映画「スリー・ビルボード」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画「スリー・ビルボード」

2019-01-20 15:02
    2017年 アメリカ

    この作品で主演女優と助演男優がオスカーを取りました。






    娘をレイプされて殺された母親が、数か月たっても犯人を捕まえられない警察組織に不信感を募らせ「警察は何をやっているんだ」という趣旨の三枚の大きな看板を道路わきに掲げるという話です



    アメリカの警察の暴力や差別など時事的なテーマを扱いながら、一方でいつの時代も変わらない普遍的な家族愛が根底の映画でした。



    娘を殺された母親に世間は同情的だったものが、警察を批判すると当然警察関係者とは敵対関係となり、しかし同時に警察をよく思わない層が味方になり、、


    決して単純な二項対立にはできない社会と、状況によって変化する人間の感情や利害関係の描写が見事です



    それに何より母の強さ。


    世間や警察という途方もない大きな存在を敵に回して、決して娘の尊厳をあきらめない母親という存在の胆力が胸をうちます




    実際の社会でも、自分の子供を事故や犯罪で突然失った親たちが、何年も裁判を戦うという記事をたまに見ます。


    この映画で母親が命がけで戦う姿は、現実世界のそうした親たちかもしれないし、この映画の根底はフィクションではないんだなと思います。






    ※火を消そうとする母親



    2019年に見た映画


    スリー・ビルボード    87点
    ミスティック・リバー   79点
    キック・アス       78点



    2018年に見た映画まとめ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。