本の感想「死ぬこと以外かすり傷」 箕輪康介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本の感想「死ぬこと以外かすり傷」 箕輪康介

2019-03-02 21:17
    ※長文注意


    とあるトレーダーのツイートの影響で見ました。


    めっちゃ面白かったです。





    この人のことは本を読むまで知りませんでしたが、やり手の編集者らしく、担当した本のタイトルはほとんど聞いたことがありました。これはすごいことではないかと思います。



    この人の社会人としての7年くらいを、それぞれ独立したエピソードとして紹介し、それらに紐づけて成功法則とするみたいな内容です。一エピソードが短くて非常に読みやすいですし何より面白いです。

    ※そういえばタイムリーなことに(2019年3月)、Newspicksと幻冬舎がものすごいモメたらしいですが、まさしくNewspicksBooksの編集長がこの人です





    ※幻冬舎社長のツイート





    界隈でよく聞く名前。堀江貴文 落合陽一 佐藤カツアキ 西野アキヒロ 田畑しんたろう 

    ちょっと離れて イケダハヤト はあちゅう 与沢翼   

    インフルエンサーと呼ばれる人たちですが、本の中に名前が幾度も出てきます。


    一部例外を除いて、彼らはオンラインサロンで莫大な収入を得ている人たちですが、(※いわゆる「信者ビジネス」)この箕輪康介さん自身もオンラインサロンを開設していて、それだけで月に700万もの収入があるらしいです。



    私はそうした人たちをどういう風に見ればいいのか長年決めあぐねていましたが、今現在は「天才」「詐欺師」「教祖」をミックスしたようなイメージを持っています。一言でいうと「油断ならない存在」です。




    この箕輪さんの話でいうと、本当に「死ぬこと以外かすり傷」なら、この人が酔った勢いでパラグライダーに挑戦した結果、脊椎損傷して一生オムツ生活になったとしても「このくらいかすり傷っすよ!」と明るく言えるはずですがそれは無理でしょう。

    そうした実現可能性が低いことを、胸をはってできます!と言う人間を、「頼りになるヤツだ」と捉える人もいるでしょうが、「信頼できない」と捉える人もいるでしょう。私は後者で、上記の人たちを油断ならない連中だと判断したのはそれが理由です。







    ところで、私は本を読む時は「何かトレードに生かせることはないかな」と思いながら読みますが、この本にそうしたことはなかったと思います。

    じゃあ料理人やトヨタの期間工や旅館の仲居に生かせるところはあるかなと考えたら、それもまたないです。

    そしてそれは、この本を含め、インフルエンサーたちの発言そのものに言えるものだと思います。

    つまり彼らのツイッターをフォローしようとも、サロンに入会しようとも、別にそれで仕事がうまくいったりはしないです





    例えばこの箕輪さんは、通勤時間を短縮するために、家賃が収入の3分の2もあるマンションに引っ越したそうです。

    生活費もかかるので、そのまま半年もすれば破産するはずの状況でしたが、それを乗り越えるためにオンラインサロンやコンサルなどの副業をはじめて、結果として収入が20倍になったとのことです。







    そうした自らの成功を例として、「自分を追い込め!道はあとからついてくる」みたいな成功の一般法則を本書でも書いてますが、仮にそれをトレードに応用するのは、資金管理の面からいかに愚かなことかわかると思います。(いわゆる「再現性が低い」成功法則)







    トレード回りに近い他のインフルエンサーの話でいうと、もし仮想通貨のサロンに参加している人たちの収支を細部までデータ化したら、過半数の人たちが負けているし、そのサロンを主催している人たちも2018年は大勝ちしたのは本当なんでしょうが、2019年は収入の大半がサロンによるものになるのではないかと推測します


    そして似たような状況は、上であげたほとんどのインフルエンサーに当てはまります

    つまり、ホリエモンは天才ですごい実績があるのは確かですが、現在の収入の大半は「信者ビジネス」によるものでしょう。多分


    (まあ宗教にしろサロンビジネスにしろ、参加している人が満足なら外野がとやかく言う筋合いはないんですが)







    私はどちらかと言えばネガティブで夢のない人間なので、そうした100人に1人の成功例よりも、「有名人のいうこと真に受けて、学校もいかないで就活もしなかったら人生つむよ」という人を信じるタイプですから


    話が「信者ビジネス」の方にズレてしまいましたが、本自体はすごく面白かったです





    2019年に読んだ本


    一人の力で(略     cis       100点
    死ぬこと以外かすり傷  箕輪康介     90点
    人生の勝算       前田ゆうじ    58点
    シンプルに考える    森川亮      19点





    メモ

    ネオヒルズジャパンを刊行
    与沢翼に『3000万で最高の雑誌をつくりますよ」とハッタリ
    レスナー?という有名写真家を起用してはくをつける

    都会に高いマンショ借りた  そしたら何とか稼がないといけない
    サロンやコンサルの副業をはじめたら月収が20倍になった

    やりたいことがあるなら今やれ
    段階を踏む必要はない
    クリチアーノロナウドになりたいサッカー選手が一生懸命球拾いしてもなれるわけない
    誰よりも多くサッカーボールをけれ


    ドレスコードがあるパーティーにスーツを着ていったらホリエモンに「媚びてるんじゃないよ。俺はドレスコードがある時点で断った」と怒られた



























    ※おまけ。本屋で見かけたとあるFX本。平積みでしかも帯が二種類なのは売れてるから!?





    ※便乗本まであった








































    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。