ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 言論の自由と誹謗中傷 ディスコメ

    2017-06-10 02:182
    先日の配信中に久々に清々しいまでのディスコメが書き込まれまして、私のコミュでは普段からエロコメ、ディスコメはNGにぶっ込みますよー!!と再三、お伝えしてますし、書き込まれた内容が目に余るものでしたので、配信中に運営さんに通報もしました。

    恐らくご覧になっていた、リスナーさんの中にも通報してくださった方がいたのではないかと思います。

    ところがです!その様子を見ていたリスナーさんに
    「それは言論の自由に反するのではないか?」とか
    「ニコニコのサーバーを借りて配信してるんだから、お前の独断でNGに入れるのはおかしい」
    と指摘してくる方もいらっしゃいました。

    ということで、言論の自由と誹謗中傷について、自分なりに調べてみました!!

    日本国憲法第3章、第二十一条
    集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。(ウィキペディアより)

    わかりやすく説明してくれている、サイトを見つけたのでそこから引用させていただくと

    表現の自由とは、様々な意見や見解について規制されたり検閲されたりすることなく表明できる権利です。日本国憲法第21条1項は「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」と規定しており、表現の自由は民主主義の過程を維持するうえで最も基本的な権利とされています。
    ※誹謗中傷対策ネットより引用


    はい!ここ重要です!!テストに出ますよー!!
    日本国憲法第13条には
    「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」という法律もあるんですねー。
    またこれを根拠として名誉権やプライバシーの権利なども保護されていると考えられているんです。

    名誉権とは

    名誉とは、人の品性、徳行、名声、信用などの人格的価値について、その人が周囲からどう見られるのかという社会的評価のことを指します。名誉権は人だけでなく、法人(法人格のない団体も含む)も享受できる権利とされています。
    ※誹謗中傷対策ネットより引用


    もともと言論の自由、表現の自由というのは権力に対する国民の権利だそうで、他人(一個人)を傷つける自由を保証したものではないのです。表現の自由が保障されているからといって、どんな表現でも許されるわけではないんです!!

    現代の日本社会では、表現行為によって他人の名誉やプライバシーを侵害することは許されていません。「お前の個人情報特定して、ネットで晒してやる」とか「コラ画像を近所にバラ撒いて自殺に追い込んでやる」とか「●●は枕営業で仕事を取ってるんだ」などという脅迫や有りもしない捏造を書き込んだりという、違法な人権侵害に対しては、刑事罰や損害賠償義務が課せられます。

    誹謗中傷することは言論の自由で守られてはいません!!


    私人である国民個人どうしの関係において、憲法が保障する言論・表現の自由は直接には作用するものではありません。ネット上で特定の個人や法人を指して名誉を傷付けたりプライバシーを侵害したりする書き込みが行われるのは個人間の関係における表現となるので、基本的には表現の自由を保障される範疇には入っていないことになります。

    それは、インターネット上での発言でも同様です。ネットへ誹謗中傷内容の書き込みをすることは、刑法上の罪に当たる可能性があります。いくつか具体例を挙げてみましょう。

    名誉毀損罪

    刑法230条で、名誉毀損について「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。」と定められています。

    プライバシーの侵害

    プライバシーの侵害は刑法上の犯罪には該当しませんが、民法709条の不法行為責任が成立すれば、不法行為に基づく損害賠償責任を負います。その金額は少なくても10万円、相手が有名人であれば数百万円にも上る可能性もあります。

    侮辱罪

    事実を示して公然と人の名誉を傷つけるのが名誉毀損罪であるのに対し、具体的な事実を示さないのは侮辱行為と言われています。刑法231条には「事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。」と定められています。

    信用毀損罪・業務妨害罪

    信用毀損罪とは、虚偽の噂などを流して他者の「経済活動上の信用」すなわち支払能力または支払意思に関する他人の信頼を毀損した場合に成立する犯罪です。業務妨害罪も同様に、虚偽の噂などを流して他人の営業行為を妨害する犯罪です。刑法233条では、「虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」と定められています。

    *青文字部分は 誹謗中傷対策ネット
    https://www.fuhyotaisaku.com/law-right/expression-freedom-defamation.html
    より引用させていただきました。


    ということは?気軽にホイホイ、ディスコメを書き込むことは自分で自分の首を絞めるようなものだということを理解したほうがいいと思います。ネットの中だから、顔を見られるわけじゃないし、書き込んだところで自分の身元なんかわからないだろ?って思いがちですがそんなことはないんです。

    プロバイダ責任制限法の第4条では、誹謗中傷や風評被害の書き込みで人権侵害を受けた場合に、その被害者がプロバイダ等に対して発信者の情報を開示するように請求できるとされています。(2001年11月成立 2002年5月施行)

    2015年9月に東京地方裁判所が米国Twitter社に対してIPアドレス開示を命じる判決を下したり(この時の原告側の弁護士である清水陽平先生は私も2ちゃんねる事件の時にお世話になりました)2016年9月30日新潟地裁でも発信者情報を請求する判決が出たとか・・・。
    因みに私が神田知宏先生にお願いして東京地裁で2ちゃんねるにIPアドレス開示を請求したのは2011年ですが、ちゃんと情報開示されましたよん。その後、清水陽平先生に損害賠償の請求をしていただきました。

    また、誰もが自由に発信できるツールであるニコ生だからこそ、私たち、配信者も放送内で特定の企業や政治家について、著しく信用を損なうような有りもしない嘘の情報を発信すれば名誉毀損や業務妨害罪で訴えられる可能性もあるってことですね。(カッパちゃんがレーンの下で働いてるとか・・・ヤバイ!!)ましてや、顔出しで配信してるわけですから簡単に身元が割れますから!!

    表現や言論の自由を盾になんでも言ったもん勝ちだなんて、思っちゃダメですねー。
    私も気をつけよう!!



  • 広告
  • 「ロックな人生を送っている人たちにインタビューしてみる放送」予告ー!!

    2017-06-06 17:432
    という企画を始めます!!

    来年、20歳になる私、七歌がロックな人生を送っている方々にインタビューして、カッコイイ大人になるために社会勉強していこうという・・・。

    既に出演交渉してOKしてくださっている方は
    喧嘩プロレス仁瓶組所属の現役プロレスラー、菅原伊織氏。
    訳あって実名は書けないけど神奈川のとある暴走族の元総長の23氏。
    他にもロックなミュージシャンの方とか、小説家さんとか色んなジャンルの方からお話をお聞きに行きたいと思っています。

    暴走族とかプロレスとかっていう、ネットで検索すれば読めちゃうような、みんなが知ってそうな表側の部分よりもどんな人生を歩まれたのか、壮絶な事件の裏で本当は何が起きていたのか、どんな気持ちで乗り越えていったのかというようなことを聞いていけたらなーと思っています。

    いつもの居間からまったり雑談放送とは一味違う、放送になるんじゃないかと思います。
    是非、ご覧いただけたら嬉しいです。

    初回の配信は6月中!!
    日程の調整ができ次第、予約しようと思ってます。



    2016年、スッキリ!のインタビューの時の画像。


    今度は私がインタビューする方!!


    乞うご期待!!!


  • 嫌韓・改憲・痴漢冤罪・結婚の損得などテーマに雑談、「雑談配信者」公式生放

    2017-06-05 02:03
    今回は重たいテーマが多くて、最低限の予備知識がないとヤバイぞ!!
    ほら、私ったら小学2年生から学校を行ったり休んだり、中2の一年間はほぼ不登校だったから他の人よりも圧倒的に知識が足りないわけですよ。だけど、そんなことは言い訳にならないじゃないですか。もう、付け焼き刃でもなんでも勉強してけばちょっとは話ができるのでは?と思って、足りない頭を使いまくりました。


    MCアシスタントのまろんさんと!萌えVOICEの可愛い方!!


    えびぴらふさんと!ふわふわしてて可愛らしい方。いい匂いでした。

    リアルタイムで放送をご覧の方も、タイムシフトでご覧の方も大勢いらっしゃると思いますので、私的に印象に残った部分と、反省を書き残しておこうと思います。

    (1)結婚って、得なの?損なの?その理由は?
    横山緑さんのお子さんに対する愛が胸に刺さりました。生命が誕生し、成長する過程を見られるとか、子どもが可愛くて仕方ないとか、親も子どもと一緒に成長するんだよ!とか・・・。
    離婚を選択された事情はご本人にしかわからないけど、強気発言の裏にある、悲しみが痛かった・・・。
    私の意見としては結婚は損得でするものではなく、愛でするものでしょ?損得で結婚するから直ぐに離婚するし、子どもにとってはいい迷惑だと思うんですけども・・・。


    2児のパパ!ハニー大木さんと!めっちゃロックな正装、素敵でした!


    背中に漂う哀愁を隠して戦う現代の侍、横山緑氏と!


    (2)なぜネットは「韓国」を嫌う意見が多いの?あなたはどっち?
    このお題だけ私までマイクが回ってくる時間がなかったので、帰宅後に自コミュで発言したことを言おうと思ってたことをここに書いてしまうと、私が小学生の頃、韓国人のおばさんがばあちゃんの家のお隣に住んでいたんですが、ばあちゃんが風邪を引いた時に参鶏湯を作って持ってきてくれたり、いじめられて泣いてたらチヂミを焼いてくれてご馳走になったりと本当に優しくて、暖かくて・・・。めっちゃお世話になったので、韓国人の方は好きです。
    だけど、韓国という国の考え方は好きじゃないです。竹島問題とか、従軍慰安婦問題とか何が本当のことかわからないのに、反日教育とか何度も蒸し返して謝罪と賠償を要求する感じが好きになれないんですよね。いっそのこと従軍慰安婦像を萌えキャラ化して従軍慰安婦ちゃんにして版権を韓国にお渡しする。それを色んなグッズにして販売する。その収益をまるまる全部、賠償金に充てるとかどうだろうか?なんなら私が絵を書こうかと思う・・・的なことを言おうと思ってたんですが、あの空気の中で言わなくてよかったと見ていたオカンが言ってました。


    ジンさんと!優しくて物腰柔らかな気遣いの出来る方。素敵な女性でした!!

    (3)「憲法9条」の改正、あなたは賛成?反対?
    これはひろゆきさんと石川典行さん、野田草履さんのお話を聞いて、本当に勉強になりました!電凸配信者さんも凄くためになるお話を聞かせてくださって、ありがたかったです。


    ひろゆきさん、なつみちゃんと3ショット!
    わかるひとにはわかる奇跡の一枚。

    私のオトンとあんちゃんが元自衛官なんですが、オトンからイラン・イラク戦争でPKOで出動した時の自衛隊の話を聞いてたんですよね。日本の自衛隊がPKO活動をしているのをアメリカとか他の国の軍隊が護衛してたそうなんです。日本の自衛隊は武力行使できないから自分たち自身で自分たちを守ることができなかったんだとか、守ってくれる他国の軍隊が攻撃されても自衛隊が直接攻撃されないと撃ち返せないんだとか・・・。家のオトンはPKOに行ったわけじゃないけど同じ自衛官として派遣された人たちの悔しさはわかるって言ってました。ので!私自身は自衛官が誇りを持って国を守るために自衛隊を軍隊と認めるという部分に関しては賛成です。
    でも、戦争はない方がいいので全部を変えてしまうことには反対です。
    ひろゆきさんからは第2項を変えないとそれは難しいし、矛盾が生じるでしょ?と教えていただきました。うーん!憲法問題は難しい・・・。もっと勉強しよう!!


     
    切り口鋭いコメントをされる天才!!石川典行先生と!

    笑顔がキュートな野田草履さんと!ピンクのTシャツとメガネがおそろコーデ!


    (4)痴漢冤罪、どうやって身を守る?どんな制度があれば防止できる?
    横山緑さんがすご~く詳しく電車の痴漢に関して調べてきていて、凄い!!と思いました。
    ああ、この場所は危険なんだ!とかこう立っていてば痴漢されずに済むんだとか勉強になりました。
    単純に考えれば男性専用車両を作って疑いを受ける心配なく電車に乗れれば一番だと思うんですがそれはなかなか、難しそう。
    そこで私がいろいろ調べた、痴漢冤罪対策の豆知識としては警察は被害者から話を聞く傾向があるそうで、被害を訴える女性や駅員さんが警察を呼んだ時点で容疑をかけられてしまった男性にとって圧倒的に不利になるんだそうです。そこで有効な手段として「変な女性に痴漢だといいがかりをつけられている!」と自分も警察に通報すればいいんだそうです。女性が呼んだ警察官は女性側から、容疑をかけられた男性が呼んだ警察官は男性側からそれぞれ話を聞いてもらえるそうです。その時点で弁護士さんを呼んで名誉毀損で訴える意思を伝えれば一方的に痴漢冤罪をかけられずにすむそうです。



    リアルJK西倉なつみちゃんと!!いっぱいお話したよん!!

    (5)雑談配信者に直接多額の金銭的支援する「囲い」ってどうなの?
    今回の出演が決まってから、なだ万事件(?)に関するつぶやきがTwitterで頻繁にタイムラインに上がってきていて、普段は他の配信者さんの放送を殆ど見ない私も流石に気になって、ニコ生やYOUTUBEに上がっている関連動画を見まくって、概要はほぼ知ってるぞ!程度の予備知識はあったんですが、配信予定日の数日前にメールで新たなお題が加わりました的な、メールが届きまして・・・。ああ、絶対、例の事件に絡めてるだろ?と思いました。


    男爵山下さんと!男爵感凄かった!さすが男爵だと思いました。

    私としてはノーリスク・ハイリターンはこの世の中にあり得ないし、貰った以上何らかの見返りは考えるべき。支援者の気が変われば支援はなくなるわけでそこを考えないと怖い!!それにあれはしちゃいけない、これは言っちゃいけないと思って放送するのは雑談配信者にとっては牙を抜かれたようなものだと思います。
    まあ、なんの見返りも要求されなければ私ももらっちゃうのかな~~~?でもオトンやオカンや兄たちにメッチャメチャ怒られるだろうし、面倒くさいのは嫌だから結局、貰わないかなー?まあ、そんな話は底辺無名生主の私には来ないから真剣に考えるだけ無駄ですね。


    NERさんと!!ジュースをこぼしちゃった時に
    「大丈夫だよー、よくあることだからー!」って優しい気遣いの紳士。

    本当に今回も楽しくて、凄く勉強になりました。
    反省点としてはコメントを見るのが怖くて自分の発言の時はメガネを掛けてなかったということ。そして、余裕がなくて自分の発言も途中でまとまりがなくなっちゃったこと。いつまでもJKを引きずってちゃダメだなー。来年20歳になるわけだし、もっと、成長しないと!!と思いました。

    一足お先に会場を出たはずなのに、合流したあんちゃんとオカンとタラタラ歩いてたら
    女性陣のみなさんとお会いしてみんなで駅まで一緒に帰りましたとさ。