、周りにも広がっていく。


    理念とは全く逆の効果を生み出してしまう。
    そう予想しています。
    そのため、制限をなるべくしないように考えています。