• 豊田スタジアムという陸の孤島

    2019-10-12 13:42



    そういえば、あのあたりの周辺は浸水警戒エリアだったね、というお話。

    まぁ雨風的には、試合はやれるとは思います。えぇ。
    たぶんこのぐらいの雨風ならやれるでしょう。
    竜巻とか起きたりしても知らんが。

    大雨警報が出てしまい、暴風警報が出るのであれば
    無観客試合は最低ラインとしてしなきゃだめだな、って。

    まぁ大会側が判断しますっていうより、〇〇が発令されている場合、
    試合を行わないとか参考基準を明示したほうが理解はされやすいのではないか。

    とはいえ、台風の西側だし数年前なら電車も止まらなかったのかな、とは思います。
    これが良いのか、悪いのかは、なんとも言えないところだとは思います。
  • 広告
  • RWCの中止のはなし

    2019-10-10 23:27
    国際大会でとりわけ都市分散型開催の代替試合って難しいですよね。

    数万人+αの人が押し掛ける以上、安全の担保を含めて。
    私もチケットを持っていたが、仕方ないと思います。

    12日の豊田市の開催は、おそらく前半程度であれば試合ができるコンディションではあるとは思います。
    ただ、帰りがどうかといわれると、必ずしも安全ではなく、
    むしろ危険でしょう。

    ましてやお酒を飲む人や、試合後にも盛り上がろうとしている人がいると、
    帰宅困難者さえも生まれてしまいます。

    やはり無理なんですよね。

    そして、結局ボランティアにある程度依存して運営しているところも。
    なくても試合はできるかもしれないが、混乱は多く生まれるのは確実。
    やはり、現行の大会フォーマットである以上、予備日なしは仕方がないように思えます。

    国際大会、とりわけ世界選手権級の大会は、
    やはり放送等の問題もあり、同じ時間帯に複数試合をやらないように組むことは見られます。
    露出や放送権の問題を考えれば当然でしょう。

    開催地変更も、短時間でチケット捌けないし、スタッフ確保も
    早急にやる以上人件費(運営・警備等)もかさみ、
    ある程度のビジネス要素がないと成り立たない世界大会は、
    無理でしょう。

    中3日問題等、結局のところ公平性が担保されていない世界大会ですから、
    参加チーム数が拡大されそうな、次々回大会でどのように日程が修正されるのか、
    といったところが結局のところ争点なのではないでしょうか。
    (個人的には、次回大会はほぼ同等のスケジュールで行われると思っている)

    オリンピックであれば、一応都市集中型なので、
    人はそもそもそこにいるので、何かしらの対応はしやすいと思います。
  • タレントは一市民なのか

    2019-08-13 16:46
    特に深い意味はない。

    ヤフコメ眺めていて面白かったので。

    知名度があるタレントの発言の影響力は大きい。
    これは忘れてはいけない。

    政治家は公人で、一般市民とは別なのだが、
    タレントも一般市民でありつつも別。

    記者やジャーナリストは、ジャーナリズムを発揮していただければよいと思う。
    でも日本の既成メディアにジャーナリズムがあるのか、という話。

    政党助成金は、支持する政党に行くと考えるのが現実で、
    某医者が言っていた、「払いたくない人」云々はちょっと的外れなような気がしてしまう。

    自分が入れた票によって誰かが当選しているわけで。
    死票は、議会制民主主義である以上しょうがないので。
    金稼ぎレースをしないのであれば、政党助成金は致し方ない。

    まぁ結局「不買運動」だとか、なんにせよ
    国会議員がやるべきなのかって言ったら、やるべきじゃないのは当たり前で、
    基本的に、権力に逆らうと次当選しないのが議員ですからね。
    だからほかの人は基本しない。
    メディアに逆らったら票が集まらないからね。

    結局、N国は、Youtubeがある以上、暴走は続けるだろう。
    彼らはあれがメディアだと主張しているし、そこに主張を乗せるのだから。
    そして支持者と金はYoutubeで集めたというぐらいなのだから、
    権力者とのしがらみなんてないのだから。

    今までと違うやり方をしなきゃ彼は倒せない。
    彼自身が違うやり方なのだから。
    批判する立場のひとも、今までとは違うやり方で攻めなくてはいけないのではないだろうか。

    と、お盆休みは暇だというお話。