RWCの中止のはなし
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

RWCの中止のはなし

2019-10-10 23:27
    国際大会でとりわけ都市分散型開催の代替試合って難しいですよね。

    数万人+αの人が押し掛ける以上、安全の担保を含めて。
    私もチケットを持っていたが、仕方ないと思います。

    12日の豊田市の開催は、おそらく前半程度であれば試合ができるコンディションではあるとは思います。
    ただ、帰りがどうかといわれると、必ずしも安全ではなく、
    むしろ危険でしょう。

    ましてやお酒を飲む人や、試合後にも盛り上がろうとしている人がいると、
    帰宅困難者さえも生まれてしまいます。

    やはり無理なんですよね。

    そして、結局ボランティアにある程度依存して運営しているところも。
    なくても試合はできるかもしれないが、混乱は多く生まれるのは確実。
    やはり、現行の大会フォーマットである以上、予備日なしは仕方がないように思えます。

    国際大会、とりわけ世界選手権級の大会は、
    やはり放送等の問題もあり、同じ時間帯に複数試合をやらないように組むことは見られます。
    露出や放送権の問題を考えれば当然でしょう。

    開催地変更も、短時間でチケット捌けないし、スタッフ確保も
    早急にやる以上人件費(運営・警備等)もかさみ、
    ある程度のビジネス要素がないと成り立たない世界大会は、
    無理でしょう。

    中3日問題等、結局のところ公平性が担保されていない世界大会ですから、
    参加チーム数が拡大されそうな、次々回大会でどのように日程が修正されるのか、
    といったところが結局のところ争点なのではないでしょうか。
    (個人的には、次回大会はほぼ同等のスケジュールで行われると思っている)

    オリンピックであれば、一応都市集中型なので、
    人はそもそもそこにいるので、何かしらの対応はしやすいと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。