• モデラーがいいねの数だけ答える(回答)

    2019-12-08 13:13


    上記の回答、ツイート重ねるのが面倒だったのでまとめます!

    1. ナミマです。モデリングもしますがどっちかというとドウガー寄り。
    当初はモデリング名義をnamima、動画名義をナミマで使い分けてましたが最近ごっちゃです。どっちでもいいです。

    2. 正面顔の輪郭から。

    3. どれも苦手…あれ…私本当にモデラーか…?強いて言えば造形…フリルを作るのは案外すきです。男性モデルが大体なのにフリルを何度か作ってるのはお察し案件(マジストとかBTGとか)

    4. スカルプト挑戦したこともございませんな!(本当にモデラーか…?)

    5. ぶっちぎりでモーフです。終わればモデルが微笑んでくれるのだ…と毎回自分を宥めながらやってます。

    6. xismoのヘアーノードめちゃくちゃ有難いです

    7. モデリングなら作業時間は大体1か月~3か月程度。放置期間は含んでません

    8. 作りやすいのは無生物。

    9. 9年くらい?

    10. 完成するための妥協

    11. 髪

    12. ウエスト周りと太もも

    13. 小さい装飾品。大雑把なので細かいところのクオリティが…

    14. 全体のバランス。どこか違和感があるけどその所在がわからない…!ってパターンが多いですができるだけ潰せるように

    15. 考えたことがないですが100時間~500時間に収めたい

    16. 最近はつべ垂れ流しかアニメ一挙です

    17. モチベを維持できるパッション(だいじ)

    18. https://www.nicovideo.jp/watch/sm32766143

    19. https://www.nicovideo.jp/watch/sm25570007 動画作成の手間もありますが、地味に出演モデル全部のボーンに手を入れてたり衣装替えも自作、他作改造含め大変だった…

    20. 参考画像を並べることはあれど自分で描いて重ねるのは稀ですな

    21. ウェイト塗り

    22. 表現の一助に、パッションの後押しになれば嬉しく思います!

    23. いつも構って頂きありがとうございます!
    作業をしたがらない自分を宥め賺してなんとかデスクに向かえているのはフォロワさんのおかげです。

    24. ご無理せずに、楽しく日々をすごされますよう。たまに作品を見せてもらえると喜びます!

    25. とんちゃん動画がんばります!!!!!!!!

    以上、ありがとうございました!
  • 広告
  • 【MMD文アル】ドラマツルギー【モデル配布】について

    2018-11-25 21:49


    先日投稿しましたこちらの動画につきまして、
    皆様たくさんの広告ありがとうございました!

    【順不同、お名前重複省略させていただいております】
    カミムラありあさん、桜庭リョウさん、tallさん、めとさん、ののゆきさん、cat巻さん、
    yuiさん、sueさん、
    まぁぼさん、 あじさん、さばそさん、asami*さん、ゆきはなりんごさん、
    マスターボールPさん、
    sunoさん、 世界領のねこさん、 konoさん、はまちさん、
    特務司書さん、食用色素(青)さん、
    sayonaraさん、 弓鶴さん、三一さん

    【11/25追記】黒蜜さん、silverさん、ゆとさん、sa~さん、ルベライトさん、黒彦さん、
    hanonさん、
    かなえ(hakka)さん、素敵なモデルありがとうさん、ぁまっめしさん、
    むらのさん、はるんさん、25さん、
    なみださん、Lamicaさん、 (´艸`*) さん、
    無気力生命体さん、ちひろさん、ちょめこさん、
    ニコルえもんさん、シガ推し司書さん、
    さん、世界領のねこさん、白@さん、oooo さん 、rankaさん、沙耶さん、
    (あ∀き)さん、あったか靴下さん、月狐さん、
    RTLさん、とりさん、里見弴さん、
    mokaさん、かぼちゃまる。(旧糸瓜)さん、やづるさん、池弦さん、く_ゐ。 さん、
    Avineさん、海月さん、シュレッダァさん、しのさん
    【12/2追記】ミケさん、 想 さん、ナツさん、shihoさん、飴月さん、常夏さん
    大阪の司書さん、おとないさん、kanaemonさん、米太郎さん、澪@初心者さん、
    nekoさん


    せっかくなので蛇足になりますが、少しだけ動画について。
    文章苦手マンにつき雰囲気でふわっと読んでください…

    ■出演者について
    動画を作るにあたってシガさんと、関わりのある人たちをテーマに…ということで出すメンバーを決めたわけですが、候補にあがったものの諸事情により出せなかったメンバーがいます。
    ・カンニキ
    ・犀さん
    ・白せんせい
    ・夏目せんせい
    特に犀さんと夏目せんせいすごく出したかったんですがどうにも尺が……。カンニキは引用に名残。
    そして人数が増えると構成が…まとまりが…と考えているうちにも押し迫る2周年…なくなく今のメンバーに落ち着いた感じです。

    ■サビの立ち位置について
    1番のサビはシガさん+支持者(芥、小)2名と、無頼。2番のサビは白樺、最後は全員。
    無頼は対立関係なので対面、矢面なのはだざい先生ですが他二名も同じラインに立っているイメージで横一列。
    支持者2名はシガ側ですが隣ではなく少し後ろに、背中を見ている感じですね。
    白樺は見たまんま背中を預けていて、それぞれの前を見ながらたまにお互いを振り返るイメージで配置。
    最後の全員円になっているのは図書館にきてからの協力体制をイメージしてます。

    ■表情の変化について
    ここ解説するのギャグの解説をする様でどうなんだろう…みたいな気がしなくもないですが
    図書館にきてから「自分は一体何者なのか」という問いに落としどころを見つけるまでをふんわり出したいなぁと考え、
    冒頭は「神」という呼称へのうんざり感やらで複雑な表情
    中盤は「作家でない自分」への振り返りやら妥協
    転調を挟んで吹っ切れた後は笑顔、になってます。

    ■黒幕について
    コメでご指摘あってよくわかったなぁと思ったんですが最初の黒幕は
    シガさんを文壇の頂点に据えた周りの人たちが…っていう暗示だったり。
    最後の黒幕は吹っ切れてるので黒幕でもなんでもやってやるぜみたいな…みたいな…(ふんわり)


    ここまで書いておいてなんですが、こうとらえるのか!とか私が気づかなかった方面にコメント頂いていたりでとってもありがたいですし、楽しく見せさせていただいております!お好きに解釈ください!
    改めて、ご視聴他御礼申し上げます。

  • 金沢三文豪記念館めぐり

    2017-07-23 22:39
    に、いってまいりました!

    最近は文アル影響で三文豪の記念館がある金沢へ来られる方が多いと聞き
    「いくら狭い範囲に固まっているとは一日で回りきれるっけ…?」と疑問に思った地元民が友人を誘って巡ってみた、主に移動についてのレポもどきとなります。
    これから旅行を予定されている方の一例にでもしていただければ。

    前提として
    ・一日でまわりきる
    ・文豪関係の場所を優先
    ・ちょっとは観光もしたい
    ・なるべく楽をしたい
    以上4点をテーマにしております。
    時間が取れる方は泊まりのほうがまぁゆっくりできます。


    ■当日の予定
    9:30 金沢駅集合
      徳田秋声記念館(東茶屋街)
      泉鏡花記念館
    12:00 お昼休憩
      石川近代文学館(四高記念館)
      室生犀星記念館(西茶屋街)
      休憩
    18:00 金沢駅

    ■MAP
    (GoogleMap開きます。埋め込もうと思ったら埋め込めなかった…)

    ■移動手段について
    金沢市内、観光地の兼六園辺りの主な交通手段はバスです。
    車でも行けない事もないですが古い町にありがちな道幅の狭さと一方通行の多さで運転しやすいとは言えない上に新幹線が開通してからは観光客も増えだいたいのパーキングがいっぱいで停めるところがなくて途方にくれることが多々…。
    あとは徒歩とレンタサイクル等があります。楽をしたいので今回の足はバス!

    ■天気について
    基本的に天気がいい地域ではないです(雨が降ってなければ晴れ…!)
    冬はだいたい何か降ってて寒いし地下街とかないし移動しづらい。と思っておいたほうが吉。
    ちなみに当日はぎりぎり雨が降ってない感じで湿度と風がやばい!と言いながら歩いてました。

    ■9:30 金沢駅
    …いきなりですがメッセージログを見ると早速遅刻してた…(‘、3_ヽ)_改めまして

    ■9:40 【金沢駅東口】 バスターミナル
    北鉄バス一日フリー乗車券を購入
    (http://www.hokutetsu.co.jp/tourism-bus/oneday)
    だいたいの観光地最寄バス停をカバーしている便利!
    ガラスドームど真ん中の交通案内所やバス乗り場1番近くのバスセンターに置いてます。
    空いてそうというイメージでバスセンターで購入。
    (実際交通案内所は人いっぱいでした)
    これの便利なところは観光用バスだけでなく普通の路線バスも指定エリア内乗れること!
    観光周遊バス便利ですが20分に一本なので…(詳細はリンク先をご覧ください)
    人ごみに慄きつつ秋声記念館最寄【橋場町】行きのバスに乗り込みます。
    あ、金沢を走るバスは私鉄の北鉄バス以外にJRバスも走ってますがフリー乗車券はJRバス使えないのでご注意。その代わりといってはなんですがJRなんで各種ICカードが使えます。

    ■10:08【橋場町】 徳田秋声記念館
    (http://www.kanazawa-museum.jp/shusei/index.html)

    初っ端に秋声記念館をもってきたのには一応理由があり、
    秋声と鏡花記念館は最寄バス停が同じで近距離なので着いたら徒歩で行きますが
    他の石川近代文学館と犀星記念館の最寄バス停は繁華街のど真ん中=そこを通るバスが多い
    ので、そちら方面には行きやすいのです。
    比べて【橋場町】有名な観光地ですが前者に比べると通るバスはぐっと少なくなります。
    なのでバスを探しやすい駅のバスターミナルでそちらへの直通バスに乗ろう、という考えですね。
    バス停を降りて「秋声のみち」という浅野川沿いの道を行きます。

    秋声のみちを撮りわすれたのでみちの途中にある旧居跡の看板を…
    木造の橋があったりして雰囲気あります。

    到着です。
    入ると受付で入場券を買いますが、今回は複数館めぐる為
    【金沢文化施設共通観覧券】 を購入。
    (http://www.kanazawa-museum.jp/passport/index.html)
    入ると私たちよりちょっと前に入られた特務司書(たぶん)の方に学芸員さんが熱弁をふるってらっしゃったです。
    その解説を横耳で聞いたり展示物をみたり…だいたい1時間ほどいました。
    (このあたりの所要時間についてはどれだけじっくり見るか、また解説をお願いするとさらにじっくり…という感じだと思うので、早くて1時間…かなぁ)
    個人的には犀星が秋声の庭に植えるのに竹を贈ったとかのエピソードが好きでしたね。
    先輩後輩ぽい。あと全集が置いてある棚には藤村や花袋の全集もあってなごんだり。
    スタンプラリーやクイズなどもあります。

    ■11:08 東茶屋街
    鏡花記念館へ行く前に…秋声記念館のすぐ傍に観光地の東茶屋街があるので寄り道です。
    和菓子屋さんや工芸品のショップ、カフェ等々、ふらふらするのも楽しいかと。
    今回は2人とも地元民なのでさらっと通っただけですが…



    ■11:30 泉鏡花記念館
    (http://www.kanazawa-museum.jp/kyoka/index2.html)
    近いので徒歩。バス停まで戻り、橋を渡ると丁度「秋声のみち」の対角線側に「鏡花のみち」があります。

    この道沿いか…?と思いきや横道に入り、ここ通って大丈夫?的な小道を通って階段坂を登り(暗がり坂もしくは明かり坂)、神社と佃煮屋さんの向かい、というわかりにくい立地…!
    来たことなかったので迷いかけました。ありがとうぐーぐるまっぷあぷり…
    到着です!老舗料亭っぽい門構えで入りづらいな!

    秋声記念館よりこじんまりした感じですが
    やたらと…オシャレ…なにこれ展示の仕方の違いなのかしら?オシャレ…とかいいながらこちらも1時間ほど滞在。
    うさぎグッズかわいいのと生原稿の字が綺麗だったのが印象的。
    それからポストカード買ったのですが、ショッパーがかわいいです。

    秋声記念館でも何か買うべきだったかな…。
    帰り際人力車が通ったのですが「鏡花は潔癖でパンを食べる際、手で掴んだところは食べず~とか、消毒用の脱脂綿を常に携帯して~」とかお兄さんが説明されてました。

    ■お昼休憩 
    鏡花記念館を出た時点で12:30だったので、お昼にすることに。
    東茶屋街まで戻るのもいいのですが(和食・洋食・他パンケーキ屋さんとかあります)
    混んでそうなのもあり【橋場町】からバスで近代文学館最寄【香林坊】まで行くことにしました。
    ちなみにですが【香林坊】や【兼六園下】などのバス停は複数あります。
    ちゃんと目的地で降りたはずなのに思ってたところと違うぞ…?!となりますが
    近いは近いので落ち着いて地図アプリを起動しましょう。
    今回乗ったバスは遠回りで香林坊に至るものだったので手前のバス停で降りたり歩いたり
    飲食店も色々ありますが結局お昼は適当でいっか~とファストフード店入ったりしたので割愛。

    ■13:56【香林坊】 石川近代文学館&四高記念館(同じ建物)
    (http://www.pref.ishikawa.jp/shiko-kinbun/index.html)

    大きいのでわかりやすいです。
    こちら共通観覧券の対象ではないのですが、観覧券の提示で団体料金になります。
    通るので気になってはいたものの入ったことなかったので行ってみたかったのです!
    受付を済ませて右側が有料の文学館、左側が無料の記念館。
    文学館では主に三文豪の関係性や他文豪との関係図とかあるのでどれも楽しかったです。
    企画展もやっていて今は「乙女の文学展~石川ゆかりの作家の少女向け読み物~」でした。
    川端さんとかも。犀星先生の少女向け雑誌への寄稿すっごい多かった…

    文字が照らされるライト

    春のイベントだった「学問ノススメ」の舞台だったそうで…?
    四高記念館のほうは一般で部屋が借りられるらしく学生さんが展示をしていたり「撮影中」の張り紙があったり、あと中野重治さんが四高の卒業生だそうで関連の展示があったりします(アッー文学館のほうの展示だったかも記憶が曖昧!)
    秋声が受かって鏡花が落ちたやつですね(今残っている建物は秋声時代の後に建てられたものとのこと)
    四高って旧制高校の中でナンバリングされている所謂「ナンバースクール」の四つ目っていう意味だったんですね…しらなかった…。
    復元模型見てたら教室棟に実験棟、寮もでっかいのがあるわ各種武道場やら400Mトラックやらプールとかめちゃくちゃ広くて今残っている10倍くらいあって「すごい…学園物の舞台かよ捗りそう…」という感想でした。
    他の全国のナンバースクールもこんなんなのだろうか…
    卒業証書、学生服とマントと下駄(バンカラだー!)とか学生運動の様子の展示など色々あります。

    ■15:40【片町】 室生犀星記念館
    (http://www.kanazawa-museum.jp/saisei/)

    文学館を出た後に当初おやつ休憩を予定していましたが
    いきたかった甘味処がすごい列だったので断念し(甘味処へ行く途中21世紀美術館横を通ったのでちょっとだけ屋外展示で遊んだりしてました)、バス停ひとつ分なので歩くか~と徒歩で犀星記念館へ。

    繁華街の片町を通り過ぎて犀川(朝方雨降ってて増水してますな)を渡り、雨宝院前を通って看板案内にしたがって曲がると到着です。

    秋声と鏡花記念館の丁度間くらいのボリューム(私見)
    こちらも滞在1時間ほど。
    入るなり池があってしゃれていたのが印象。お庭好きだから?
    あと、コミュ力の鬼か…!みたいな知人友人の多さでした。
    私は見逃したのですが同行した友人曰く奥さん宛てのラブレターがらぶらぶで見物とのこと。
    専用のヘッドホンで作詞した校歌や詩の朗読なんかが聴けたりします。

    犀星が描いたイラスト入りレターセットを購入。かわいい
    グッズが一番色々あってかわいかったです。飼い猫の箸置きとか。

    ■16:50 西茶屋街
    犀星記念館の近くにこれまた茶屋街があります。東茶屋街より落ち着いた感じ。
    大抵のお土産は金沢駅でも販売しているのですが甘納豆かわむらさんはここにしか出店しておらず、以前からちょっと気になっていたので立ち寄ることに。

    そちらでかったマスカルポーネと柚子の最中(賞味期限五分)
    外のベンチで食べてました。うまし。

    歩き疲れたので適当に歩いてたら見つけた【白菊町】のバス停から【片町】までバスで戻り、
    甘味処つぼみさんをリベンジして(夕方だったのですぐ入れました)杏のカキ氷を食べて休憩を取ったり

    その後【香林坊】から【金沢駅】行きのバスに乗って駅前に戻ったのが…ここ覚えてないんですが多分18:30くらい…だったかなぁ。

    と、言うわけで記念館の滞在時間によってくる部分はあるかと思いますが
    三文豪記念館と近代文学館を無事まわることができました!
    道中特務司書っぽい人が結構いらっしゃいましたが、記念館・文学館まわりは他の観光施設より空いていてまわりやすかった…という感想です。バス停が地獄のように混んでいた…。

    今回観光地は正直東西茶屋街ぐらいしか行ってませんが、
    これに足すとしたら21世紀美術館兼六園県立美術館、金沢城址公園にある三文豪の銅像とか、歌碑、句碑…狭いようで案外あるなぁ…体験系だと金箔工芸や友禅染、和菓子製作なんかができます(要予約な場合が多いので確認ください)
    個人的には美術の小径大乗寺坂なんかが好き(ただの坂道ですけど)
    あとは中原中也が通っていた幼稚園後に歌碑もあったり。

    泊まりの方は犀星記念館行くときに通った片町周辺で飲むのもいいですし、駅前もそこそこ飲食店があります。おさかながおいしいよ~
    時間とお金に余裕のある方は加賀の温泉宿へ泊まられるのもいいですね。

    是非、おいでまっし金沢。