仲間大会 概要&参加者パーティ記録
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

仲間大会 概要&参加者パーティ記録

2017-09-17 21:38
    見せたいプレイを見せられるように、見たいプレイを見られるように・・・
    酔狂にバトルを楽しもう!
    おまえとのバトル、楽しかったゼ!と言い合えるときを目指して


    とは言っても・・・ 何も手がかりなしでは何がウケるかスベるかわからない!
    なので下のほうに、過去の大会のマッチング履歴を載せておきます。
    雰囲気を掴んで、互いに楽しみあえそうな感じのパーティを組みましょう!


    ■主催ツイッター スマホの方はこちらの最上部ツイートからエントリー!
    https://twitter.com/namidame_026


    ■仲間大会の質問箱


    URL:https://peing.net/namidame_026

    大会の仕様に関しての感想・疑問・要望・不満など、匿名で投稿できます。

     今回は楽しかった、あの文言はわかりずらい、こうしたら人が集まる
     こういうルールも面白い、あいつ厨ポケばっかり使ってムカつく

    などの声を募集しています。
    返信は考えていませんが、より好まれる仲間大会のための判断材料といたします。

    ○○は使っていいですか?などには明確にはお答えしかねますのでご了承ください。



    ■おすすめバトルビデオ紹介  を計画中。

    どう募集するか未定。今のところ生放送のコメントで募集中!
    とりあえず、2件をご紹介。
    「フェスサークル」の城内部のパソコンから鑑賞できます。

    ・EYSW-WWWW-WWWC-H8E6
    ・P7NW-WWWW-WWWC-H6RC



    【利用案内】メガ・Zワザ攻撃・一撃必殺・催眠の利用について

    気軽に使えてしまうにもかかわらず、相性を崩しかねないほど強力であるため
    バトルを大味にして、つまらなくしてしまう恐れがあると感じており
    安易な使用は控えたほうが楽しめる場合が多くなると、ガイドの一つとして提言します。

    もちろん、使ったほうが楽しめる場合もあります。
    変わり種の技巧派!能力差を覆す奮闘!見た目が面白い!といった活躍も起こせるでしょう。

    以上の2点を踏まえて、使用する・しないの判断を、参加者各位に任せます。
    使われても、まぁ、いいじゃない。



    対戦履歴はこちら↓
    最近のものほど、手前に表示されます。直撮りのため、見づらさにはご容赦ください。

    2018/06/23






    2018/06/16



    2018/06/02





    2018/05/26



    2018/05/19





    2018/05/12






    2018/05/05




    2018/04/21





    2018/04/15




    2018/04/09






    2018/03/31





    2018/03/17






    2018/03/10





    2018/03/03







    2018/02/24







    2018/02/19







    2018/02/03






    2018/01/27






    2018/01/20







    2018/01/13







    2018/01/06







    2017/12/30








    2017/12/23






    2017/12/16







    2017/12/09







    2017/12/03 ※日曜開催







    2017/11/25 ※手違いによりアローラ図鑑限定 




    ■■■■■ ↑ウルトラSM   ↓無印SM ■■■■■


    2017/11/04






    2017/10/22








    2017/10/07








    2017/09/23







    2017/09/09





    2017/08/26






    2017/08/12






    2017/07/07





    2017/06/17





    2017/05/05





    使用制限をしたくない理由


    理念として
    勝ちを獲れば楽しい」という意識から、「楽しみを獲れば勝ち」に変えていきたい。

    互いに楽しみ楽しませ、その人なりにハッチャケる。「好き」をアピールする。
    その様子を見る、経験する。
    この仲間大会は、そんな「遊び心」を繋いで、育てる場所にしたいと思っています。

    ・・・

    そして「制限」
    これはむしろ「使っていい」を浮きだたせてしまう。
    勝利主義に捕らわれた人は「使っていい」中から勝てるポケモンを選ぶでしょう。
    それでは「勝ちたい」気持ち以外伝わらない
    そして互いに楽しめなくても「制限されていない」を理由に、ルールが悪いのだ、と
    考え方を停滞させてしまう。
    そうした行動は、周りにも広がっていく。


    理念とは全く逆の効果を生み出してしまう。
    そう予想しています。
    そのため、制限をなるべくしないように考えています。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。