映画「ミスティック・リバー」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画「ミスティック・リバー」

2019-01-19 21:27
    2003年 アメリカ    

    クリント・イーストウッド監督   アマゾンプライムで見れます
    この作品で、ショーンペンとティムロビンスの二人がアカデミー賞をとってます。




    ※左のおじいちゃんがイーストウッド。右がショーン・ペン




    三人の仲良し少年グループの内一人が、誘拐され暴行されるところから話ははじまります。その数十年後に、若い女性が殺害されるのですが、その女性の父親、殺した容疑者、捜査する刑事としてその三人が再開するという


    状況説明が下手で申し訳ないですが、現実だったら地獄のような設定の映画です。



    今作に対して「もう一つのスタンドバイミー」というキャッチコピーを見た覚えがありますが、これはなかなかいい得て妙だと思います。




    設定からして面白そうで、無駄なシーンや間が全然なくてどんどん引き込まれました。

    「早く続きを見せろ」という感じで、そこはさすがのイーストウッドです。



    しかしながらオチとしてはちょっと無理があったかなと思います。


    あとすごく気になったのは、役者のショーンとローレンスが出ているんですが、役名にもショーンとローレンが出ていて、何とそれらを演じるのがショーンでもローレンスでもないのです!!!

    (※ショーンペンがジムを演じ、ケビンベーコンがショーンを演じ、ローレンスがホワイティを演じ、ローレンを無名の女優が演じている)



    なんでそんなコントのような設定に誰もノーと言わなかったのか。。 なむぅ





    2019年に見た映画


    ミスティック・リバー   79点
    キック・アス       78点






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。