ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

BMW801とか過給器の話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

BMW801とか過給器の話

2018-05-24 17:58
    動画を放置して駄文を垂れ流す投稿者の屑

    今回は空冷エンジン「BMW801」の話です。


    BMW801といえば、FW190の初期エンジンになったことで有名ですが、
    個人的にもう一つ知られてほしいのは過給器についてです。
    過給器といえば一番に思い浮かぶのはロールスロイス・マーリンでしょう。
    世界唯一の実用2段2速過給で枢軸戦闘機を文字通り蹂躙しました。

    では2段過給器を研究できていたのはイギリスだけだったかというとそうでもないんです。
    実はドイツBMWもまた2段過給器の研究を実施、成功していました。

    型番は「BMW 801R」で、E型の発展型であったようです。
    搭載予定の過給器は脅威の2段4速!変速アリながらDB601の無段変速に迫る使い心地!
    ・・・そんなもの実用化出来るわけありませんね。
    おそらく実用段階に達しなかったか、搭載された機体無く資料も僅かです。

    実用化されていないので何とも言えませんが、無理に欲張らず2段2速にしておけば、
    と思わずにはいられない枢軸唯一?の2段過給器の話でした。

    <サイズとか>
    ・BMW 801 R
    使用燃料:96オクタン燃料
    ギアレシオ: 4.2 : 1, 5.4 : 1, 6.5 : 1 and 7.25 : J.
    全長2,741 mm、直径1,360-1,390 mm、重さ1,800 kg

    <単なる愚痴>
    そもそもWW2空軍界隈における「液冷>>>空冷」神話って大体マーリンしか
    見えてない気がします。エンジン部のみの単純な空力なら液冷有利でも、ラジエータの
    空気抵抗と空冷の拡張性を加味すれば実際あまり変わらないという話もどこかで見た
    記憶がありますし、BMW801Rが実用化されてればそこら辺の検証もできたよな、と。
    排気の後方噴射は空冷でも単排気管として、より空気抵抗少なく再現されてますし。
    排気タービンを前提にすればサンダーボルトという強い味方も居ます。

    <参考>
    Jason R. Wisniewski, "Powering the Luftwaffe: German Aero Engines of World War II"
    p.15?
    URL:https://goo.gl/zbyUVz

    BMW 801 radial aircraft engine | Warbird Engines
    URL:https://aviationshoppe.com/bmw-801-radial-aircraft-engine-p-217.html

    John Christopher, "The Race for Hitler's X-Planes: Britain's 1945 Mission to Capture Secret Luftwaffe Technology"
    URL:http://amzn.to/2BGAXJi


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。