映画「シビル・ウォー キャプテンアメリカ」2016年アメリカ_92点
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画「シビル・ウォー キャプテンアメリカ」2016年アメリカ_92点

2016-10-15 12:40
    (長文です)


    マーベル映画が軽いブームみたいになってもう5年くらい経つだろうか。俺もアイアンマンシリーズとアベンジャーズシリーズは全部見ました。印象としては、アイアンマン1は最高だったけどその他は可もなく不可もなくという感じです。

    この「シビルウォー」は相当評判が良くて、、「でもアベンジャーズも評判だけは良かったんだよなあ。。」と思いながら期待せずに見たらすごい面白かったです!






    ヒーロー達が仲間割れするストーリーで、少し仲間割れの根拠が弱いような気もするんですけど、アイアンマンもキャプテンアメリカも、自らの正義のためには一切妥協しないというキャラクターを上手く描いているから無理矢理感はまあまあ薄らいでます。

    何より、一番やってはいけない「最後はより強大な敵を倒すために力を合わせる」という方向に行かなかったのは良かったですね。最後まで軋轢は残ったままです。

    (多分スーパーマンVSバットマンは「そっち」いっちゃうんだろうなあ笑)



    ところで漫画の「ハンターハンター」でも、ナックルが世界をリスクに晒しても友達の名誉を守ろうとするクダリがあるんですけど、あういう設定は萌えますね!


    (この「シビルウォー」でも似たような展開があって、損得シカトで突っ走るヒーローがかっこいいです。トニースタークの「お前は(この事実を)知っていたのか?」という問いに対して、もしかしたら世界を危険に晒すことになろうとも真実を話すキャプテン・アメリカのシーンとか)





    確か2013年〜2015年くらいまで、「最も稼いだ俳優ランキング」で一位なのがアイアンマン役のロバートダウニーJr.なんだけれど、この映画でも彼は群を抜いていいキャラしてます。(アベンジャーズ俳優の中で、彼のギャラだけが他のアベンジャーズ俳優の10倍くらい高い)

    他のキャラクターは俳優が変わってもあんまり気にならなそうだけど、ロバートだけは変えられないって感じすかね。

    新登場のスパイダーマンとアイアンマンとの掛け合いなんか最高でしたね!!




    気になった点としては、ストーリーの細部が少し難しかったことと、登場人物が多いのでシリーズ初心者には魅力が半減してしまうこと。そして何よりアクションシーンのスピードが速すぎるのが俺には厳しかったかな。


    その「速くてダイナミックなアクション」こそがマーベル映画の魅力なわけだけど、俺にはターミネーター2くらいのスピードが一番心地いいです。絶賛されているジェイソンボーンシリーズのアクションなんかもそうだけど、カメラ揺れすぎの上、速すぎて何やってるかよくわかんなかったりするんだよね。。。。



    まあとにかく面白かったです。特にアベンジャーズのファンじゃない俺でも面白かったのだから、アベンジャーズファンの人は相当気に入ると思います。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。