ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

不登校からの生還 その後の話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

不登校からの生還 その後の話

2017-09-02 17:50

    前回の記事で不登校から転校。

    そして出席日数や白紙の通知表の問題を転向後の中学校の

    先生方に助けてもらいながら、クリアして高校に入学、

    そして3年間の高校生活を楽しみながら

    卒業を迎えたということを書いた。




    私が卒業した私立の女子校は短大が併設されていて

    卒業すれば希望者は優先的に短大に進学することが出来た。

    その短大は幼児教育を学べるところで幼稚園教諭や保育士の資格を

    取得することが出来た。





    だから、不登校だった時期があっても短大で資格をとって

    幼児教育の現場で働くことは可能だった。


    他にも外部の大学に進学した子もいたし、日本郵政だとか

    大手の企業に就職した子も多く、就職率だって悪くはなかった。



    だけど、高校卒業後、大学に進学することも、就職することも

    私はしなかった。

    高校ではクラス委員もやってたし、取り立てて問題のある生徒ではなかった。

    担任の先生には併設の短大への進学を勧められた。

    だから就職も進学も「できなかった」ではなく「しなかった」だ。




    ※卒業した高校のパンフレット アホ面である

    これ、勘違いしてもらいたくないんだけど、自慢とかではないからね!!

    不登校だった時期があってもそれを乗り越えれば

    決してハンデにはならないってことを伝えたいから

    読んでて自分でも鼻につくなと思いながらも敢えて書いてるんだからね。



    じゃあ、何故、就職も進学もせず、今、フリーターなのか?

    ここから先に書くことはライブ活動や歌を続けていくために何をすべきなのか?

    ってことなんだけど、これ自分がやりたいことに置き換えて読んでほしい。



    私の一番やりたいことは歌をうたうこと。

    自分で曲を作って歌っていくことだ。



    それを聞いて世間一般の人が思うのは

    「歌手として、或いはアーティストとしてメジャーデビューしたいんだろう?」

    ってことだと思う。



    ライブ活動を始めたばかりの頃は私もそう思っていた。

    だから、事務所に所属していた時期もあったし、

    お誘いを受けた事務所の方の話も聞きに行ったりもした。



    12歳のことから19歳の今までライブ活動を続けてきた今、

    色々なことを知り、色々なことを経験してきて大きく考え方が変わった。

    必ずしも事務所に所属して活動することがいいことだとは思わなくなった。



    勿論、有名になるためには大手の事務所に所属したほうがいいだろうし

    そこを否定するつもりはない。

    規模の大きなライブイベントやテレビや雑誌に取り上げてもらうには

    事務所の力が必要だし、プロモーションだって資金が多ければ多いほど

    効果があると思う。

    スポンサー的な企業や団体に繋がるには個人より

    事務所のほうが有利に決まっている。

    事務所はアーティストやタレントを売り込むために様々な努力をするし

    所属した人間は事務所の意向に沿うよう努力しなきゃいけない。



    それはどんな会社でも同じことだと思う。



    ただ、私は自分のやりたいこと、歌いたい歌を自分で作っていきたいと思った。

    じゃあ、どうやってライブ活動を続けていくか?

    そこで私が考えたのは自分ができることで資金を作っていくというやり方。



    まずはオリジナル曲のCDの制作。

    初めてのCDはあさがやドラムさんの協力を得て、自費で制作した。


    その制作費の元が今、やっと回収できたところだ。

    今後、売れた分のCDの代金は次のCDの制作費に充てることになる。



    高校3年生の冬コミからサークル参加している、

    コミケのコスプレ写真集やROMも制作費分を回収できたら

    次の写真集やROMの制作費用やライブ活動のための資金になる。




    隔月で開催している、主催撮影会の収益も普段のライブの物販も

    主催ライブの経費や普段のライブ活動のための交通費や

    物販の制作費になる。




    今のところは経費を回収するのでいっぱいいっぱいで

    赤字にはなってないけど、趣味の範疇を超えて

    仕事としてやっていくにはまだ時間がかかると思う。

    だけど、事務所に所属しなくてもやりたいことを

    自分のやり方で実現できる方法はきっとあるんだと思い始めている。



    まだ未成年だし、親の脛かじりの実家ぐらしだから生活費はほぼ掛からないし、

    自分の服や趣味に使うお金はアルバイトで賄っているけど

    いずれは歌やコスプレ写真集やROMで生活費まで捻出できるようになるのが

    今のところの目標だ。



    これ、いつか、ちゃんとできるようになれば不登校からの

    起業っていうやつになるだろうか?

    何年かかるかわからないけど。



    では、またあとでε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。