ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Better Than Wolves 攻略 その1 1日目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Better Than Wolves 攻略 その1 1日目

2020-12-03 21:32
    最終更新:2020/12/04

    バージョン V4.B0000002 の攻略記事です。
    攻略の仕方は人に寄って様々ですが、なるべく色んなパターンに対応できるよう記せたら良いなと思っております。


    まだスクリーンショットなどは載せていない状態ですが、こんな感じで書いていこうかなと言った具合です。



    簡易攻略チャート
    ・その1 1日目(このページ)
    その2 2日目



    まずはじめに、Better Than Wolves(以下BTW)には様々はハードコア要素が盛り込まれています。
    これは通常のMinecraftにある「一度死んだら終わり」ではなく「その要素をより深める」ものです。

    一度に覚えるのは大変な量なので、まず開始時に覚えておきたいものをいくつか

    ・ハードコアスポーン
    リスポーン地点がランダムで変化する。
    範囲は初期スポーン地点から0~2000ブロック以内。
    また、死亡時に落としたアイテムは場所に関わらず20分で消滅する。

    ・ハードコアダークネス
    明るさが0の場所は真っ黒に塗りつぶされ何も見えなくなる。
    また、長時間暗闇の中にいるといずれ死に至る。
    月齢(月の満ち欠け)によって夜の明るさが変化し、新月の日には自然光が0となる。

    ・ハードコアハンガー(空腹)
    あらゆる行動での満腹度の消費が大きくなる。
    特に攻撃、ダッシュ、ジャンプ、ダッシュジャンプ、泳ぎが顕著。
    土や砂、砂利でハーフブロックが作れるのでバリアフリー化が大事。
    (でも緊急時には迷わずダッシュやジャンプを使うこと)

    ・ハードコアバウンス
    ジャンプしながらブロックを設置することができません。
    松明や水バケツも同様。

    ・ハードコアベッド
    ベッドを作っても眠れません。
    夜をスキップすることはできません。

    ・ハードコアひづめ
    暴れている牛に近づくと蹴っ飛ばされ大ダメージを受けます。

    ・ハードコアかぶりもの
    夜中あるいは水中の暗いところにいるとイカに襲われます。
    自分が陸地の場合は触手を伸ばして水に引きずり込もうとします。
    水中にいる場合は頭に被さってきます。
    頭に付かれると徐々にダメージを受け、泳げなくなります。
    攻撃して倒せれば逃げられますがイカは体力が多くなっている上に攻撃を受けた時の無敵時間が若干長いので2匹以上に囲まれたら高確率で死にます。


    また、ハードコア要素ではありませんが、モンスターが動物を襲います。
    ゾンビ:ウシ、ヒツジ、ブタ
    クモ:ニワトリ
    イカ:全ての動物
    その他のモンスター:動物は襲わない

    更に、ハードコア要素ではありませんが、BTWではモンスターのスポーンの仕様が通常のMinecraftとは違います。
    簡単に書くと、原木や木材、木でできたブロックの類、葉っぱ、菌糸ブロックにはスポーンしません。
    木でできていないブロックはハーフや階段の上にもスポーンします。
    氷やガラスの上にもスポーンします。
    葉っぱはジャングルスパイダーだけ例外でスポーンします。



    【ゲーム開始】

    BTWの最序盤は運の要素が結構大きいです。
    スポーン地点周辺がジャングル、雪原、木のない山岳だった場合、新しいワールドに行った方が良いかもしれません。
    詰みとは言い切れませんが辛いです。
    小さい島、孤島の場合は無理なのでやり直しましょう。

    過ごしやすいロケーションとしては近くに森林のある草原か砂漠です。
    近くに沼地、タイガがあるところは少々危険です。



    【1日目】



    まずは木を殴ります。
    ただし木の一番下は切り株ブロックと言って物凄く硬い上に木くずしか採れないので放置します。

    殴り続けると木の皮が剥げます。


    そのまま更に殴ると木の棒が採れます。



    木の棒を単体クラフトするとPointy Stick(とがった棒)になるので、それで石を削ります。



    2回削るとLoose Stone(石ころ)が採れます。



    石ころを単体クラフトするとSharp Stone(鋭い石)になります。


    耐久は低いですが、木や石を削る時の速度がやや早くなります。
    最序盤のメインツールです。

    鋭い石を使って木の棒や石ころを集めつつ、夜を過ごせそうな場所を探します。
    洞窟があればモンスターが入ってこれないように壁を作ってそこへ、
    なければ穴を掘ってやり過ごします。
    (完全に封鎖すると月明かりが入らなくなり夜に死んでしまうので1ブロックは開ける)

    穴を掘る場合は土の厚さが3ブロックくらいある場所の下を掘ります。
    素手で土を破壊すると周りの土ブロックがゆるんで落下するからです。

    ちなみに素手で土ブロックを破壊しても出てくるのは土の粉で、粉をまとめてもLoose Block(ゆるんだブロック)になります。
    ゆるんだブロックは砂や砂利のように落下するので天井には使えません。

    もしくはニワトリの近くで土を積んで過ごしましょう。


    ニワトリは狩らずに放置します。(理由は2日目)


    木の棒2本でWood Club(木のこん棒)が作れます。


    これで動物を狩るのもありですが、効率はよくありません。
    もし狩る場合はヒツジだけ狙うのが良いです。

    ウシは蹴られる危険がある。
    ブタは足が速い。
    ニワトリは糸を入手するためのイケニエ。(理由は2日目)
    だからです。


    個人的には1日目はあまり動き回らずに木の棒と石ころ集めに集中し、2日目から動き始めると良いと思います。

    石が白黒の葉っぱブロックのような模様になるまでは石ころが出ますが、以降は砂利の粉しか出ません。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。