2018年FIBAルール改正
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2018年FIBAルール改正

2018-08-17 14:39
    ようやくアップされてますね。

    http://www.fiba.basketball/documents

    ついに私が長年疑問に抱いていた、暴力行為条文が、ディスクォリファイングファウル部分に移動したようです。
    36.2. Violence は、38.2. Violenceに移動したようで、
    ディスクォリファイングファウルの罰則は2項から3項へ移動しています。

    また、提案されていたファイティング部分も採用されたようで、
    39.3.5が追加されました。
    39.3.5. All possible disqualification foul penalties against assistant coach, substitute, excluded player or an accompanying delegation member involved actively in a fight or any situation which leads to a fight, shall be penalised in accordance with Art. 38.3.4, sixth bullet.
    ということで、暴力に関与した人は、38.3.4の 6番目の項目によって罰則が適用されそう。
    ディスクォリファイングファウルの罰則規定は下記のように改定されています。
    38.3.4. The number of free throws shall be awarded as follows:
    • If the foul is a non-contact foul: 2 free throws.
    • If the foul is committed on a player not in the act of shooting: 2 free throws.
    • If the foul is committed on a player in the act of shooting: the goal, if made, shall count and in addition 1 free throw.
    • If the foul is committed on a player in the act of shooting and the goal is not made: 2 or 3 free throws.
    • If the foul is a disqualification of a coach: 2 free throws.
    • If the foul is a disqualification of an assistant coach, substitute, excluded player or an accompanying delegation member, this foul is charged against the coach as a technical foul: 2 free throws.
    In addition, if a disqualification of an assistant coach, substitute, excluded player or an accompanying delegation member after leaving the team bench area is for their active participation during any fight:
     - For each single disqualifying foul of an assistant coach, substitute and excluded player: 2 free throws. All disqualifying fouls shall be charged against each offender.
     ‐ For each single disqualifying foul of any accompanying delegation member: 2 free throws. All disqualifying fouls shall be charged against the coach.
    All free-throw penalties shall be executed, unless there are equal penalties against the opponent’s team to be cancelled.
    すなわち、この間のAUS - PHI戦のような状況下であれば、この追加された条文が適用されそう。

    sixth bulletなので、AC、交代要員、5回のファイルを受けたプレイヤー、チームスタッフの失格・退場は、コーチのテクニカルファウルと処理され2本のフリースローが与えられ(これは現状のファイティング発生時のテクニカルから変更なし)、加えて当該の人物が積極的に暴力行為に関与していれば、ベンチエリアから去る必要があり、2本のフリースローが与えられ、そのファウルは当該人物(チーム関係者ならばコーチ)に記録されることとなります。

    つまり関係者2人とプレイヤーがファイティングで暴力行為を働くと、コーチは退場になる模様。
    また、この規定がプレイヤーに適用された場合は、D2の後にFを埋める形になるようです。

    あとスコアシートは左利きなら、\でもよくなるみたいですね。
    とななめ読みしていないけれども、とりあえず。

    また気が付いたら上げますが、私英語苦手でgoogle先生に頼るのであしからず
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。