1100円から始めるポケモン配信 c270
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

1100円から始めるポケモン配信 c270

2016-04-05 01:30
    17/10/25 設定サンプルを更新 解説を大幅添削
    17/10/28 設定サンプルを更新
    なんやこのゴミ設定!俺の画質のほうがいいぜ!って人は公開してくれ!頼む!

    微妙な調整を繰り返してるため、今現在の放送の設定と違う可能性があります。
    積み重ねて変化が大きくなったと思ったら、ブログを更新します。





    1080円で、このくらいの画質を出せる。(もっと良くなる可能性も)

    使ってるカメラ
    logicool c270 (編集時、1080円)
    使ってる配信ソフト:OBS Studio(32bit版。0円。NLEなどでは最後の調整能力が足りない)




     
    0,読む前に

    ここでは、不満あるwebカメラの映像を、満足な映像にできた際の手段を記録している。
    筆者は素人で、参考がない中、手探りで調整してみただけなことを留意してほしい。
    記事にはしたが、まだ改善できると感じ、試行錯誤を繰り返している途中である。
    そのため、記事の内容に間違いがあったり、書き換わる可能性がある。

    また、配信ソフトの使い方のような、配信の未経験者への説明は、ここではしていない。
    検索すれば丁寧に解説しているサイトが十分にでてくるので、そちらを活用しよう。

    色々指定をしているが、人によって環境が違う可能性がある。
    数値は参考程度に、設定項目を追っていくだけな感じで受け取って欲しい。
    最後にモノを言うのはその人の調整力


     
    1,ピントをいじれるようにしよう

    買った状態のまま撮影しようとしても、モヤモヤの映像になる。
    キレイな映像に最も大事なのは、ピント調整。
    大雑把なピント調整だけで、十分と言っていいほどキレイになる。

    ピント調整は、カバー外して中身をいじるため、保証外になるので注意。
    よほどじゃなければ壊れないので、恐れずにやってほしい。壊れても安いしな!
    わかりやすい解説は「c270 ピント」でググればすぐ見つかる。

    ピントを合わせると、3DSの光源?の横線も捉えてしまう。
    合わせ具合によって、赤・青・緑のどれか色にかかる横線が特に濃くなる。
    基本的にバトルに関する背景は青・緑なので、筆者は余った赤系に横線を任せている。
    なくそうとすると、かなり画面がぼやけた感じになる。

    ポケモン配信は、実際のところHPゲージとメッセージさえ見えればいいので
    オマケにこれだけの映像がだせるなら十分だろう。



     
    2,webカメの詳細設定


    スタート→検索「Logicool」→Logicool Webcam Software→クイックキャプチャ→
    コントロール→ ウェブカメラのオプション →『>>詳細設定』→詳細設定タブ
    で設定できる。


    細かい調整のいらない項目の注意
    RightLight PC再起動のたび露出が勝手に切り替わるのでチェック不要
    「自動」チェックボックス(ゲインのやつチェック不要
      ゲーム撮影では画面切り替えなどで、たびたび光輝く状態になる。
    「自動」チェックボックス(白バランスのやつチェックは好みによる
      自動だと、基本的に最良の白バランスになるが、映像によっては青味がかる。
      自動にしないでゲージは右端がオススメ
    アンチフリッカー 3DS撮影ではオフ推奨。蛍光灯の微細な点滅に対抗する機能。
    ミラー 通常で。3DSには不要。自分を撮るときに使うと便利。

    ・設定がリセットされてしまうバグのような仕様

    理由はわからんがPC再起動すると白バランスが「自動」状態で動作してしまう
    「logicool webカメラコントローラ webカメラのオプション 詳細設定」を開いて
    白バランスを少しでもいじると再び固定できる。動かしたのは元の位置に戻しておこう。

    調整サンプル
    妥協の塊。頑張ればもっと良画質をだせるはず。

    完コピしたい人は、画像を半透明で表示するソフト使って、設定画面と重ねて比べるとラク。
    自分は「すけがぞーS」を使わせていただいた。

    ・OBS Studioが使える人向け(冒頭の画像の画質)




    ・NLEなどで3~5の調整ができない配信ソフトの場合(以前使ってた物。質は良くない)





     
    3, webカメラの設定(OBS Studioでの説明)

    OBS Studioの左から2番めの「ソース」のリストの中から
    「映像キャプチャデバイス」(←webカメラのこと)を右クリックして
    出てきたリストの一番下の「プロパティ」をクリック。

    各項目がどのような影響をもつのか、いまいち把握できていない。
    完全コピーか、理解しているならアレンジをしてほしい。





     
    4, OBS Studioの機能で

      色の具合をホンモノに近くする

    筆者が撮った映像は、やや黄色がかった映像になってしまっていた。
    もし、色合いに違和感があったら試してほしい。

    O
    BS Studioの左から2番めの「ソース」のリストの中から
    「映像キャプチャデバイス」(←webカメラのこと)を右クリックして

    出てきたリストの下から2番めの「フィルタ」をクリック。

    別のウィンドウが開くので、左のリストの上下2つあるリストの下側
    「エフェクトフィルタ」の欄を右クリック。

    出てきた「追加」から一番下にある「色補正」を選択。

    フィルタの名前を付けてと言われるので、そのままOK。(名前をつけてもいい)
    左のリストに追加された「色補正」をクリック。

    右側に多くの設定項目が現れる。
    筆者も手探りで、どの項目がいかに作用するか分かっていないが、画像のように調整した。




     
    5,OBS Studioの機能で
      ちょっとボケた境界線をクッキリさせる


    前項目と同じく
    OBS Studioの左から2番めの「ソース」のリストの中から
    「映像キャプチャデバイス」(←webカメラのこと)を右クリックして

    出てきたリストの下から2番めの「フィルタ」をクリック。

    別のウィンドウが開くので、左のリストの2番め「エフェクトフィルタ」の欄を右クリック。
    出てきた「追加」から真ん中らへんにある「シャープ」を選択。

    フィルタの名前を付けてと言われるので、そのままOK。(名前をつけてもいい)

    シャープの値がデフォルトで0.08。ここは好みで調整。自分は0.05にしてる。
    この機能により、キャラの周りの黒い線がクッキリするようになる。
    強くしすぎると色の境目がひび割れたみたいになる。


     
    6,確認(大事!!)
    プレビューでいい感じになっても注意!
    エンコード後の感じが違うことがある。

    プレビューは アテにしては いけない。


    大まかな調整なら録画ファイルで確認。
    そして配信してみて実際のものを確認して細かい調整をすることを推奨。



    ~おまけ~

    ピント調整のコツ(画面端のボケに悩んでる人用)

    筆者はこれで改善した気になっているが、実は効果がないような気がしている。
    ここに書いてあることより、各自でベストを探すほうがいいと感じている。

    それでも何かの助けになるかと思い、断片的に書き残す。


    小さい解像度の中で、目一杯に3DSを表示すると、ピントの外に3DSの映像が出てしまう。
    それならば、バカでかい解像度を取って、
    その中心に小さく、つまりピントが機能する範囲内に、3DSの映像を全部表示させる。


    ・OBS Studioなら「映像キャプチャデバイス」を右クリック、リストの
     真ん中らへんの「変換」から「変換の編集」。
     出てきたウィンドウの「大きさ」が解像度。1280.0000900.0000を指定する。

    ・プレビュー画面でwebカメラの映像の枠をドラッグして、
     webカメラの枠の中心と 表示したいエリアの中心を、なるべくあわせる(努力目標)。
     大きな枠なので移動が大変。

    ・3DSとカメラを前後させることで拡縮し、表示させたいレイアウトに合うようにする。

    ・ここで改めてピントを合わせる
     キッチリすぎると3DSの光源の線も捉えてしまうので、
     ほんの少しボヤけてたほうが煩わしくないかもしれない。
     ただしボケすぎもよくない。難しい。



    7,終わりに

    以上のいくつかをやっておけば、webカメでもポケモン配信はかなり満足にできる!
    偽トロなんて高額なものがネックで、配信を諦めるのは勿体無い!って風潮になるといいな。
    差額はswitchとHDMI対応キャプチャーボードの資金にでもしておこう。



    今までクソ設定を紹介して惑わせてしまった方々、申し訳ありませんでした。
    今度は嘘じゃないっす

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。